【元祖】こんなゴルゴ13は嫌だ!25発目

1名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/15(金) 20:00:00.54
とりあえず様子見でおずおずと立てたゴルゴ


前スレ↓
https://itest.5ch.net/mevius/test/read.cgi/cafe40/1503220578

827名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/09(金) 21:25:18.85
長編ゴルゴ、復活だ!さすがに上手いわ。
誰かさんのどこからかパクってきたような切り貼りだらけの
クソ文章は読むに値せず、パクリのコピーで名文ぶってい
る滑稽さに「苦笑う」www

828名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/09(金) 21:25:24.37
>>824
アホくさ。ほんとの男って糞しょ〜むない嫌からせなんかするかい。
男がどうのこうの言うんやったら、駄仁夫とその走狗に「嫌からせなんかをするんは、ほんとの男とは言えん!」ぐらい言わんかいや。
と、正論を説くゴルギョ

829名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/09(金) 21:39:03.78
>>827
長編ゴルゴを読んでんの?アホちゃうか?
まぁ、蓼喰う虫も好きずき言うから、読んだれや。
わしの高尚な文章をパクりっちゅうんやったら、オリジナルの文章の出典を付けてから言うてや。
わしの文才に焼き餅を焼くな、ドアホ!

830名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/09(金) 22:29:41.52
>>829
はいはい。あーたは芥川賞作家になれますなれます。

でもここの住民は長編ゴルゴ好きだから。ごめんな〜www

831名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/09(金) 22:43:01.14
>>830
なんでキミが「ここの住民」は長編ゴルゴが好きだ…なんて言えるのかねぇ笑笑笑←居酒屋じゃないよ。
語るに落ちたな、駄仁夫の 走狗

832名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/09(金) 23:33:31.22
>>831
もう走狗とかやめとけよ。惨めだと思わないの?

833名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 00:02:11.48
>>832
言っても無駄だって。親の育ちと躾けが悪すぎ。でないとこんな人間にならないわ。ネグレクトもしくはそれに近い状態で大人になったんじゃない?

834名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 08:41:51.90
>>829
吠えるな、文才のカケラもないくせに。
見苦しいんだよバカ

835名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 09:39:06.37
>>834
「バカ」やって。可愛いね。

836名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 10:37:22.50
10年前から言われとるわ。ほんまクソな文章やw




568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 22:12:59
若い時によくやった旅打ち…。またやってみようと思う。南は沖縄から北は北海道まで。

今みたいに携帯電話さえあれば、簡単にホテルを予約できるような時代じゃなかった。

いちいち、電話帳を繰って電話し、場所やアクセス方法、宿泊費等を聞いて次の旅宿を決める。結構この作業には労力がいり、神経を使ったもんだが、今じゃ携帯から様々な情報を仕入れる事もできるし、宿の予約までできる。

とても有り難い事だが、次の宿探しも旅情の一つだと思えば少し残念な気分になる…私ってわがままだなぁと思って思わず苦笑い。

執筆作業が終了する7月上旬から、まずは西へと旅打ちに出る…

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/08(日) 10:49:57
↑執筆作業ですか。でも文章下手すぎじゃないですか?

