みんなはどんな風にエロ小説を書いているの? [無断転載禁止]©2ch.net

1('A`)(やわらか銀行)2017/01/13(金) 16:03:27.29ID:WD5llRue0
たとえば一人称形式だと評価が低くなるみたいだし(誰に読ませる気もないけど)なんか行き詰まるし
あとちんぽをそのまんまちんぽと書くと興ざめだから工夫するけど肉棒とかだと下品で嫌だし
色々頭を悩ませているうちにさっさとオナニーしてすっきりしちゃって小説書くのめんどくさくなってほっぽりなげたりするし
結構難しくて悩みがつきない
みんなはどんな風にエロ小説を書いているのか、どんな工夫をしているのかとかそういうことを教えてほしくてこのスレを立ててみました

2('A`)(やわらか銀行)2017/01/13(金) 16:04:37.72ID:WD5llRue0
あ、誤爆
他の板に立てる予定のスレだった
こんな過疎板に立ててもしゃあないわすまんすまん

3('A`)(関東・甲信越)2017/01/13(金) 16:22:50.75ID:TTYazXmtO
俺のスカトロ官能小説処女作品

麻衣ちゃんが3日うんちしてない状態で俺の顔に跨がって俺の口に向けてうんちする。肛門がやがてブシュメリメリって言って(盛り上がり)うんちが顔を出す。その瞬間、物凄い臭気が(鼻を襲う、立ち込める)顔を包む。

次の瞬間おびただしい量のうんちが口の中に降ってくる。と同時に独特の苦味と物凄い臭気が味覚と嗅覚を襲う。うんちの苦味で舌がヒリヒリする。麻衣ちゃんの3日振りの硬めのうんちをムシャムシャ頬張る。舌の味覚と鼻の嗅覚で麻衣ちゃんのうんちを最大限に楽しむ。
やがて麻衣ちゃんのうんちをムシャムシャ存分に楽しんで飲み込む直前俺のビクンビクン脈打つ熱きモンスターが手も触れずに絶頂に達する。モンスターの先端の割れ目からネバネバした白き糸を撒き散らす。
(俺の口の中で)充分に咀嚼された麻衣ちゃんのうんちが俺の食道を通って胃に運ばれる。俺の胃の中で麻衣ちゃんのうんちが胃液、消化液と混ざってヌチャヌチャいってる。やがて麻衣ちゃんのうんちは消化されて俺の老廃物へと変わる

4('A`)(やわらか銀行)2017/01/13(金) 16:33:36.54ID:WD5llRue0
そうかそうか
参考になるな素晴らしいもう下がって良いぞ

5('A`)(神奈川県)2017/01/13(金) 19:37:33.60ID:aze6Fz6Z0
書いてません

6('A`)(家)2017/01/14(土) 21:31:19.81ID:e6sY4nWS0
ネットで宣伝するだけでMLMの副収入が入ってくるビジネスを大公開!!
http://ads00.com/affiliate/link.php?id=N0002106&adwares=A0000055

7('A`)(和歌山県)2017/01/15(日) 18:39:42.23ID:qn6p21Ca0
一回だけエロ小説よんだことあるけどすげえエロくてたまらんかった
具体的には教えられないが

8('A`)(茨城県)2018/03/13(火) 17:58:07.69ID:yXIimAX80
すごくおもしろい自宅で稼げる方法
参考までに書いておきます
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

THCRD

9('A`)(空)2018/03/16(金) 16:49:40.84ID:9eJp9Z/d0
NHKや民放が紹介してたブログ
美容整形の名医・ヤブ医者の一覧
http://saibanseikei.net/mae/

茶番w晒そう!

