●天皇制廃止のメリットを書いていくスレ其の14●

1名無しさん@3周年2018/02/14(水) 19:27:43.19ID:FAnLpU42

369名無しさん@3周年2018/02/20(火) 15:10:55.18ID:+KjUg3PR
>>368

>例えばお祭りをやることで自分という存在についてどんな側面が提供されるの?

例えば、伝統的な祭りに参加することで、
郷土を愛する自分という愛着のある存在を、そこで確かなものとして再確認するということです。

>"統一"の意味が分からん慣習・伝統が無かったら"統一"されないのか?

科学とは違って、人文とは人間の認識の積み重ねわけです。
よって、何かしらの過去から積み上げるものがなければならないし、
それを未来にも投影するにしても、正統性が欠けてくるわけです。

>じゃあ天皇が行ってきた儀式や各種の行為をキープするだけで生まれながらの天皇位ってものを廃棄するのは何でダメなの?

国家制度との不可分だったことが伝統だから。

>アイデンティティの拠り所って人(役職=天皇位)じゃなきゃいけないってワケじゃ無いよな?

自分の輪郭をどのように作り上げるかは、育つことになった社会によって違うし、
その輪郭を大切に思う上での拠り所も変わってくるのは当然ですね。
日本には在日朝鮮人のような社会もあるわけですしね。

370高卒アホに選挙権は要らない2018/02/20(火) 15:15:51.83
>>366
引用部分が難しい

>>日本人というあり方に持続的な愛着を有する限り、現時点を含む過去に対し一定の理解を示すことで、
>>そうした感情の妥当性が補完されるわけです。
一般論としてはそうだな
その感情は別にそれでいいが、だからといってその感情をもってして他者・国家に向かってどれだけのことを要求出来るの?

371名無しさん@3周年2018/02/20(火) 15:22:21.21ID:+KjUg3PR
>>370

>だからといってその感情をもってして他者・国家に向かってどれだけのことを要求出来るの?

権力の考え方次第です。

但し、人間とは社会によって規定され、そこから自分の考えというものが生まれる。
よって、何が正しいかといった問題も、よほどの暴君でない限り、社会に寄り添う部分があるわけです。

372名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:11:35.63ID:+KjUg3PR
>高卒アホに選挙権は要らない

普通、議論と呼ばれるものは、ある人が理由を添えて主張し、その主張に対して違うと思うなら、
その理由を添えて相手に返すものです。
しかし、彼の場合、主張した内容について詳細な確認をするだけで、反論と呼べるものは無いし、
当然、それを説明する理由は尚更皆無に近いわけです。

自称、自分は頭が良い!とか演じてるように思えますが、わたしからすれば生徒と先生役の
間柄と変わりがないですね。

正直、どの程度、深く考えてるかといえば、自分が主張の論拠としてる人権一つとっても、
中学生の公民の教科書で書かれてる内容以下です。

373名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:25:41.26ID:iOujC6Au
随分スレが進んでいるようであり、もう読んでもいないかもしれないが
>>187
そちらは>>38の自らのレスで何を問うたのかすら忘れてしまったということかな
こちらの
 皇族の身分は、現代日本において唯一出自により規定される世襲の「身分」である
というこちらのレスは、「皇族の身分」なる縛りは
戦後日本が目指し、憲法にも謳われている平等原則から逸脱したものであるにも関わらず
天皇が憲法に規定されているが故に
その逸脱を容認せざるを得ない、身分に縛られた皇族の現状を示したものでもある
に対し
>君は勝手に決めつけてるが、根拠が一切付記されていない
などと言い出したので>>74-76において根拠となる引用を示し、皇族の身分なるは
平等原則の例外あるいは、法の下の平等の例外といった言葉でも知られているものであり
それは基礎中の基礎の話でもあると示した訳だが、さすがに理解はできたんだよね

