講談社文芸文庫について語ろう2冊目 [無断転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2016/03/08(火) 13:14:24.76
※前スレ
講談社文芸文庫について語ろう
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1330952998/

2マグナ ◆vI4NRkhGyA 2016/03/08(火) 13:57:09.72

3吾輩は名無しである2016/03/09(水) 00:51:42.52
1988年2月に創刊された。10冊一気に刊行され、そのうち自分は3冊買った。
佐多稲子『樹影』760円、黒井千次『群棲』680円、中上健次『熊野集』680円。

4吾輩は名無しである2016/03/09(水) 07:38:59.68
>>1

5吾輩は名無しである2016/03/09(水) 09:28:45.42
>>1スレ立て乙!

前スレで神近市子の表記についてレスくれた人もありがとう
あなたが正しかった!
講談社文庫の『青鞜小説集』が底本にした不二出版の方の表記も神近市だった

6吾輩は名無しである2016/03/09(水) 13:01:25.77
うちの死んだばあちゃんも名前に「子」つけてたりつけてなかったりしたもんなぁ
どっちが正しいのか訊いたら「どっちでもええ」って言われたし、そんなもんなんだろう
樋口一葉も夏子だったり奈津だったりなつ、なつ子などなどいろいろあるみたいだもんね

7吾輩は名無しである2016/03/11(金) 08:38:29.98
青鞜つながりで『原阿佐緒自伝・黒い絵具』も文芸文庫でサルベージして欲しい
不倫ブームの今がチャンス

8吾輩は名無しである2016/03/12(土) 10:07:57.81
ベンヤミンのドイツ悲劇の再刊を

9吾輩は名無しである2016/03/12(土) 15:06:10.34
高杉晋作の本があればネタで買うのだが

10吾輩は名無しである2016/03/13(日) 09:33:21.25
確定申告に行ってきた。一万円くらい還ってくることが分かって嬉しかった。
帰りに駅前の本屋によると、岩波文庫の正宗白鳥「作家論」があった。こんなのが
あるのを知らなかった。
文芸文庫の「白鳥評論集」の倍以上の厚さでしかも安い。
やっぱり岩波文庫はいい、良心的だ。これを買うことにした。
消費者も新奇なものに踊らされてはいけない。

11吾輩は名無しである2016/03/13(日) 10:07:30.78
岩波信者乙!

12吾輩は名無しである2016/03/13(日) 10:23:46.19
俺も岩波が好き〜

13吾輩は名無しである2016/03/13(日) 11:51:07.13
岩波は凄いわ
カバーデザインも統一性があっていいし
文芸文庫のシンプルさもいいけど

14吾輩は名無しである2016/03/13(日) 12:46:22.73
岩波のカバー統一も、最近崩れかけていないか?

15吾輩は名無しである2016/03/13(日) 18:30:41.78
たまに崩れてるのがまた良いんだよ
表紙のデザインが違うとなんか傑作の匂いがする
『巨匠とマルガリータ』しかり『ラデツキー行進曲』しかり

16吾輩は名無しである2016/03/13(日) 19:07:50.71
中公文庫の背表紙が変わってしまったのはショックだった

17吾輩は名無しである2016/03/13(日) 20:23:00.21
薄紅 みず色 きはだ色  くちなし 萌黄 菫色……

控えめで奥ゆかしく優美な背表紙
文芸文庫は滅びゆく日本文学の空にかかったあえかな虹

18吾輩は名無しである2016/03/13(日) 22:13:28.66
日に焼けて真っ白

19吾輩は名無しである2016/03/13(日) 22:31:30.60
文芸文庫ワイド買ってみたけど何か小型の選書みたいな感じだな
通常の文芸文庫と値段変わらないから老眼の人にはいいんじゃね

20吾輩は名無しである2016/03/13(日) 23:37:43.02
カバーかけっぱなしで保存してるから
表紙とか背表紙とかほぼどうでもいい。

21吾輩は名無しである2016/03/13(日) 23:42:43.84
文芸文庫のいいところってカバーだけか、なんか寂しい

22吾輩は名無しである2016/03/13(日) 23:43:45.68
地味な私小説も取り扱ってるところ。
あんまり売れてない日本の作家の作品あるのはここだけ。

23吾輩は名無しである2016/03/13(日) 23:43:53.47
カバーかけっぱだと目当ての本探すのダルくない?