10('A`)(栃木県)2018/04/27(金) 20:38:28.80ID:cvjRm9810
職場の41歳独身(美人ではないがやたら色っぽい)、立場的には先輩でよく可愛がってもらっているんだけど、ちょっとした事からセフレみたいな関係になってて。
お互いにSっ気もあればMっ気もあるためSEXを楽しんでる。
最近見つけたプレイ。
縛り付けて四つん這いにさせて尻肉押し広げて「肛門丸見えだけどいいの?」って聞くと身をよじる。
その後「お尻の穴の匂い嗅いでいい?うんち出るとこの匂い嗅いじゃうよ?」と攻めると「お願い!それだけはやめて !」って言うんだよ。
そんなこと言いながらまんこからは汁が垂れてくるまんだからほんと女ってのはすけべの権化だよな。
もちろんやめない。犬みたいに「クンッ!クンクンッ!スーンッ!」とわざと聞こえるように嗅いでやる。
そして「先輩のケツの穴いい匂いだよ。ちゃんと洗ってるんだね。洗わなくていいのに。でもちょっとうんこ臭かったかな?」と言うとこの世の終わりのように身を震わせて「いやっ!やだーーっ!」て自尊心を刺激されたようで愛らしい。

なんてことをプレミアムフライデーに妄想する私は精神病院に行ったほうがいいのでしょうか?
でも問診票になんて記入すれば良いのかわかりません。

11('A`)(大阪府)2018/04/28(土) 07:41:14.82ID:fqojq7I10
エロ小説書けそうじゃん
書いちゃえよ

12('A`)(catv?)2018/05/14(月) 17:28:55.83ID:6qYybaqm0
自分でエロ小説描いてそれ読みながらオナニーしてるわ
内容はふたなりもの

13('A`)(埼玉県)2018/05/21(月) 21:15:01.45ID:6Vhkfqiq0
こんなの

「ちょっと、どうしたの?」
 俺に手を伸ばすとは、迂闊な女もいたものだ。自然と口角が上がってゆく。
「……ユウキ?」
 困惑した様子の女。観察してみれば、体型は若干幼いが、なかなか旨そうな女だ。旨い女特有の、ほのかな甘い香りが鼻をくすぐる。
 俺は肩に乗せられた女の腕を掴んだ。
「えっと、その……離してもらえないかしら?」
 退こうとする女の腕を力いっぱい引き落とし、そのまま地面に押し倒した。女が「きゃっ」と小さく悲鳴を上げる。
 すかさず女の体に股がり、その身を包む華やかな布切れの襟元に手をかけた。
「……オンナ! オンナだ!」
 手に力を込め、一気に引き裂く。ビリビリと小気味良い音と共に、女の控えめな胸元が露になった。
 呆然として声も出せないでいる女の、その小さな膨らみへと手を伸ばす。下から押し上げるように手のひらへ収め、指先に力を入れると、柔らかさと温かさ、そしてしっとりと吸い付く肌の感触が伝わってくる。

14('A`)(埼玉県)2018/05/21(月) 21:15:37.09ID:6Vhkfqiq0
「ちょっ……い、いや! ちょっと、ユウキ! あんた、何して……」
 我に返った女が、押し返そうと細く非力な腕を突っ張り、のし掛かる俺から逃れようと身をよじる。
「こ、こら、止めなさい! こんな……どうして!」
 うるさい女だ。抵抗する女の手を払いのける。恐怖にひきつる女へ自身の顔を近付け、俺は無理やり唇を重ねた。
「や、やだ!」
 咄嗟に顔をそむけて拒もうとする女へ追いすがり、逃げ道のなくなった所で、閉じた唇に舌を捩じ込む。
 女の唾液は何とも甘美な味わいだ。
 口内への侵入を許すまいと閉じられた歯は、膨らみの上で固く尖った突起を軽く摘まんでやると、体を小さくびくつかせながらあっさり開いた。
 すかさず舌を女の口内へ進ませ、女の舌に絡み付かせる。舌を犯す度に鳴るチュクチュクという湿った音が、耳に心地いい。
「ん、んんー!」
 女を力付くで蹂躙しているという快感が、背筋から体中に広がっていく。 
 少し女の抵抗が弱まった所で、女の股の間に体を滑り込ませた。