そちらの
>憲法が禁止しているのは身分制の身分=国家に権力を持つ身分。
なる主張、および憲法14条の一部だけを取り上げ
>憲法14条が禁止するものは、政治的特権を持つ階級の設定と解釈するのが妥当
といった主張が誤りであることを明示した、尊属殺人における最高裁判決、引用が重複するが重要と思われるので

374名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:26:19.29ID:iOujC6Au
>>373続き
>>187
日本国憲法一三条の冒頭に、「すべて国民は、個人として尊重される」べきことを規定しているが、これは、個人の尊厳を尊重する
ことをもつて基本とし、すべての個人について人格価値の平等を保障することが民主主義の根本理念であり、民主主義のよつて立つ
基礎であるという基本的な考え方を示したものであつて、同一四条一項に、「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、
性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定しているのも、右の基本的な考
え方に立ち、これと同一の趣旨を示したものと解すべきである。右の条項には、人種、信条、性別などが列記されているが、多数意
見も認めているように、これらの列記は、単にその主要なものの例示的列記にすぎず、したがつて、これらの列記事項に直接該当す
るか否かにかかわらず、個人の尊厳と人格価値の平等の尊重・保障という民主主義の根本理念に照らして不合理とみられる差別的取
扱いは、すべて右条項の趣旨に違反するものとして、その効力を否定すべきものと考えるのである。
近代国家の憲法がひとしく右の意味での法の下の平等を尊重・確保すべきものとしたのは、封建時代の権威と隷従の関係を打破し、
人間の個人としての尊厳と平等を回復し、個人がそれぞれ個人の尊厳の自覚のもとに平等の立場において相協力して、平和な社会・
国家を形成すべきことを期待したものにほかならない。日本国憲法の精神もここにあるものと解すべきであろう。

>要は子供が被差別に近いって話だからね。
>……って言うか、あの事件は本当に酷かった…。
とレスしているようだが
この非道な仕打ちを受け続けていた被告に対し
そちらが主張していたところの↓
>憲法が禁止しているのは身分制の身分=国家に権力を持つ身分。
>憲法14条が禁止するものは、政治的特権を持つ階級の設定と解釈するのが妥当
なる解釈に基づけば、尊属殺人という重い量刑を否定する根拠はなくなり、尊属殺人が妥当とされてしまう
ということに思いが至らなかったのであるなら、それは些か残念なことだからね

375名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:26:42.70ID:iOujC6Au
横レスながら
>>336 >>344
>天皇制に違憲性はない
ではなく、最初から例外として扱われることを余儀なくされていたということだからね

根本的に
>天皇位を継ぐことを拒否
できない制度だということを誤摩化してはいけないよ

376名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:27:35.30ID:iOujC6Au
横レスながら
>>369
戦後の「天皇が行ってきた儀式や各種の行為」なるものは、明治以降の創作や戦後の行為でもあり
そこに古に伝統こそ存在しないよね、封建制度も身分制度も破棄された今現在
封建制度と身分制度故だった
>国家制度との不可分
を理由にすることこそ、論理を欠いたものではないかな

>自分の輪郭をどのように作り上げるかは、育つことになった社会によって違う
自分のために、たまたま天皇家に産まれたしまった人物を封建時代の身分制度の残滓の中に置き去りにし
様々な人権侵害に甘んじさせるのは当然だ、などと言い出したい訳ではないよね

そちらは>>323において↓
>但し、私自身は天皇制における人権でまったく問題がないとは言っていない。
>同じ社会で暮らす皇族が、そうした事に納得してるどうかについて、
>意思表明できる機会が憲法上において際どいものでしかできない事で、
>その社会の中で不平等の有無を考える上で、十分な物だとは言えないからです。
>よって、憲法解釈の変更や、皇室典範の改正、必要であれば憲法改正を望んではいます。
と制度に問題があり改正が必要であることも認めている

一方で、不可思議なことに、>>323で問題を理解しているにも関わらず>>331においては↓
>反天派が人権とは、時代や社会を超えて認められる普遍的な権利だと思っているが、
>しかし、実際には、その社会を支配する権力がそう思う限りにおいて認められるような、
>その場限りのようなものでしかない。
>君ら伝統・文化に照らした主張はするな!とか騒いでるが、
>普遍的な人権と呼ばれるものも、
>人間は神の劣化コピーだと考える西欧における人間観の伝統を模したようなものです。