837名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 14:48:25.06
「わしの貫目もなめられたもんや。あの話はダメになりましたから盃事はなかったことにしてくれ、
ああそうですかはいわかりました、で済む話かい」と梶原ゴルゴとの電話の後、岩井ゴルゴは苦
虫を潰したかのような形相を広能ゴルゴに向けた。
「梶原のガキ、極道の貫目や盃事をなんと思てけつかるんや。所詮トーシローがわしらの世界に
首つっこむもんやないで」
岩井の鼻息は収まらない。
サイドボードの上から『グレンファークラス1955』のボトルを取り、二つのグラスに注ぎ岩井の
前に置いた広能はグラスをなめるように啜り、舌の上でスコッチの銘品中の銘品を転がせながら
「しかし、梶原には稲原がついちょるけん、うかつに逆らえんとこじゃと」
「そうや。今は稲穂とは込み合うたないんや。昌ちゃんの前やがこんな歯がゆいことないで」
「じゃけ、これが宮地はんなら今頃すぐに戦争しちょったとこじゃ。ガンちゃんもよう辛抱しちょる
と感心するわ」
「昌ちゃんよ、菱が大きなりすぎたんや。それは稲もおんなじや。稲原も同じこと思とるわ…
あ、そや、話はちゃうが昌ちゃんとこで一人預かって欲しい男がおるんや」
「伴じゃろ。伴宙太。長編ゴルゴの筋を追ってみたら誰しもわかるけんの。明石としては火種に
なるような男は抱え込みとうないけん、ガンちゃんの立場もようわかっちょるつもりじゃ」
「それやったら話は早い。いやなガンちゃんにババなすりつけるようで気が引けるんやが、頼んど
いてこんなこと言うのもなんやけど伴を抱えてみ、考えようによったら米びつもろたようなもんや。
花形ほどではないが伴も会社の一つや二つもっとる」
ここで言葉を切って岩井ゴルゴはグラスの酒を呑み干し、
「ガンちゃんとこも山守に余計な茶々いれられてシノギが細なる一方や。そんな目に遭わされても
親分子分のケジメを貫き通すあんたは立派やと思う。思うけどや、そろそろ伸びていかなあかん
時期に来とるんや。わしは昌ちゃんに山守みたいな…すまん、あんたの親やな、言い過ぎた」
「謝らんでええですよ。ガンちゃんの気持ちは嬉しい。あがいな親をもった自分が腹立たしい時も
あるけんの。あれは人間の外道じゃ。ガンちゃん、わしの本音は山守ちゅうクソな神輿をとことん
めげてやる、ちゅうことじゃけ」
「おお、ほんだらあれか、この話引き受けてくれるか。梶原には『客分扱いなんかしなくていい、それ
こそ住み込みの若衆見習い並に、生活の基本から厳しく任侠道を伴宙太の骨身にしみるように教え
てやって欲しい』とさえ言われとる。わしも『広能やったら極道として筋をビシっと入った男ですわ。そ
れは請け合いますわ』と答えたんや」
「まあ、どこまで出来るかわかりゃせんが、若衆扱いでええなら預かるけん」
すまん、恩に着るわと岩井ゴルゴは広能ゴルゴのグラスに酒をついだ。
熱海での盗聴器の一件を梶原ゴルゴはあえて岩井の耳に入れていないことに、知らないとはいえ岩
井と広能両ゴルゴの油断と迂闊さがあった。
そんなどす黒い陰謀の渦巻く中に飛び込むかのように、伴ゴルゴは『のぞみ』177号の人となって一路
神戸を目指していたのであった。

838名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 21:14:51.92
>>817
日本語でok.

839名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/10(土) 21:37:20.17
>>838
わかったわかった。ま、↑の人みたいに読ませる文章書いてからだな、負け惜しみはww

840名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 01:56:26.80
>>839
キミは余韻を残したいんだな。

841名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 05:30:21.93
ぬしさん天使
ゆーじん悪魔

842名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 09:27:49.61
書き込めば恥を重ねる加須雄かな。

