「素敵詩的すくりぷと」の終盤に流れる歌って?

1Now_loading...774KB2012/01/01(日) 18:37:04.02ID:zq58N0tF

ホンさんのFlash、素敵詩的すくりぷと
ttp://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/4036/shiteki_02.html

以前、「win限定、音入りバージョン」というのがあって
ttp://web.archive.org/web/20050125090311/http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/4036/shiteki_02.html
そこには、最後の方で、洋楽(?)の歌が流れていました。ハーイハイとか言ってたかな?
とにかく、幸せを音にするとこんな感じになるのかなぁ、と思うくらいに心温まる歌でした。

今は聞くことが出来ません。
無くなってしまった。
誰か歌名や歌手名を知っている方、どうか教えてください。

335Now_loading...774KB2014/01/12(日) 19:31:34.03ID:WdP3iA7H
そこで、やってみたのが、
ascie art world
ttp://tail.s68.xrea.com/html/movie/aaw/index.html

この難易度、凄く好きです。序盤はとても簡単で、操作方法を覚えたり、色々なキャラクターを操作したりして。
そこで一つ一つの動作が細かく、キャラ別に同じボタンでも違った動作して、沢山の2chネタを使ってくるんすね。ステージも多様で。
だから動かすだけで楽しい、その世界にいるだけで楽しい、のです。

このゲームは、ただ最後の方で難易度が一ランク上がってる感じがあります。
ある程度、慣れたあとに、歯ごたえを試すとゆーか。五、六度ゲームオーバーに。
最終ステージは落下死も増えて。
特にラスボス戦は、工夫と知識がいります。
ホームページにも書いてあるのですが、基本ガードが必要になってきます。
それまでガードを使わないでサクサク進めちゃえるために、却って盲点になっている気がしたり。
(ここはラスボス戦を何とか変えて、ガードボタン削って欲しかった)
その基本ガード状態で画面中央のちょっと高い所に居座り、長期戦を覚悟して、程よい距離から攻撃を続ければ、ゲームベタでも何とかなりました。

重複を恐れずに纏めると、このゲームの楽しみは
1 ステージごとの背景が多彩で、塗りも手作り風味で、次のステージが見たくなる、どんどん先に進みたくなる。
2 キャラクターの動きが多彩で、レスポンスもよく、動かしていて楽しい。
3 敵キャラも2chキャラを中心に使われていて、「物語世界」を感じる。愛を感じる。
4 難易度が初心者に向いている。親切設計。

そしてスタッフロールを見れば、グラフィック担当、プログラム担当、背景担当と、複数人がコラボしていて、
こういったゲームって、正に当時のFlash板の力を結集させた「元気玉」みたいなマスターピースだと思うんです。
こうしたコラボしたゲームが生まれるだけの土壌が、今の板にあるのだろうか。あって欲しい。アニメ系とAS系のコラボとか。交流の果てに。

336Now_loading...774KB2014/01/12(日) 22:45:43.39ID:8+zEP1nQ
>>335

アスキーアートワールド(AAW)、これはFLASH史に燦然と輝く作品でしたね。

マリオやカービィ的な、オーソドックスなアクションを2chキャラで。
王道かつオードソックス、すなわち王道ソックス。

しかし総合的な完成度の高さの面で、FLASHゲームとしては頭一つ抜けているというか。
FLASHにおけるオーソドックスな2chアクションという分野では、未だに、これを越える作品が見当たりません。
ずっと前ですが、私も、ラスボスまでは行った記憶があります。

柔らかな雰囲気の作品ですが、本当にその裏での造りこみ、練り込みが凄い。
全員がいい仕事をした「元気玉」という形容がしっくりときます。
こういうゲームが生まれる土壌、あって欲しいですね。

で、私は3Dでないスーパーマリオワールドをやっとこさクリアできるぐらいです。
そんなヌルゲーマーの自分としては、やはりプレイするゲームとしてはRPGの方がなじみがあります。
FF風のバトルで一世を風靡したのはかつてのみ〜や氏ですが、
DQ風のバトルで光るものを見たのは、私はこの作品でした。

ttp://diversion.kuronowish.com/dq2.html

何年も経った今でも、未だに完成までたどりついていないのが残念ですが。
当時は、この後にどれだけの作品が出来るのか、胸躍らせながら待ったものです。
どこからともなく、祇園精舎の鐘の声が響いてきますね。

mg氏は今、どこで、何をしているのでしょうか。
この、空の続く場所のどこかにいるのでしょうか。
いつものように、笑顔で囲碁を打っていますか?
……今はただ、それを願い続けるのみです。

337Now_loading...774KB2014/01/13(月) 19:08:34.59ID:lhrwCd+a
たにツクには多くの人が挑んでますが中でも一番好きな実況者さんは↓ですね。
Part10までは見てほしいですがそれ以上は自己責任でお願いします。

孤児たちの里親として中古RPGツクールを実況プレイ
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10076407

338Now_loading...774KB2014/01/15(水) 00:56:45.55ID:ZOUG8b3o
>>336
RPGって?

