静岡の酒のスレ

1呑んべぇさん2008/06/17(火) 23:53:54
開運とか磯自慢とか静岡酵母とか、色々語ることあると思うんだ。

508地酒体験記 磯自慢買出しドライブ12016/08/17(水) 10:57:33.39ID:viZJXdlQ
お盆休みに入って疲れが取れた昨日辺りに磯自慢を買出しドライブに行ったでぇ
父と一緒にドライブに行く事になっただけんが、日本平をドライブしたいと言う事だもんでじゃあついでに
酒屋を寄ってくかという話になっただに

実を言うと磯自慢買出しツアーに出かけるのはこれで二度目ずら
一度目はゴールデンウィークの時でーの、そん時に焼津に出かけただに
ほいだん焼津に行った時は市役所で磯自慢の所在地と電話番号まで教えてもらっただん駄目だっただに
当日は土休日休みだったもんだで磯自慢の蔵がある隣の「スーパー田子重」まで行ったのはいいだけんが、
「本日は休み」との看板を見てがっくし来た

しょんないもんだで焼津市の酒屋をいくつかめぐってみただん、あるのはタッカイ磯自慢の純米吟醸とか
特別本醸造とかそう言うのばっかしだったでぇ

そいだもんで二度目は最初から磯自慢を売ってる静岡市の酒屋をピックアップしてみた
ほうしたらビノスYAMAZAKIと松永屋という酒屋がどっちも中心街の近くにあったもんでじゃあここにしっかと
狙いを定めただに
ビノスYAMAZAKIは有名だもんでリンクは貼らんだんもう一つはあんまし知られてないもんだでリンク貼っとくだに
http://sakesouvenir.seesaa.net/article/435535606.html

ほいだん目星を付けたのはいいだん、なんしょ昨日は暑くてしょんないでぇ
これじゃあ酒が腐っちゃうと言う事で漏れは「クーラーボックスとアイスノン」を入れといて
磯自慢をゲットした時に入れとこうと思ったずら

509地酒体験記 磯自慢買出しドライブ22016/08/17(水) 11:33:12.10ID:viZJXdlQ
最初に入った店はビノスYAMAZAKIだっただけんが、駐車場が斜めになってて止めるのが難しくて危なかった
酒屋とワインバーを間違えもした
ビノスYAMAZAKIはとてもお洒落
美容院の店長みたいな「若いにいに」と、岩崎恭子さんみたいな「若いお嬢様っぽいねえね」の二人で店を切り盛りしていて
ふうむ、スタバのようなルックス採用基準があるだかいな、と
ワインの売り場を見ると、フランスワインが中心になっていて、地方のPOPまで書かれているこだわり
他の欧州各国のワインが脇を固める形だに

漏れはワインの酸が苦手だもんであんまし食指を動かされなかっただん、拘る人には天国だろうね
ここまでワインの売り場が広い酒屋さんは見たことない!

日本酒は奥のほうに売られてただん、やはり一流どころを揃えているずら
「越の寒梅」がフルラインナップの品揃えでしかもプレミア無しと言うのは初めて見て衝撃を受けただに
他にもグルメ雑誌「DANCYU」で以前記事になっていた「東条産山田錦を守る会」のメンバーの酒が
揃っている
流石に「14代」と「東洋美人」は無かっただけんが、こういうところがとても意識の高さがあるだに
店の雰囲気だけじゃなく店員さんの対応も素晴らしい

漏れが欲しかった「磯自慢本醸造生貯蔵酒」が無くてそれよりやや高い「磯自慢別撰本醸造」しかなかったでぇ
「もう一軒別の酒屋さんに行って見て本醸造が無かったらもう一回戻ってくるか」と少し失礼な事を呟いても
嫌な顔一つせずに対応してくれただに

結局もう一軒が「夏休みです」と書かれていて(ほのやろう!苦笑)すぐに戻ると丁寧に対応してくれて問題なく買えたずら
しかしウチのオヤジ帰りに「さわやかに行きたい」と言い出して、お付き合いすると一時間待ちぼうけ
せっかく冷やしたクーラーボックスがヌクとくなってた(苦笑とため息)

は〜これじゃあせっかくの磯自慢の味が落ちないかどうか心配ずら

まあ前回の幻の酒「蜂龍盃買出しツアー」同様色々あっただけんが、いよいよ漏れがここで(2ちゃん)
日本の『プレミア酒』である『磯自慢』のレポをするというのは興奮でーの
仕事が始まったらまた家飲みが始まるだもんでその時が愉しみずら
ここを覗いている人にも愉しみにしてくれたらありがたいだに

510呑んべぇさん2016/08/17(水) 19:44:01.64ID:Lb6k5Tij
地酒体験記の報告ありがとうございます〜
暑気当たりに気をつけて下さい。
次回楽しみにしてます。

511地酒体験記:磯自慢別撰本醸造2016/08/25(木) 22:02:20.92ID:DD6Cpi12
>>206の記憶が瞬時に戻ってきた
そうそう、あの時飲んだ味が丁度こんなかんじだっただに
勿論味は違う
最初に静岡駅の焼き鳥屋で飲んだ磯自慢は生き生きしてた生酒(生貯蔵酒)
今回飲んだ磯自慢は特A山田錦を使った火入れの本醸造らしいずら

ほいだんやっぱし磯自慢は磯自慢以外の味がしないというのが、改めて飲んでみて懐かしさと感心が入り混じった
なんとも言えない気分だったでーの

以前飲んだ時はぼやけた感想しか言えんかっただん、あれから色々な酒を飲み比べてみて
明確に磯自慢の個性を感じ取れるようになった自分にあ〜酒飲みってこういう感じになってくだか、と思ったでぇ

以前は明確に言えんかった磯自慢の個性…漏れがいろんな酒と飲み比べた結果として今語れること…それは
ここの酒というは「キレの無い酒」と言うべき酒でーの

日本酒を含めおよそ醸造酒と呼ばれるものは、キレの概念がありガキンチョの頃お祝いの席なんかで酔っ払ったオヤジから
舐めさせてもらえるビールなんか飲むと「なんか鉛を舐めてるみたいだなあ」とか感じたりする
ビールでもワインでも日本酒でも皆そうでぇ

