親愛なる同志"色盲絵師"岡尚大同志スレ [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1革命的名無しさん2017/03/21(火) 07:32:14.60
親愛なるなる同志岡尚大同志についてみなさん語っていきましょう

岡尚大同志とは
★連続殺人事件で母子を殺害したペルー人を称える 
http://imgur.com/HcpJygU.jpg
http://imgur.com/PbtIuuK.jpg

★東日本大震災の被害者を貶す
http://i.imgur.com/hYvurUG.jpg

★広島・原爆被害者を中傷 
http://i.imgur.com/ue3V1GC.jpg

★レイシズム
http://imgur.com/nv0cxk5.jpg 
http://imgur.com/RI8zuSW.jpg 
http://imgur.com/0J14Na1.jpg

★本人の許可あり
23 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (スプー Sdf8-Sbv5)[] 投稿日:2015/11/08(日) 18:58:37.65 ID:5JNujt8qd
劣等(列島)な倭猿諸君
わたしを特定してみたまえ
http://i.imgur.com/9CvFUEV.jpg

特定される

警察注意喚起ビラ風
http://i.imgur.com/DWo2UqX.jpg
町内会注意喚起ビラ風
http://i.imgur.com/YG8NCsX.jpg
個展風
http://i.imgur.com/NKWcRpO.jpg

2革命的名無しさん2017/03/21(火) 07:35:56.79
早稲田大学が誇る有名人

・小保方晴子(理工学部AO第一期生)
http://i.imgur.com/v1kwd8u.jpg
・和田真一郎(スーフリ主犯)
http://i.imgur.com/DeHmJiz.jpg
・与沢翼(情弱ビジネス詐欺師)
http://i.imgur.com/red2lvD.png
・乙武洋匡(五股不倫クレーマー)
http://i.imgur.com/gp2PWN4.jpg
・広末涼子(不正入学疑惑&デキ婚中退)
http://i.imgur.com/M89MGQ5.jpg
new!・岡尚大(反日色盲絵師)
http://i.imgur.com/mLKlL5a.jpg

3革命的名無しさん2017/03/21(火) 13:10:08.89
【話題】韓国軍が数千人のベトナム女性を強姦し、慰安婦にしていた…米国メディア「日本より先に謝罪すべきだ」[01/21] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1484981544/

【韓国】友人に小便を飲ませて性醜行(セクハラ)した10代少年に懲役刑[02/16] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487209140/

【性犯罪】建物に侵入し女性にわいせつ未遂の疑い、韓国籍で無職の尹俊赫容疑者を逮捕[02/15] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487150278/

4革命的名無しさん2017/03/22(水) 10:00:18.81

5革命的名無しさん2017/03/22(水) 10:54:38.11

6革命的名無しさん2017/03/22(水) 11:12:46.48
>>5
首なげーなw

7革命的名無しさん2017/03/25(土) 01:28:22.99
岡 尚大同志による書き込みを御覧下さい

341 :熊本ジャップもっと死ね@半島アーリア人 ◆ENoLaGay.. @無断転載は禁止[age]:2016/04/15(金) 04:45:39.21 ID:08Xkyafi
発展しすぎた医療と福祉のせいで淘汰され損なった身障カタワのネ卜ウヨよ!

お前らがヒトラーやナチス(=国家xx主義ドイツxxx党)
および優生学を支持するという事は

要するに、お前らは「自殺志願者」という事だな(ギャハハ本舗

http://i.imgur.com/vMfyzHj.jpg
(^ω^)お前らウヨジャップはヘイトの才能すら負けているのだよ
悔しかったら筆を折らせるレベルの罵倒を返してくるが良い

(^ω^)熊本ジャップざまぁ見ろ!祝

8革命的名無しさん2017/03/25(土) 23:28:54.58
相模原市南区上鶴間3丁目の岡 尚大 同志による書き込みナリ


837 :ワタカの日曜火 ◆ENoLaGay.. []:2017/01/24(火) 18:48:28.44 ID:LhsTKBbTd
ストップ!差別判決🙅🙅🙅!!

