【BUND】共産主義者同盟総合スレ【ブント】 [転載禁止]©2ch.net

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1革命的名無しさん2015/08/18(火) 23:56:16.82
しょうがないから立てたよ

854革命的名無しさん2018/03/18(日) 07:55:59.07
>>852
70年代後半当時は新左翼からは相手にされてなかったが、右翼からは新左翼の代表のように扱われてたそうだ。

855革命的名無しさん2018/03/18(日) 07:56:49.08
>>852
ああ、機関紙の文章がおかしいというのはよく言われてたらしいね。

856革命的名無しさん2018/03/19(月) 18:38:55.92
>>854
それなりに街頭でマメに情宣してたしな。
街宣車の上で演説するスタイルが右翼には馴染みやすかったのかもしれない。

80年代。
戦旗(荒派)とマル青同を一度もどこかの駅前で見ない日曜日はなかった。

857革命的名無しさん2018/03/20(火) 18:34:42.97
>>856
それが新左翼イメージを一新させた!
軍服と規律!
これがマル青同の真骨頂!

たしかに当時の戦旗荒派とマル青同は新左翼の現代につづく象徴で、
かつカッコいいスタイルでした!

858革命的名無しさん2018/03/20(火) 21:53:42.25
ナナ半バイクの年賀状は、どう考えても暴走族だった。

859革命的名無しさん2018/03/21(水) 13:46:52.09
>>857
元荒派からすると、マル青同と一緒にされるのは非常に心外と言うかwww

荒派は割とオーソドックスな新左翼のスタイルだったと思うけど?

860革命的名無しさん2018/03/21(水) 16:17:54.60
マル青同なんてブントじゃねえよ
毛派にいかれた時点で思想的に退行してるわ
新左翼とも無縁

861革命的名無しさん2018/03/21(水) 17:43:15.38
マル青同の情宣に高校生の時出くわして貰ったビラは
「ポル・ポト大虐殺報道のデマ」みたいなことが書いてあったな。

当時新左翼はとにかく「三里塚二期阻止」一辺倒だったから、
「なんでこんなことにこだわるんだ?」と違和感を覚えたものだが。

後にマル青同の思想やカンボジアの政治情勢を知って「そういうことか」と思ったが。

862革命的名無しさん2018/03/22(木) 00:38:04.01
ブント系がゴリゴリの毛派に影響されるとろくなことにならない!悲惨な結果を招く!というのは、経験的に確かめられ、共有され
ている事実と考えてよろしいんでしょうか?

863革命的名無しさん2018/03/22(木) 07:06:17.83
いかに情報が限られていたとはいえ、ポト派支援とか、新左翼としてありえないと思う。
そこには、既存の国家(大国)権力への拝跪があったんじゃないの。中ソ対立のどっちにつくのか!とか真面目に議論したりして。
結論的には、どちらも徹底的に間違っていて、国家の政治力学の外に希望を見いだすしかない現状と思うけど。

864革命的名無しさん2018/03/22(木) 07:52:09.34
ML派が毛派に乗っ取られた時点で
思想的には後退、と言って良いね
マル青同はそのなれの果て
古典的旧左翼のなれの果てだわ

865革命的名無しさん2018/03/22(木) 09:00:35.79
せっきとかが毛派を一定評価していた件はどう総括されているのかな

866革命的名無しさん2018/03/22(木) 09:09:22.57
邪道だよ。

867革命的名無しさん2018/03/22(木) 16:10:16.77
>>859
逆にマオ派よりもひどいイメージがある。
街頭キャッチに、共同生活、それに多額の「上納金」ってヤツだ。
党費とか会費とかいわなかったの?

それ以外はオーソドックスよ。それはわかるさ。

868革命的名無しさん2018/03/22(木) 16:21:09.47
>>860>>862>>865
なんだかんだと文革を、当時は詳細もしらずに、あちこちの党派がマオ派的な傾向に感化されたのが70年代だったと思う
もちろんオレはそのころは産まれてなかったか、直後だなあ。

スローガンもそうだが、例えば5派ブント共闘が華国鋒体制の評価をめぐって解体したのもその例。
いわゆる2000年代の5者共闘じゃないよ。
ブント的、いやブントだけじゃない、反スタ的傾向がマオイズムに流れてしまったんじゃね?
染まるほどの思想的内実がなかったから逆によかったんだと思う。

これは日中友好協会における日共の振る舞いも関わってると思うよ。
マオ派じゃなくても心情的には反日共からはじまったんじゃないかな?

