青空文庫 9棚目

1無名草子さん2017/10/10(火) 21:28:47.16

337無名草子さん2018/02/12(月) 13:17:18.83
逆に子供までじゃね
孫は流石に

338無名草子さん2018/02/12(月) 13:37:31.83
作者の死後、年間発行部数が1000部切ったらパブリックドメインで良いだろ

339無名草子さん2018/02/12(月) 15:35:33.21
死んでなくても年間発行部数が1000部切ったらパブリックドメイン

3402952018/02/12(月) 15:40:44.66
金出して買えばいいじゃん

341無名草子さん2018/02/12(月) 16:03:20.07
>>340
それやな

342無名草子さん2018/02/13(火) 01:11:40.90
少子化で遺族すらもいない可能性があるなw

343無名草子さん2018/02/13(火) 21:27:48.20
>>340
2007年に丹治吉順という新聞記者が書いた『本の滅び方――保護期間中に書籍が消えてゆく過程と仕組み』という論文があるんだが

その中の調査によると何かしらの著書が存在する著作者で
没後に一度でも著書が出版されている著者は約半数
死後50年後に著書が出版されている著書は約23%とされている

つまり何かの切っ掛けで見付けた昔の作家の作品を気に入り本を手に入れようとしても
余程の人気作家じゃなければ出版市場では売っていない可能性が高い(古本屋で見付かるとも限らない)

344無名草子さん2018/02/13(火) 21:37:35.45
原則30年で相続人の申請があれば10年ずつ延長(最大70年)でいいじゃん
それで延長する著作権については官報や文化庁のサイトで公開して周知させる
まぁベルヌ条約的に50年は切れないけど

345無名草子さん2018/02/13(火) 22:02:24.82
青空文庫は別に著作権使用料を払わなくていい作品をタダで公開するのが目的じゃなくて
あらゆる作品を合法的に誰でも自由に使えることを目的としてるんだよなぁ

実際に売られてるか否かは抜きに「買えばいい」という指摘は別の話
それは違法アップロードサイトを使う奴に言うセリフ

346無名草子さん2018/02/13(火) 23:09:47.98
>>343
面白い研究結果だね

著作権相続者が権利持ってても、出版社が出版してくれなければ世に出回らない
それならいっそパブリック・ドメイン化して青空文庫等で公開してもらった方が・・・と考える権利者が出てくるかもね

347無名草子さん2018/02/13(火) 23:43:00.12
著作権が延長される作家の作品のうち
印税が発生する作品なんて1%くらいだろ
意味ないよな

348無名草子さん2018/02/14(水) 11:26:10.40
生没年不明の作品とかどうするんだろうね
半永久的に公開されないというオチになったりして

349無名草子さん2018/02/14(水) 11:36:02.83
ディズニー「ミッキーマウスの著作権切れそう…
でも自分たちだけ著作権延長したら他の人たちに銭ゲバだと思われそうだな…
そうだ!著作権法を変えればいいんだ!
死後70年!企業は95年!」

こいつらのせいで世界がメチャクチャだよ
エセ公平感を取り繕うのはやめて、素直に「お金払うからネズミの権利独占させてくれよ〜〜」って言えばいいのに
迷惑千万な話だ

350無名草子さん2018/02/14(水) 13:26:05.04
>>346
どうだろうね
パブリックドメインとか知ってる意識高いやつが少ないし、自由に使ってほしいと思ってても自分からアクション起こすやつはいない
放置された農地持ってるやつが、いつか道路建設とかの話が出て高値で買い取ってくれるかもという理由で決して売らないのと同じだろ

351無名草子さん2018/02/14(水) 13:26:42.90
>>347
その1%が結構な金額なんでしょ

352無名草子さん2018/02/14(水) 20:36:11.28
>>348
著作権法では「相当な努力」をして調べても調べても著作者の連絡先や没年が分からなかったら
文化庁長官の裁定の下で国庫に使用料を預けるという形で利用が許可されるという制度が設けられてる

近代デジタルライブラリーでは一部でこの制度を使ってるらしいが
少なくとも青空文庫みたいな実質ボランティア団体には金が掛かり過ぎるな

まぁ権利の所在が不明な著作物(孤児作品)の問題は今に始まったことじゃないけどね


著作権法
ttp://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html

著作権者不明等の場合の裁定制度 | 文化庁
ttp://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/chosakukensha_fumei/

著作権者等不明の場合の裁定制度 〜孤児作品は侵害しながら使う?使わない?それとも…。 鈴木里佳|コラム|骨董通り法律事務所 For the Arts
ttp://www.kottolaw.com/column/000155.html

【ネット著作権】 そろそろ本気で「孤児作品」問題を考えよう - INTERNET Watch Watch
ttps://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/591351.html

353無名草子さん2018/02/14(水) 20:46:33.68
>>350
でも青空文庫にはもう複数人居るじゃん

354無名草子さん2018/02/14(水) 21:20:12.56
本当クソディズニーだわ

355無名草子さん2018/02/15(木) 09:05:07.76
>>353
過去50年間で何冊出版されたと思ってるの

356無名草子さん2018/02/15(木) 09:09:42.28
死語50年とかいうけど具体的にどういうこと?
例えば私が5年前と今年に出版してたとして今日死んだらどちらも今から50年後の2月に著作権切れるの?

357無名草子さん2018/02/15(木) 11:31:29.95
>>356
違う
死後50年経った年の大晦日の日付が変わると同時に切れる
1920年だとその年に死んだ作家全員、197年の12月31日午後12時に一斉に切れるんだよ

358無名草子さん2018/02/15(木) 11:33:39.35
>>357
197年→1970年だ、スマン
1971年1月1日午前0時って言う方が多いかな

359無名草子さん2018/02/15(木) 14:11:50.52
じゃあ同じ作家なのにこの本は1/1公開でこっちの本は2/1公開とかやってるのは著作権の問題じゃなくて単に青空文庫の都合ってことか

360無名草子さん2018/02/15(木) 14:34:23.70
乞食がグジャグジャうるさいのぅ

361無名草子さん2018/02/15(木) 14:43:41.92
>>356
357に勝手に付け足すと

現行の著作権法第57条(保護期間の計算方法)では

今年(2018年)中に亡くなったと仮定すれば
来年(2019年)の1月1日から保護期間50年のカウントが始まり
2068年12月31日に保護期間が満了して2069年1月1日から著作権が切れることになる

いわゆる「暦年主義」というもので
数十年以上も前の人の命日が確実に分かるとは限らないのから
年単位で計算することになってる

もちろんこれは保護期間の満了日を決めるための計算基準であって
死んでから翌年1月1日までは著作権が一時的に法的に認められなくなるとかではない

362無名草子さん2018/02/15(木) 16:44:17.07
>>360
青空文庫に文句があってただの乞食じゃない人は
それぞれにパブリックドメイン公開サイトを運営してるからな
科学図書館とかプロジェクト杉田玄白とか
あと青空文庫に入力して校正待ちの作品を自分のサイトで公開する人とか

363無名草子さん2018/02/15(木) 17:00:42.63
>>361
今から70年に法律を変えるのなら、「法律が施行されてから亡くなった人たちにのみ適応される」じゃないとおかしいよな
1970年に亡くなった方々は本来2021年までなのに、それが2041年まで伸びるってなったら立派な「法の不遡及」違反じゃん

明らかにおかしいけど、まあこの辺はうやむやにされるんだろうな

364無名草子さん2018/02/15(木) 17:06:14.13
河口慧海のチベット旅行記面白い
ここで薦めてた人ありがとう

365無名草子さん2018/02/15(木) 17:18:06.48
>>363
それは法の不遡及とはいわない

366無名草子さん2018/02/15(木) 17:23:49.77
>>363
それやっちゃうと犯罪の時効の延長で過去の犯罪は時効延長出来なくなっちゃうからな

367無名草子さん2018/02/15(木) 19:48:24.06
今著作権が切れてる作家はそのままだよな?
著作権が復活とか無いよな?

368無名草子さん2018/02/15(木) 19:51:03.37
>>367
うん、それはない
現時点で著作権が切れているものが復活することは法の不遡及の観点からもありえないことだ

369無名草子さん2018/02/15(木) 22:57:11.25
>>363
たしかに著作権に関連する条約での「不遡及」は
条約発行前に創作された著作物には適用しないという意味になるが

日本の著作権法での「不遡及」は基本的には
既に保護期間が満了した著作権の保護期間を復活させるかどうかという意味になるので
不遡及云々とは別に著作権法改正時にまだ保護期間中の著作権は法改正に合わせて延長されていくことになる

では何故そういう保護期間の延長が認められるかというと
ベルヌ条約第18条で遡及効の原則(効力発生時に保護期間内なら適用)が認められているから
ちなみに万国著作権条約では不遡及が適用されているけど第17条でベルヌ条約を優先することにしてる