ほいだん磯自慢にはそれがない
ないというだか隠していると言うだか…
だから磯自慢は磯自慢の味しかしない
勿論今回飲んだ磯自慢は「大人しくて、山田錦特有のメロンテーストがあって…」とか
色々能書きたれる部分はある

しかしそれもこれも磯自慢の個性というフィルターを通した感想だに

512地酒体験記:磯自慢別撰本醸造22016/08/25(木) 22:16:16.42ID:DD6Cpi12
磯自慢の特異なポイントはもう一つある
それは、日本酒業界では本当に珍しい「売れる本醸造」を造る蔵元だと言う事でーの

「売れる本醸造」を造る典型的な酒と言えば「越の淡麗酒」
つまり『越の寒梅』『八海山』『〆張鶴』辺りだに

本醸造の素晴らしさを語る蔵元は多い
ほいだん売れる本醸造を造る蔵元は日本中でどれ位いるだかいの〜

静岡県内を見回すと磯自慢のほかに目につく所と言えば『出世城』くらいだかいの
漏れは今まで自分が飲んだ本醸造で美味しいと思うのは『喜久酔』『正雪』『君盃』辺りだかいなと思う

勿論磯自慢も本当に美味しいだけんが、ここの酒の「美味しさ」はかなり異色の味
同じように出世城も、ここは良くできた年は「カルピス」みたいな味がして本当に清涼飲料水のような酒ずら
磯自慢もその手の美味しさと言うべきで酒蔵の蔵元の考える「美味しい酒」と大衆の考える「美味しい酒」は違う事が分かる

そう言う面でも地酒とは面白いなあと思う

513地酒体験記:高砂誉富士特別純米酒2016/09/14(水) 19:27:37.67ID:ndlsQMhn
杏林堂で高砂の「誉富士特別純米酒」が売られてたもんだで前々から気になってただけんが、ようやく買ったでぇ
漏れが『高砂』を飲んだのは、静岡県の地酒祭りの時だっただん、この時は山廃純米の冷おろしだったもんだで実質的には高砂については
初めて速醸の酒を飲む事になる

よく言われるのはスーパーだと管理が悪いもんだで買わないで欲しい、と言うまことしやかな情報が流布されるだん、
少々おっかなびっくりだっただけんが、高砂を売るという目利きが杏林堂にいる事を信じて買ってみたでぇ

よく言われるのは瑞々しい味の酒ほど管理が難しいと言う事だん、この酒は正に瑞々しい酒が最初に来る味で
その後にグッと辛さがやってくる
スーパーで売られてるから酒が不味いなんてことはない、と開栓してみてホッとした

514地酒体験記:高砂誉富士特別純米酒22016/09/14(水) 19:36:30.05ID:ndlsQMhn
この酒と言うは以前レポした『羽衣の舞』と『白隠正宗』の味にとても良く似てるずら
まずは、『羽衣の舞』との類似性だけんが、米の個性ではなく、仕込み水のような爽快さが似とるだに

違いと言えば酸があり、洋食やケチャップマヨネーズを使ったジャンク料理に合う『羽衣の舞』に比べ、
およそ魚介と名のつく料理であれば、何でも合う事実にも感銘を受けたずら
酸味中心の辛さとアルコール由来の辛さのある『高砂誉富士特別純米酒』の違いがこうも合わせる料理に
影響が出るのか!と改めて地酒の勉強にもつながっただに

開栓直後の高砂の味は誉富士の特徴なのかそれとも富士系の仕込み水の影響なのか、米の味が余り感じず
何処か井戸水のような味わいを感じる所が、白隠正宗との類似性があるだん、その後日がたつと徐々に米由来の控えめな甘みを
感じ出す所が同じ『誉富士』を使う白隠正宗に何処か似ている

ただ一つ違う所があるとすれば、白隠正宗は最初からバランスが良い味で何かモワっとするガス臭のような酒の匂いがあるところが
軟水の仕込み水を使った特徴なのかとも思っただけんが、高砂は柔らかくキリッとした味わいに変化していくだに
勿論これもまた漏れの好みだったりする

飲んでみて分かった事は、静岡に富士系の酒あり!と堂々と宣言しても良いじゃんかと言う事ずら
酒に拘る居酒屋さんやブログで日本酒を採り上げる酒通はどうしても静岡と言うと河村先生との関係性が深い
駿河系の酒に目が行きがちで富士系の酒には余り目をくれない

しかし中々どうしてこっちの方の酒が好きな人でも十分楽しめるし、味わえる
そして一見すると個性が余り感じられないように見えても、食事と合わせると
「さわやか」の料理メニューと合いそうな酒や「魚介」にぴったりの高砂誉富士特別純米酒などのように
それぞれ合う料理の違いが際立っていて面白い

特に高砂の場合は一升瓶で買って、空気が触れてから本番と言う面白さがある事にも気付いたでーの

515呑んべぇさん2016/09/30(金) 16:55:13.46ID:nEoEEBl/
志太泉 ラヂオ正宗
旨いけど去年のが旨かったな

516地酒体験記:酒屋アルテソロレス2016/10/07(金) 19:58:50.86ID:TK8Qns0S
豊橋に変り種の酒屋が出来ただに

ワインショップだもんで少々スレ違いだけんが、面白い酒屋なので紹介させてくりょ
なんとこの酒屋「アルテソロレス」はルーマニアワインを専門に売る店らしいだに
ワイン屋といえば静岡市の「ビノス山崎」が良く知られとるでぇ
ほいだんここを含めて大半のワイン屋というは、店長のお気に入りのワインをインポートする
セレクトショップ的性格が強い