15('A`)(埼玉県)2018/05/21(月) 21:16:16.25ID:6Vhkfqiq0
 ふさいだ唇を解放する。女の両手を組みしき、胸の先端に吸い付く。
「あぅっ! いやぁ……っ!」
 舌先で突起を転がしてやると、女は体を震わせ、微かに艶めいた声を上げる。
「もう止めてよ……ユウキ……」
 懇願する涙声が、俺の中に燻る獣性を加速させる。
 赤い花びらのようなスカートから伸びる白い太ももへ手を置いた。
「……っ! だめっ! ユウキ、お願いだから目を覚まして!」
 俺の目当てを察した女が再び抵抗を強くする。 女は膝を閉じようとするが、既に俺の体が入り込み、それを許さない。
 無駄な抵抗をする女の無様な姿にほくそ笑みつつ、俺は女のすべすべとした太ももの肌触りを楽しむ。
「いや! 離して! 離してよぉ……!」
 徐々に内股へと這わせた手が、肌とは違うサラサラとした感触を捉える。女の腰元を緩やかに締め付けるゴムを指で弄ぶ。そして、薄い下着の中へと潜り込ませた。
 陰毛を掻き分けた先で見つけた湿った窪みに指を突き立てると、女は「ああっ!」 っと甲高く鳴いた。

16('A`)(栃木県)2018/06/03(日) 15:43:35.77ID:aPoIaZd+0
ええ、確かにあの日は…雨でしたね。
梅雨の入りでした。ニュースで見たのを覚えています。あれ?梅雨明けの日だったかな…。

待ち合わせの喫茶店に来た彼女は、イメージ通りといえばそうだし、真逆だといわれればそうでしたね。ええ、事前に掲示板でやりとりしていました。
とは言っても、二言三言でしたが。
私は「M女飼育員募集」という文言を見て、どうにも動物園の女性飼育員を思い浮かべたりもしましたが、そんな言葉の使い方にも彼女の真面目な人間性が表れていたのかもしれません。

ええ、いわゆるステレオタイプな…あるいはこれは私の勝手なイメージによるものかもしれませんが…彼女は割と背が高く、肉付きのいい女でした。
とは言え、高すぎもせず、付きすぎもせずといったところです。
文部科学省指定の保健体育の教科書に書いてある、日本人成人女性のサンプルみたいな体型でした。
白いブラウスを着て、ボタンを一番上まで留めているところに彼女の真面目さが表れていました。
おそらく親からそう教育されて育ったのでしょう。
反面、乳房が大きめでしたので、その真面目さと反比例し、ふしだらに見えたものです。
それが彼女の意図した組み合わせなのかどうかはわかりませんが、おそらくはそんな事は考えていなかったのではないかと思います。
肌が白く、髪は黒く、化粧気はありませんでしたが、それが自然にあっていました。
わりときれいな顔立ちで、化粧が映えそうではありましたが、おそらく彼女が化粧をしたらひどく場違いなものに見えたと思います。

席に着くと彼女は「よろしくお願いします」とだけ言い、目を伏せました。
スーパーの店員が品物の値段を告げる時みたいなタイミングでした。
そこで私はうっすら(あ、慣れているな)と思ったものです。
それに関しては特に心は動かされませんでした。
経験が多かろうが少なかろうが、どうだっていいことです。
確かに、こういった関係性においては経験値が邪魔をすることもあります。微妙な心のやりとりですから。
バイアスがかかっていると自然なやりとりはできません。
でもそこも含めての飼育なので、大した問題じゃないんです。

彼女はまったく口をききませんでした。私も何も話しませんでした。
五分程度、お互いに注文したコーヒーに口をつけたり、外の通りに目を向けたりしました。
あるいは彼女は私の気づかない別の私とテレパシーで会話していたのかもしれません。
わずか五分の間に、彼女はだいぶ私に慣れたように感じたからです。