843名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 09:32:52.50
「稲原、俺ぁ、どうにもあの梶原って男と一徹が気になってならねぇ」
熱海・稲原組の事務所の応接室のソファに腰を下ろし、ひと啜りした湯のみを置くと、腕組みをした横山ゴルゴがどこに目をやるでもなく言った。
「と、いいやすと…」若衆に部屋の外に出るよう顎で指示した稲原ゴルゴは二人きりになったのを確かめてから、少し間をおいて答えた。
「井沢と喧嘩した伴って野郎、何の咎もなしに広島へ逃がしちまったそうだ」横山ゴルゴが袂から煙草を取り出したところに、火を着けようと
延ばされた稲原の腕を、遠慮心からもどす仕草をしながら横山ゴルゴは稲原を見据えた。
「広島へ…ですか。しかしウチはあの喧嘩で井沢を破門に…」
「そうだ。ウチは井沢を破門した。喧嘩を仕掛けてきたのも、元はと言やぁ向こうが先だ。預った喧嘩の後始末としちゃ、調子が良すぎやしねぇかい?
せめて伴にだけは堅気になってもらわねぇと困ると、俺ぁそう言ったんだがな…」
「…で、梶原はなんと?」
「梶原は伴を岩井の若い者にするつもりでいたそうだ。ところが一徹に反対されて、伴を持ってく場所がなくなっちまった。それで広島へ逃がしたそうだ」
「ですが、兄貴、いくら梶原が相手でも、それじゃ稲原組のメンツが立ちやせん…」稲原ゴルゴは気色ばんだ。
「それに岩井さんだって黙っちゃいないでしょう。ウチと明石組で伴殺りゃ、梶原も一徹も懲りるんじゃありぁあせんか?」
「まあ待て。梶原と一徹が腹ん中でいってぇ何を考えてやがるのか、俺に思うところがある」横山ゴルゴはそういうと何度か咳き込んだ。
「だ、だいじょうぶですか兄貴!」
「なに、どうってこたぁねぇよ。ま、梶原と一徹のことはこの俺に任せて、お前は組をしっかり束ねてくれ。余計な心配はいらねぇよ」
横山ゴルゴだけは梶原ゴルゴと一徹ゴルゴの野望を見抜いていたのである。しかし梶原も一徹も堅気である。万が一にも稲原の手を汚すわけにはいかない。
「あのふたり相手に五寸でモノが言えるのは、もはや自分ひとり。そして自分もそう長い命ではあるまい…」。横山ゴルゴはある覚悟を決めていたのである。
「いいか稲原、広島の喧嘩にだけは関わるなよ。どんなに挑発されても構やしねぇ。なに、なんだかんだ言って明石組が打本んとこを見限るこたぁねぇ。
山守だの伴だの、どんないざこざがあろうが、広島は明石が睨みを利かせるだろうよ。広島に気をとられて明石組が関東に出てくるスキをつくる、
なんてこたぁ、間違ってもねぇようにな」
「へい。わかっておりやす。兄貴、長話は身体に障りやす。お送りしますから、今日はもう帰って休んでおくんない」
「稲原、おめぇは大きくなったなぁ…」目を細めて感慨深げに横山ゴルゴがつぶやいた。加東伝三郎ゴルゴの元での三下修業時代が昨日のことのようである。
クルマで若い者が横山ゴルゴを送る。それを見届ける稲原ゴルゴ。いつもと変わらぬ横山との別れであったが、稲原ゴルゴには不吉な胸騒ぎがあった。
「おい、丈はいるか」稲原ゴルゴは事務所に入ると、丈ゴルゴを呼び出した。
「おめぇ、当分の間、兄貴んとこで見張っててくれねぇか。何かあったらすぐ俺に知らせるんだ。いいな」
無論、横山ゴルゴには気を遣って内緒である。こうして丈ゴルゴは横山ゴルゴ邸の門の前で夜露に濡れることも雨風に打たれることも厭わず、昼夜、
まるで番犬のように見張りを続けたのである。

844名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 10:20:28.28
ぬしさん=天使

845名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 10:22:12.71
saraさん美人

846名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 19:50:35.37
出典を「示す」、「述べる」、「明らかにする」…
なら分かるけど、「出典をつける」って言い方は日本語としておかしいような気がしないでもないんだけど…
とカキコする小心者のスレビギナーゴルゴ

847名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 22:12:23.58
9年前もwww

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 15:32:55
それは後付けのひっつけた理屈。
悔しい気持ちは分かるが今回キミの負け。出直してきなさい。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/28(水) 15:40:08
はいはい、またも出ました。アホな言い回し
「後付けのひっつけた理屈」って。
「後付けの理屈」でいいのですよ。馬鹿須雄くん。

