北方謙三 “チンギス紀 第1章” すばる30周年 [無断転載禁止]©2ch.net

1無名草子さん2017/06/11(日) 17:25:43.11
「眼に火あり 面に光ある子よ。
 もとの道を、未だ見ざりし地を見て、帰り探さん。
 何処へ行くか、かの枷つきの子よ。」

北方謙三が帰ってきた。
今作は「テムジン」。
西のぼるを従えてすばるを駆け回る。

102無名草子さん2018/02/24(土) 22:52:37.72
この小説も朝青龍に知られたら、テムジンが日本人の作ったオリキャラに負けるなんて侮辱だと怒られるのかな。まあ、あのラクガキと同じ反応はしないか。

103無名草子さん2018/02/27(火) 15:52:24.36
はよ元寇で水毛剣が足利尊氏に渡って欲しいわ。
尊氏→信長→家康まで書いてくれよ、御大

104無名草子さん2018/02/27(火) 20:01:03.63
チンギスの息子の誰かに渡るんじゃねぇの?
不遇な長男とか

105無名草子さん2018/02/27(火) 23:28:38.04
>>103
最後に手にするのは滝野和也らしいぞ???

106無名草子さん2018/02/28(水) 00:13:41.06
血涙が好きだから、あの剣はあくまで楊家に関わる剣であってほしいかな。それこそ楊家の血筋が残ってるなら、その人物にもってほしい。

107無名草子さん2018/02/28(水) 01:32:39.45
おれも血涙見てるよw 楊志は六郎血筋なんだが
楊令は血が繋がってないからすでに水毛剣は楊家の血筋じゃないだよな

勿論今のチンギスも楊一族血じゃないわけで

108無名草子さん2018/02/28(水) 23:11:54.84
四郎の血筋は残ってるだろうけど、石幻果を殺した剣を四郎の子孫が持つのも微妙かな。

109無名草子さん2018/02/28(水) 23:53:31.28
2004年時のある御方の吹毛剣についての予見
  
   今ココ
    ↓ 
楊令→ジンギスハーン→義和団の乱にて英国海軍士官に(この時砥ぎに砥ぎまくられ短剣に)

→その息子が日本海軍に撃沈され捕虜となり日本へ→北関東桐生市の滝野和也の所有

110無名草子さん2018/03/01(木) 01:34:47.69
水毛剣はチンギス→フビライ→息子(元寇指揮官の一人)→嵐で日本に取り残されて北条時宗に捕まる
→北条時宗の娘を貰う→足利家は代々北条家の娘を当主の正室に迎えるのでここで尊氏に渡る

尊氏水毛剣で大暴れで頼むわw

111無名草子さん2018/03/01(木) 01:46:22.55
ティムールがゲットしたりして

112無名草子さん2018/03/01(木) 16:30:00.19
尊氏はないなあ
もう南北朝もので何度も描かれてるし
確かに得体の知れないところはあるけど、主人公格の英雄じゃないわな

113無名草子さん2018/03/01(木) 20:46:02.98
御大はそんなに好きじゃなさそう
優柔不断なとことか

114無名草子さん2018/03/01(木) 23:56:58.93
吹毛剣について

吸毛剣・・・定番。忘れたころにやってくる。
水毛剣・・・新鮮。ありそうでなかった。
楊毛剣・・・論外。しかし気持ちはわかる。

115無名草子さん2018/03/05(月) 23:33:29.30
しかし玄翁とはねえ・・・
もっとも正体はいまだ不明だが・・・

116無名草子さん2018/03/18(日) 19:53:58.47
今月は正体わからずか。
戦いのシーンより普通の会話のシーンがいいな

117無名草子さん2018/03/18(日) 20:35:05.03
>>116

「金の国境近くの岩山」」が棲みかって・・・
岳飛伝そのまんまじゃん

118無名草子さん2018/03/18(日) 20:37:50.71
それより玄翁は鉄棒を武器にするって言うけれど、
これってまさか・・・

119無名草子さん2018/03/19(月) 22:20:55.62
テムジンをその気にさせたのは、あの言葉か

120無名草子さん2018/03/20(火) 21:31:57.01
「生きて生きて、生き抜いた、と思いこもうとされている。
ほんとうに生きていれば、それは死んでいること。だから死にはせぬ。
凡愚は、生きているから、死ぬと恐れてばかりですわい。」

わかるようなわからぬような・・・

121無名草子さん2018/03/21(水) 21:04:02.64
5月25日に、ハードカバー発売が決定したらしいな。

122無名草子さん2018/04/21(土) 21:28:43.71
しかし玄翁は何故テムジンに興味があるのだ?
単に噂だけではあるまいし、やはり幻王の血がひきあわせるのか?

123無名草子さん2018/04/21(土) 21:30:51.79
しかし死域に入りこめるラシャーンってすごいな

124無名草子さん2018/04/21(土) 23:34:33.71
>>123
羆と戦うなんて明らかに武松のリメイクなんだが、それよりも体型などは顧大嫂、甲冑をつけ戦うところは郤妁もそうだが扈三娘、タルグタイとの夫婦関係は孫二娘と水滸伝に登場する3人の女傑を意識して構築させたのかもしれないな。

125無名草子さん2018/04/23(月) 23:29:08.42
いくらなんでも主人公まけすぎの気がするが、実際のチンギスハーンはこんなもんなのかな。

126無名草子さん2018/04/26(木) 16:39:26.11
1、2巻同時発売だって。
4,000円弱するんじゃないかな…
高い。

127無名草子さん2018/04/26(木) 23:20:46.47
図書館に直行せよ

128無名草子さん2018/04/27(金) 00:51:12.56
岳飛伝の単行本(ハードカバー)って、5話ずつ載ってますか?
チンギス紀も5話ずつなのかな?
小説すばる、連載開始の2017年5月号〜9月号までしか持ってないんだけど、これでちょうど第1巻5話までだから、第2巻だけ買えばいいのかな?