時計が14時を指した頃、私は席を立つ合図を出しました。
彼女もそれに従い席を立ちました。
この女には多くの言葉よりも態度で示すのが正しいのだと、その時点で私は察知しました。
店を出てホテルに向かい歩いていくと、半歩後を彼女はついて来ました。
雨が降っていましたが、私は傘に彼女を入れませんでした。
女は自分の傘を差し、早足で歩く私に追いつくために小走りに近い形でついて来ました。
まだ方針は決めていませんでしたが、彼女にはそうする事が初めの最善の一手だと思いました。

17('A`)(栃木県)2018/06/03(日) 15:45:16.24ID:aPoIaZd+0
ホテルに入ると、服を脱ぐように指示を出しました。
まずストッキングとパンティ、そしてブラウスだけにしました。
そして、ストッキングとパンティを膝まで下ろすよう指示しました。
飼育員に必要な資質の一つに「観察」があります。
彼女の年の頃は27〜8と言ったところでしょうか。肉付きはいいですが、決して大きくはない尻は少しも垂れ下がる事なく、ぷりっとハリがありました。
陰毛はきちんと生えそろっており、処理はしてありましたが、人に見られることを前提としたこれ見よがしな処理ではなく、
誰に見られなくても大人の女性のエチケットとして必要なこと、という意思が感じ取れました。
陰毛の下部には短い割れ目の始まりが見えました。
私は彼女を見つめ、そこの匂いを嗅ぎました。
かすかな汗の匂いと特有の獣のような匂い、アンモニア臭の混じった匂いでした。
それから手を机につき、尻をこちらに突き出すよう指示をしました。
彼女は一瞬シャワー室の方に目をやりました。
そこで私は気付きました。(この女は自分の主張を口にする事を抑圧されて育ったんだな)そう思いました。


私は問答無用で尻の肉をグッと押し広げ、露わになった肛門に鼻を近づけました。
相手に聞こえるように鼻を鳴らして嗅ぎました。
彼女は息を詰まらせ、体をかすかに震わせていました。
半日活動をして(営業の外回り中の時間だという事でした)シャワーを浴びていない肛門の匂いは、とりわけ主張をしてきます。
強くはありませんが、明らかな肛門臭です。
これは私の勘ですが、彼女の真面目さ、おそらくエチケットを叩き込まれて育った生育背景、
飼育経験の深さから察するに「こういったこと」も想定し、おそらく身につけている小さなハンドバッグの中にはウエットティッシュのようなエチケット用品が入っており、
すでに申し訳程度の処理はしてきたのだと思いました。
そして肛門を指で丹念にこね回し、たっぷりとその匂いを指先に移動させてからその指先を彼女の鼻元に近づけました。
彼女は一瞬抵抗しましたが、きちんと確認をしたようです。
そして鼻腔の下になすりつけました。頬に多少の赤みが差しました。
あるいはそれは私の幻覚だったのかもしれません。

18('A`)(栃木県)2018/06/03(日) 15:46:18.40ID:aPoIaZd+0
次に蒸れた獣の匂いのする性器を執拗に撫で回しました。
人差し指と薬指の側面で陰唇の側面を滑らせ、会陰部から割れ目の上部にかけて何往復もさせました。
時折中指の先で膣口に指先を沈めたり、親指でクリトリスをこねました。
2,3分いじった後、肛門と同じように指の匂いを女に嗅がせました。
こうして執拗に(このメスの匂いこそがお前自身なんだぞ)という事実を提示し確認させることによって、自尊心の尻尾をちょん切り、立場を明確にするのです。
しばらく性器を弄り回していると、女の様子に変化が見られました。
そして彼女は体を痙攣させながら言いました。
「ひっ!イク…イクッ!イッちゃうっ!イクッ!」
女の下腹部が痙攣し背中を丸めました。
本当にイッてしまったのだと思います。
私は大げさに毒を込めたため息をつき言いました。
「ねえ、誰がイッていいって言った?言うこと聞けないのかな?」
「すみません…我慢できませんでした…」
「次、勝手にイッたらもうやめるからね。お前の事は厄介な荷物みたいに捨てて帰る。他の主人もお前みたいに我慢の効かない鈍臭い女は飼ってくれないだろうね。」
「…すみません。努力します」
努力します、というセリフを私は評価しました。彼女の真面目な人間性が表れている言葉だと思いました。

