タバコは文芸の友だと思う

1名無し物書き@推敲中?2018/02/17(土) 11:17:18.09
つくづくそう思う

2名無し物書き@推敲中?2018/02/17(土) 12:25:27.14
タバコはもともと戦費を稼ぐために大量生産されるようになった。
これは世界各国同じで、常習性があるので安定した収入源にもなった。

日本でも日清戦争、日露戦争において大いに役立った。
そして当時の宣伝媒体は新聞と出版物で、
新聞記者や作家らは広告塔として利用された。
だから古い映画などで煙まみれの編集室などが描かれている。

芥川龍之介もタバコの中毒者となり、
ヘビースモーカーにありがちな理由で自殺してしまった。
タバコが自殺を誘発させるのがわからない時代だったので、
自殺者が増えても理由わからず、逆に神秘性を帯びていた。
当時はフィルタの機能も低く有害物質が多く含まれていたので、
作家や哲学者などに自殺が流行っていた。

そういった知識のない厨房が
文芸にタバコのイメージを想起させるが、ただの無知なだけである。
芥川龍之介を殺し、日本文学を停滞させたのは、タバコである。

今、世界各国で禁煙運動の流れにある。
それは喫煙者が年を取ると、
必ずと言っていいほど何らかの病気を発症するからである。
喫煙者の医療費が若者世代への大きな負担となっている。
喫煙習慣をやめた地域、諸外国の医療費が下がってきている事実をもって
それは科学的データとしてちゃんと裏付けされている。

3名無し物書き@推敲中?2018/02/22(木) 17:37:15.77
酒と煙草はガソリンみたいなもんだわな

4名無し物書き@推敲中?2018/02/26(月) 21:34:40.33
たしかに吸わないと書けない

5名無し物書き@推敲中?2018/03/04(日) 03:30:22.69
パトカーを盗んで東南アジアへ売りさばいてる不良少年が逮捕されて刑務所へ。自由時間に差し入れてもらった雑誌に載っていたボカロに一目惚れして結婚したいと思うようになる。
出所後に試行錯誤の末に自身がボカロソフトになって意中のボカロにプロポーズするもフラれてしまいボカロとしても人気が出ず、かといって生身には戻れず人々から忘れ去られていく。嗚呼今日もゴールデンバットが美味い。

6名無し物書き@推敲中?2018/03/05(月) 11:40:11.74
>>2
>ヘビースモーカーにありがちな理由で自殺してしまった。
どんな理由?

7名無し物書き@推敲中?2018/03/05(月) 11:49:20.60
>>2
>当時はフィルタの機能も低く有害物質が多く含まれていた
過去形ってことは今は含まれていないから問題なしってこと?

>当時はフィルタの機能も低く有害物質が多く含まれていたので、
作家や哲学者などに自殺が流行っていた。
自殺を誘発する化学物質って何?

>それは科学的データとしてちゃんと裏付けされている。
どこでそのデータ見れるの?

8名無し物書き@推敲中?2018/03/06(火) 16:26:55.32
>>7
疫学的な調査結果が出ている。
確率の問題だが、それを馬鹿にするのは科学的な立場ではない。
言ってみれば、全員半分病気になるけど、それが顕在化するかしないかの問題なわけだ。

その上、肺で十分に息が吸えなくなる。カタワと一緒。
それでも害がないというのは完全に嘘つきの言葉だ。

9名無し物書き@推敲中?2018/03/08(木) 01:11:18.77
左手に煙草。右手に鉛筆。

10名無し物書き@推敲中?2018/03/14(水) 00:02:18.57
煙草とコーヒーは欠かせない

11名無し物書き@推敲中?2018/03/26(月) 16:57:44.45
煙草代も経費として認めるべきだ

12名無し物書き@推敲中?2018/03/27(火) 03:14:22.55
川端と三島も愛煙家だった

13名無し物書き@推敲中?2018/04/22(日) 07:24:52.26
煙草は文学的思考をなんちゃらとか言うしな。煙草吸わない物書きには、ろくな奴が居ない。

新着レスの表示
レスを投稿する