JKだてらにハメ撮り許可するようなくっせえアバズレ雌ジャップを1匹処分しただけなのに
トーマス氏がハーフである事を専らの理由に懲役22年という重い刑を下したニッポンのレイシスト司法に喝っ👹👹!!!

http://i.imgur.com/qmQT5Uu.png

お〜い、アバズレ産んだ製造物責任者のクソ遺族ども、見てっかぁ😂😂ギャハハ?

9革命的名無しさん2017/04/27(木) 19:02:51.46
カン・サンデ

10革命的名無しさん2017/04/27(木) 19:04:20.62
名誉エスぺランチスト

11革命的名無しさん2017/05/01(月) 05:28:42.13
941 :WHITE POWER アメリカ ◆ENoLaGay.. []:2017/02/06(月) 07:01:16.53 ID:8VvLCAZsd
?ネトウヨ君、ネトウヨ君起きて?


どうした?ネトウヨ

ネットなんか捨ててリアルでかかって来い

それとも怖いのかw?

htt p://i.img ur.com/q9Kk4bz.jpg

アハハ

12革命的名無しさん2018/02/04(日) 10:59:11.21
共産党のえらいひとよりもうかるかもしれないじょうほう
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

KOCHN

13革命的名無しさん2018/02/06(火) 10:10:29.42
>>5
早稲田卒のパヨクの爺婆に洗脳されたんじゃろか??

14革命的名無しさん2018/02/17(土) 23:55:58.14
なにこいつ朝鮮人?

15革命的名無しさん2018/03/02(金) 12:23:31.13
半島アーリア人やぞ
ちなソース
2 真壁サヨ子@半島アーリア人 ◆ENoLaGay.. (スプー Sdb8-wv7z) age 2016/05/06(金) 12:20:45.98 ID:JRC+x47Dd
底辺士ウヨバインの諸君(^ω^)ナムサン!
返信 ID:

16革命的名無しさん2018/03/04(日) 22:08:16.87
アーリア人?
ネオナチか?

17革命的名無しさん2018/03/08(木) 15:12:48.27
半島アーリア人はお前等の先祖「朝鮮人」だろう?

18F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:02:10.65
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

19F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:02:40.11
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

20F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:02:45.26
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

21F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:02:53.16
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

22F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:02:57.12
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

23F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:02.07
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

24F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:04.66
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

25F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:11.48
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

26F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:14.33
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

27F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:18.47
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

28F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:22.00
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

29F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:25.33
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

30F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:27.94
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

31F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:33.41
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

32F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:36.26
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

33F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:41.89
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

34F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:45.20
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

35F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:48.29
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

36F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:50.49
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

37F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:03:53.96
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

38F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:00.72
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

39F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:04.05
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

40F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:08.37
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

41F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:11.81
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

42F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:16.10
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

43F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:18.55
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

44F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:22.77
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

45F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:25.97
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

46F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:29.30
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

47F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:31.98
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

48F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:35.87
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

49F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:38.58
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

50F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:41.90
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

51F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:46.10
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

52F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:49.70
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

53F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:52.15
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

54F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:55.83
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

55F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:04:57.91
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

56F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:01.91
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

57F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:04.54
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

58F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:07.43
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

59F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:09.95
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

60F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:13.41
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

61F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:16.27
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

62F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:20.22
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

63F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:26.65
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

64F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:29.64
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

65F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:32.31
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

66F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:36.06
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

67F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:05:38.48
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

68F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:03.23
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

69F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:05.72
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

70F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:10.25
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

71F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:30.63
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

72F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:34.06
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

73F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:37.54
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

74F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:39.94
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

75F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:43.82
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

76F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:46.36
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

77F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:50.80
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

78F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:54.67
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

79F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:06:58.02
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

80F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:00.29
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

81F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:04.42
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

82F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:07.32
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

83F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:11.65
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

84F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:15.49
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

85F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:19.51
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

86F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:22.05
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

87F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:26.56
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

88F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:30.04
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

89F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:35.41
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

90F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:39.21
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

91F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:42.81
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

92F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:45.47
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

93F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:49.06
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

94F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:51.60
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

95F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:56.54
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

96F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:07:59.57
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

97F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:02.32
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

98F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:04.77
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

99F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:08.36
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

100F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:10.82
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

101F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:15.04
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