自らが理解している筈の問題点を根底からなかったことにするレスもしてしまう
議論したいがための錯綜にしか見えないのだが、そちらの本意はどちらにあるのかな

377高卒アホに選挙権は要らない2018/02/20(火) 16:31:38.36
>>369
連続性についての答えが無い

祭りの例えについてはそれで分かった
でも祭りは”行為”だからそれを残したところで誰の人権も制限されないから問題は起きない(せいぜい予算の問題か)

>>何かしらの過去から積み上げるものがなければならないし、それを未来にも投影するにしても、正統性が欠けてくるわけです。
統一の説明になってない
人間の認識の積み重ね=統一みたいな言い方してるけどこの考えは慣習・伝統を必要としてないじゃん

>>国家制度との不可分だったことが伝統だから。
>>自分の輪郭をどのように作り上げるかは、育つことになった社会によって違うし、
>>その輪郭を大切に思う上での拠り所も変わってくるのは当然ですね。
天皇という存在は国家制度と不可分だから、俺(たち)が自分と言う存在について、より確かな側面を提供してもらうため、
アイデンティティの拠り所とするために、天皇は人権が制限されるけど居てくれ
そういう事だな?

>>権力の考え方次第です。
逃げたな、お前
実際>>370の感情が天皇に人権の制限を押しつける根拠となってるんだろ

>>372
>>彼の場合、主張した内容について詳細な確認をするだけで、反論と呼べるものは無い
>>359,360

378名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:34:03.20ID:+KjUg3PR
>>376

>国家制度との不可分を理由にすることこそ、論理を欠いたものではないかな

いいえ、こうした形式は日本の歴史における伝統です。

>様々な人権侵害に甘んじさせるのは当然だ、などと言い出したい訳ではないよね

自分の考えとしては、問題があることは既に述べています。
しかし、それを解消する上で、廃止しなければならないとった必然性は引き出せません。

>一方で、不可思議なことに、>>323で問題を理解しているにも関わらず>>331においては↓

ちなみに、上記指摘は何を言いたいのかわかりません。
あなたがどう理解したのか、自分の言葉で説明してください。

379高卒アホに選挙権は要らない2018/02/20(火) 16:37:42.37
>>372
俺からすればお前は哲学はよく囓ってるみたいだけど曖昧な表現で逃げてる感しか伝わってこないな
実際一々自分の脳内ワードについてこっちから確認しなきゃいけないケースが多々あったし
難解なワードを出せばいいもんじゃ無いよ

380名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:43:23.77ID:+KjUg3PR
>>377

>人間の認識の積み重ね=統一みたいな言い方してるけどこの考えは慣習・伝統を必要としてないじゃん

慣習とか伝統というのは、後世にも残したと思う人の気持ちなわけです。
そうした人の気持ちの積み重ねである以上、そこに正しさの拠り所を求めることは決して不思議なことではないです。

>天皇は人権が制限されるけど居てくれそういう事だな?

先にも書いたように、私自身の考えとして人権上の問題がまったくないとは思いません。
しかし、皇族自身が、そうした事を理解し受け入れてくれるなら、感謝の念ととともに、
人権が制限されるのは致し方ないことだと思います。

>実際>>370の感情が天皇に人権の制限を押しつける根拠となってるんだろ

民主主義は権力の源泉は国民にあるわけです。
よって、そうした国民にとって天皇制が必要される理由を述べてるわけです。
これも繰り返しになりますが、こうした理由は何も私が述べてるだけのものではないでしょう。

381名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:45:58.52ID:+KjUg3PR
>高卒アホに選挙権は要らな

もし天皇制存置論者なら必要性説いてみ

話は聞くだけは聞くわ

↑、ちなみにこれが彼の主張であり、反論理由らしいです。w

382高卒アホに選挙権は要らない2018/02/20(火) 16:50:26.82
>>381
はぁ?それが俺の主張?
何言ってんの?お前?