ゲームの腕をレベル上げや戦略でカバーできるRPGは、バランスさえ間違えなければ、広く楽しめるジャンルだと思う。
そしてRPGと言えばパソコンのRPGツクール。PCで気軽にアップロード、ダウンロード出来て、素材もコミュニティも充実している。
自分はモナーRPGとクローンゲームに入り浸っていた時期があって、そこが何だかんだで荒れたあとも、ラウンジで流行ったり、VIPで流行ったり。
モナーRPGスレが落日を迎えたのは寂しいんですが、ツクール自体は未だに楽しまれている。
こういうのはFlashや動画にも当てはめれるかな、と思いつつも、強引になりそうなので留保。

とツクールが主役だったジャンルに、みーやさんがFF風のゲーム付きストーリーで殴り込んだっていうのは衝撃で。
ナイトメアシティをそうした彼の経歴を無視するかのように、FFのパクリだと叩きまくってた人も何だかなあ、ともやもやと。
FFに似てていいあじゃんと思ったり、今ではFF自体が迷走してて何だこの時の移り変わりは! って思ったり。

ドラクエ風バトルは、目からウロコでした。
自軍のキャラの顔も動き、敵キャラも動き、画面が派手で、盛り上がる展開もあって。
これは極上のバトルを組むだけで燃え尽きてしまったのだろうか。
まー、Flashって飽きるときには飽きるし、今はあれだけあったニュースサイトからの紹介も途絶え、
趣味でやってんだから、楽しくなくなったらスパッと辞めてもいいかな、って思うんですが。
どっか他でこの才能と努力が活かされていたら、嬉しいなって感じです。うもれさせるには余りに勿体無い。

私的に今でも忘れられないFlashRPGはF1ashさんのEASYRPGでした。
ttp://mit.quu.cc/game/gamepage02/016.htm
RPGを彩りながらも枝葉となる部分を、バッサリと刈っている豪快な作品。
ストーリー、設定を削るだけ削り、レベルアップとフィールドを探索する面白みに、全比重をかけ、死亡してもペナルティが無く冒険ができ、
「ゲームって何が楽しいの?」と言う自分の気持ちに一石を投じられた作品。
ゲームベタでも、程よい暇つぶしを消費して、クリアできるEASYさ、緩さ。この辺りが自分には丁度いい。

339Now_loading...774KB2014/01/15(水) 01:06:17.92ID:ZOUG8b3o
>>337
たにツクって? 取り敢えず途中まで。

紹介された実況part5の途中、オヤジ狩り位まで追ってみました。ちょっとこの辺がしんどく、忍耐力と許容力のない自分は、一気見には壁。暇もありそうで無く。
何だろう。理想と現実のギャップが、悲しいほどに詰め込まれてて。

誰もが一度は「俺が考えた理想のRPGを世に出したるぜ」と意気込んで購入しつつ
「イベントって何? スイッチって何? 台詞入力めんどくせー。ゲームバランス何それ?」的な挫折を味わう人も多そうで。

タイトルだけのサウンドノベルツクールや、妙にご近所臭のする村人に、笑わせていただいたんですが。
糞フラボンジュールにも、微妙に通じるものがあって。

中古で売られたツクール作品は、敗れた夢の残骸のよう。
それに挑むのは、福袋を買うような、在庫処理と知っておきながら、鬼が出るか蛇が出るかのやったる感。
と、ちょっとポエミーになりつつ。
イライラしないように時間を取りながら緩やかにpart10までやってみて、改めて思ったことを書こうと思います。
しばらくお待ちを。


あ、あと紅白Flashが今年も楽しめるのは、とても嬉しい。
のだけど、紅白広場にマイパソじゃ繋がらないっす。
それと過去作品、すげー見つけにくい。リンクに行って、真ん中にあるので。
と言うかFlash紅白を見るという事は、大部分Flash作品群を見るってことを意味してると思うので、
トップに「過去作品」っていう専用のページ紹介があってもいいくらい。
と自分は思います。

あとは、一言だけでも、「ありがとうございました」、「お疲れ様でした」は、言っておいても損はないんじゃなかろうか。
何だろう、もう少し人間味があってもイイんじゃないかな。
昨年は楽しませていただきお世話になりました。メンバー不足の中、新しくそしてキチリとしたイベント進行、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。
と、自分が言っても、まるで説得力がないんですが。

340Now_loading...774KB2014/01/15(水) 20:45:01.78ID:jAJ/dsgz
参加一覧に途中辞退者を削除しないまま何年も放置とか
過去の史実をレコードをしない主催なりの伝統ですわ

341Now_loading...774KB2014/01/16(木) 00:11:39.83ID:QG5TnebO
そしてリンクすら無くなってしまった
紅白FLASH合戦2012

342Now_loading...774KB2014/01/18(土) 20:29:42.89ID:LbVdqiUR
たにツク Part10まで

これは創作者の方が楽しめる類かな? と思った。
Flashplayerを買ったり、ツクールを買ったり、ワナビーになりつつ、挫折や創作の喜びを知っている人。
ものを作る労苦や、成功失敗の心を知っている人。

中古で売られたツクール、という時点で所謂「駄作」の可能性は極めて大だと思うんですが、それでも時間と愛情を注いだ夢の廃棄物。
それに触れる実況主もまた、ツクール苦しみを知っていて、だからツッコミツツモ楽しく語りだす。
製作過程の痕跡も見れるのも味っすね。

なんつーか、物の見方の一つを教わった。基本的に楽しもう、という姿勢があって、動画のコメント者もそんな雰囲気があって。
市販のRPGですら、叩かれまくる昨今。ゲームの可能性はゲームだけではなく、プレイヤーにもあることを、実感した。
感覚を鈍化させちゃだめっすね。
Part10以降は…… どうだろう? 自分はRPGは見るより遊ぶほうが、好きみたいで。それでまだ触れていない名作RPGとかもありつつ。
この実況主が大当たりのRPGと出会ったら、どんな空間が生まれるのだろう、という興味はありつつも、今回はここまで。すいません。
何時か観れたらと思うんだけど。でも、ゲームへの触れ方はこの動画を見た御蔭で、楽しい方向に変わると思う。ありがとう!

ちなみに一番わらったのが、痛めなオープニングテロップの無限ループでした。何回、復活するんだ!