24吾輩は名無しである2016/03/14(月) 00:01:37.09
置いた場所とカバーと厚みでなんとなくどれだかわかるw
カバーもいろいろあるから。

25吾輩は名無しである2016/03/14(月) 19:45:44.34
カバーって何円くらいの使っとるのよ

26吾輩は名無しである2016/03/14(月) 19:53:01.16
僕はカバーは文房具屋で雑紙を買ってきて使ってる。そして6mmのテプラで作者名とタイトルを書いて貼ってる。

27吾輩は名無しである2016/03/15(火) 10:52:58.04
最近の文芸文庫、薄っぺらなのが多くない?

28吾輩は名無しである2016/03/15(火) 12:54:47.39
薄く高く

29吾輩は名無しである2016/03/15(火) 18:25:29.00
中上健次の「地の果て至上の時」だけなんで文字ぎっしりなん?

30吾輩は名無しである2016/03/15(火) 20:24:17.65
普通とどれくらい違うん?

31吾輩は名無しである2016/03/15(火) 21:02:28.61
上下の余白が1.5cmくらい。目測だけど

32吾輩は名無しである2016/03/15(火) 21:19:11.77
研磨されまくったとか

33吾輩は名無しである2016/03/15(火) 21:35:04.83
Amazonのレビューによると仕様のようであまり好評でない

34吾輩は名無しである2016/03/15(火) 21:50:57.55
>>29
あとは福永武彦の死の島も

35吾輩は名無しである2016/03/15(火) 21:54:05.84
教えてくれてありがとう!

36吾輩は名無しである2016/03/15(火) 22:09:20.50
薄くて、高くて、読みにくい!

37吾輩は名無しである2016/03/26(土) 23:01:38.81
>>29
あれはおそらく中上の生原稿の雰囲気を再現してるんだと思う。
書名は忘れたが、新潮文庫の石川九楊の本で見たんだが、
丸く膨らんだような異様な字が原稿用紙にびっしり並んでいて衝撃的だった。

38吾輩は名無しである2016/03/26(土) 23:41:57.74
あー、見た事ある!ヤバイよね。ちょっと探してみる。

39吾輩は名無しである2016/03/26(土) 23:44:15.07
中上健次狂ってる!
http://i.imgur.com/CqJzBHn.jpg

40吾輩は名無しである2016/03/28(月) 11:12:26.57
福原麟太郎の「チャールズ・ラム伝」平野謙の「様々な青春」など、
多少高くてもそれなりに得難いいいものを出していたけれど、最近は単なる復古文庫
になっってしまったな。新刊書を文庫で売ろうというにいたっては何をか
いわんやだ。

41吾輩は名無しである2016/03/29(火) 20:29:25.91
もともと復古文庫なんだが

42吾輩は名無しである2016/03/29(火) 20:41:03.85
デフレ脱却文庫

現代小説クロニクル欲しいな。

44吾輩は名無しである2016/03/30(水) 13:56:25.90
ɘdɒdɒnɒƚɒwb
後藤著・講談社文芸文庫版『首塚の上のアドバルーン』
1999年第1刷発行4500部×1100円×0.1=495000円
2015年第2刷発行600部×1300円×0.1=78000円
http://pbs.twimg.com/media/CXCU_45UsAAoPO3.jpg
2015年12月24日

45吾輩は名無しである2016/03/30(水) 14:02:03.74
>>44
えっ文芸文庫の印税0.1%なの?舐めてんの?