ところがこの「アルテソロレス」はルーマニアワイン専門店だに
更に珍しいのは、この店はルーマニア人の御姉妹が切り盛りしてると言う事

漏れはワインの酸が苦手だもんで、あんましフランス等酸の強いワインには興味ないだけんが、
甘口だったら許容範囲
そう言うワインが例えば東欧や地中海地方などで売っとりゃせんか、とネットで検索してたらたまたまこの店がヒットした
ルーマニアワインについては全く知らず興味も無かっただん、モルドバについては以前からただならぬ関心があった
そう言うわけでこれは面白い酒屋だとアンテナがたったずら

何故モルドバなのか?
実は英国王室御用達のワイン葡萄が栽培され、20年の長期熟成ワインがこの地で生産されて売られていくらしい
とんでもない高級酒産地だに
そのお隣のワイン生産国…こりゃ面白そうずら

東欧からコーカサス中近東にかけてはワインに関して伝説や神話がごろごろ転がってるだん、ルーマニアに関しては
あのバッカスとして知られるギリシャのデュオニソス神の生まれ故郷(神様って地上で生まれるのか???)らしい
ネットで検索をするとルーマニア人は「コトナリ」という産地の甘口赤/白ワインがお好きらしい

それをダウンロードして、平日の会社休みのタイミングを見計らって出かける事にした

517地酒体験記:酒屋アルテソロレス2016/10/07(金) 20:28:57.88ID:TK8Qns0S
豊橋駅で乗り降りするのは結構あるだん、店のある「市電新川駅より徒歩三分」との表記に従い
路面電車に乗ったのは生まれて初めて
これは、運賃が定額になっていて、150円に固定されている
しかも遠鉄よりも運転本数が圧倒的に多い!カーテンがついていて名鉄のような小洒落た雰囲気
路面電車を降りて少し道なりに歩くと今度はバス停の新川があったずら

こっちだと豊橋駅までの運賃が100円でしかも5分に一本の割合でバスが来るもんだでこっちの方がよかった
店に着くとなんだか、かわいらしいいかにも南欧の建物みたいな小さな店があってなんだか、路面電車とあいまって「魔女の宅急便」を
リアル体験してるみたいずら

店に入るといきなり東欧ご出身の店長からいらっしゃいませと言われてド緊張
早速ネットで漁った記事「ルーマニア〜沖縄 Rom Cafe」の甘口赤/白/ロゼの記事
を見せると「フェテアスカネアグラの甘口はありません」と言われてしまった
どうもルーマニア国内でも段々生産されなくなったらしい(ロシア向け輸出の減少?)

だもんで葡萄品種や産地云々ではなく欲しいワインの味を伝えると「ある程度甘くて甘すぎずコクがあり
酸が爽やかなワイン」と言った所、ザレアワイナリー社の「バラーダ タマイオアサ・ロマネアスカ2013年」を
おススメしてくれて買うことにしただに

それと同時に赤ワインの中辛口「ブドゥレアスカ フェテアスカ・ネアグラ2013年」もおススメしてくれただん、
辛口そうなので今回は止めてまたの機会に挑戦と言う事にしただに
先述したように漏れがモルドバワインに興味があるといった所、なんとこの御姉妹は、
ルーマニアのモルドバ「地方」の出身だと言う
ほいだん件の英国王室御用達ワインの情報は、初めて聞いたとのこと

そういえば現在の日本酒ブームの時代の少し前、日本酒不遇の時代にも日本酒ブロガーなんかは
新潟出身者が多かった気がするでぇ
国家の分断と言うとドイツが良く知られてるだん、このモルドバとルーマニアも実は元は一つの国で、ソ連の思惑で
国家分断が始まったとの事
だからルーマニアにはモルドバ「地方」があり、そのお隣にモルドバ「共和国」があると言う事でぇ
やっぱり銘酒の産地の血が酒屋を始める原動力になったのではないかの

518呑んべぇさん2016/10/15(土) 22:44:10.08ID:Cv6Fc8GM
皆さん普段飲みの普通酒や本醸造クラスでおすすめないですか?いつもなんだかんだで喜久酔ばかりになってしまうので、
色々冒険してみたいなと。ちなみに自分は最近飲んだ中だと初亀の縁と若竹の翁鷺が美味しかったな。
前者はスッキリさわやかな味香り、後者は昔ながらの酒って感じで両極端だけどw
あと翁鷺は地元だと1600円ちょいで買えるというのも、飲んべえには非常にありがたい。

519呑んべぇさん2016/10/16(日) 00:06:21.55ID:/skEaH+T
呉春 普通 本醸造と、美丈夫の本醸造の熱燗

520呑んべぇさん2016/10/16(日) 15:52:14.05ID:yXThAsnK
磯自慢ブルーグラッパはいつになったら出るんだよ

521呑んべぇさん2016/10/16(日) 21:13:45.03ID:FV0U1NX8
愛山純米大吟醸は11月じゃなかったっけ?大吟醸は10月だったかも
東部の某酒屋で中取り35が店頭に並んでたよ
一瞬買ってしまいそうになった

522呑んべぇさん2016/10/16(日) 22:46:42.78ID:83q2ZmSA
静岡って日本刀wって酒売り出してるよなw

523呑んべぇさん2016/10/21(金) 17:50:13.81ID:7LdBFNqO
花の舞だね

524地酒体験記2016/10/24(月) 21:08:03.27ID:wf3TiJRx
>皆さん普段飲みの普通酒や本醸造クラスでおすすめないですか?

