〜言葉の茂み〜 [無断転載禁止]©2ch.net

1名前はいらない2016/06/23(木) 01:14:55.99ID:CF2YzuFU
雨期に茂ってゆくように言葉も積もるように伸びてゆく
過去に葬られたまま枯れてしまっていたスレを再び…

次に指定された行数でお願いします
テーマなどはご自由に

刈っても刈っても伸び続ける
天と知り合いにでもなりたがるかのごとく
うんざりしてしまうように
道路際の紫陽花の群集は
雨が降るたびにその背丈が高くなる

次は8行で

2名前はいらない2016/06/23(木) 11:49:35.08ID:CF2YzuFU
君のやわらかな表情筋が好きだ
その豊かでひとを飽きさせない
君がころころ笑うたびにうれしさが増える
君の温かい性質に触れられて
きっと君の血の巡りは温かいんだろう
誰もに愛されて好かれる理由は
きっとそこにあるのだろうと
ぼくはいつも感じている

次は15行で

3名前はいらない2016/06/30(木) 06:47:38.89ID:rfhmIK+2
幼かったあの日

ぼくはきみと悲しいお別れをした
ただふたりを引きさく大人たちが憎かった
追いつくこともできずにかけ出しては転んでいたね
きみはバックミラーだけをただ見つめていた
その泣き顔が目にいつまでも焼きついて
今ならきっとあのころに消えた時間がとりもどせるはず
通り過ぎて行ったきみの笑顔を奪うために
ぼくはただちにかけ出すよ
今ならもう夜も怖くはないから
少しはつよくなったぼくを見てほしくて
きみの待つあの場所へ
今度こそ再びきみの笑顔と出会うために

ぼくはどこまでも夜の中、駆け抜けてゆくよ
きみのそばまで息切らせながら


次は10行で

4名前はいらない2016/07/03(日) 01:25:14.71ID:8pdsa00Z
フッ吐息を吹きかけると
写真の中からでさざなみが湧きおこる
白く白く、よせては返す波しぶきが
カレンダーの中の碧い海のはざまで揺れていた
遠い遠い海の向こうから
まるでこちらへ向かって呼んでいるかのように
ザザンザザン、と打ち寄せては繰り返して…
まるでこちらへ向かって招いてかのように
ザブンザブン、と打ち寄せては繰り返して…

カレンダーは捲るまでの長い夢の世界のあそび

次は20行で

5名前はいらない2016/07/10(日) 06:09:21.44ID:jejRRVoq
まわる回るよくもり空が落ちるまえに
小さく冷たいボクの手を温めてよ
ボクの出す命令に逆らうような
役立たずの右手は
どうしてそこにあるの
空のスイッチを押すためか
それとも大きなピアノを弾くためか
でもそれすらもできずに
早く早く、くるくるまわるクルクル回る
くもり空が落ちるまえに

まわる回るよ青空が落ちるまえに
小さく冷たいボクのこころを温めてよ
ボクの出す命令に逆らうような
役立たずの左手は
どうしてそこにあるの
空のスイッチを押すためか
それとも壊れたオルガンを弾くためか
でもそれすらもできずに
早く早く、くるくるまわるクルクル回る
青空が落ちるまえに

次は10行で

キャラメル)をたべたよ 甘いな
そしたらなみだ)、でたの 甘いな
身体が疲れることに つかれたの (キャンディ
そしたら透けて
見えなくなったの (マコロン
ほしぞら、チョコ)の香りする
甘すぎるのは、しょっぱいのは、
みんなみいんな(君)の所為
ねぇヘンでしょ、甘いの(ドロップス 辛くてなきたい
とんでたの そうだ)でもなんか、スカッとする

17行

7名前はいらない2016/07/12(火) 07:24:33.32ID:+XfPyw9Y
ホームは閑散としていた
冷たいベンチに座るぼくら
温かい珈琲を手にし
それを友人に渡す
彼はひと口だけ飲んで返し
残りを飲みながら話す
その言葉に彼は苦笑いに顔を歪ませる
苦みが口中に広がってゆく
フイに叩き落とされた缶は
残りを溢しながらホームに転がってった
拾うことも叱ることもできずに
ただぼくはそれを見つめていた