お前らが「天皇制擁護の根拠は感情論だからやめろー」みたいな事言うから感情論OKの前提でお前に聞いたんだが?
で、案の定根幹は感情論でしょ?
>>359で言った通りお前の主張は聞くだけは聞くってスタイルだから口出しせずに聞いたんだが?
何言ってんの?お前?

383名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:53:17.27ID:+KjUg3PR
>382

なるほど、中学生程度の理解しかない生徒と先生の関係と変わりがなかったわけですね。
納得しました。w

384名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:57:44.83ID:+KjUg3PR
>>383

ちなみに質問するけど、これまで述べてきたことは、それになりに哲学に沿った理解なわけですが、
君をそれを感情論だし、議論する気もならないようですが、あなたにとってどういった前提なら議論に応じるべき相応しい内容なんですか?
それが誰にとっても正しいとされる根拠も合わせて説明してください。

385名無しさん@3周年2018/02/20(火) 16:58:11.32ID:+KjUg3PR
× >383 〇 >384

386名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:02:36.25ID:iOujC6Au
>>378
>こうした形式は日本の歴史における伝統
かつての日本は封建制度であり身分制度だった故に、かつての天皇制も存在し得た
今現在の、封建制度や身分制度を排した、戦後日本の憲法に規定されるところの天皇制もまた
過去の封建制度であり身分制度だった天皇制と同じく伝統だと主張している、ということなのかな

>それを解消する上で、廃止しなければならないとった必然性は引き出せません
では、血統継承による政治制度としての天皇制という今現在の有り様を温存したままで
憲法に規定されるがための、世襲身分と人権侵害を解消出来るという改正提案があるということかな
実に興味深い、披瀝してくれるかな

そちらは>>323で、天皇の人権侵害など制度に問題があることを理解し改正が必要であるとも述べている
それは即ち、今現在の日本において
「個人の尊厳と人格価値の平等の尊重・保障という民主主義の根本理念が重要であり
 封建時代の権威と隷従の関係を打破し、人間の個人としての尊厳と平等を回復し、個人がそれぞれ個人の尊厳の自覚のもとに
 平等の立場において相協力して、平和な社会・国家を形成すべきこと」
の必要性および重要性を、そちらも充分に理解しているからこそ、天皇の人権問題についても理解していると見えるのだが
一方で、>>331において
>その場限りのようなもの
>普遍的な人権と呼ばれるものも、
>人間は神の劣化コピーだと考える西欧における人間観の伝統を模したようなもの
と、人権軽視とも受け取られかねないレスをしてしまっている

一体どちらが本意なのかな

387名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:10:32.09ID:+KjUg3PR
>>386

>過去の封建制度であり身分制度だった天皇制と同じく伝統だと主張している、ということなのかな

皇族を特別な存在として扱い、国家制度との不可分だった形式を伝統だとしてるわけです。

>世襲身分と人権侵害を解消出来るという改正提案があるということかな
>実に興味深い、披瀝してくれるかな

就任・不就任及び退位は当事者の意思を尊重する。
その地位に着くものがなければ、摂政として内閣総理大臣が兼務する。

>人権軽視とも受け取られかねないレスをしてしまっている

それはロックの考えを述べてるだけですよ?