46吾輩は名無しである2016/03/30(水) 14:02:50.90
ほんとすみませんでした。10%でした…

47吾輩は名無しである2016/03/30(水) 14:04:50.31
やっぱり15年で20%も値上げしてるんだね。日本人は15年前より確実に貧乏になっているのにね。

48吾輩は名無しである2016/03/30(水) 14:12:49.97
紙の値段が上がってるんだからしゃーない

49吾輩は名無しである2016/03/30(水) 15:38:41.38
>>48
実際どれくらい上がってるのよ?
http://i.imgur.com/i16fQ17.jpg

高い方が高級感あってええやん。

51吾輩は名無しである2016/03/30(水) 16:00:09.69
あんた今日の飯を買う金にも困ってるくせに何言ってんだよ。

52吾輩は名無しである2016/03/30(水) 16:01:17.12
デンドロビウムファレノプシス、怒れよ。

53吾輩は名無しである2016/03/30(水) 16:23:55.81
>>49
どう見ても生産量のグラフなんだけど?
頭おかしいのか?

54吾輩は名無しである2016/03/30(水) 16:32:54.39
>>53
どれくらい上がってるの?

55吾輩は名無しである2016/03/30(水) 16:50:42.23
>>53
上質紙の価格が下がった時に書籍の価格は下がったのかよオイ?
http://i.imgur.com/TcYIAcN.jpg

56吾輩は名無しである2016/03/30(水) 17:16:36.55
>>55
価格の下方硬直性という言葉を知っているかな?

57吾輩は名無しである2016/03/30(水) 17:38:00.65
>>56
知らない。

58吾輩は名無しである2016/03/30(水) 17:38:52.83
つーかお前去年からずっと張り付いてるな。何者なんだよ?

59吾輩は名無しである2016/03/30(水) 18:39:21.83
>>57
人に質問したり無知自慢して突っかかる暇があったら勉強しろよ

>>51
まぁその通りやな!

61吾輩は名無しである2016/03/30(水) 18:54:14.92
>>59
だから1999年からどれくらい紙の価格が上がったのか教えてくれ、と言っているんだけど。答えられないの?

62吾輩は名無しである2016/03/30(水) 21:30:14.75
講談社文芸文庫はちょっとかわった臭いがする

63吾輩は名無しである2016/03/30(水) 21:36:53.82
>>61
>>55にその答えがあるじゃん
バカなの?

64吾輩は名無しである2016/03/30(水) 21:39:15.47
おっと、99年からか
そんなん総務省か経産省のページに行きゃ書いてある
俺は知ってるけど知りたいなら自分で調べようね

65吾輩は名無しである2016/03/30(水) 22:05:11.64
>>63
1999年のデータが載ってるか?頭悪い癖に調子に乗ってんなよ(笑)

66吾輩は名無しである2016/03/30(水) 22:06:13.68
>>64
だから>>48の根拠を示せって言ってんだよアホ

67吾輩は名無しである2016/03/30(水) 22:07:02.68
文芸文庫のスレでくだらない喧嘩はやめよう

68吾輩は名無しである2016/03/30(水) 22:11:06.31
>>48は全く無根拠な煽りという事で終了ですね。

69吾輩は名無しである2016/03/30(水) 22:46:36.48

70吾輩は名無しである2016/03/30(水) 22:54:46.10
WOW!!

71吾輩は名無しである2016/03/30(水) 23:19:20.67
>>66 >>68
無根拠なわけないだろ。新聞とか読めバカ

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO85452150Y5A400C1QM8000/

印刷用紙1割上昇 価格交渉決着、円安や原材料高を反映
2015/4/8

 日本製紙など製紙各社が打ち出していたチラシやカタログなどに使う印刷用紙の値上げ交渉がほぼ決着した。
10%以上の値上げ要請に対し、10%弱の値上げを印刷会社などの需要家が受け入れた。
円安の進行による輸入原材料高を受け、製紙側が需要家の抵抗を押し切った。値上げは2013年末以来、約1年3カ月ぶりとなる。

 値上げ幅は代理店卸価格で、1キロ7〜10円程度となったもようだ。
大手印刷会社などの大口需要家や卸会社(2次卸)向けに値上げがほぼ浸透した。

72吾輩は名無しである2016/03/30(水) 23:36:16.05
まあ、紙の値段が上がってることってのは常識の範疇だよな

73吾輩は名無しである2016/03/31(木) 09:58:48.40
>>77
1999年からどれくらい上がってんのか早く示せよアホ

74吾輩は名無しである2016/03/31(木) 09:59:21.08
>>73のアンカーは>>71の間違いね。

75吾輩は名無しである2016/03/31(木) 10:00:00.93
適当な事ばっかり書いてんなよクズが

76吾輩は名無しである2016/03/31(木) 11:24:06.27
>>71
>無根拠なわけないだろ。新聞とか読めバカ

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO85452150Y5A400C1QM8000/

よくこれが「根拠」だとか言えるよな。どんだけ頭悪いんだよこいつ(笑)