102F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:17.78
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

103F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:20.55
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

104F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:22.76
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

105F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:26.69
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

106F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:29.38
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

107F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:33.46
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

108F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:36.24
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

109F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:39.29
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

110F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:47.59
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

111F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:51.90
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

112F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:54.93
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

113F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:08:58.04
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

114F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:00.46
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

115F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:04.43
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

116F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:07.06
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

117F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:11.24
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

118F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:15.47
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

119F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:18.60
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

120F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:21.70
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

121F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:25.34
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

122F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:27.93
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

123F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:35.15
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

124F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:38.18
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

125F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:42.05
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

126F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:44.53
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

127F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:48.85
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

128F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:51.36
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

129F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:57.05
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

130F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:09:59.61
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

131F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:01.31
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

132F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:04.76
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

133F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:08.42
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

134F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:10.78
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

135F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:16.45
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

136F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:20.26
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

137F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:22.99
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

138F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:25.34
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

139F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:28.77
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

140F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:31.13
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

141F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:35.75
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

142F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:39.71
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

143F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:43.20
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

144F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:45.54
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

145F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:49.26
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

146F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:51.82
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

147F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:56.01
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

148F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:10:59.27
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

149F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:02.25
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

150F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:04.50
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

151F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:08.78
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

152F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:11.49
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

153F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:16.47
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

154F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:19.33
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

155F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:22.36
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

156F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:24.94
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

157F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:32.02
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

158F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:36.22
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

159F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:39.44
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

160F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:43.12
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

161F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:45.96
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

162F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:49.84
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

163F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:52.94
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

164F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:11:56.96
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

165F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:00.69
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

166F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:04.70
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

167F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:07.14
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

168F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:10.69
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

169F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:13.38
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

170F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:17.02
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

171F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:20.57
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

172F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:23.54
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

173F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:25.89
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

174F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:29.62
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

175F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:32.68
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

176F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:36.77
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

177F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:40.20
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

178F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:43.65
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

179F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:46.21
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

180F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:50.05
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

181F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:52.54
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

182F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:56.52
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

183F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:12:59.43
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

184F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:04.37
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

185F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:07.04
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

186F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:11.04
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

187F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:13.68
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

188F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:17.56
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

189F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:21.21
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

190F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:24.47
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

191F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:26.87
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

192F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:30.91
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

193F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:33.53
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

194F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:37.86
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

195F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:40.97
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

196F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:44.16
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

197F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:47.52
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

198F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:51.76
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

199F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:54.24
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

200F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:13:57.59
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

201F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:00.70
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

202F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:03.68
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

203F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:07.64
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

204F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:11.30
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

205F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:18.15
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

206F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:21.19
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

207F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:23.68
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

208F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:26.21
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

209F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:32.14
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

210F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:36.59
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

211F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:40.74
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

212F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:44.44
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

213F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:46.99
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

214F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:50.81
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

215F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:53.74
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

216F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:14:57.24
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

217F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:00.49
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

218F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:03.81
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

219F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:06.64
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

220F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:10.82
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

221F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:13.60
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

222F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:17.01
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

223F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:20.71
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

224F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:23.77
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

225F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:26.61
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

226F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:30.50
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

227F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:33.14
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

228F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:37.55
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

229F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:41.11
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

230F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:44.19
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

231F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:46.58
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

232F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:50.46
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

233F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:53.15
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

234F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:15:57.57
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

235F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:00.98
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

236F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:04.37
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

237F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:12.18
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

238F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:14.69
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

239F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:17.72
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

240F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:22.20
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

241F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:26.35
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

242F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:28.73
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

243F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:32.59
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

244F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:35.03
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

245F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:38.05
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

246F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:41.15
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

247F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:48.05
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

248F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:50.73
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

249F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:54.78
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

250F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:16:57.11
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

251F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:18.40
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

252F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:22.25
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

253F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:24.56
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

254F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:28.39
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

255F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:31.31
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

256F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:35.63
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

257F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:44.22
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

258F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:48.21
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

259F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:17:51.08
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

260F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:24.21
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

261F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:27.41
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

262F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:30.73
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

263F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:33.42
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

264F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:37.31
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