388名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:11:32.70ID:iOujC6Au
>>380
>皇族自身が、そうした事を理解し受け入れてくれるなら、感謝の念ととともに、
>人権が制限されるのは致し方ないこと
それを受け居るほかない人たちが、受け入れざるを得ない状況にあるを理由に
人権侵害を顧みない、と主張しているのと同義だと理解できているのかな

感謝だなどと
成人として主権者としての主張であるなら
それは、殴るのは愛情故だと言い募るDV加害者と同じ、歪な誤摩化しではないかな

389名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:15:23.03ID:+KjUg3PR
>>388

>それを受け居るほかない人たちが、受け入れざるを得ない状況にあるを理由に
>人権侵害を顧みない、と主張しているのと同義だと理解できているのかな

天皇自身が実際にどう感じてるかはわからないわけです。
だから、皇族自身が意思表明を行いやすい環境を整えるべきだと付け加えてるわけです。

一方で、勝手に可哀そうな存在にして廃止をすることは、
それこそ天皇の気持ちを蔑ろにする可能性が残されないかねないですね。

390名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:20:09.37ID:iOujC6Au
>>387
>皇族を特別な存在として扱い、国家制度との不可分だった形式を伝統
封建制度、身分制度故の伝統だよね
今現在の日本は、封建制度も身分制度も排している、そして今現在の日本における人権尊重の意識の重要性は
そちらも理解できている、ように見えるにも関わらず
封建制度、身分制度故の伝統こそが、今現在の日本が目指している
封建制度も身分制度も排し人権尊重の意識よりも重要だと言い出すのであるなら、それは論理矛盾だよね

>地位に着くものがなければ
永久の天皇位不在のまま、歴代総理が摂政兼務を続ける
それこそ完全な天皇不要論ではないかな

>ロックの考えを述べてる
ロックは人権軽視を主張していると言い出す訳ではないよね
つまり、人権を軽視している訳ではなく今現在の日本において
「個人の尊厳と人格価値の平等の尊重・保障という民主主義の根本理念が重要であり
 封建時代の権威と隷従の関係を打破し、人間の個人としての尊厳と平等を回復し、個人がそれぞれ個人の尊厳の自覚のもとに
 平等の立場において相協力して、平和な社会・国家を形成すべきこと」
の必要性および重要性を、そちらも充分に理解している、ということで良いんだね

391名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:25:36.53ID:iOujC6Au
>>389
>天皇自身が実際にどう感じてるかはわからない
つまり、そちらの>>380の↓
>皇族自身が、そうした事を理解し受け入れてくれる
などという主張も根拠のないものだ、ということだよね

任期制の象徴公選制
血統継承による政治制度としての天皇制の縛りから開放された皇族の方々の中から
象徴としての勤めを自ら果たす意志をもつ人は立候補できるよね

392名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:28:29.44ID:LnpihHJN
広島・長崎の原爆は昭和天皇一味が地上起爆させたとバレてるのに馬鹿じゃないの

明治天皇がすり替えられたのバレてるのに馬鹿じゃないの

明治以降の天皇はインチキ

ガーター騎士

393名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:29:47.42ID:+KjUg3PR
>>390

>今現在の日本は、封建制度も身分制度も排している、

封建制度は政治制度として排していますが、皇族が特別な地位に言えることは排していません。

>人権尊重の意識よりも重要だと言い出すのであるなら、それは論理矛盾だよね

いいえ、人権と呼べるものが普遍的だと考えてはいませんし、結果として天皇の人権が制約されることはあることは理解しますが?
但し、”自分の思い”として、改善する余地があると思いますが、そうした考えも普遍的だとは考えておらず、
願いの類だと言えるでしょう。

>歴代総理が摂政兼務を続けるそれこそ完全な天皇不要論ではないかな

天皇がその地位に付いてくれる限り、制度は護持され続けることを望んでいるのだkら、
完全な天皇不要論というのは誤解を招くものでしょう。

>ロックは人権軽視を主張していると言い出す訳ではないよね

ロックが述べたこと対して、人権軽視だとトンチカンな事を言ってるのは君。

394名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:33:09.29ID:+KjUg3PR
>>399