「喜平本醸造」は飲んだ事ないのけ?
そいだったら、無いんならせっかく「冒険」したいんだから喜平を飲んでみりゃいいじゃん

漏れも最近まで喜平には色眼鏡で見とった所があって、あそこは「よそ者の大量生産」イメージがあったずら
ほいだんどうも喜平というは、元々県内の酒屋で酒を売るんだったら酒も造っちゃおう!という意気込みで酒造りを始めたらしい
結構気合があって遠州人好みの「やらまいか」精神に溢れててよろしい

最近では浜松の有力酒屋「かたやま」のご主人もご本人のホームページの中で「喜平静岡蔵」を褒めてるし、
『出世城』を傘下に納めたと言う事だん、これまでの勘で造る酒造りから、データを生かした酒造りへの変更を求めてる事からして、どうも
酒質設計に長けている蔵らしいの

岡山で2万石造ってるもんだで、あんたのような人(喜久酔や初亀/翁鷺=若竹を好む酒通)には 不評かも知らんが、
「冒険」をする価値はあると思うでぇ

525地酒体験記:追伸2016/10/24(月) 21:09:49.29ID:wf3TiJRx
悪い悪いレスアンカー付け忘れただに
>>518 さんへのレスね

526地酒体験記:喜久酔特別純米酒2016/11/11(金) 19:43:56.71ID:2ZDZBXGh
先週の土曜日に漏れは生まれて初めて『入野酒販』に行ってきただに
「うまい日本酒はどこにある」と言う本にも出てきた店で酒屋としては結構有名な店らしいでぇ
勿論狙いは以前にもカキコしたように「大村屋重兵衛」
 
しかし行ってみると電話したけどまだ届いてないと言う
ここは飲食店の関係者がひっきりなしに来る店みたいで、漏れも「飲食店の関係者け?」と聞かれた
勿論違うだん、同時に来店してた旅館の女将は「いつもは食事のときに出す酒を買出しに来るけど、今日は
プライベート」と言ってたずら

店内をグルグル巡ると「小夜衣」が沢山置いてある
こっちの方だと珍しい「大信州」もあってこれは増田晶文さんのお酒でーの
結局漏れは「喜久酔特別純米酒」の四号瓶と「葵天下外伝純米吟醸」を買ったずら
葵天下については後ほどレポをするとして今回は喜久酔ずら

527地酒体験記:喜久酔特別純米酒2016/11/11(金) 20:07:41.35ID:2ZDZBXGh
さて喜久酔については特別本醸造の時にもレポしてるだん、この時に純米と飲み比べた印象を語ってるだけんが、
これは一回目「静岡地酒祭り」の時の印象を語ってるずら
そいだもんで、自分で買って飲むのは実際には始めてと言う事になる

いい酒屋と言うは、冷蔵設備が充実して…と「うまい日本酒はどこにある?」と書かれているだけんが、入野酒販の喜久酔も
四合瓶は冷蔵庫に入ってたもんだで地酒祭りの感動的な味わいをまた愉しめるとわくわくしてウチに帰っただに
そして実際に飲んでみるとせにゃどうだったか…と言うと

「大人しくて端正な爽酒…じんわりと旨味と切れが浮かび上がってくるいいお酒」
と言う感想だったずら

勿論これはいい意味での感想だけんが、逆を言えばこれ以外にこれと言った印象が無い
「ありや…地酒祭りん時もこういう味だっただかいな?」と首を傾げてしまっただに

漏れが地酒祭りん時に飲んだ喜久酔はこんなものではない
確かに味は類似してるだん、もっと…こう登山をした時に「名水百選」に選ばれた沢の水を飲み干すような
ハッとくるような綺麗さがあり、まるでステンドグラスにぼ〜〜っと浮かび上がるような柔らかい…幽玄な旨味が
この酒の特徴だった筈だ…???

そういえば「君盃特別本醸造」も「正雪特別本醸造」も地酒祭りの時はもっと爽快な酒だったずら

勿論これは酒の方の問題と言うわけではないだけんが、いわゆる「爽酒」とされる酒は
それだけ酒の維持管理が難しいと言う事だと思うでーの

528地酒体験記:葵天下外伝純米吟醸2016/11/27(日) 10:58:45.82ID:XHxJfcI0
実を言うと葵天下を飲むのはこれで二度目になる
前に飲んだのは葵天下の特別純米酒だに
ここの酒と言うは、典型的な山の酒

山の酒と言うと有名なのは福島の「末広」だけんが、もうそんな酒なんか目じゃないくらいに
味がきつい事きつい事
甘×重の酒で山の酒は難しいと痛感したずら

今回だもんで店の人に最初に聞いてみただに
ほうしたら「山の酒と言うと濃厚と言う意味ですよね?」と言うもんだであたらずとも遠からずと言う感じ
だっただん、「これは端麗な方だ」というだに

どうも入野酒販の人たちもレギュラーの「葵天下」純米酒を知らないらしいの
逆に「静岡地酒祭り」に出掛けた時は「葵天下純米吟醸」以上のスペックの酒を
飲んでくりょとばかりに盃に注いでて、この酒はむしろ「開運」にそっくりだったでぇ

喜久酔の後だもんでいささか見劣りするだかいな?と少々身構えていただん、結論を言うと味は美味しかった
面白いもので、この酒を飲んでるとせにゃすぐに「あっこれは遠州の酒だ」と分かる

529地酒体験記;葵天下外伝純米吟醸22016/11/27(日) 11:18:51.92ID:XHxJfcI0
遠州の酒の典型的な例としてはやっぱし「花の舞」を挙げなけりゃならんの
ここの酒「五百万石純米酒」はネチッとした柔らかみがあり、奥深い甘口
「開運」の場合は米の味を主体にしたバランスの良さに特徴があり、「国香」の場合は
花の舞に似た柔らかみとガチッとくる辛さの二重奏と言う印象

つまり遠州の酒は、仕込み水の違いからかお隣「小夜衣」から東の酒に連なるサラリとした感覚とは
かなり違ってるでーの

葵天下純米吟醸は、花の舞のようなネチッとした柔らかみと、やや酸味が感じられる印象だっただに
ほいだん純米吟醸の味の変化の激しさから来るのか、日が経つにつれ酸味が穏やかになり、もっと日が経つと
段々大人しい穏やかな味になる

これは素晴らしい味わいだに
これまでよく酒通の間では「静岡は水が良くて…」などと言われてきただけんが、
その場合は赤石系の「小夜衣」から「正雪」までの酒蔵を指して言われてる事が多かったと思う