「さあ、どうして欲しいんだ?どうなりたいんだ?自分の言葉で言ってごらん」
女の性器と尻を弄り回しながら、しばらく後で私はそう問いました。
「お尻と…アソ…アソコ…一緒に…して下さい…」
「ハッキリ言わないと聞こえないよ。きちんと言いなよ。お前のしてほしい事をさ。ケツの穴とおまんこの穴同時に犯して下さいってキチンと言いなよ」
彼女はまた一瞬泣き声を漏らしました。
「ケ…ケツの…穴と、オマ…コして下さい」
「本当に鈍臭い女だねぇ。お前がいくら隠してもスケベで変態の事実は変わらないんだからね。覚悟しておいてね。自分でしたいって言ったんだから、途中でやめないからな。お前の自尊心も一緒に気が狂うまで壊してやるから」

19('A`)(栃木県)2018/06/03(日) 15:47:15.03ID:aPoIaZd+0
そう言うと私は、女に後ろを向かせ、尻肉を押し広げ身体中の毒を込めて尻の穴に唾液を吐きかけました。
唾液が尻の穴に命中した瞬間、彼女の肛門がキュッと締まりました。
丹念に唾液を刷り込み、バイブを挿入しました。
すでにほかの飼育員に開発されていることにより、バイブはすんなりと入って行きました。手間が省けたことと、同じ雌をシェアする私としては、その名も知らぬ飼育員に共感と感謝を覚えました。
バイブは彼女の突き出された肛門に10cmほど突き刺さった状態のまま、モーター音を鳴らしながら左右に首を振っていました。
彼女は体を震わせながら、小さく浅い呼吸をしていました。
下の唇はだらしなく左右に広がり、上部の穴からは透明で粘液質の液体が滴り、陰毛を濡らしています。
私は半ば乱暴にクリトリスを刺激しながら言い放ちました。
「動画に撮っているからな。あとで復習しろよ。ケツの穴におもちゃ突っ込まれて、だらしなく広がったビラビラからヨダレ垂らしてよがってる変態ってことをさ。
このでかい乳も、ヨダレたらしてる蒸れて臭い毛むくじゃらのおまんこも、お前の精神性そのものなんだよ。いくら隠したってこれがお前自身の行き着く先なんだからな。ほら、自分の匂い嗅いでみろよ」

そう言うと私は再度弄り尽くした指先を女の鼻元に近づけました。
「ほら、どんな匂いだ?自分の口で言ってみろ」
「臭いです…スケベなおまんこの臭いにおいがします…」と泣きそうな声で女は宣言しました。
「臭いよなぁ。こんな臭いおまんこ付けてお前は営業してたのか?取引先にバレてるんじゃないのか?変態営業女の臭いおまんこの匂いを嗅ぎたくてみんな契約してるんじゃないのか?」