>などという主張も根拠のないものだ、ということだよね

引用した文面でもって、なぜそう言えるのかわかりかねます。
自分がどう理解したのか、わかるように自分の言葉で説明してください。

>任期制の象徴公選制

もちろん、それが絶対的にダメだとするものではないですが、
先にも述べたように、伝統から逸脱するものである以上、私は支持できません。

395名無しさん@3周年2018/02/20(火) 17:39:44.66ID:+KjUg3PR
×>390 〇 >391

ちなみに、

皇族自身が、そうした事を理解し受け入れてくれる”なら”と仮定形で述べてるのに、
””部分を省いて、断定的に述べたように書くのは悪質ですよ。

君は、昔からそうした事をやる。

396名無しさん@3周年2018/02/20(火) 18:02:01.36ID:QHqc2k2b
うーわ…、なんつー時間にレスしてんだよ。
まじでニートとかやめてくれよ。可哀想すぎんだろ。

>>354
そーだねえ、ぼっちニートやってると人文に直接触れらんないからどうしても思考がうちにこもりがちになっちゃうんだよねえ。
若い奴が合理主義に傾倒しちゃうのって、社会体験の欠如と無理解にあって、
その合理的な解釈がしばしば通らない理由は人文科学を無視した機械みたいな話だからってのが分かんないんだろうねえ。

まー、持論で固めたお山の大将気取って悦に浸っているのがお似合いだろうよ。

>>356
んー、共産主義の話だと、その思想のルーツを生んだイギリスやドイツで起きずにロシアや中国で起きたのを見ると、その国の底流にあるものによって発生するより、国家として体裁を保てなかったことによるちゃぶ台返しみたいなもんじゃないかと思うんだけどね。

397名無しさん@3周年2018/02/20(火) 18:56:36.41ID:+KjUg3PR
共産主義のテーゼである「大いなる物語」を支えるのは弁証法、優れたものが勝ち残り後戻りをしないという考え。
後戻りしないというのは敗北者の居る場所は、勝ち残った側が作ることになった世界には無いということで、
弱者に対しまったくやさしくない考え。靖国や天皇に対し、酷い言葉を繰り返す左翼的な特徴の一つとして、
残った側の意識として、過去に敗北した側の場所は日本にはないといった意識があるじゃないかな。

またドイツでヘーゲルが広めることになった弁証法の考えは、実は東洋にも似たような物がある。
それは中国の「易姓革命」、より徳のある統治者によって上書きされていくのが国の歴史だということ。

日本でも靖国や天皇といった存在に酷い言葉を投げかける人がいますが、
このように妙なつながりと共通点が見えてくるのは不思議であります。ww

398名無しさん@3周年2018/02/20(火) 19:16:04.01ID:h7rtlJpZ
>>373
>>74-76において根拠となる引用を示し」
だからそこが説明不十分で根拠になってないよと言ってるの。
例えば↓

「皇族の身分なるは平等原則の例外あるいは、法の下の平等の例外と…」
…は資料中に一切明言されてない。
かと言って君が資料のどこをどう解釈したかも書いてない。
多分、学者の意見の箇所なんだろうとは思うが、君の言ッテナイ戦法を踏まえると判断しかねる。
明示してどーぞ。

「尊属殺人という重い量刑を否定する根拠はなくなり」
引用マジックだよな。
文脈上「(身分のうち)憲法14条が禁止するものは……」なのは明白なんだが
ああ、それを有耶無耶にするためにわざわざ今まで待機してたのか。

ひとまず君は天皇制が憲法14条の1項に違反すると考えてるのか、2項に反すると考えてるのか明言しなさいな。
これも文脈上と引用回数からすると、おそらく1項なんだろうと推測は出来るが
君の言ッテナイ戦法を考えると、明言させないと話が進まん。

>>375
「例外」だとする判例はないのに、「〜ということだからね」と事実扱い。
拒否を希望した皇太子がいないのに「拒否できない制度」を事実扱い。
……君は自分の思想と事実を区別できないのかい?