ほいだん天竜系の仕込み水で造られた酒は、駿河系とはまた違った良さがあると今回感じただに
天竜系の山の特徴は、地層が古くミネラルが豊富

遠州の山奥と言うは奈良の吉野と並ぶ杉の名産地でお茶やミカンも日本一美味い
日本酒に「テロワール」と言うのは胡散臭く感じるだん、そう言う要素もあるだかいな?
と感じさせる酒だったでーの

530地酒体験記:出世城特別純米初しぼり2016/12/15(木) 19:02:48.85ID:1ObO7Hye
出世城は浜松の街ん中にある酒蔵だけんが、この酒と言うは、浜松の街に行けば行くほどよく見かける酒ずら
漏れも出世城はこれまで三回飲んだだん、純米酒はなんだか味がぼやけていて、本醸造出世カップは、美味しい時とそうでないときがあっただに

今回飲む出世城は美山錦を使った特別純米酒らしくてこっちの方だと美山錦を使うのはかなり珍しいでーの
買ったのはイオン市野の酒コーナーで値段は一升2400円くらいだったずら

美山錦の酒は初めて飲むもんだで愉しみ半分不安半分だっただん、実際飲んでみるとせにゃ、結論から言うと
大きく期待を上回ってただに

まず最初に口に含むととてもデリケートな瑞々しさが感じられる
しかし豊かな米のふくらみのあるネチっと絡みつく舌触りがある

その後に『喜久酔特別本醸造』でも感じられたコクがある
ほいだんそれがしつこく感じられず、軽快
やっぱりここは海の酒なんだなと思う

…とこのように矛盾する要素が巧くバランスする感じで、一言で捉えずらい味わいだけんが、
だからこそ単に美味しい酒というだけでなしに、複雑性がありそれだけに買った値段以上の味わいに満足でぇ

さて、最近いわゆる「静岡吟醸」の実現に尽力された河村伝兵衛先生がお亡くなりになられた
静岡吟醸と言えば、押しなべて感じられる味わいとして、落ち着いていて、薄化粧のように米の味をなるべく目立たせず
仕込み水の綺麗さを前面に押し出した酒の味であり、それは赤石山脈の仕込み水だと素晴らしい酒が出来る

531地酒体験記:出世城特別純米初しぼり2016/12/15(木) 19:19:43.43ID:1ObO7Hye
本当は静岡の酒と言うは、遠州駿河富士で味が変わってくる
仕込み水が違うから当然だに

だからこそ江戸の方では、河村先生の流儀で造られた酒は、駿河系の仕込み水との相性がいいもんだから、
静岡の銘酒=駿河とのイメージが強くある

漏れも最初はそう言う風に思ってた
ほいだん色々飲んで見るとむしろ「仕込み水の生かし方」において河村流と駿河系の酒がベストマッチだった事で
こういうイメージがついたのではないか?との思いが最近になって芽生えだしてるだに

地酒祭りに出掛けるだけでなく、とにかく静岡の地酒を色々買って飲み比べてみると、それぞれにはそれぞれのよさがある事に
気付かされるだに

遠州の酒で今まで一番飲んで美味しいなと思った酒と言うは、『開運特別純米飲みきり一番』だけんが、
今回飲んだ『出世城特別純米初しぼり』はそれに匹敵する味だったずら
正確に言えば、味の系統は全く別だけんが、「感動」と言う点で言うと同じくらいの満足感がある

とにかくこの酒と言うは、遠州系の特性を良い方向に生かした好例とも言える酒ずら
豊かさを感じられ、舌触りが柔らかくそれでいて海の酒としての落ち着きもある

河村先生が築かれた駿河系の銘酒の一時代から、新たな遠州発祥の極めて独自性の高い
それでいて完成度が高い日本酒が生まれそうな予感がするでーの

532呑んべぇさん2016/12/15(木) 21:20:50.78ID:XCXaO7p4
そういえば、河村先生お亡くなりになったね…
こんなに美味しい静岡酒を飲めることは河村先生のおかげです

533呑んべぇさん2017/01/28(土) 07:39:00.28ID:V6qvEo8L
.

正月のお屠蘇を兼ねると言う意味で、普段より値の張る酒を飲まっかと思ってイオン市野で
臥龍梅の純米吟醸を買ったずら
お値段なんと2600円クラスで税込みだともっと高い
だもんでこの酒は漏れの普段飲む酒ではないでーの

なんで正月に臥龍梅だかというと、以前飲んだ「羽衣の舞」が値段の割りに良くできてたもんだで、
三和酒造はコスパが高いいいイメージがあったからだに
臥龍梅の純米吟醸シリーズは本当に沢山の酒類があるだけんが、漏れが飲む臥龍梅純米吟醸はスタンダードな「美人画ラベル」だに

静岡地酒祭りに行ったとき飲んだ臥龍梅は、宮城の「乾坤一」のような透明感と舌触りの良さと牛乳のような
濃厚さが特徴だったと記憶してるだけんが、今回飲んだ臥流梅は予想と違った

535臥龍梅純米吟醸(浮世絵美人画ラベル)2017/02/01(水) 19:00:28.59ID:2QM2l38V
臥龍梅と言えばよく世間では「静岡型吟醸と少し毛色の違う華やかな香りの酒」と言われる
ほいだん自分が実際に「臥龍梅純米吟醸(美人画ラベル)」を飲んでみたとせにゃ意外に味が大人しく、
漏れは舌はともかく鼻は馬鹿だもんだで「華やかな香り」は特に感じられんかったでぇ

リンゴのようなフルーティな味わいと、駿河系の酒に多い綺麗な後味それほど味が強くなくて
今まで漏れが飲んだしぞーかの酒の中で最も地酒祭りで飲んだ時に多かった「仕込み水の綺麗さを生かした
薄化粧の酒」=静岡吟醸のイメージに沿ってたずら(値を張る酒を買えんというのが大きいけんがの・・・・)