343Now_loading...774KB2014/01/18(土) 20:30:55.58ID:LbVdqiUR
>>340 >>341
まー、どうだろ。史実、伝統と言うのはちょっとオーバーじゃない?
嘗てのFlash50さんのFlash拡大流行路線は、凄まじいパワーを持っていて、当時はみんな明るすぎる未来や過去を語っていて、でも一歩間違えて、今は。
でも、まー、過ぎ去って行くものかもしれないけど、過去は過去として残って欲しいな、と思うのは同意です。

それと、これもネットのスピードならではだけど、移転とか削除とかで、過去作が見れなくなっている場合も多々あり。
それどころかサイトの行方も。更には作者の消息も。
となると、リンク先を訂正したり、初めての人が快適に過去作に触れるには、またまた手間がかかりそう。

ただ、素早いフットワークとか宣伝とかアナウンスとか、未来に向けて欲しい労力もあり、限られたものなら、今日と明日を大切にして欲しい。
大きなエネルギーを使ったばっかりだし、メリハリというか休みを取ってくれぇ、と切に思うし。
誰か、サイトデザインとか、そうした作品の編集・紹介をしてくれる人が、参加や立候補してくだされば。
でも、自分は立候補しません。過疎スレに長文を垂れ流すのみ。口だけ将軍、タイピングだけやろーです。
まさに外道!(すいません)

344Now_loading...774KB2014/01/19(日) 20:46:02.14ID:0lclATTA
>>337

たにツクのお勧め、ありがとうございました。
part10まで見させてもらいましたので、感想をば。

確かに、独特の面白さがあるということを感じました。
まず福袋のような、「何が出てくるかわからない」面白さがありますね。

それでいて、「当たったらもうけもの」という感じのスタンスが良いです。
出来の悪さを責めるんではなくて、出来が良かったら、ラッキー。
人生においても、そういう態度が大切だと気付かせてくれます。
期待値のハードルを下げておいて、ちょっと作ってあるゲームに当たった時のワクワク感をすごく感じさせてくれる造りだと思います。

基本的に私もRPGはプレイする側ですが、「RPGツクールDS」でツクってコンテストに出した経験があるので、
作る側の気持ちも若干ながら理解できるつもりではあります。

ちなみに、そのときには120時間かけてツクり、
評価は「敵が硬い」「エンカウントが多い」「同じ敵ばかり出てくる」「クリアできない」「微妙」
……心が折れました。

しかしその後、「RPGツクールDS2」で気を取り直して別の作品を創ろうと一念発起。
結果は、150時間かけた末にエターなりました。

345Now_loading...774KB2014/01/19(日) 21:22:14.47ID:0lclATTA
なので、何かを創るということの大変さは、それなりに感じています。
この動画群では「RPGツクールを買ったのはいいが、夢の残骸になってしまった」というのが「あるある」と微笑ましく見られました。

あとは、人のRPGを見るということ自体も、やはり楽しいんですよね。
「どういう風に楽しませてくれるんだろう?」という期待感。

加えて、良く出来ていないものが、その出来ていなさ加減が逆にシュールで面白いということも。
なんだろう、プロ野球で言ったら珍プレー、ドラマでいったらNG集的な。

たとえば、RPGツクールで。
自分が街にはいると、街の人が寄ってきて「やあ。ここは○○の街だよ」というイベントをつくろうとしたとき。

テストプレイすると、

@こっちに来たのはいいが、自分をスルーして画面外に消えてしまう。→お前はどこいくんだよ
A「やあ。ここは○○の街だよ」「やあ。ここは○○の街だよ」「やあ。ここは○○の街だよ」と連打する。終わらない。→そんなに言わんでも分かる

こんな感じで、ひとりでツッコんで爆笑してましたw

そういうことを、色々考えさせてもらえた作品群でした。
私が時間が取られる作品群を見ることを少なくなったのもあり、視野を広げられるご紹介でした。ありがとうございます。

他にも、紅白スレ240氏のお勧めの作品や、FLASHに対する見解など、色々気軽に書いてもらえれば何かしら議論が深まるところもあるかなと思います。
議論が深まらなくても、少なくともこのスレの燃料となりますので宜しくお願いしますw

346Now_loading...774KB2014/01/27(月) 20:05:38.17ID:RRSaEjqB
気付けば一週間も間を開けてしまいましたが、
折角感想を書いてもらったのでこちらも返信を書かせて頂きます。

>>339 >>342
絞りきれなかったとはいえ貴重な時間をさいてしまったようで、
やはりPart10は多かったと今になって反省してます…。
創作者の方が楽しめるという感想は意外な答えで、
こちらとしては全く意図した訳ではないですが妙に納得してしまいました。
そういう意味では創作者以外の人達も楽しんでた頃が好きな人には、
何とも複雑な心境にさせてしまったかもしれません。
プレイする方が好きならもしよければたにツクもプレイしてみてほしいですね。

>>344 >>345
ツクールDSのコンテストに作品を出した経験があるくらいなら、
この雰囲気にもすぐに溶け込めるでしょうね。
確かにNG集的なよくできてなさが面白いんですけど、
それでもよくできてるものを求めてるところが何とも絶妙なバランスですね。
色々気軽に書いてもらえればとのことですが、
今のところこれだというものもないので気が向いたらといった感じでしょうか。
気が向いた時に来てもここが続いてたら何よりです。

347Now_loading...774KB2014/02/06(木) 19:02:04.97ID:a3Trsktv
あー、あれっすね。ツクールには初心者殺しというか、手軽に見えながらも複雑な説明書やガイドを読まないとワケワカメってのがあって。
自分もちょっとだけふれたことがあったのだけど、挫折していて。完全に外の者ってわけでもなく。申し訳ない。
ツクールといえば、VIPRPG紅白2013が今年も開催されました。
ttp://vipkohaku2013.web.fc2.com/vote0.html
こういうのにも触れていたいのだけど、躊躇があって後回しに。そんな時ランキングやレビューがあると、目安となり嬉しく。
逆転ザックやってみました。30分ほどに収まる丁度いい軽さがあって、会話の楽しさやシナリオもしっかりしていて、中々の名品。
逆転裁判5買ってみました。楽しかった。

348Now_loading...774KB2014/02/06(木) 19:03:43.13ID:a3Trsktv
Flashの紅白2013。YAMADACATの気になった対戦カードを復讐。うわー、やー。

Merry Go World -independent animation-
ttp://www.youtube.com/watch?v=buo48cKhX5A
スルスルと溶けていくように、心に染みる作品。分かりやすい。
かと言って直ぐに飽きてしまうような単調さはない。
労力は地味にかかっている。でも、それを醤油ドバドバと見せつける訳ではなく、噛み締めるごとに新しい喜びがある。

ピエロのような儚げな曲と色彩から生まれるだろう空気感、更に左から右へとスクロールし続けるカメラワークの安定感。
それを挟む冒頭の一言と、オチも相まって、とてもとても哀愁ある雰囲気に浸れる。
だけだろうか?
これを作り出すテクニックや労力が隠されているんじゃないだろうか。

この物語、夜の遊園地から始まり、やがて朝が来て、昼になる。
一見目では気づかないほどにさり気なく。
それは抑えた色調にあるのだろうし、敢えて時間経過に焦点を当てない演出にもあるのだろう。
心憎い。

背景にはさり気ない遊び心がある。東京スカイツリーに、国会議事堂に、競馬場。
頬を緩ませると同時に、高さ・政治・速さと、競争社会的なものを取り入れて、画面を賑わせながら、オチの切なさを深くしている。
他にも飛び立つ鳥の群れ、澄んだ湖、森の中や街の中にいると実感させる手前と奥行きを意識したシンボルの配置。
車は走り、電車は通り、花吹雪が散る。
緩やかな曲とは相反して、二分という時間の短さに甘えない、飽きさせまいとする強迫観念にも似た動画としての配慮を感じた。
心憎い。

349Now_loading...774KB2014/02/06(木) 19:05:33.30ID:a3Trsktv
そして、やはり特筆したいのが、カメラワークの妙。
左から右へと、淡々と進むようなカメラ。
に見えて、車や馬の刺激を受けて、微妙に加速や減速をしている。でも、決して繋がりを否定しないさり気無さで演出されている。
この淡々とした感じが、とてもメリーゴーランドらしく、それがオチに繋がった時の驚嘆が深まる。

一定したテンポに安心しながら、馬さんの旅を見守れる。世界を旅している気になる。
しかし、それは最後の最後で裏切られる。
逃避行の行くすえのゴール。ゴール? え? と戸惑わせながら、身近にあった筈のカメラは鳥瞰し始め、ぐるりと回り込み高く高く飛んでいく。
身近にあった筈の世界の、そう思えたからこそのショッキングな別れ、離れていくカメラや神にも似た作者の視点からのサヨナラ。
地球一周する人は真っ直ぐに道を進みながらも、やがて同じ場所にたどり着く。世界は円で出来ている。
そこまで行かない自分でも、相槌を打ってしまうような後味がある。

『人生はメリー・ゴー・ランドのようなものだ』
流石に馬のように先へ先へと歩み続けるような、足や気力は無い。
でも、皆と同じように流れ行く時間を私たちは共有し、生き続けている。否応なく。
少しでも前へ行けたらなとは思ってたけど、結局は毎日を、夜明けから日没まで、回転し続けているだけなのかもしれない。
(おっと、ちょっと思った。この作品、もうちょい足して夕日や夜まで、一日を描ききっていたら、最後と最初がループして、より心を打ったかも)
最後は、あんなふうに世界を見つめて生を終えたい。どんなに苦しく切なくても。眠れる奴隷でいたい。目覚めることに救いがあるような。

350Now_loading...774KB2014/02/06(木) 19:07:50.77ID:a3Trsktv
Schrodinger’s Cat
ttp://www.geocities.jp/leonard08091/schrct
アクションが主体。
でも滑らかアニメーションとは行かず、所々、動きが止まっている。
だけど、それが味になっている。静と動の対比のように、アクセントになっている。
それを支えるカメラや構図、これは本当に新鮮で飽きさせない。
Flashでは、見慣れていない、使い古されていない、キレッキレのアクションをしてるんすね。私が感じるに。

そして曲が雰囲気を作っている。merry go world でもそうだけど、幸せな出会いをしました。
映像を引っ張る力を音が持っていて、音だけではなく、声の強さや曲調と同期していて、マッチしている。
その使い方にも工夫の跡が。
途中ではぁはぁと息切れを入れることで、曲をリセットして、終部でのあの揺さぶるサビとの一体感を生み出す。

この作品は絵に荒さがあって、今回は迫力として活かされている。
ただ、同時にこの個性を保ちつつ、更なる境地へと磨ける画力向上の余地は、十分にあるようにも思う。
出来れば、ナイトメアシティや救世主猫の方向には、行かないで欲しい。丁寧に小奇麗になってしまったら、失われてしまうものがある。
人気は出るだろうけど。だけどそれでも。
何だろうね、表情というか眼がいいっす。気持ちや感情や心、もっと言えば魂がこもっていて、息づいている。

351Now_loading...774KB2014/02/06(木) 19:08:30.21ID:a3Trsktv
さて。この作品は作品内でのリアリティーをどれだけ出せたかを観てみると。
アクションシーンや話の切り方に、その気遣いが行き届いているんだけど。
序盤にフィクションっぽさを強調してしまう部分が残っている。
身代わりの術である。忍術でございます。
カカシ作ってるフサギコの不似合いさにクスリと来たり、ちょっとセコイナーと。

ストーリー。サイレントで何処まで伝わったか、自分なりに。
・ギコとフサギコは殺し屋。それも互いに一方的に始末する凄腕の。
・黄色のモララーっぽいのが、手配書でギコにフサギコを殺すことを、携帯でフサギコにギコを殺すことを依頼している。
・そして互いに傷つけ合い、殺し合う。
・その結果を見つめる観察者としてのモララー。結末は彼だけが知っている。
その無表情さから、同士打ち、計算通りだったのかな、と妄想してしまう。
やっぱ、どす黒いよモララー。私の妄想はピンクなお花畑。

352Now_loading...774KB2014/02/09(日) 15:33:06.85ID:KPS7yBCh
>>346

どうもでした。
ここは気長なスレなので、たぶん気が向いたときにもあると思います。なかったらドンマイ。
大雪のニュースがありましたが、ここは大雪の中にたたずむ小さな山小屋みたいなものだと思います。
ゴージャスではないかもしれないけれど、一応毛布が置いてあり、暖炉に、パチパチと薪が燃えている。
凍える吹雪とか、台風とか、宇宙人の襲来に遭われたら。またいらっしゃってください。

>>350-351

>Schrodinger’s Cat
中々の力作でしたよね。アクションの迫力に見入ってしまいました。
キレっキレのバシっバシ。死に物狂いで戦う表情の描き方も巧みです。
絵の粗さも、ここでは心情と結びついてプラスに働いているのも同意です。
ただ、やはりそのアクションを生かすストーリー描写という点では向上の余地がありそうですね。

タイトルが「シュレディンガーの猫」ですから、研究者がいて、中で二匹が争って、ふたを開けるまでどちらが死んでいるのか、いないのか分からない。
それを描写していることまでは何となく理解は出来るのですが。
それ以上のバックグラウンドが読み取れないのがもどかしい。

「シュレディンガーの猫」って、私にはFLASHのアイデアとしてはすごく魅力的に感じます。
それを文学的に捻ってくれたら、よりアクションが引き立つのかな、と。
「救世主猫」も「ナイトメアシティ」も、ストーリーが多少分からなくても、
「ギコがしぃを護りたい気持ち」が伝わってくるので、そこで感情移入が出来てしまう。
王道がゆえの卑怯さといえるかもしれません。

もちろんそれを後追いする必要はありませんが、「何故戦っているのか?」→「仕事の成り行きで」「シュレディンガーの猫がモチーフだから」
だけでは、多少物足りない部分があるのかもしれない。

そんなことを私が思った確率は50%、思わなかった確率も50%です。これは1:1で重なり合っている。はてさて。

353Now_loading...774KB2014/02/12(水) 19:31:00.47ID:736uWsP9
まー、なんつーか、ジプシーなわたしは毛布に灯油を撒いて、ぼろぼろになるまで放火して何食わぬ顔して別所に移る、なんてことがありそう。
よく続いてるな、と我ながら感心。
何時か来る熱血ハルマゲドン後も、あなたなら焼死しないで一人でも生きていけるっ! 笑止!(冷た)

>アクションとストーリー

っていうのはホントにさじ加減がムズイっすね。
良くある話にすればブルースリーやジャッキー・チェンみたいなヒーローが居て、魅力的なボスキャラが居てなど。
家族を守るとか、復讐とか、形見とか、強いってなんですかとか。
でも、そういうのを掘り下げると、善悪、敵味方がはっきりしちゃって。

で、シュレディンガーに関しては、そこら辺の色付けが凄く曖昧で、ギコでもフサギコでもどっちにもつかず、つまりどちらも応援せず、俯瞰しながら観ていて。
それで勝敗ついたー! と思いきや、イベントが続くってことでカオスに落ちていく。
そんな螺旋、殺し合うこと自体の虚しさ、虚無感。みたいなのが、ストーリーなのかなとも思えます。

じゃー、なんだろう。緩急の緩の部分でもうちょい取っ掛りがあれば、受け入れやすくなるかなと思いながらも、
今作のこの不純物が少ないアクションや、感情移入させないあやふやさも捨てがたく。
これはこれで好きな、私みたいな人もいる。でも、なー、なんだろなー、インディーズっていうかマイナーになっちゃうんだろうなー。
やっぱメジャーでロックンロール歌うってのがなー。盗んだバイクで走り出すー。

354Now_loading...774KB2014/02/12(水) 19:32:19.77ID:736uWsP9
そんなメジャー進出に関して、最近、凄く嬉しいことと悲しいことがありました。

嬉しいこと
ttp://www.youtube.com/watch?v=k9IXFr-1jT8

悲しいこと
ttp://matome.naver.jp/odai/2137144725518429201

うううううう、自分はフジテレビの目覚ましTVを見て、すげー好きになったんで。朝一番に脱力できて、ほんのり幸せで。
shockwaveファンなら泣けるあのROBOT(zoo keeper)と青池良輔さん(CATMAN)との豪華スタッフ。
メディアミックスでブームになる兆しもありあり。

でも、やっぱり声優・脚本の幹にいて、あの緩さと間を作り出した監督さんが志半ばに出て行ってしまうなんて、悲しい。
TV予算を貰ってこれ以上のどんな豪華スタッフになっても、ロペくんとアキラ先輩、ダメになっちゃうんじゃないかなってすげー不安で。
そんなら地道に活動していて欲しかったって想いがありながらも、何せ知ったきっかけが、その、めざましTVだったもんで。
ジョイフルランドの曲を聞きながら、しんみりしようと思います。

355Now_loading...774KB2014/02/16(日) 00:15:48.70ID:fG8XJrTL
>>353

んー、そうですねえ。
ハルマゲドンが起こったら、また山頂から雲の行く末を見届ける毎日に戻るのかな。。。
もし何か焼きたくなったときには、私に言ってくださいね。とっておきのパン焼き器を貸しますので。

ただ、焼死というか、笑止というか、少子化というか。
ハルマゲドンが来る前に、今私は腹痛で逝ってしまいそうです。アイテテテ。
ひとまず正露丸を飲むことにしますが、次に書き込むときに生きているか逝ってしまってるかは、1:1かな〜、という感じはしてます。

それでですね。
なるほど「感情移入させないあやふやさ」というのは、言われてみればそれも魅力になりえるのでしょうね。
不純物が少ないアクションとして魅力があるというのも、ごもっとも。

それを聞いて、FLASHには「芸術」と「作品」という二つの方向性があるのかな、と改めて思いました。

「作品」というのは、作者が何かしら伝えたいことがあって、それを表現する手段として「作品」が出来る。
「芸術」というのは、何かしら爆発するものがあって、それが結果として形になって「芸術」になる。

私はFLASHを「作品」よりのものとして捉えており、日刊氏は「芸術」よりの捉え方をしているのかなと思ったり。
そんなことを思いましたが、どうでしょうね。

356Now_loading...774KB2014/02/16(日) 00:28:51.94ID:fG8XJrTL
後は、かつてかなりの冊数を読みあさった星新一ファンの自分としては。
今日(昨日?)の土曜プレミアムでのドラマ化は限りなく残念な感じでした……。

FLASHと重ね合わせて考えれば。
テレビで放映される数十分から数時間のドラマよりも、断然、数分のFLASHが面白いこともあるということ。
そんなところから糸口があればいいなと。

357Now_loading...774KB2014/02/17(月) 20:54:06.76ID:oEI0WeMj
あー、何かナンが食べたい。パンよりナンが。
あんまり負担にならない自分なりのスタイルを見つけて、その結果、場所が生まれれば、それでそこにナンがあれば。
でもわたしは登山よりも、昼寝をしたい。疲れたなら眠りましょう。冬眠しましょう。

「作品」と「芸術」ですかー。
うー、なんだろー。自分はその日の気分とその時の印象で、ばーっと感じたことを書いて、そこに根拠や理由を添えてって感じで。
そうゆーのが、芸術は爆発だ! ってなるんだろか。
自己分析すると方向は「食品」って感じな印象です。美味しかったり色んな味を楽しんで、そんでエネルギーになって、血や肉や骨になってくれたらって。
じゃー、そうして生まれた感想は? 排泄物? あー、あー。
縛られずに心の赴くままで居ようと思ってます。

わたしは土曜日はBSで「スタンド・バイ・ミー」をながら見してました。
やっぱり陽気なようで陰のある雰囲気と音楽と幸せと寂しさと哀愁に、じぃんと為りました。すげー、映画です。
この映画も原作はご存知、巨匠スティーブン・キングの短編小説が題材になっとります。
で、まー、音楽といい、ストーリーといい、狭い場所で必死な子供たちといい、心を震わせ、最後にあの歌で、うわああああと。
ダーリン♪ ダーリン♪ スタンド・バイ・ミー♪

なんでしょーね、文字(小説)→ビジュアル(絵化)→映像(アニメーション、音)と、それぞれ加工を間違うと、目も当てられなくなる感じで、
あああああああ!
となるのでしょうが、上手く行きさせすれば、原作そのものの雰囲気や、原作と違った映像ならではの雰囲気を生み出せる。そんな
あああああ!

ショートショートみたいな短いFlashで魅せてくれるのはモナ倉さんやnamidaさんが、多作で、色々チャレンジしていて、好きでした。

358Now_loading...774KB2014/04/20(日) 21:31:17.35ID:xFX5ETRM
ジャバ

359Now_loading...774KB2014/05/28(水) 21:41:38.74ID:sXNgLtFD
寧ろ逆に満足だろ
他に別に満点だろ
当然正反対に満腹だろ

360Now_loading...774KB2015/01/01(木) 00:48:54.24ID:uyfhVnAt
あけまして おめでとうございます

2014ねんが あっというまに すぎていき
このスレも 3しゅうねんを むかえた ようですね

ひとつのじだいが すぎさった
いまは そんなきもちに ひたり
なんともいえない さびしさを かんじる

でも どこかに すがすがしさも ある
それは せいいっぱい なにかしら やりきった からかな


ときの ながれ は さらに ゆっくりに なって いきそうです が
ほんねん も  よろ   しく    おね    がい      します



べてらん

361Now_loading...774KB2015/02/20(金) 08:55:50.16ID:hguNoSHT
加藤登紀子さんの「百万本のバラ」について。
新聞で本人のコラムが出ていたので、ここに残しておきます。

>デビュー50周年を迎えました。
>今年は、1980年代に大ヒットした「百万本のバラ」を改めてテーマに据え、活動するつもりです。

>もとは、旧ソ連からの独立を訴えていたラトビアの詩人が、大国に影響され続けた小国の悲しみや絶望感を詞にしたものです。
>その後、旧ソ連の詩人、ポズネセンスキーが、グルジアの貧しい画家の人生をロシア語で詞にまとめ
>「百万本のバラ」として発表し、80年代末、旧ソ連全土で大ヒットしました。
>この頃、東西冷戦が終わり、旧ソ連は崩壊し、大きく世界が変わっていきました。

>不思議なことに、歌というものは、歌詞が変わり、国を越えても、元の曲に託された思いが残るものです。
>そして対立や悲しみを普遍的な愛に変え、人々をつなぐ力があります。
>「百万本のバラ」は、そのような力を持った曲ではないかと思っています。

>そして、この曲には、「報われなくても、信じた希望や理想を持ち続けたい」という熱い気持ちがあふれている。
>「国や民族の対立、格差が広がる今の時代に、もう一度聞いてほしい」。
>そんな思いで、6月にはラトビアの交響楽団を招き、「百万本のバラコンサート」を開催する予定です。

>一昨年12月から、毎日新聞朝刊に掲載されている「おんなのしんぶん」で、
>対談「Tokiko’s Kiss」を続けていますが、歌と同じように会話を通じて、
>普遍的な愛を込めたメッセージを届けていきたいと考えています。

(2015/2/20(金)毎日新聞)

362Now_loading...774KB2015/05/10(日) 17:14:09.92ID:0bBhHXoM
著名な詩人である、長田弘氏が亡くなられました。
彼の感性が良く表れた、世界の「風景」を描いた詩を墓碑銘としてここに刻みます。

「アメイジング・ツリー」(『なつかしい時間』岩波新書)

>おおきな樹があった。 樹は、雨の子どもだ。 父は日光だった。
>樹は、葉をつけ、花をつけ、実を付けた。
>樹上には空が、樹下には静かな影があった。
>樹は、話すことができた。  話せるのは、沈黙の言葉だ。
>そのことばは太い幹と、春秋でできていて、無数の小枝と、星霜でできていた。
>樹はどこへもゆかない。  どんな時代もそこにいる。
>そこに樹があれば、そこに水があり、笑い声と、あたたかな闇がある。
>突風が走ってきて、去っていった。  綿雲が近づいてきて、去っていった。
>夕日が樹に、矢のように突き刺さった。  鳥たちがかえってくると、夜が深くなった。
>そして朝、一日が永遠のようにはじまるのだ。
>象と水牛がやってきて、去っていった。  悲しい人たちがやってきて、去っていった。
>この世で、人はほんの短い時間を、土の上で過ごすだけにすぎない。
>仕事して、愛して、眠って、ひょいと、ある日、姿を消すのだ、
>人は、おおきな樹の中に。

363Now_loading...774KB2016/01/01(金) 00:41:12.05ID:+Yl/JoF3
あけおめ と いう やつですね
わたしは まだ 生きてます よ


ここは世界の果て
雪に埋もれゆく粗末な山小屋

めぐる時の中で
再び訪れる旅人を願い
ここに刻むものとする

べてらん

364Now_loading...774KB2016/01/09(土) 11:02:08.11ID:2Tb9RYBD
運営さんこんにちは

365Now_loading...774KB2016/01/25(月) 16:15:45.13ID:MICTtGGb
>>364

おお、気づけば旅人さんが。こんにちは。
スレを読んでもらうと分かるかと思いますが、自分は運営側ではありません。
ただの名無しの一観客です。
……いや、「でした」と言った方が正しいのかもしれませんが。。。

もし語るものがおありでしたら、気軽に何かしらつぶやいて頂けると。
多少の話し相手ぐらいには、なれるかもしれませんので。

366Now_loading...774KB2016/02/05(金) 18:36:33.16ID:YD4dnhLs
過去の思い出と少しだけ残されたあたたかさに縋ってこの地に残り続けていましたが、
少しばかり長居しすぎてしまったのかもしれません。
今はもう、ただただ苦しいばかりの場所になってしまいました。

さっさと立ち去ってしまった人たちが、正解だったのかな。

367Now_loading...774KB2016/02/06(土) 12:51:53.33ID:AfJK/aXG
永遠にここに居てええんやで(永遠だけに)

368Now_loading...774KB2016/02/08(月) 20:23:06.96ID:Yw1j+suE
>>366

なるほど。お気持ち、お察し致します。
「これだけ苦しい気持ちになるのなら、いっそ早く立ち去った方が良かった」
そう思う気持ちは、私にも分かります。

……そうですね、ただ、せっかくいらっしゃったのです。
少しこの椅子におかけになって、ここでしばらく過ごしてみませんか。

ここの暖炉もつけ直して、毛布も引き直しておくとしましょう。
まあ、なんといいますか……お茶でもいかがです( ´・ω・)⊃旦
昔ばなしに花を咲かせている内に、いくらか気が楽になるかもしれません。


>>367

\ ドッ! /  \ ワハハハ! /

369Now_loading...774KB2017/01/01(日) 01:54:14.85ID:TSc62Wgt
あけました(喪中)

370Now_loading...774KB2017/01/01(日) 02:15:51.04ID:TSc62Wgt
ここは世界の果て。
雪山の頂上に、ひっそりと佇む山小屋。

どうも、「べてらんの観客」です。

FLASH板の定点観測を行ってきたようなこのスレは、どうやら4周年を迎えるようです。
そして、「紅白FLASH合戦」が、ついに、終わる。
様々な想いが浮かんでは、消え。浮かんでは、消え。

皆様は、いかがでしょうか?

371Now_loading...774KB2017/03/09(木) 22:52:54.69ID:Z8ZC8V24
ほしゅ

372Now_loading...774KB2017/03/11(土) 13:06:35.51ID:ekAyVLzv

373resumi2017/03/18(土) 02:55:26.68ID:V+BLm9sR
https://goo.gl/jDrXJn
これは普通にショックだわ。。
本当なの??

374Now_loading...774KB2017/04/09(日) 01:28:11.38ID:GFt6IPPa
著名な詩人である、大岡信氏が亡くなられました。
彼の感性が良く表れた詩を墓碑銘としてここに刻みます。

「詩人の死―エリュアールの追憶のために」(『自選 大岡信詩集』岩波文庫)

真昼の井戸の底に輝く星のように
陽を照り返す葉の海のように
深みに生れおもてに浮びひろがりに生き

愛のさなかの悔恨のように
悔恨ののちの愛のように
鋭く痛み
やさしさに哭き

太陽の周囲を旅し
星の岸に最後の女と眠り
ひとり湖底にめざめ
風に乗って夢を運ぶ男となる
皮膚にあまたの季節をとざし
すべての男の父親となる 息子となる……

(風はあまたの死をみとどけて
今日丘の上でうたっている
彼は死んだ 彼は死んだと
雪にうもれて彼は消えた)

375Now_loading...774KB2017/04/09(日) 01:37:06.72ID:GFt6IPPa
夥しい太陽と岩と驟雨と若さと
廃墟を歩む正しい夢が
不幸にしずむ時代を横切る
静かな歩みをとめてしまった
何という異様な重みを伝えることか
手に重い数冊の本
墓に変わった言葉の城よ

彼の宇宙のとまり木のうえに
今もなお歌おうとする者はいるか
彼の閉じた眼のなかに
今もなお太陽と人は輝いているか
彼の爪と彼の愛は
今もなお星を岩に刻んでいるか

街路に緑のしたたる日にも
海が静かに身を洗うたそがれ時にも
愛が不意に発熱する夜のひき明けにも
彼を想え 彼は世界を好きだったから

376Now_loading...774KB2017/04/09(日) 01:37:44.59ID:GFt6IPPa
みよ すべてが過ぎゆくものならば
先立つ者とおくれる者があるばかりだ

彼の死は時を超えたあらたな時への 出発にすぎぬ……
すべてのものが出発する
夥しい出発の群でふるさとはもう見分けがつかぬ
空間だけがぼくらの所有 ぼくらは自由だ
かくてすべてがぼくらの腕に戻るだろう
すべてが過ぎゆくものなるがゆえに

ぼくらの旅はきびしさを増し
あちこちに
焔を運ぶ深夜の雪が見られるあたり
生身は別離と邂逅の湖となり
不思議な調和にひたるだろう
朝にはみたまえ 海に映るぼくらの隣に
彼の顔が映るだろう
見廻したとて彼の姿は
空のどこにもないのだけれど

377Now_loading...774KB2017/04/09(日) 19:28:05.72ID:GFt6IPPa
巨星落つ。
正直、私もそこまで大岡氏に詳しいわけではないのですが、
そういう感覚はやはりあります。

……FLASH紅白が終わったのも、全てが過ぎ行く流れからすれば必然。
懐かしさよりも思い出す苦しさが勝るのならば、
FLASHは時の流れの中で、その役目を終えたのでしょう。

この詩は大岡氏が他の詩人の死を悼んだものですが、
訃報に接して改めて詩集を見返してみると、
この詩は、大岡氏自身を悼むものとしてもふさわしいかもと感じました。

>街路に緑のしたたる日にも
>海が静かに身を洗うたそがれ時にも
>愛が不意に発熱する夜のひき明けにも
彼を想え 彼は世界を好きだったから

特にここら辺。

大岡氏は
@海、湖、川、岸、雨などの「水の詩人」(「水底吹笛」など水底からの視点も印象的)
A街路や生活、地名などの「街の詩人」(「地名論」などが印象的)
B妻の深瀬サキ(相澤かね子)に向けた愛を囁く「愛の詩人」

この三つの側面が主な詩人といえるんですよね。
時は4月。新たな時はまた刻み始めます。
皆さんは何を思い、何を感じていますか?

378Now_loading...774KB2017/04/10(月) 00:46:41.72ID:ggYJuTOs
相変わらずぶちのめしたくなるほど意識高いっすね^^;

379Now_loading...774KB2017/04/10(月) 14:09:56.62ID:Zhdb/quI
>>378

なんだ「ぶちのめしたくなる」ってw
久しぶりの訪問者なのに喧嘩腰とは……
いいでしょう、かかってこいやщ(゚Д゚щ)カモーン

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /   ←べてらん
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

380Now_loading...774KB2017/04/10(月) 14:12:24.93ID:Zhdb/quI
∧_,,,,
  ( ;;::)ω・)<このくらいで勘弁してやる
 (# ∪ ∪
 と__)__) ←べてらんだったもの

381Now_loading...774KB2017/04/14(金) 23:32:19.00ID:CG+IdOrL
∧_,,,,
  ( ;;::)ω・)<ちなみに私の戦闘力は0.53です
 (# ∪ ∪
 と__)__)

382Now_loading...774KB2018/01/01(月) 00:15:13.37ID:5K+DyV42
「あけましておめでとう」



凍てつく雪山の上で呟いてみる べてらんです

この山小屋も 寒風が 通り過ぎていく

そんな感じに なっちゃいましたね


・・・すこし つかれた

ねむくなって きた な

383Now_loading...774KB2018/02/11(日) 18:58:34.90ID:LCLwryEn
あけおめです!

384Now_loading...774KB2018/02/13(火) 00:55:43.16ID:ZfqP85me
>>383

Zzz・・・・・・お?
おお・・・あけおめです・・・
ってもう1ヶ月経ってるんですが

まあ、今年中にレスがあるとは正直思ってなかったですがねw
2019年まで寝てる気満々だったといえなくもない

FLASH紅白も終わったし。
日刊氏も>>353以降、毛布に灯油をまいて火を付けてハルマゲドンを引き起こした後どっかいったし。
何か話題があればぜひ。

385Now_loading...774KB2018/02/16(金) 20:06:26.59ID:XNljTmMn
☆ 日本の、改憲を行いましょう。現在、衆議員と参議院の
両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。国会の発議は
すでに可能です。平和は勝ち取るものです。お願い致します。☆☆

新着レスの表示
レスを投稿する