399高卒アホに選挙権は要らない2018/02/20(火) 19:20:04.07
>>380
意見が完全に出たな

   慣習・伝統は後世にも残したいと思う人の気持ち。
   そういう気持ちが積み重ねられると天皇制存置の根拠として正しさの拠り所となる
   だから天皇には人権制限されるのを受忍してくれ。
   皇室祭祀とか国事行為とかの行為だけを残すのじゃダメなんだ。なぜなら天皇は国家制度と不可分だから

>>384
>>どういった前提なら議論に応じる
じゃあ上の意見に対して反論すると、
伝統・慣習等を大切にしたい奴らが居るのは分かるし、そういう奴らが多ければその意見の力が強くなるだけでしょ
で、たかがそんなお前らの伝統・慣習とか言ういい加減かつ抽象的なもんで一人(1家系)の人権が制約されるのがあまりにも釣り合わなさすぎ
お前らの伝統・慣習ってものはなくしたところで人生には大して影響ない
(お祭りが無くなったところで大したことない)
一方、住居・選挙・意見表明諸々の権利が制限されると人生に多大な影響が出る
多数の人間が伝統・慣習のためとか言って一人(一家系)に人権の制約与えるのってクソまみれのエゴそのものやん
せいぜい譲歩して伝統・慣習として"行為"だけを残そうにも、お前(ら)が言うには天皇は国家制度と不可分だからダメ←譲歩すら受け入れることの出来ないクソエゴそのもの

400名無しさん@3周年2018/02/20(火) 19:37:12.03ID:+KjUg3PR
>>398

>多数の人間が伝統・慣習のためとか言って一人(一家系)に人権の制約与えるのってクソまみれのエゴそのものやん

だから、個人的には皇族の意思の尊重し、かつ多数の国民が支持する状況において天皇制が堅持されるのは望ましと思ってますよ。
また憲法から国民統合の象徴といった文言を削除し、元首に置き換えるだけでも、皇族の自由意志と呼べるものは、述べやすいものになるでしょう。
ともかく、天皇における人権は憲法改正で対応できる以上、人権問題=即廃止といった必然性はないわけです。

401名無しさん@3周年2018/02/20(火) 19:41:21.84ID:h7rtlJpZ
そもそも廃止派の主張ってダブスタなんだよな。

天皇制を「憲法14条2項の禁止する『その他貴族の制度』に該当するが、憲法の例外として許容された」と解釈するなら
憲法14条1項も当然に憲法の例外たる天皇には適用されないから
廃止派が口実に使ってる人権侵害云々は適用されなくなる。
結論:天皇制は合憲

逆に「憲法14条1項も適用される」とするなら、2項も適用されることになり
適用されつつ存在が第1章に明記されてる天皇は、2項の禁止する「その他貴族」にはあたらないことになる。
(「華族その他貴族」という記述からすると、まぁ、あたらないが)
結論:天皇制は合憲

結局、身分制については「天皇は例外」としつつ、
人権侵害を口実にするときは「天皇は憲法のなか」と
ダブスタを言わざる得ないんだよね〜。
何だかなぁ…。

402名無しさん@3周年2018/02/20(火) 19:42:30.97ID:+KjUg3PR
>>399

ちなみに君は感情論によるやり取は否定してるでしょ。

そんな無理にしなくても良いから、あなたはどういった内容であれば議論として相応しいと考えてるのか?
その妥当性における説明も添えて述べてくれませんか?

否定はしてみたものの、代わりになるような考えはまったくございませんって感じですか?

403名無しさん@3周年2018/02/20(火) 19:50:43.53ID:+KjUg3PR
憲法改正で天皇の意思が社会で表明できる機会をもっと与えろ!と述べるのは、
過去の経験で言えば発狂するのは、人権が〜!とか騒いでいる反天だったりするわけです。

彼らにとって天皇の人権は、廃止に導く為の道具であって、それが取り上げられると困るからでしょう。
天皇自身の人権なんてものは、制度の廃止をする上では制約があった方が望ましいと考えてるわけです。

404名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:16:16.72ID:VZJBrWCY
>>306
政治が判らないドア○ウのレスだな。

405名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:18:31.97ID:VZJBrWCY
>>308
民主主義も判らないようだな。やっぱり対馬海峡の北の国の猿だわな。