特にうれしいのが、余り日本酒では多くないフルーティさが開栓後も衰えない事
だもんで純米酒や本醸造に多いスタンダードな米の味とはまた違った美味しさが長く持続する

一本2600円と言う金額は決して安いとは言わんだん、この酒を飲むと感じるのは、やはり
値段とはその人の懐具合と、価値観で決まると言う事実だに
この酒は「満足度」が高いでーの
一升3000円級の酒を今まで何度か飲んでレポしただん、それと比べても遜色ない

値段からすると江戸向けの下り酒に相当するだけんが、一度買って飲むとせにゃ気に入って
何度もリピートしたくなる酒と感じただに

536地酒体験記:臥龍梅純米酒:2017/02/20(月) 21:30:23.16ID:oZz0sohi
今回レポする臥龍梅純米酒は一升2200円だけんが、今まで飲んだ三和酒造の酒は価格に対する味のレベルが高いために
期待十分でえ

余談になるだけんが、今年は日本酒はブームと言うのは本物だなあと感じる出来事があるだに
それは「dancyu」の日本酒特集の記事が分厚い!広告も分厚い!これほど紹介記事と広告記事が分厚いのはびっくらこいた

その中でも気になったのは茶碗酒トークと言う記事ずら
これは昭和の頃から本醸造を飲んでいるオッサンと、若い人が日本酒トークをするという記事
若い人にとってやはり日本酒は「高級で普段から飲むものではない」考えがあるみたいでーの
これは出会いの機会がないと、日本酒は馴染めないものなのかも知れんだに

漏れは「花の舞」が間近に合った事で日本酒を好きになり、飲み比べる事に抵抗感がない
今回飲む「臥龍梅純米酒」は一升2200円で茶碗酒になりそうなぎりぎりの値段ずら
そう言うものの中で美味しいかそうでないか、調べるのも愉しいと感じる
これが「出会い」があった人間の行き着く道かも知れんでーの

537地酒体験記:臥龍梅純米酒2017/02/20(月) 21:51:28.76ID:oZz0sohi
この酒はプレ葉ウォーク浜北で売られてただけんが、今まで三和酒造の酒というは、
「鶯宿梅・純米吟醸」とか「鳳雛」とか今まで主力の「臥龍梅純米吟醸」を除くと何を売りにするのかよく分からん印象があっただに

ほいだん数年前から一升2000円台の酒でも「臥龍梅」に統一されたみたいだで、これで勝負と言う雰囲気が出てて
そのオーラ?を買った感じずら

以前にも「羽衣の舞」を飲んで好みはともかく味はしっかりしてたもんだで、そう言う意味でも期待十分

飲んだ印象だけんが、米ハゼを思わせる懐かしい甘みがあり、口当たり柔らか「ジャパーニーズリファインドサケ」と言うキャッチコピー通り雑味がなく
綺麗な印象

五百万石60%精米の酒で、オーソドックスな五百万石の味だけんが、感心したのは後味の綺麗さ
駿河系の仕込み水の長所を如何なく発揮されていて、とても爽やかな後味の綺麗さは正に静岡系の酒らしい
前に飲んだ臥龍梅の純米吟醸の違いはと言えば、リンゴのようなフルーティな味がなく、米の味がする純米酒らしい純米酒と言う位

「羽衣の舞」は端麗酸口の酒で食中酒に徹している感じだけんが、これはより一般的に好まれる味

これは本当に良く出来た酒ずら
お気に入りと言う点では四本の指に入る
今までのお気に入りと言えば「富士錦」「蜂龍盃」「大村屋重兵衛」だけんが、
これに「臥龍梅純米酒」が加わった

多分誰が飲んでも気に入ってもらえる酒だと思うだに

538呑んべぇさん2017/02/21(火) 19:58:07.95ID:ch43PtAM
開運の御日待家、アル添吟醸で19度と高めの割に飲んでもあんまり酔いが回らない変わった酒だった。びっくり。

539呑んべぇさん2017/02/25(土) 16:45:58.92ID:16TZPsp2
酒屋に寄ったら花の舞が試飲販売をしてて思わず買ってしまった。
誉富士って酒米を初めて知りましたわ。

540呑んべぇさん2017/03/03(金) 18:14:00.08ID:9n0YZpwo
何故かはせがわで売られてる花の舞の誉富士

541地酒体験記:花の舞特別純米山田錦2017/03/10(金) 19:47:18.12ID:JHpC2xt2
ここのスレでは花の舞の『山田錦』に対してはかなり批判的な意見が多い

漏れもいくつかここの山田錦を飲んだだん、やはりみんなが言うとおりで美味しくなかったでーの
以前にもレポしたもんだで、詳しくは漏れのコテで「山田錦純米」と「ふくよか純米」でカキコを見て欲しいだん、
五百万石の花の舞は、あれだけ米のふくらみが感じられる酒だっただん、山田錦の方はシャバシャバで薄ッ辛い

どうしてこんだけの違いがあるだか不思議でしょんないでぇ

一方で『今宵は燗だね』はとても美味しかったもんだで、悪いイメージと愉しみがない交ぜになった状態で
『花の舞特別純米山田錦』を買ってみたずら

遠鉄ストアだと大体一升2300円で売ってるもんだで、この価格が妥当なものかどうかは、レポと皆さんの財布の中身(笑い)で判断してくりょ

さて漏れが買った店は『イオン市野付近の酒屋ガリバー』だに
ここには本当に漏れはお世話になってるに

なんしょおよそ「ディスカウントストア」と名乗る酒屋で本当に地酒が安売りしてる店なんかありゃせん
ほいだんここは、他ではやってない日本酒(勿論特定名称酒)を安売りしとるずら
だもんで、やや贅沢なこの酒を買えたという事情もある

果たして「五百万石と今宵は燗だね」のように当たりと出るか「ふくよか純米と山田錦純米」のように外れと出るか…

542地酒体験記:花の舞特別純米山田錦22017/03/10(金) 20:12:02.33ID:JHpC2xt2
実際に買ってから飲んでみるとせにゃ、最初に感じられた特徴はラムネ菓子のような清涼感だっただに
花の舞の山田錦は、漏れは薄ッ辛いと感じてただん人によっては「渋い」と感じる人もいるみたいだに
そう言うものが今回は「ラムネ菓子的清涼感」と感じられる
と言う事はご想像の通り以前のようにシャバシャバしてる訳ではないと言う事でーの