77吾輩は名無しである2016/03/31(木) 13:08:38.55
そんな突っかかるほどのことかな…

78吾輩は名無しである2016/03/31(木) 14:44:37.77
まーそうだよね。でもこいつ前から調子に乗っててムカつくんだよなー。

79吾輩は名無しである2016/04/02(土) 10:55:23.18
根拠を示して「紙の値段はむしろ下がってるだろ。適当なこと言うなアホ」というならわかるけど、
価格には下方硬直性があると説明してしかも紙の値段が上がってる根拠も貼ってんのに
さらに絡んでくるのは頭が悪いと言われても仕方がない

80吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:00:29.56
だから99年からどれくらい上がってんのか訊いてんだよ。何も答えられないなら書き込むな。頭悪いんだからあまり無理するなよお前。

81吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:09:09.14
頭の悪い奴の特徴として「同じことを壊れたレコーダーのように繰り返す」というのがあります

82吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:20:03.80
>>81
頭悪いのは言い訳にならないので、あまり適当な事を書き込まない方がいいよ。みんなの迷惑だからね。

83吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:36:08.78
また伸びてると思ったらw

>>77>>79>>81
なんかいろいろ擁護してくれてありがとう
おまけにこいつ、紙の生産量のグラフとか貼ってたしな

>>83
反論する時は自分から根拠を示すのがマナー

84吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:38:25.11
ところで気になるんだが、
>>78
>こいつ前から調子に乗っててムカつくんだよなー。
ってさ、具体的に何のこと言ってんの?
昔の恨みを別の言いがかりをつけて晴らすということの妥当性はともかくとして、
調子に乗った覚えはないのでちゃんと書いてもらいたい

85吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:43:12.34
お前まだ言い続けんのかよ。>>48は根拠がないだろ、って言ってんの。もういいよ書き込まなくて。

86吾輩は名無しである2016/04/02(土) 11:56:18.37
日経の記事貼ってんじゃん
あと>>84にも答えろよ?

87吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:04:04.95
>>86
だからそれ99年と比較して価格が上昇してる根拠にならないだろ?何回言わせんだよお前は?

88吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:04:32.99
いいからアホは黙ってろって。

89吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:15:13.34
まったくだ。アホは黙ってたらいいよな
なぜ後藤明生の文庫が値上がりしてることを99年からの紙の価格上昇率で説明しないといかんのかと
価格が近年でも10%上がってて、市場価格に価格硬直性がある(特に本の場合はその傾向が強い)と書いてるだけで十分根拠たりうる

俺の主張に反駁するなら>>79の書くとおり「紙の値段が下がった」という根拠を示す必要があるのよ

頭のいいやつは俺のレス読んだだけでなるほどねと言う
頭が悪くて言いがかりをつけることが目的化してるやつは同じことだけ繰り返す
(2chでは声の大きいやつが勝つというくだらない傾向があるからね)

90吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:27:20.21
>>89
>なぜ後藤明生の文庫が値上がりしてることを99年からの紙の価格上昇率で説明しないといかんのかと
>価格が近年でも10%上がってて、市場価格に価格硬直性がある(特に本の場合はその傾向が強い)と書いてるだけで十分根拠たりうる
>俺の主張に反駁するなら>>79の書くとおり「紙の値段が下がった」という根拠を示す必要があるのよ

お前が最初にこう書いたんだろ。なんでお前が「上がった」という根拠を示していないのに、僕が「下がった」という根拠を示さなくちゃいけないの?お前は本当に自分が賢いと思っているの?