869革命的名無しさん2018/03/22(木) 16:30:29.52
>>865
赫旗で思ったけど、赤軍の流れを継承する流れって
マオ派の影響受けるところが多いと思う。
一時的であれ。ただし大枠はそうは見えないし、
革命戦線直系でそれはないでしょう。
といっても直系って何って話しにもなるし、
72年直後に遡る話しにもなると思うけどさ。

オレがいろいろ始めたころの中国派ってのは、元からの中国派の流れだった。
だからブント系諸派にそういう色はなかったな。

870革命的名無しさん2018/03/23(金) 03:12:27.83
>>869
なんでそんな影響を受けちゃったんですか?初期はともかく、後期の文革にもやっぱり幻想があったんですか?

871革命的名無しさん2018/03/23(金) 14:06:31.30
>>870
たぶん勢いだけじゃないのかなw 勇ましさというかさ。
実態がわかってきた状況に至ってもまだ幻想があったとか。
フランスなんかでもそうだったでしょ。

5派の華国鋒体制云々については華体制は文革を精算したのか、
でもあいかわらずマオ派のままじゃないかってことかもしれない。

だからブント系で厳密な意味でのマオ派、中国派というのはいなかったと思ってた。
赫旗に流れる各派の中にそういう影響のありそうな名前のとこはあったが、
その後、労共党のネタがでるまでマオ派と協議してたとは思わなんだ。

872革命的名無しさん2018/03/23(金) 16:11:05.35
>>867
ブント諸派に決定的に不足していた「党建設」を真摯に追求した結果だと思うけど?

他のブント系はあれこれ言うけど、80年代前半における戦旗(荒)派の躍進は目を見張るものがあった。

873革命的名無しさん2018/03/25(日) 09:44:08.98
赫旗には構改派の勢力もいて純粋ブントではなかったからな
ポルポト支持も主張してたし
のちに労農通信社と合体する経緯を見ても
中国派の流れは元から孕んでいた
それは赤赫旗黒赫旗合同も結局生田分裂を内包してて
必然の結果と言わざるを得ない

874革命的名無しさん2018/03/25(日) 12:57:47.92
>>873
わかってないな
生田・まっぺんさん体制こそ本流だろうがっ!
クソめ!

875革命的名無しさん2018/03/25(日) 17:39:38.98
>>874
生田あいとかいいだももの名前が代表に挙がってると途端に胡散臭く感じるww

876革命的名無しさん2018/03/25(日) 19:12:14.14
>>875
いいだは死んだだろう
今はまっぺんさんが書記長だ!

877革命的名無しさん2018/03/25(日) 22:38:15.25
>>872
マル青は「建党の名で建軍を否定し、建軍の名で建党を否定する」という批判を他党派に行ってたな。
彼らの建党とは中央集権の徹底でしかなかったし、建軍に至っては軍服コスプレだけ。
要するに、言葉遊びがとってもお上手だったってこと。
日向の場合、ブラック企業の営業職管理と同じ手法を組織活動の基軸に据えたことが「躍進」の秘密。
実際、思想内容はほとんど深化しなかった。
「武装せる人民の進撃」とかマル青のごとき言葉遊びを始めたかと思えば、「ジハード」とかその時代の流行語を取り入れるだけで、文字どおり思想ではなく言葉の深化にいそしんでいたんじゃないか。
まあ、まともに思想の深化を志してたらポルシェ云々の話にはならなかっただろうしな。

878革命的名無しさん2018/03/26(月) 18:57:22.34
>>877
ポルシェに乗ることを合理化していた荒の精神性と、80年代の戦旗派とは地続きではないとオレは思ってる。
凡庸な言い方だけど荒は変わってしまったのだ。

当時の荒派の組織拡大が、そういう「ブラック企業の手法」に依拠していたことは否定しない。

だが、左翼党派が人民に主張を訴えかける手法としてそれが間違っていたわけじゃない。

毎日毎日駅前に立ち、愚直なまでにビラを配り、アジテーションをして、署名を貰う。
比喩的表現でなく毎日、毎晩だ。

それだけのエネルギーで人民に分け入った身としては、それを批判する論拠が分からない。

逆に当時押しなべてパッとしなかったブント諸派は、戦旗派が情宣してる間一体何をしていたの?と問いかけたいよ。

879革命的名無しさん2018/03/27(火) 10:43:07.86
ブナロードはスローガンであって
その方法は多様

880革命的名無しさん2018/03/28(水) 22:24:36.71
京大の吉田寮が、今更wの廃寮攻撃にさらされているらしいけど、どうなりそうなの?
80年代末に学生だったけど、関西で赤ヘルといったら吉田寮(と、西部行動?)を思い出す。

881革命的名無しさん2018/03/29(木) 05:33:42.10
L地下同学会の求心力が落ちて
ケルンに僭称されるくらいだからなあ
もっとも吉田寮も留学生が増えて
学生自治を担うには他人ごとという風潮もあるようだ

882革命的名無しさん2018/04/14(土) 01:21:31.09
週刊文春の立花隆の書評コーナーで西部と島成郎を対比して
西部をぼろくそ

883革命的名無しさん2018/04/20(金) 21:40:56.13
京大が軍事研究を行わないと宣言したのは
まだまだ伝統が生きているとほっとしたけど
中西みたいなのが幅を利かす危険は孕んでいる

884革命的名無しさん2018/04/27(金) 13:45:34.72
>>784
あの頃の高校生、ここにいるんだ。
懐かしい顔、思い出すよ!
夜、東大の赤煉瓦によく集まったな。
俺たちは、そこにある慶応高校の部落解放研究会で参加してたけど、俺は叛旗だった。

885革命的名無しさん2018/04/30(月) 00:00:59.72
地方ブントは革共同両派の狭間で厳しい時代だった
赤軍→RGの軍事の余波もあって孤立していた
中央の四分五裂に置き去りになって
独立ブント状態だった

886革命的名無しさん2018/05/10(木) 07:34:18.71
元赤軍の花園紀男が10日の叛旗互助会に参加、議論するのだそうな
神津曰く
松岡利康もプライドがあるなら来て質問すれば!
だとさ

887革命的名無しさん2018/05/10(木) 14:12:24.35
まあその通りだな
同大全学闘はブント系ではあるがブントではなし

888革命的名無しさん2018/05/18(金) 12:14:03.52
違法な天下り、放送法の否定ハラスメントの揉み消しをするクズどもを倒してください <m(__)m>

学問の自由を否定し、違法な天下り、渡り、アカハラを容認する放送大学執行部
総務省、法学者、弁護士に法解釈を否定されたがそのまま権力を濫用
>学問における中立性が何なのかが問われる異常な反応だ。(服部孝章・立教大名誉教授(メディア法))
>大学側は、検閲的な行為をすることの危険性に無自覚なのではないか。(大石泰彦・青山学院大教授(メディア倫理))
>放送大学を代表してコメントしたのは来生新(きすぎ・しん)副学長でした。その内容は「学問や表現の自由には十分配慮しなければいけないが、
放送大学は一般の大学と違い、放送法を順守する義務がある。試験問題も放送授業と一体のものと考えており、今回は放送法に照らし公平さを欠くと判断して削除した」という、
とても法学者とは思えないコメントであり、来生教授の講義を受講したことのある私としては、まことに残念と言うしかありません(弁護士)

石野利和(いしのとしかず) 文部科学省出身  → 天下りの理事、後に筑波にわたる
前川氏が関与した天下り問題で早稲田を辞めた吉田大輔の違法行為を容認し著作権法の講義を継続させた元凶
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H2L_Q7A120C1CC0000/
学問の自由を侵害しパワハラで美術史の講師を辞職に追いやった元凶
http://oshidori-makoken.com/?p=1766
http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/45780419.html(弁護士)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14151652384(毎日新聞、法学者の見解の引用)
來生と宮本は暴行事件を起こしたアカハラ教授長沼毅の講義も継続させた元凶
來生新 学長   ← 放送法の解釈を歪曲したが総務省と法学者に完全否定されても独善的に権力を行使したやつ
宮本みち子副学長 ← 騒ぎ出した元凶 (「問題は事前に複数の専任教員による校正を受けたが、特に指摘はなかった。」のに騒ぎ出した)
岡部洋一 ← 学問の自由を否定する來生の異常な解釈を承認したやつ
凸先
岡部のツイッター
https://twitter.com/__obake
okabe@ou.ac.jp(公開メアド)
放送大学
soumu-ka@ouj.ac.jp(総務課)

889革命的名無しさん2018/05/19(土) 00:08:42.24
松岡といえば、これ↓
『遙かなる一九七〇年代‐京都 学生運動解体期の物語と記憶』
http://www.rokusaisha.com/kikan.php?bookid=000506
かなり面白い。
松岡は70年同志社入学。
垣沼真一は69年京大入学。
ここで話題になってるマル青同のこともかなり書かれている。
もちろんトンデモとして

890革命的名無しさん2018/05/23(水) 08:11:46.23
↑の本でもだが
矢谷暢一郎とか、某大手外食企業社長のS賀とか
同大学生運動の回顧になると先輩風を吹かしに必ず登場
おまえら同大社学同を解体させた張本人やろが
それについてどう総括しているんだ!
ブル転して今頃先輩面してノコノコ出てくるんじゃねえよ!

891革命的名無しさん2018/05/23(水) 12:43:50.29
69年7.6事件(この事件の後同大社学同キャップの望月が死亡)を契機に
矢谷、S賀、N平、等の同大社学同幹部連中は
当時全学バリケード封鎖中の同大キャンパス内から突然姿を消した
赤軍騒動で訳がわからなくなり一切の運動から逃亡した
その後バリ封鎖は下部活動家により細々と維持されたが
69年末頃に機動隊により封鎖解除ロックアウトとなり
60年代の関西ブントの一翼を担い
赤ヘルメット部隊の先頭で華々しく戦った
同大社学同は事実上解体した

892革命的名無しさん2018/06/12(火) 08:05:14.37
学闘以降の運動は苦労した
政治課題に取り組めば党派の引き回しだとか
学内課題に力を入れれば学内主義の日和見だの
寮自治会も系統に分断されてしまったし

893革命的名無しさん2018/06/26(火) 15:28:48.15
S賀とは69当時の同大学友会委員長 志賀茂
N平とは矢谷の前の府学連委員長 奈良平のことやな

矢谷、志賀が当時の同大学友会、誕生間もなくの全学闘指導部を作っていて
そのバックに奈良平、望月がいたわけだが
7/6事件、望月の死亡で動揺、一切の活動を放棄して逃亡した彼等の
その後の経緯も含めての総括はぜひ聞いてみたいものだ

894革命的名無しさん2018/06/26(火) 20:24:47.43
矢谷は現在在米、ニューヨーク州立アルフレッド工科大学教授
志賀は現在和食チェーン「がんこフードサービス」副会長
奈良平は70年代は全学闘と関係があったようだが現在は在京都で零細企業経営者

895革命的名無しさん2018/06/26(火) 20:47:43.37
西田の美杉さん亡くなったの?

896革命的名無しさん2018/06/30(土) 11:24:19.95
エネルギー資源問題が自然エネで解決し、
労働生産性がAIやロボットで飛躍的に高まり、
インターネットで情報の共有が進んだら、

共産主義がすんなりと成り立つかもしれない。

マルクスもレーニンも100年早かった。
まぁ、人間の歴史はこんなもの。

897名前はまだ無い2018/07/03(火) 14:50:21.61
国際歌(現代語訳「インターナショナル」)
https://twitter.com/DyzAFYVYTp1GR4W/status/1013994229155037187

世の中を 支える 働く 仲間よ、
かすめられた 富を 手に 取り戻せ!

神や 偉人でなく 働く 民が、
世を 変え、世を すべて 握る 時が 来る。

全ての 国の 働く 民は、
国境を 越えて 手を 結ぼう!

全ての 国の 働く 民は、
国が 違っても 仲間だから。

898革命的名無しさん2018/07/07(土) 22:35:09.02
>>889
松岡ってほら吹き右翼須田甚一郎と親しくしてたの自慢してた奴だろ

899革命的名無しさん2018/07/08(日) 08:28:22.74
しばき隊攻撃のやり口が革マルじみてきてブント的じゃない

900革命的名無しさん2018/07/08(日) 09:13:22.37
>898 松岡って知らんネ。

901革命的名無しさん2018/07/08(日) 12:31:28.75
ブントも左派から右派まで振り幅大きいからな
資本主義の走狗吉本隆明信奉の叛旗
統一教会の学者と懇意にしてる情況から
赤軍、赤報、蜂起まで

902革命的名無しさん2018/07/09(月) 00:09:36.20
松岡は同大全学闘
ブント系ではあるかもしれんがブントじゃねえよ

903革命的名無しさん2018/07/12(木) 21:45:56.80
ブントブントブント〜ブントブントブント〜
たそがれ〜のブント〜〜♪♪

904革命的名無しさん2018/07/14(土) 17:57:24.15
でも松岡は一次ブント二次ブントの離合集散で散逸した文献を
丁寧にまとめた仕事は評価できる
批評社のブントの思想も一次ブント当事者でさえ
完結させられなかったしなあ

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する