味わいをじっくり感じないと見過ごしかねないほど、山田錦特有のメロン風味が影に潜む
コクをかなり感じられるだん、これが正に以前の花の舞に欠けていた部分だに
味わいは花の舞特有の淡麗なのに柔らかいやや甘口
素晴らしいバランス!そして飲み心地がなんといい事か!ラムネのような辛さ{酸味か?)がこの酒のほかに無い個性ずら

これは「今宵は燗だね!」を超え、五百万石をダントツで超えて(漏れが知る限り)花の舞で一番旨い酒ずら

山田の酒だもんで、似ていると言うと以前に飲んだ磯自慢の「別撰本醸造」か
磯自慢を引き合いに出す事でなんとなく胡散臭さを感じる人もいるかも知らんが、これが正直な所ずら
磯自慢は米の味が大人しく、アルコール飲料である事を感じさせない酒で勿論花の舞とは違う

ほいだん、同じ山田をよく使う『開運飲み切り一番』の時はもっとしっかりメロンテーストを感じられ味わいソフト
『正雪』の場合は、超がつく辛口でしかもメロン風味は全く感じられなかった

ここで分かった事は二点
@山田錦はコストが高い、だもんで原料をケチって圧搾機で絞りすぎた?可能性
A花の舞は山田錦に順応しつつある

もしこれが一升2200円くらいだったら間違いなくお気に入りだけんが、スーパーだとこれより
もう百円高いからそれは言わないで於くだに

因みにガリバーで買ったときの値段は確か2050円だか?だと思う
これは本当に遠州人の特権でーの

543地酒体験記:SBS学苑日本酒講座2017/03/26(日) 11:29:22.41ID:dVM34GFp
昨日SBS学苑の日本酒講座に行ってきたずら
寺田好文先生が講座の講義をしてその後に静岡新酒の試飲をする講座でーの

出された酒は次の通りだに
@駿州中屋純米吟醸無濾過生A英君純米吟醸備前雄町生B正雪辛口純米誉富士C臥龍梅純米吟醸しぼりたて生

D初亀純米吟醸亀丸E志太泉純米生原酒F杉錦きんの介純米初しぼりG喜久酔特別純米H若竹特別純米鬼乙女夢

I小夜衣特別純米誉富士しぼりたて生J開運純米無濾過生K開運花の香純米吟醸原酒

L国香特別純米中汲み無濾過M白隠正宗河津桜酵母

以上ずら
この中で漏れが気に入ったのは、B正雪辛口純米誉富士E志太泉純米生原酒M白隠正宗河津桜酵母だっただに

特に白隠正宗河津桜酵母は、酸味と甘みのバランスが抜群に良くて、これは高い酒だけんが、一度はレポしたいと思ったずら

544地酒体験記:志太泉本醸造2017/04/11(火) 18:41:21.07ID:DlUClLea
今回飲んだのは志太泉と言う酒で、地酒祭りの時も飲んだだけんが、ここの酒を買って飲むのは、今回が初めてだに
地酒祭りん時の印象としては、とてもある意味最も「静岡らしい」酒を出しているなと言う印象だっただけんが、それだけに
ここの酒の特徴を、ここで言えるだかいな?と不安になったでーの

買ったのは近所の酒屋さんだん、近所だけに名前は出しにくいでーの
さて、以前に日本酒講座のレポをしてただん、ここでも講座で飲みかけた酒を参加者に抽選(あみだクジ)で当てただけんが、
たまたま漏れは志太泉純米生原酒だったでぇ

そいだもんで今回は、純米生原酒との味の比較になる事をお断りしておきたいだに
とにかく地酒祭りに参加したときの志太泉は、さら〜っとしている酒の典型だっただん、
今回飲んだ印象としては、意外にコクがある事に意表を突かれただに

更に言えばこのコクは、メロンテーストのコクだもんだで、使っている米は山田錦ではないか?と推測できる

そう言えば喜久酔の本醸造も、地酒祭りで飲んだ初亀の普通酒(一升二千円くらい)もコクが大分強い印象を持っている
駿河の仕込み水、即ち赤石系の仕込み水というは、サラリとしていて米柔らか味があんまり出やせん印象があるもんだで、
そう言う味になる面もあるかも知らんだん、もう一つの理由としてはあえてそう言う味を出さっかとしてる面もあると思うだに

545地酒体験記:志太泉本醸造22017/04/11(火) 18:54:03.43ID:DlUClLea
一方の純米生原酒の方は、アルコール度数が高い所為か、やっぱし口当たりは強い
漏れはそう酒を飲みゃせんだん、飲む人には酔いの回りが早そうな印象があるだに
こっちの方も口当たりがサラリとしていて、米のふくらみは余り感じられず、コクがある

そう言う意味では良く似た味だけんが、栓を開けて一日経つと、やっぱし違いが色々出てくるみたいだに
酒屋さんは志太泉本醸造を「辛口だでね」と言ってただん、妙な苦味が出てくる
一方の純米生原酒jにはそう言う味が出てこんもんだで、これは醸造アルコールに由来するクセではないか?
と思うだに

本醸造はあんまし米のふくらみが出ないと言う性質があるだん、コクがやや強めに出るのはとんじゃかないだん、
妙な苦味はいただけないと思うだに
アル添の酒が嫌いな人はこういうクセを嫌うのかも知らんね

しょんないもんだで、燗をつけて飲む事にしてみた
ほうすると、今度は甘やかでゆる〜いの飲み心地のいい酒になるだに
ここの酒は、綺麗系だもんで冷がいいかかと思いきや意外や意外、燗でもイケル