ゴーと通り過ぎる冷たい風が
乗りそびれたことを教えてくれた
でももう乗らないだろう
背中に響く声に答えるために
ふり向くとそこには涙の滲む歪んだ顔

次は20行で

8名前はいらない2016/07/13(水) 18:07:52.21ID:q6d37qb8
安らぎと白い闇に包まれたここはどこ

苦しみから逃げだして
確保した安全な場所
ここは苦しみのない安全地帯
やすらぎとまどろみの空間
ここはどこのなの
まっ白い空間に包まれて
ただ、どこまでも続いている静寂
ボクにはわからないけれど
転がってウトウトとしているだけ
ここはどこなの…
いつか仲間達の鳴き声が聞こえて

ガレキの匂いも山もない
積み重なる石や死骸もない…
失った感覚も嗅覚すらもボンヤリと
任務という使命感
そんなものがかつてあったんだ
まどろみの中で記憶は消えて
真っ白い静寂はやがて
ぼく自身も溶かしていって


次は15行で

9名前はいらない2016/07/15(金) 23:09:36.09ID:7WcjJnyR
悲しい顔をするな
そんな顔をして涙の効果を知ってしまったのか
俺の心は痛みで縮む

手を差し出し抱きしめて守りたい
もう離さないからどこにも行くなと言いたい
だけどそれは出来ない約束だね
信じて見守り応援する事しかできないんだ

おまえ 自身がおまえの力で
光り輝くその心を取り戻すと信じているから
その人生の大海を開拓し進んでゆけ
約束を果たし俺はいずれ先にゆく
おまえの還りを待ちながら
人生をやりきり謳歌し戻ってこい
そのときはきみは必ず成長しているはず
そのときはきみを必ず抱きしめられる

次は20行で

10名前はいらない2016/07/17(日) 18:33:31.24ID:l1bcVtfA
スクール水着がまぶしくて/夕暮れを待ちながらぷらぷら
ビニールふくろを揺らして 『…くらげのスープ』
なんて思った自分にちょっとゾッとして数秒後
くらげなら白いひらひらのスカートビキニ
なんて思ってる自分に 苦笑しながらちょっとホッとするんだ
あ゛ー。暑。 今年も 頗るあちい。

汗の香りなんざ
混ざれば一緒なんだ本当は
肌を流れて溶けあって、一個になって、蒸発して
乾いたころにまた夏がきて
くらげどもはキャッキャとはしゃぎ続ける
その切なさも待ちわびた夕暮れも
ぼくらがつくったもの
キクラゲは植物なんだってさ。きのこも水母も一緒くたにさ
裸で生まれたんだぜ、笑っちゃうだろ
蕩けたアイスをどうぞ。くらげの中身さ
鎮まり返った海をぷらぷら/街灯の中泳ぐ
帰りはどっちだったっけ?君はどっちだったっけ
夏。昏い海。怠惰な灯り。橙水水母は迷う。蜃気楼。ビニールのこの。価値は如何ほどか。【すくーる】