129無名草子さん2018/04/27(金) 20:01:11.98
>>125
モンゴル統一までは結構敗けてるよ

130無名草子さん2018/04/27(金) 21:03:17.58
>>129
負けてかつとか北方先生好きそうだな

131無名草子さん2018/04/28(土) 00:30:36.43
大水滸伝では、すばる一月号50ページが3か月分でハード一冊であったので、いまのペースでは
すばる5カ月につきハード一冊となるな。
これからの御大のスケジュール(現在は週刊誌コラムくらいかな?)によって変化する可能性もあ
るが・・

132無名草子さん2018/04/28(土) 00:36:14.46
右腕を切り落とされたタルグタイを見て、玄翁は岳飛を思い出したりして

133無名草子さん2018/04/28(土) 12:21:03.89
>>131
ありがとう。
自分は、第2巻だけ買えばいいみたいだね。

ちなみにamazonに、もうチンギス紀の書影が出てるよ。

134無名草子さん2018/04/29(日) 08:54:08.58
負けるのは構わないけど、メアリースーみたいなオリキャラに負け続けるのは歴史を題材とした小説としてはどうなんだろう。
まあ、歴史小説としては読んでないけど。

135無名草子さん2018/04/29(日) 19:35:42.37
週刊モーニングに「ハーン−草と鉄と羊ー」という源義経が大陸に渡ってチンギス・ハーン
になるという例の伝説をもとにした漫画が連載されてる。
ちなみに、ジャムカもボオルチュもカサルも ちゃんと登場している。

136無名草子さん2018/04/30(月) 14:03:04.33
片足や片腕切られる人物多いけど当時の技術で生きられるのか?

137無名草子さん2018/04/30(月) 23:31:38.09
深く考えなさるな。
北方文学の定番的なモノのひとつとして受け取ってくれ。

138無名草子さん2018/05/01(火) 19:18:03.80
そんなところに厳密なリアリティ持ちこんでも誰も喜ばない

139無名草子さん2018/05/18(金) 01:02:36.46
族長付きの隊長は、巨漢で多くて区別が付きにくいな。

140無名草子さん2018/05/19(土) 12:02:42.71
正直、文章はあまりうまくないよね。
文章が続いてるのに場面が急にとんだり、てにをはの使い方がおかしかったり。
それでいまいちメジャーになりきれ無いんだと思う。

141無名草子さん2018/05/19(土) 21:44:21.45
でも、面白いな。
他の連載陣よりページ数があるのに、あっという間に読み終わるのは、面白いからだろうな。

142無名草子さん2018/05/19(土) 22:32:28.74
>>140
「うまいなあ」
北方文学の常用句のひとつである。
今月号でも使用されていたと思うが。

143無名草子さん2018/05/19(土) 22:47:38.51
轟交コの存在に気付いたボオルチェはさすがだな

144無名草子さん2018/05/20(日) 16:20:10.88
第10回、誤植が3箇所あったぞ。

チウラン → チラウン、ボオルチュ → ボルチュ、「ここは…なんとなく、ほっとするとこなのだ 。」 → 「ここは…なんとなく、ほっとすることなのだ。」

作者は仕方が無いけど、プロの編集者が気付かないのはどうか? 初見の素人でも気付くのに。もしかして、あまり身を入れて読んで無い?

145無名草子さん2018/05/20(日) 21:03:03.02
水滸伝との結び付きが露骨になってきたな、これ以上結び付きが強くなると水滸伝シリーズになってしまう気がするが。。。

146無名草子さん2018/05/20(日) 23:23:54.70
吹毛剣の行方が鍵になるわけだから、それは仕方あるまい。
北方シリーズでは、PPAPはよく見かけるので、そんなにも気にも止める必要はないのでは。

147無名草子さん2018/05/22(火) 16:13:38.90
小説すばるの表紙のイラストレーターって、チンギス紀をちゃんと読んで描いてるんだな。
乗ってる武器は鹵獲品のイメージがあるし、あと最後のページの「かかげる旗のデザインをお選びいただけますよ。」とかチンギス紀を読んでないと出てこないもんな。
売れっ子で忙しいだろうに偉いな。

148無名草子さん2018/05/22(火) 23:13:22.22
http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/

あの表紙はチンギス紀に関連するものだったのか

149無名草子さん2018/05/22(火) 23:17:34.14
手前の黄色い兵士が、モンゴルの兵装になってる。

150無名草子さん2018/05/24(木) 00:21:40.76
爺さんなのに、小説すばるの「作家の目」ってスマホで撮った写真を載せるコーナーも、今までで一番面白いしな。
1回目の若い作家は、電車の中で乗客の足を撮ってて、2回目はベテラン作家が、仕事場の窓から見える風景。
圧倒的に御大の勝ちだな。

151無名草子さん2018/05/24(木) 02:36:03.63
御大どんな写真載せたの?ソープ?

152無名草子さん2018/05/24(木) 13:27:47.64
>>151
ミラーグラスで統一してるのと、あと文章が洒落てる。
https://i.imgur.com/Rv15hpM.jpg

新着レスの表示
レスを投稿する