一週間位すると、今度は妙な苦味も抜け、燗にした時に感じたゆる〜い飲み心地が
普通に出てくる

コクが次第に緩やかになっていく感じがいいでーの

546地酒体験記:志太泉本醸造22017/04/11(火) 18:54:03.68ID:DlUClLea
一方の純米生原酒の方は、アルコール度数が高い所為か、やっぱし口当たりは強い
漏れはそう酒を飲みゃせんだん、飲む人には酔いの回りが早そうな印象があるだに
こっちの方も口当たりがサラリとしていて、米のふくらみは余り感じられず、コクがある

そう言う意味では良く似た味だけんが、栓を開けて一日経つと、やっぱし違いが色々出てくるみたいだに
酒屋さんは志太泉本醸造を「辛口だでね」と言ってただん、妙な苦味が出てくる
一方の純米生原酒jにはそう言う味が出てこんもんだで、これは醸造アルコールに由来するクセではないか?
と思うだに

本醸造はあんまし米のふくらみが出ないと言う性質があるだん、コクがやや強めに出るのはとんじゃかないだん、
妙な苦味はいただけないと思うだに
アル添の酒が嫌いな人はこういうクセを嫌うのかも知らんね

しょんないもんだで、燗をつけて飲む事にしてみた
ほうすると、今度は甘やかでゆる〜いの飲み心地のいい酒になるだに
ここの酒は、綺麗系だもんで冷がいいかかと思いきや意外や意外、燗でもイケル

一週間位すると、今度は妙な苦味も抜け、燗にした時に感じたゆる〜い飲み心地が
普通に出てくる

コクが次第に緩やかになっていく感じがいいでーの

547地酒体験記:喜平誉富士特別純米酒2017/05/04(木) 13:18:47.39ID:hg3NWlW/
地元の中小のスーパーではよく喜平の酒を見るだに
喜平は岡山の酒蔵で年間2万石の酒を造ってるから凄いの一言ずら
日本酒が低迷するようになって大量生産の蔵と言うは、殆ど駄目になってったもんでの

喜平がそう言う数字を維持出来たのは、それだけ信頼があっただかどうだか
ほいだん、喜平はいわゆる「見切り品」になりやすい
それも静岡蔵で製造した方がそうなりやすいだに
四合瓶の誉富士純米酒もそうやって安売りしてたもんだで、買って飲む事にした

誉富士らしく米の厚みは殆ど感じられやせんだん、切れや酸味はやはり控えめになってるだに
そう言う味を出すとせにゃ、どうしてもガツンとした味になりやすいもんだで飲みにくくなるもんでの
これまで飲んだ誉富士の酒というは、二つとも富士系の酒ずら

ほいだん、この喜平の場合は駿河系だもんだで、今まで飲んだ誉富士の酒のように空気に触れると
甘みが出てくると言う事が無かったでえ
だもんで栓を開けて日がたっても味が特に変化せず、岩清水のようなピュアな味が長持ちした
美味しい酒だっただん、この米で個性的な味にするのが難しいだろうな、とも感じたでーの

548呑んべぇさん2017/05/26(金) 18:07:06.60ID:RRcmNrLJ
これから「志太平野美酒物語2017」ですよ。

549呑んべぇさん2017/09/16(土) 09:18:47.00ID:N/TB/CV+
今年の開運はどれ飲んでもうまい

550呑んべぇさん2017/10/25(水) 21:57:55.55ID:npczY89P
自分的には初亀の秋上がりが当たりだな。
手頃だし、ぬる燗くらいで晩酌するとサイコー(*´ω`*)

551呑んべぇさん2017/12/27(水) 14:19:35.70ID:iIuQvCey
.

552呑んべぇさん2018/02/15(木) 21:39:06.85ID:Jqd5i297
中学生でもできる確実稼げるガイダンス
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

AWUFT

553呑んべぇさん2018/02/23(金) 19:40:28.72ID:zy91wAfc
開運の無濾過純米シリーズがうますぎる
一年中欲しい

554地酒体験記:出世城THEChallenge2018/02/24(土) 17:11:24.19ID:FE4Qy7Zf
蜂蜜みたいで旨いでぇ
開栓して一日で酸化したと思っただん、三日目で落ち着いてきただに
これはいい発見でーの

555地酒体験記:富士錦誉富士特別純米2018/03/03(土) 14:08:07.84ID:T3Myh4+e
味は前でレポした出世城THEChallengeと同じ誉富士のとろみ路線
やや酸味があるでぇ
ほいだんこの酒少々大人しすぎるら?
一升2500円越えの酒だもんでただ美味しいじゃなく、もっと独自の世界観が
あってもいいに

556地酒体験記:花の舞ふくよか純米本年度版2018/03/22(木) 19:57:54.28ID:oIxfFl5n
>>223以来のふくよか純米だけんが、これはあの時とは別物と考えたほうがいいずら
辛口には違いないだん、丁寧に吟醸作りをしたことがわかる冷やして美味しい淡麗な酒
しっかりした酸味とキレによる辛さと爽快な喉越し

山田っぽい味は漏れには感じ取れなかっただん、一升2100円でケの贅沢を感じられるレベル
勿論ひいき(漏れは花の舞びいき)抜きにお気に入りだに
もう山田錦につまづいた時分の影も形も見当たりゃせん

557地酒体験記:出世城誉富士純米2018/06/09(土) 15:52:51.80ID:CB+ildIo
誉富士純米の中でもこの酒は結構濃厚
〉〉555の富士錦の味を濃くしたタイプと言えば分かりやすいだかいな?
キレと酸があってパンチがある
やっぱりメリハリが効いている所が出世城らしいでーの

558地酒体験記:高砂山廃純米2018/06/09(土) 15:58:01.54ID:CB+ildIo
初日に飲んだ時は白山菊酒のような熟成感を感じるどっしりした印象があって「天狗舞」っぽい印象
だっただけんが、二日目になると香りが抜けたためか、やや酸味が先走る味になったずら

三日目になると、その酸味も円やかになって飲み心地のいい酒になるだに
米の味がとても端麗でそれをやや特徴のある円やかさのある酸がサポートする感じでぇ
どこかワインのモルドバっぽい印象ずら

新着レスの表示
レスを投稿する