8行

11名前はいらない2016/07/18(月) 06:51:54.13ID:rFaTYjlT
昨夜、部屋の片隅で君が泣いていた

気がつかないだろうけど僕も泣く

なにかつらいことがあったんだろう

朝、 部屋から君は何も言わずに出てゆく

僕の挨拶にも声にも気づかずに

誰もいない部屋の中で

再びひとりきりで静かに鎮座する

部屋中の水分を吸いこみ膨らむ僕は仙人掌


次は15行で

12名前はいらない2016/07/22(金) 17:30:28.42ID:CIjvjd8j
彼らが並ぶと
その長い睫はとても似通っている

まるで黒い毛虫が這うように
両眼を覆うその濃い影は
ふたりとも同じなのだ

暗い帳の中で眠れぬほんのひとときに
どちらかが言いだしたわけでもなく
互いの毛虫を重ね合う
睫の先端が重なり合い
それを揺すぶり合うのだ

それらは上下に重く
バサバサとまぶたが動くたびに
毛虫が妖しく蠢くかのごとく
静かに呼応し合いながら
どちらも疲れてやめるまで


次は30行

13名前はいらない2016/08/03(水) 08:46:48.59ID:3D0MDmkF
夜のきみは別人のようで
ボクのこころはときめかされる
落ち込むボクの気持ちを包み込みながら
そのかすかに触れたくちびるで
柔らかく溶かしてゆく
泣き虫なボクを救ってくれるのはきみ
昼よりも密かに囁いてくれるきみの声はせせらぎ
手で慰撫するよりも優しく
抱きしめられてもらうよりも安らいで
眠りの前のこころのヒダにしみ込んでゆくんだ
同じきみなのに
昼と夜とではどうしてこんなにも違うのだろう?
どちらも優しいし好きだけれども
きっと今のきみは別の何かに包まれている
それはとても不思議で
そしてとても特別な秘密だろう

いつもきみは優しく
静かにそよぐ風のごとくと
ボクの痛みに付き添いながら
こころで温度を計ってくれる
柔らかなその性質で
苦しむボクを救ってくれるのはきみ
常に柔らかに癒してくれるきみの声が魔法
目で慰撫しながら優しく語らい
そっと痛みに触れて行く
だからいつもこころのヒダにしみ込んでゆくんだ
そんなきみに
ボクは魅かれて行く
いつか愛を語らいたい
そのとききみは聞いてくれるだろうか


次、10行

14名前はいらない2016/08/16(火) 08:10:23.82ID:RoAuLhlB
胸がとっても痛むんだ
ズキズキとして
開いてきちゃったんだよ

誰か早く縫い合わせてよ
でないとどんどん広がって
ボクの中身が飛び出してしまう
ふわふわとした
柔らかなバンヤたちがあふれてしまうよ

だから早く助けてよ
このままじゃしんでしまうから

次 20行で

15名前はいらない2016/09/01(木) 18:18:15.14ID:XfcoAHUw
☆ みな様、衆議院と参議院のそれぞれで、改憲議員が3分の2を超えました。☆
総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググって見てください。日本国憲法改正の
国民投票実施のためにまず、『国会の発議』、を速やかに行いましょう。お願い致します。☆

16名前はいらない2016/09/17(土) 05:40:59.77ID:P5jHKT8l
いつもコレは僕のおこすトリックだとわかっているのに
それが真実であるかのように
きみは素直に頷いているね
言葉だけで僕という男が知れるハズがないのに
いや僕だって君という女の全てがわからないのに

言葉の定義をきみ自身が勝手に決めつけつつ
愛じゃないモノに対し愛と呼んで
恋でもないモノが恋だと叫ばれて
つまりそれは言葉のアヤ
君は寂しかったから
そうやっていつまでも信じ込んでいた
だがそれは愚かな一人遊びに過ぎないんだよ

悲しみは夜を越えないと言ったね
だがきっとまた朝になれば君は
知らない誰かにすがるのだろうよ
誰にでも素直に甘えかかり
それがきみの天職で本能なのだ
しかしあくまで僕は僕であり君は君だ
だからこれから先も愛せないし結ばれもしない
残念だけれど


次は10行で

17名前はいらない2016/09/18(日) 03:24:52.86ID:IKLxasym
僕は彼のコピーとなる
その影に脅かされて
僕は彼の影の護衛となる
彼に従う僕
彼に逆らえない僕
彼に裏切られる僕
彼に傷つけられる僕
彼を愛する僕
逃れられぬ思いに苦しみつつ
ぼくは彼の生贄となる

次も10行で

18名前はいらない2016/10/10(月) 14:12:19.25ID:SMp2jjV+
もう会ないんだから
これからはひとりきり
もう会えないんだよねと
君も僕も寂しげに微笑み合うけれど
最後に会いにゆきたい
そして僕は君を永遠に奪うのだ
一生放さないために
誰にも奪われないために
今夜ころしてもかまわないよね?
例えどうなったとしても


次、20行

19名前はいらない2018/02/12(月) 17:50:56.20ID:zYRw8/V7
すごくおもしろい副業情報ドットコム
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

WM3VO

新着レスの表示
レスを投稿する