848名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/11(日) 22:25:06.99
もっとも「馬鹿須雄」は別の人だと思いますけどねぇぇぇ〜w

849名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 01:00:52.97
暑い時には汗だくになるね。

850名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 01:03:08.18
両津勘吉に似てひなる者を感じた
まゆげ

851名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 05:22:55.52
小学低学年並みの国語力だね。

852名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 06:30:17.47
>>848
だから、加須雄って誰なんだよ?
それと、アホの一つ覚えみたいに妙な語呂合わせは止めなさい。
「馬鹿須雄」って関東の人が好む言い回しだね。本当にしょ〜むな。

853名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 07:09:02.42
>>852
さあな。誰でもええがな。ただ加須雄と書くだけですぐに噛み付いてくるアホがおってな。
そいつが加須雄とちゃうかいな。あんさんもほどほどしとかな加須雄にされてしまいまっせ。

854名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 07:47:09.95
生きてくうえで必要ねえから精神年齢小学生さん

855名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 09:16:02.74
>>852
少なくともあなたかそれ以下の人同様、つまりは存在していてもなんの値打ちもない人の代名詞みたいなものかと。

856名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 12:22:21.29
>>855
なんだよ、存在価値君じゃねぇか。
キミは、「価値」を「値打ち」に置き換えるしか脳がないね。
最近、「寒いね。」とは言わないね。

857名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/12(月) 12:38:43.32
>>856

×脳がないね。
○能がないね。

なるほど小学生低学年なみの国語力だわww

858名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/13(火) 01:27:11.46
寒いね。

859名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/13(火) 05:21:28.12

860名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/13(火) 13:43:12.54
分かったよ、じゃあもう二度と来ないよ。それしゃあな。
また、どこかのスレッドであったらよろしくな。
本業の執筆活動に戻るよ。加須雄にはもうゴチャゴチャ言ってやるんじゃねぇよ。
長い間、人間違いされて悪かったよな、加須雄さん。
それじゃ…。
嵐山の常宿にて原稿を前にして。さよなら。

861名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/13(火) 20:55:44.48
憤慨収まらぬまま、伴ゴルゴは車中で煽り続けたウイスキーのボトルをトランクに仕舞うと、新幹線を降り広島の地に立った。幾ら稲原組との
小競り合いのケジメとは言え、東京を離れ遠く広島まで追いやられたことが屈辱であった。しかも広能という会ったこともない男を訪ねろという梶原の
指示である。尊大な伴ゴルゴは、面識もなければ噂も聞かない広能のことを、どうせ広島のチンピラに過ぎず、自分とは格が違うと見下していたのである。
タクシーを降りると、まだ舗装されていない道路に砂塵が舞い、やがてその向こうに細い路地と、その先に構える広能の屋敷が目に入った。
よく見ると、どうやら来客があって、ちょうど帰り際らしい。客は年配の女と付き添いと思しき男である。
玄関口に角刈りの男と、棒のように突っ立った、少々風情の崩れた若者がおり、角刈りの男が盛んに若者の頭を小突いている。挨拶が済んだと見えて、
若者は踵を返した女の後を追って何歩か小走りで近づくと、「かあちゃん!」と叫んで深々と頭を下げた。連れの男の方は一見、教師風である。あの若者は教え子に違いない。
伴ゴルゴも自分のトランクを持ち直して歩を進めた。
「彼は、息子さんですか?」すれ違いざまに伴ゴルゴが女に聞いた。原爆スラムから来たのであろうか、戦争の辛苦と貧困が滲み出るような女である。
「ああ、猛ですか。はい、倅じゃが、どうにもならんトッパもんじゃけね、広能さんに面倒見てもらお言うてこの青木先生と決めたんよ。あんたも極道かね?」
「あ、いやあおれは…。そうですか…」伴ゴルゴは軽く会釈をして別れた。母親を見送った若者のところで立ち止まると、伴ゴルゴは尋ねた。
「広能って野郎の家はここか?」
若者は一瞬、ムッとした表情を見せたが、何分、今この世界に入ったばかりである。どう取り合っていいいものやら見当がつかない。
「おい倉元、ボーっとしとらんと早う帰ってこんかい!」屋敷の中から広能ゴルゴの声が聞こえた。
「へ、へい!」もう倉元ゴルゴには伴ゴルゴに構っている余裕などない。「ついてこい」と目で合図するとあわてて屋敷に戻った。
「親分、親分に用のあるっちゅう人が来とりますけん…」と言った倉元ゴルゴの身体を右の手で押しのけるようにして、伴ゴルゴはその巨体を揺すりながら敷居をまたいだ。
「御免!」伴ゴルゴは横柄な口調で言った。「何ならワレ!」居合わせた広能組の若衆たちが色めきたち、もみ合いになったが、腕力に勝る伴ゴルゴが数人を押し飛ばした
「どうしたんなら騒々しい」奥から広能ゴルゴが出てきた。(さっきの角刈り男、こいつが広能か)「ワシが伴。伴宙太じゃ」それだけ告げれば分かると、
自惚れた伴ゴルゴは一層尊大に言った。
「こんなが伴か。バカ力だけはあるようじゃの、じゃが仁義も切らんうちから敷居またいで何の真似じゃ。殺してくれ言うとるんとおんなじことでぇ!」。
「うぐ。な、なんだと…」伴ゴルゴは少しも焦りを見せない広能ゴルゴに少したじろいだ。
「じゃかましい!オドレ、あの稲原の井沢と喧嘩して東京を所払になった身でぇ!ほんとじゃったら堅気か仏のどっちかになるんがスジのとこを、
命だけは助けちゃるゆう梶原の計らいで逃がしてもろうた身じゃろうが。そうじゃったらそれらしゅうせんかい。こんなにはその倉元とふたりで、
一から始めてもらうけ、嫌ならどこへでも行きないや!」
伴ゴルゴにとって広能ゴルゴに逆らうことは、梶原ゴルゴに逆らうのと同じである。こうなったら広能ゴルゴの下で一から修業しなおすよりほかにない。
こうして、広能ゴルゴのもとで、この日またふたりの若者が、煮えたぎる釜のような広島やくざ抗争に足を踏み入れたのである。

862名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/13(火) 22:23:43.33
長編ゴルゴ楽しみです。ほんと続けてくださいね、
と久しぶりにスレが正常化してきた喜びにひたるゴルゴ

863名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 08:28:11.24
流れは収まったかなぁw
いつものユタリ~がいいなぁ~
と思うゴルゴw

864名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 09:13:12.51
長編ゴルゴはストーリーが複雑じゃけえの、特に元ネタの「仁義なき戦い〜代理戦争」なんかそうじゃ。それのパロディじゃけん、複雑さの自乗になっちょる。
そこはカバチ垂れんと読んどるのじゃが、わしはこうしてオメコの毛いじっとるのが性に合うとる。のう、朱美ちゃんよ、でひひひひ…

(ほんとしつこいオヤジやわ)と流町のクラブやバーのホステスのBLにリストされているのを知ってか知らずか今日もエロとドスケベ根性まる出しの山守ゴルゴ

865名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 09:37:47.91
>>863
ゆーじんもうヤメレ
お前が言ってるだけでsaraがお嫁の証拠はどこにもない

533 ゆーじん( ̄з ̄) ◆tr.t4dJfuU sage 2018/11/06(火) 10:09:06.37 ID:18VRF4gr
>>531
わざわざiD変えて連投ごくろうさんw
ヌシさんからメールこないだろw
サラさんの正体知ってる?あはははは

584 ゆーじん( ̄з ̄) ◆tr.t4dJfuU sage 2018/11/06(火) 14:52:00.90 ID:18VRF4gr
ご褒美に1つ教えてやるよw
あんたのサラ様w←コレもおもっきし吹いた
あんたが知ってる人だよw
つまり同一人物ってやつw