そういうと彼女はさらに体を震わせ「すみません…すみません…これがスケベで変態の私自身です…」と泣き声で言いながら短く悲鳴のような声を発し、両の拳をギュッと握りしめていました。
イキそうなことがわかりましたので、私はそれを制しました。
「まだイッたらダメだぞ。イッたら全て取りやめてお前をそのまま外に放り出すからな。そしてお前を欲望に負けた鈍臭いグズ女として一生軽蔑し続けるからな」
「我慢します…ど、努力します」
彼女は全身を硬直させ震わせながらそう言いました。
歯を食いしばり必死に耐えているようでした。
私はこのまま10分間、この試練を彼女に与えようと思いました。
キッチリ10分です。1秒も伸ばしませんし、短縮もしません。
じっと彼女は耐えていました。
途中「イ、イキそうです…お願いします…イキたい!イカせてください…!」と泣きながら懇願してきました。もちろんイカせるつもりはありません。
次第に泣き声が聞こえてきました。
彼女の表情は見えませんが、本当に涙をこぼしていたことと思います。
何度か体が激しく短く痙攣し「ヒッ!」という短い悲鳴のような音や「ぅあ…ぐぅ…ッ」と言った低い声が漏れています。
膝はガクガクと震え崩れ落ちそうです。おそらく体はイッているのだと思います。
激しい恍惚の、快楽の悲鳴をあげたいのを必死に理性で堪えているのが手に取るようにわかりました。
この努力については評価しますが、無駄なことです。
人の力で津波を止めることはできないのです。人の力で山火事を消すことはできないのです。

20('A`)(栃木県)2018/06/03(日) 15:49:11.20ID:aPoIaZd+0
ぴったり10分が経過すると、女をベッドに移動させ、私は女の希望を叶えるために自らの怒張したペニスを抜き出し、獣の口にねじ込みました。
「ヒッ!」と短く女は叫びましたが、もう半ば意識を失いかけているようで、なんとか体を支えるだけで精一杯のようでした。
「お前の希望通り、ケツの穴とおまんこ一緒にかき回してやるからな。好きなだけイッていいんだぞ。我慢したご褒美だよ」
私がそう告げると女は髪を振り乱し
「いいっ!いいっ!イ、、イクっ!!おまんこイクっ!!おまんこ死ぬ!死ぬ!死んじゃう!イックゥゥゥ!!!」と叫びました。
そして最後に「ギャッ!」と短い悲鳴をあげ、体を激しく痙攣させその場に崩れ落ちました。尻からは「ブッ!」と情けない音を立て、突き刺さったバイブがシーツの上に落ちました。
バイブの先端にはわずかに便が付着していました。
(哀れな女だな)と思いましたが、その気持ちが強いほどこの女の人格を愛おしくも感じました。

私は持参したノートPCを起動して、立ち上がるまでの間にバイブを洗面所に持っていき、石鹸を使い、汚れを丁寧に洗い流しました。

ベッドに戻りiphoneをPCと同期し、先ほど撮影した30分ほどの動画を取り込みました。
そしてDVDメディアに焼きあがるのを待ちました。
ふと振り返ると女がうつむきながら下着を着けていました。私たちは会話を交わすこともなく、その時間を共有しました。
私たちは部屋を出ました。焼いたDVDメディアを渡し、LINE IDを交換しました。そして「それじゃあ」と言ったきり別れました。

僕は彼の話が終わっていることにしばらく後に気付いた。
尻切れトンボのような終わり方だった。
「その後は彼女とは再び会ったりしたんですか?」
彼は物思いに耽っていたようで、僕の質問が耳に入らなかったようだった。
はっ、と気付き
「そうですね、後日談は特にありません。あの日家に帰り、夜遅く、9時過ぎに彼女からLINEがきました」

『今日はありがとうございました。あれほどの快感に支配されたのは、初めての体験です。よろしければまたお会いしていただけますか?夜分遅くにすみません、、、。』

「そう書いてありました。真面目な人柄を表していますよね。私は返事はしませんでした。無視しました。
話はまあこれで終わりなんですがね、実はあれ以降、私はそういった性癖を喪失してしまいましてね。なぜかはわかりません。
いつものプレイでした。女もきれいだったし、その時はしばらくこの女を飼いたいとも思ったんです。
しかし、帰宅してその日一日の事を思い出していると、なぜか涙が出てきたんです。何に対してかはわかりません。
そして、その瞬間から一切、女性に対するサディスティックな欲望は消え失せてしまったのです。
(終わり)

新着レスの表示
レスを投稿する