265F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:39.60
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

266F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:43.86
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

267F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:46.90
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

268F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:50.19
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

269F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:52.89
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

270F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:18:57.26
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

271F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:02.96
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

272F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:06.76
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

273F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:10.41
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

274F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:14.13
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

275F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:16.86
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

276F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:21.09
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

277F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:23.51
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

278F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:27.81
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

279F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:31.82
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

280F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:34.71
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

281F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:39.85
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

282F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:43.41
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

283F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:45.54
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

284F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:49.91
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

285F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:54.15
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

286F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:56.86
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

287F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:19:59.34
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

288F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:06.13
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

289F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:12.96
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

290F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:16.67
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

291F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:20.77
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

292F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:23.65
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

293F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:27.66
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

294F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:30.57
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

295F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:34.89
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

296F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:38.86
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

297F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:43.96
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

298F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:46.70
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

299F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:51.20
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

300F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:54.15
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

301F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:20:58.75
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

302F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:05.32
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

303F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:08.44
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

304F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:10.76
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

305F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:14.74
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

306F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:17.41
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

307F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:21.49
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

308F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:24.82
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

309F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:27.53
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

310F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:29.91
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

311F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:33.73
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

312F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:36.62
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

313F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:41.13
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

314F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:44.93
インターネットホットラインセンターから色盲絵師こと岡尚大さんに対する誹謗中傷を行う卑劣なネット右翼共へお知らせ
http://blog.livedoor.jp/f9_5ch_net/archives/7544502.html
>>999 >>888 >>777 >>666 >>555 >>444 >>333

315F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:47.34
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

316F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:49.74
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

317F9 ◆/ef872yRGc 2018/04/03(火) 19:21:53.49
ある少年が誕生日を迎えた。13歳となったのだ。

この春、晴れて中学一年生として公立中学校に通う事となる。少年は期待と不安でドキドキしていた。
両親は誕生日プレゼントとして少年にPCを与えた。これから必要となるであろうインターネットへの知識を深めてもらうことも買い与えた理由の一つだ。
少年は興奮を抑えつつも貰ったPCを部屋で開いた。インターネットというものを使う事はこれが初めてである。

インターネットを使ううちに、少年は「2ちゃんねる」をまとめサイト経由で知ることとなった。2ちゃんねるを見てみると膨大なスレッドがあり、少年は目を輝かせた。
様々なスレのドアを開ける内に「雑談スレ」と書かれたドアも開けてしまった。
中には薄汚い中年太りの死んだ魚の様な目をした親父が数人いた。
何れもネット慣れしていない初心者を馴れ合い目的で粘着して煽るのが生きがいの悲しい人間だった。
少年は「こんにちわ」と挨拶をした。しかし部屋の中にいた住民は一斉にこう叫んだ・・・「こいつ新参じゃね?」と。

雑談スレの住民たちは突然姿を変えた。それは人の姿ではなかった。「化け物」といってもいいだろう。
姿形は人間そっくりだったが、目は濁りきっており、肌の色は青白い色になっていた。口からは唾液が流れ出ており、ゾンビのような姿だった。
そう、これが雑談スレに入り浸った人間が最後になる姿「馴れ合い厨」である。
少年は咄嗟に「これのスレにいた末路がこれだ」と察して急いで逃げようとした。しかしドアは開かなかった。雑談スレは一度獲物を見つけたら逃がさない、罠のようなものだった。
少年は泣き叫んだ、両親の名前を呼ぶが誰も来ない。少年は死を覚悟した・・・その時だった。

一人の男が雷のようなものを放って馴れ合い厨を攻撃した。彼は「F9」と名乗った。インターネットホットラインセンター(ネット警察)の一員だそうな。
馴れ合い厨はF9に襲い掛かったが、容易くまとめて撃退された。
F9はその後少年にこう言った、「普通雑談スレに入った人間は二度と生きて帰れない」と

少年はF9に憧れを抱き、ネット戦士になることを決意した。
今じゃ彼の偉業を引きついで、雑談スレに捕らわれた人間を助け、馴れ合い厨を華麗な手さばきで次々と退治している。汚いインターネットを救うのは馴れ合い厨を排除した人間なのです。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています