ブルーライトがこわい、対策教えろ。

1名無しさん2018/02/12(月) 22:11:23.96ID:???
この三連休で旅行に出かけた。
最初にクウェートに行ったのだが砂嵐の猛攻にあい、催涙など真っ平だと思い引き返した。
予定を変更し代わりにアルプスでハイジと団欒しようと思いシャモニーに向かった。
モンブランの山腹で雪盲になってから、ハイジはスイスであったことを思いだし後悔した。
仕方がないので見当をつけて軽く跳躍。少々力みすぎたため大規模な雪崩を引き起こしたが蟻ンコどもの命など知らぬ。
見当外れてゴビ砂漠に着地。今度は黄砂の発生に助力してしもうた。は、はははっくしゅん。
「目が、目がぁ〜!!」
瞼が上がらない程目が痛かったので思わず叫んだ。
ホーミーのメロデイに引かれて何万里。
ブータンなどという禿げばかりのお国についた。
その頃私の目はやられていたが、おでこから新たな眼が萌芽するのに気がついた。
サードアイ、ネ申の眼だ。
私は今度こそは目を大切にしようと思い毎日目薬で栄養を与えたのだが─それが幸いしたのかそれとも─つまり目がにょきにょきと伸び始めたのだ。それはピノキオの如くしてタケノコのようであり雄のロマンたる一物のようであった。
私は恐れおののいた。ネ申に畏怖したからではない。
眼軸の伸びが近視の要因であると以前メガネ先輩から教わっていたからだ。
二つ目の頃とは違い一つ目では眼鏡もかけられぬ。
コンタクトを忘れておると?ほう、いい質問だ。
それもダメなのだ。流石はネ申の眼。下手にそんなことしてみろ。目から丹久枝だ。バカ野郎。
だから今、瞼を閉じた状態で外から圧をかけ、眼軸の伸びを阻害しようと試みている。
試みてはいるのだか少し懸念がある。
眼圧上昇に伴う緑内障リスクの上昇だ。不安である。
サードアイを開花させたものは視力1.0以上の維持を条件に特別な能力を授かる。
そして私の授かりしは直に睨んだヤツを絶対服従させる能力だ。これで世界征服を目論む。世界に害なす七十幾臆匹もの蟻んこどもと睨めっこをし、絶対服従させてやるのだ!
しかし今、視力が余裕で1.0を切っているため、それをネ申に知られればその能力を剥奪されかねない。由々しきことだ。そんなことが許されるハズがない。
そこでだ、この私に視力を爆上げし、かつ、眼圧の上がらない方法を教えろ。
眼鏡はダメだ。片眼鏡でもだ。サードアイには相応しいハズがない。コンタクトも同様だ。
教えてくれたモノには褒美をつかわそう。
そうだな、絶対服従というM極の極意、すばらしきマグネット療法を体験とかは如何かな。
まあ気が向いたらだがな。
佐渡會津に万歳!

2【B:78 W:93 H:97 (A cup)】 名無しさん@おっぱい。2018/02/12(月) 23:45:02.23ID:RyGJ10Fg


3名無しさん2018/02/13(火) 13:11:42.70ID:???
何年もかけて頭金を貯め、何千万もかけて家を建てて、ローン返済しながら、大切に庭木を手入れし門扉や表札を磨きながら、自宅周辺にゴミが落ちていれば拾い、日々暮らしている人達を、バカにしすぎじゃないですか?犬飼いさんたち。

自分が同じ事されたら嫌だな、と思う事は
人にはしないのが、犬を飼っている人達には当たり前じゃないんだね。

4名無しさん2018/02/13(火) 20:00:34.55ID:???
レーシック

5名無しさん2018/02/19(月) 07:08:15.58ID:???
おぉ〜お〜!
ブルーライトゥ〜!!!

6名無しさん2018/02/19(月) 07:20:15.35ID:???
ブルーライトニング

7名無しさん2018/02/20(火) 02:30:42.27ID:???
>>1にブルーライトニングの波動が刺さる
>>1はタヒ亡した
>>1を引き継いでここはクソう作・太郎が引き継ぐ
ここは、ぶゎかな>>1のメモメモであったがここはクソう作・太郎のメモメモになった

ぶふぉwww
ぎゅふん、ぱ!

>>1
サーザント・アイ持ち主が自分だけとおもているのくゎあ!!!!!
たわけ、よく聞け、それは思い上がりだぁ!

アイアイ、おまおまぷりんぷりん。
さあさあ、歌いまそう!貴族社会に独身は必須!魔法使いとやらもいいかもしれぬ。

例えば

8名無しさん2018/02/20(火) 02:31:17.30ID:???
例えば、「ヌゲヤラウーハー!」で服が消滅しその内面を露にする
しかし、耐性のない魔法使いクソう作・太郎は顔の穴から血を流してタヒ亡。これは母性の愛、つなわち、呪い返しとかいゆやつでしゅ、ぼへ。
んで、んで、ドーリー!ちゅいんちゅいんぱ!
ちゅいんちゅいんぱ!!ちゅいんちゅいんぱつぱ!

9名無しさん2018/02/20(火) 02:40:14.58ID:???
そこにハイジが登場!
>>1の一物をなめる!なめる!なめる!
のどに張り付く白濁液をごっくん!
「これは良い栄養補給ね!プロテインにも勝るは!」
ハイジはご機嫌である。私は微笑まし限りでかれらを鬼のような亀の形相で見つめ、眺め、潰していた。

あああ、手が勝手に動いて訳のわからぬことを…。
私は天才のたがが外れた天災!すばらすぃすぎる。
その私が言うことは絶対に間違っていない。たとぇば。例えば。
地動説、天動説などもすべて間違いである。全ては私を中心にして回っている。そう、回っている。なぜ愚鈍な先人どもはこの事に気づかなかったのかいささか疑問である。
なぜ気づかなかったのか?
きっと、私が存在していなかったため、そのために中心を特定出来なかっのであろう。
タイムマシンの構造も知らぬ白痴どもだ、そうに違いない。

10名無しさん2018/02/23(金) 07:10:33.01ID:???
サーザントアイアイホッシュ!

新着レスの表示
レスを投稿する