アンパンマンミュージアム [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1名無しさん@120分待ち2017/08/16(水) 01:10:42.96ID:cg6ZAE0f
アンパンマンミュージアムについて語りましょう

952名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:07:14.39ID:gz4R0DMw
桂月香は八千の妓生のうちにも並ぶもののない麗人である。

953名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:07:30.05ID:gz4R0DMw
が、国を憂うる心は髪に挿した瑰の花と共に、一日も忘れたと云うことはない。

954名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:07:45.81ID:gz4R0DMw
その明眸は笑っている時さえ、いつも長い睫毛のかげにもの悲しい光りをやどしている。

955名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:08:01.57ID:gz4R0DMw
ある冬の夜、行長は桂月香に酌をさせながら、彼女の兄と酒盛りをしていた。

956名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:08:17.34ID:gz4R0DMw
彼女の兄もまた色の白い、風采の立派な男である。

957名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:08:33.11ID:gz4R0DMw
桂月香はふだんよりも一層媚を含みながら、絶えず行長に酒を勧めた。

958名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:08:48.75ID:gz4R0DMw
そのまた酒の中にはいつの間にか、ちゃんと眠り薬が仕こんであった。

959名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:09:04.49ID:gz4R0DMw
しばらくの後、桂月香と彼女の兄とは酔い伏した行長を後にしたまま、そっとどこかへ姿を隠した。

960名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:09:20.26ID:gz4R0DMw
行長は翠金の帳の外に秘蔵の宝剣をかけたなり、前後も知らずに眠っていた。

961名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:09:36.02ID:gz4R0DMw
もっともこれは必ずしも行長の油断したせいばかりではない。

962名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:09:52.08ID:gz4R0DMw
この帳はまた鈴陣である。

963名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:10:07.85ID:gz4R0DMw
誰でも帳中に入ろうとすれば、帳をめぐった宝鈴はたちまちけたたましい響と共に、行長の眠を破ってしまう。

964名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:10:23.49ID:gz4R0DMw
ただ行長は桂月香のこの宝鈴も鳴らないように、いつのまにか鈴の穴へ綿をつめたのを知らなかったのである。

965名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:10:39.25ID:gz4R0DMw
桂月香と彼女の兄とはもう一度そこへ帰って来た。

966名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:10:54.94ID:gz4R0DMw
彼女は今夜は繍のある裳に竈の灰を包んでいた。

967名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:11:10.58ID:gz4R0DMw
いや彼女の兄ではない。

968名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:11:26.21ID:gz4R0DMw
王命を奉じた金応瑞は高々と袖をからげた手に、青竜刀を一ふり提げていた。

969名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:11:41.87ID:gz4R0DMw
彼等は静かに行長のいる翠金の帳へ近づこうとした。

970名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:11:57.64ID:gz4R0DMw
すると行長の宝剣はおのずから鞘を離れるが早いか、ちょうど翼の生えたように金将軍の方へ飛びかかって来た。

971名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:12:13.41ID:gz4R0DMw
しかし金将軍は少しも騒がず、咄嵯にその宝剣を目がけて一口の唾を吐きかけた。

972名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:12:29.06ID:gz4R0DMw
宝剣は唾にまみれると同時に、たちまち神通力を失ったのか、ばたりと床の上へ落ちてしまった。

973名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:12:44.85ID:gz4R0DMw
金応瑞は大いに吼りながら、青竜刀の一払いに行長の首を打ち落した。

974名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:13:00.51ID:gz4R0DMw
が、この恐しい倭将の首は口惜しそうに牙を噛み噛み、もとの体へ舞い戻ろうとした。

975名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:13:16.30ID:gz4R0DMw
この不思議を見た桂月香は裳の中へ手をやるや否や、行長の首の斬り口へ幾掴みも灰を投げつけた。

976名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:13:32.04ID:gz4R0DMw
首は何度飛び上っても、灰だらけになった斬り口へはとうとう一度も据わらなかった。

977名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:13:47.80ID:gz4R0DMw
けれども首のない行長の体は手さぐりに宝剣を拾ったと思うと、金将軍へそれを投げ打ちにした。

978名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:14:03.44ID:gz4R0DMw
不意を打たれた金将軍は桂月香を小腋に抱えたまま、高い梁の上へ躍り上った。

979名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:14:19.20ID:gz4R0DMw
が、行長の投げつけた剣は宙に飛んだ金将軍の足の小指を斬り落した。

980名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:14:34.80ID:gz4R0DMw
その夜も明けないうちである。

981名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:14:50.54ID:gz4R0DMw
王命を果した金将軍は桂月香を背負いながら、人気のない野原を走っていた。

982名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:15:06.30ID:gz4R0DMw
野原の涯には残月が一痕、ちょうど暗い丘のかげに沈もうとしているところだった。

983名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:15:21.94ID:gz4R0DMw
金将軍はふと桂月香の妊娠していることを思い出した。

984名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:15:37.62ID:gz4R0DMw
倭将の子は毒蛇も同じことである。

985名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:15:53.34ID:gz4R0DMw
今のうちに殺さなければ、どう云う大害を醸すかも知れない。

986名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:16:09.15ID:gz4R0DMw
こう考えた金将軍は三十年前の清正のように、桂月香親子を殺すよりほかに仕かたはないと覚悟した。

987名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:16:24.90ID:gz4R0DMw
英雄は古来センティメンタリズムを脚下に蹂躙する怪物である。

988名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:16:40.66ID:gz4R0DMw
金将軍はたちまち桂月香を殺し、腹の中の子供を引ずり出した。

989名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:16:56.41ID:gz4R0DMw
残月の光りに照らされた子供はまだ模糊とした血塊だった。

990名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:17:12.05ID:gz4R0DMw
が、その血塊は身震いをすると、突然人間のように大声を挙げた。

991名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:17:27.69ID:gz4R0DMw
「おのれ、もう三月待てば、父の讐をとってやるものを!」

992名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:17:43.46ID:gz4R0DMw
声は水牛の吼えるように薄暗い野原中に響き渡った。

993名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:17:59.23ID:gz4R0DMw
同時にまた一痕の残月も見る見る丘のかげに沈んでしまった。………

994名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:18:14.87ID:gz4R0DMw
これは朝鮮に伝えられる小西行長の最期である。

995名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:18:30.51ID:gz4R0DMw
行長は勿論征韓の役の陣中には命を落さなかった。

996名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:18:46.28ID:gz4R0DMw
しかし歴史を粉飾するのは必ずしも朝鮮ばかりではない。

997名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:19:02.10ID:gz4R0DMw
日本もまた小児に教える歴史は、――

998名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:19:17.89ID:gz4R0DMw
あるいはまた小児と大差のない日本男児に教える歴史はこう云う伝説に充ち満ちている。

999名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:19:33.52ID:gz4R0DMw
たとえば日本の歴史教科書は一度もこう云う敗戦の記事を掲げたことはないではないか?

1000名無しさん@120分待ち2018/04/21(土) 06:19:49.28ID:gz4R0DMw
「大唐の軍将、戦艦一百七十艘を率いて白村江(朝鮮忠清道舒川県)

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 248日 5時間 9分 7秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。