406スレの魔力に囚われし者共よ2018/02/20(火) 20:28:24.66ID:U9frU7pp
>>353
釣りスレではないかと言いながらマジレスしているようだね?w

407名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:36:33.27ID:VZJBrWCY
>>353
結論。政治は国民の選択だ。理論でも、理屈でも、論理でもない。日本国民が選んだ政治
状況が今の日本の政治だ。アンダースタン?。

自分の主張を良しと考えるなら政党を作って政治運動をやってみろ。反天教徒どもはみんな
この実践活動が抜けている。だったら湯の中で屁こいているのと一緒だな。

408名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:39:28.26ID:VZJBrWCY
>>364
アハハハ。自分のマ○ケを認める自白だな。分からないのは相手がお前さんより賢いからだ。

409名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:39:59.44ID:p9wgguDT
国政に不満のある国民は全員政治家めざさなくてはならないのなら日本経済潰れるよねw

410名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:47:27.81ID:VZJBrWCY
>>392
えっ?。ガタガタきしめんだって?。やっぱりガタガタかあ。

411名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:52:38.69ID:VZJBrWCY
>>409
今の日本の政治に不満が有るのなら、無理に日本にいることはない。出て行け。

412名無しさん@3周年2018/02/20(火) 20:54:52.18ID:p9wgguDT
で、鎖国でもするのかなw

413名無しさん@3周年2018/02/20(火) 21:20:18.24ID:dABNTccs
>>405
だから「国」じゃなく「地域」ですってばw

414名無しさん@3周年2018/02/20(火) 21:36:14.99ID:IGocmX1D
メリットは無いよ

415名無しさん@3周年2018/02/20(火) 21:42:05.59ID:2ZzyXCBD
>>396
共産主義とかに限らずその国のエリート層が何を利用し何をしようとするのかと思うけどね。
天皇が存在するとするなら、よろしく民の手のうちに留めておいてもらいたい。
そのための理論なり法を民が議論することは必要だろう。

416名無しさん@3周年2018/02/20(火) 21:47:24.85ID:LnpihHJN
天皇=ガーター騎士
ttp://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2072072.html

417名無しさん@3周年2018/02/20(火) 21:54:24.81ID:QHqc2k2b
>>415
まさしく民主主義の理だね。
大いに同意だ。

418名無しさん@3周年2018/02/20(火) 23:56:43.87ID:P0EW9qU5
この世の人類における、未来永劫の普遍的絶対的価値、真理なんてものは存在しない。
ましてや、人権とか自由とか平等とか民主主義とかって概念自体がそもそも抽象的だ。
それらの真理を追い求める行為自体にはそれなりの価値はあるんだろうけんども、
70億人もいる世界で、民族も宗教も慣習も背負っできた歴史もそれぞれ各々違いがあるんだから価値観自体の共有なんて限界がある。
その時代時代の環境や現実状況によってそれらの幅や解釈は大きく変化し得る。
理論や理屈や正当性なんてものも変化し続ける。

とどのつまり結局は、妥協の概念も含めて、
“選択する”ことがすべて。
選択するかしないか?何を選択するか?がすべて。
選択のための根拠や理屈に完全な真理なんて存在しない。
物理学的な意味における帰着点には到達し得ないでしょう。
70億もの“人間”がそれぞれ“個”として存在しているという現実がある限り、それは仕方がないこと。

419名無しさん@3周年2018/02/21(水) 00:03:10.70ID:uMf2ytMk
>>398
だって彼は知らないもん。日本の雑誌に「秋篠宮殿下『皇太弟になど成りたくない』発言」と載ったの

時間の関係で見出ししか見れなかったけど「だろなぁ…。」って思ったから覚えてる。
確か「一代限りの特例法云々」言ってた時期だったんで、悠仁親王を憐れんだんだろって。

今上一代だけだと兄は終生、天皇だから、その後を自身が継いでも曾祖父の治世に及ばない筈。
だったら息子の摂政として生きた方が息子の為にもなる。そういうコトだろうと思った。

新着レスの表示
レスを投稿する