そもそも日本国憲法第39条での 「法律の不遡及の原則」はあくまで刑法上の概念だから
どのみち著作権法みたいな私法とかは例外規定として遡及適用が認められることもある

370無名草子さん2018/02/16(金) 23:51:02.52
見てるか分からないけど、
三好十郎を青空文庫にあげてくれた方、本当にありがとう。
こんな凄い作家が日本にいた事を知らずにしぬところだった。

371無名草子さん2018/02/17(土) 10:26:46.42
著作権「死後70年」延長報道…福井弁護士「作品散逸の恐れ」「海賊版対策こそ急務」 - 弁護士ドットコム
ttps://www.bengo4.com/internet/n_7450/

>政府が、小説や音楽の著作権を保護する期間を原則20年延長して、「作者の死後70年」とする方針だと報じられた。
>関係者によると、「調整中でまだ確定していない」が、3月8日のTPP署名式が終われば、早い段階での法案提出もありうるという。

(中略)

>――著作権が切れた文学作品を無料配信している「青空文庫」はどんな影響を受ける?

>青空文庫のような民間のデジタルアーカイブ活動は、当然停滞することになりますから、クリエイターにとっては、作品が忘却される可能性が高まる危険があります。
>なお、いったん保護期間が切れた作品の権利が復活することは通常ないため、すでに青空文庫で公開されている作品が消えることはありません。

(後略)

372無名草子さん2018/02/17(土) 19:33:16.01
TPP発効すると戦時加算がなくなる?

373無名草子さん2018/02/17(土) 20:15:47.72
>>372
オーストラリアはTPP発効を機に戦時加算撤廃しようかみたいなこと言ってたけど他の国は特に何も表明してない

374無名草子さん2018/02/18(日) 14:23:44.18
50年でも著作権者不明の場合が多いのに、70年だとかなりのメジャー作家以外もうわからなくなりそうだ

375無名草子さん2018/02/18(日) 14:43:03.45
わかってても、没年不明で詰む場合もある。

376無名草子さん2018/02/18(日) 14:54:53.59
国会図書館の書誌データでも生没年無記載の著作者は山程いるしな

377無名草子さん2018/02/18(日) 23:44:11.49
著作権を守るために家族が遺体と暮らしてるとかありそうだな

378無名草子さん2018/02/18(日) 23:57:50.83
いまどきそんな価値のある作家もいないだろう
死ぬ前に忘れられるような人ばかりだよ

379無名草子さん2018/02/19(月) 02:58:36.06
>>377
50年も?

380無名草子さん2018/02/19(月) 17:55:15.90
漱石の遺族は切れる前に色々画策したらしいな

381無名草子さん2018/02/19(月) 19:17:19.58
???「夏目漱石の著作権が切れたので『漱石全集』を商標登録します」
孫「えぇ……」

???「一般財団法人夏目漱石を設立しました」
孫「えぇ……」

382無名草子さん2018/02/21(水) 12:22:40.50
2月21日は漱石の日

383無名草子さん2018/02/22(木) 20:35:37.33
吉川英治・江戸川乱歩と三島由紀夫・川端康成の遺族、どうして差がついたのか

384無名草子さん2018/02/22(木) 21:56:56.79
ググったけどまず対立軸が分からなかった

385無名草子さん2018/02/23(金) 09:39:29.37
漱石の長男の子供が商標登録しようとしたり財団を設立したのを、次男と長女の子供たちが反対したってこと?

386無名草子さん2018/02/23(金) 20:05:10.99
昔は著作権保護期間が短かったから、夏目房之助が生まれた時はもう漱石の著作権は切れてたはず

387無名草子さん2018/02/24(土) 04:59:42.37
文部科学省
第196回国会における文部科学省提出法律案(平成30年1月22日〜)
著作権法の一部を改正する法律案

改正の趣旨
デジタル・ネットワーク技術の進展により、新たに生まれる様々な著作物の利用ニーズに的確に対応するため、著作権者の許諾を受ける必要がある行為の範囲を見直し、
情報関連産業、教育、障害者、美術館等におけるアーカイブの利活用に係る著作物の利用をより円滑に行えるようにする。

ttp://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/1401718.htm



著作権法の一部を改正する法律案:参議院

ttp://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/196/meisai/m19603196028.htm

新着レスの表示
レスを投稿する