608 ゆーじん( ̄з ̄) ◆tr.t4dJfuU sage 2018/11/06(火) 15:08:12.53 ID:18VRF4gr
つーか、あの人私嫌いだから
別に拡散してもいいよw
表裏酷い奴は嫌いだw
藤木はバカだからまだマシかなw
うまくサラさんといくといいなw
お似合いだよ!頑張れよ!
あははははは

625 ゆーじん( ̄з ̄) ◆tr.t4dJfuU sage 2018/11/06(火) 18:40:18.50 ID:18VRF4gr
オヨメ=サラだよ

626 ゆーじん( ̄з ̄) ◆tr.t4dJfuU sage 2018/11/06(火) 18:43:34.96 ID:18VRF4gr
知ってる人は皆知ってるよ
はよコクらんと持ってかれるよw
自分の身体をこんなとこに載せるのは
どういうことかわかるよな?
いーかげん気づけよw
執着すんのは私じゃなくサラに行けよw

https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/juice/1540990478/625

866名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 14:26:04.32
「Mrデュークトウゴウ、ティーバッグの紅茶でわるいけど」
ティーバッグと聞いただけで、びくんと怒張しズボンの前がテント状態になるゴルゴ

867名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 19:54:46.16
終電を逃し、新宿昭和館で「仁義なき戦い」全5部作オールナイト上映を見て朝まで時間を潰した青春時代を懐かしむゴルゴ

868名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/15(木) 20:30:48.07
>>867
うむ。若い頃からいい了見をしておる。
男の生き様とは?組織とは?リーダーとは何か?あのシリーズにみんな詰まっておる。
あれは男の人生の教科書みたいなものだ。

小指を立ててカップを持ち気取った仕草で「お茶はダージリンに限りますね」と啜り、
「映画はヴィスコンティかゴダールですよね。日本映画はやはり小津安二郎ですよ。
『仁義なき戦い』?ああ、あのヤクザ映画ね。ガラの悪そうな人が場末の映画館で観る娯楽映画、芸術性がまるでゼロ。
ぼくぁ評価に値しないと思いますね」なんてほざいとる奴には絶対にわからん。
それでいいんじゃよ、と花形ゴルゴにもらった山廃純米大吟醸を一献呑み干して語る一徹ゴルゴ

869名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/16(金) 13:25:57.62
ゆーじん汚物
saraさん絶世の美女

870名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/16(金) 13:32:21.69
ゆーじんさん
saraさんへの嫌がらせはやめましょう

871名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/16(金) 19:18:08.13
>>868
「やっぱそっすよね〜オレも「新・仁義なき戦い」出れて光栄っすよ」とチャラい声で一徹ゴルゴのご機嫌をうかがう哀川ゴルゴ

872名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/16(金) 22:50:15.27
しかし竹内が「まいど!一徹はん、トイチの利子の集金に来ましたで」と現れると真っ青になって揉み手スリスリして
「萬田はん、もう二、三日待ってくださらんか。いつも派手じゃがいい生地の背広着ておられる」と媚びる一徹ゴルゴであった。

873sara2018/11/17(土) 02:47:22.09
汚物ブスゆーじん

874名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/17(土) 08:40:45.23
加須雄=駄仁夫=寒いね。=ゴルゴスレ推進協議会

↑いなくなったことで、これが判明したのは何よりだ…安堵するゴルゴ

875sara2018/11/17(土) 10:34:56.95
マンカスゆーじん荒らすなデブス

876名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/17(土) 10:52:02.72
>>874
加須雄は故郷の済州島に帰って、おかんといっしょに観光客相手の屋台でチヂミや烏賊や貝を焼いて売っとる。
こないだ絵葉書が来たんや。元気で何よりやがな。後見人としてわしらも安心しとる。

877名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/17(土) 18:31:45.10
えっ、えらいこと言うてくれたなぁ((((;゜Д゜)))

新着レスの表示
レスを投稿する