48 名前:吾輩は名無しである [sage] :2016/03/30(水) 14:12:49.97
紙の値段が上がってるんだからしゃーない

91吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:35:41.83
まあ、説明することは全部しましたし、どちらがまともなのかは自明でしょう
俺へのフォローの書き込みはあってもお前をフォローする書き込みがひとつもないことからも考えてみてね
まあ、自分でもこの言いがかりが無理筋で苦しいのはわかってるみたいだけどね

こいつは、こうやって言いがかりをつけて嫌がらせすることだけが目的なんでしょう
悲しい奴だなあ

ところでお前も>>84に答えろよ
人に要求するくせに自分への問いには答えないのはどうかと思いますけどねえ

92吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:36:42.51
>>91
だから全く説明になってないんだよ。アホなの?(笑)

93吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:38:20.90
「説明になってない」だって。便利なフレーズだなあ
どんなに反駁しても「説明になってない」と書けば永遠に絡めるね!やったね!

94吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:40:24.50
いや、マジで答えて欲しいんだけど、無理なら別にいいです(笑)

95吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:41:26.50
煽りまくったのは悪かったけど、ちょっと落ち着こうよ

96吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:42:17.39
やめようか。この話、クソつまんないしね。

97吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:43:56.11
まあ既に終わってるんだけどね

98吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:49:12.29
まあね(笑)

99吾輩は名無しである2016/04/02(土) 12:55:07.47
捨て台詞乙(笑)(笑)

100吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:04:09.41
わかったから、もうやめようよ(笑)

101吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:08:51.63
ま、やめないと君に不利だと思うし。了解です
しかし>>84の疑問は気になる

102吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:10:28.90
別にぜんぜん不利じゃないけど、これ以上は荒れるからやめようね(笑)

103吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:25:22.15
最初からお前が一方的に荒らしてる件

104吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:31:14.26
なあ、蒸し返すのやめようぜ。素直に終わればいいじゃん。

スレッド違い話題はもう止めようぜ。
それより現代小説クロニクル誰か買ってない?
あれ集めようと思うんだけど!

106吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:37:36.11
現代小説クロニクル 2010~2014 (講談社文芸文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4062902958/

107吾輩は名無しである2016/04/02(土) 13:57:27.44
>>105
いちおー全部買ったよ
あんま読んでないけど

>>107
全部とか金持ちやなー!w

109吾輩は名無しである2016/04/06(水) 05:28:26.63
現代小説クロニクル、うまいネーミングを考えたな、現代駄作集では売れんもんな。
しかし詐欺商法すれすれ。

110吾輩は名無しである2016/04/06(水) 11:01:40.02
新刊のラインナップに全く魅力がない。

111吾輩は名無しである2016/04/06(水) 16:26:38.57
新刊に限らず。

112P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/06(水) 19:11:41.63
新刊の事は知らないけど、講談社文芸文庫は魅力的なラインナップではあるよ。僕は文学オタクじゃないけど、持ってる本はけっこうある。

高橋源一郎の初期三部作買っとけ!

114P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/06(水) 19:27:23.13
僕は「さようなら、ギャングたち」だけ持ってる。

オーヴァーザレインボウとジョンレノンも買っとけ!

116吾輩は名無しである2016/04/07(木) 00:54:01.28
ポストモダン文学の徒花という歴史資料としては重要

117吾輩は名無しである2016/04/07(木) 09:15:20.51
岩波文庫だけ読んでいればいいんだよ、時間も金も限りがあるからね。

118吾輩は名無しである2016/04/07(木) 10:31:55.39
なるほど

現代小説クロニクル買おうと思ったけどやめた。
普通にさよならクリストファー・ロビンの単行本買った方がいいわ。

120吾輩は名無しである2016/04/08(金) 09:54:57.56
なるほど

121吾輩は名無しである2016/04/20(水) 08:31:47.66
文芸文庫は新刊でもページが黄色く古本のような感じがする。
しっとり落ち着いた感じは他の文庫にはないな。

122吾輩は名無しである2016/04/20(水) 21:02:44.50
ボラーニョの通話読んでみたけど鬱にしかならないわ
2666は面白いんだろうか

123吾輩は名無しである2016/04/20(水) 22:37:51.26
スレッチ

124吾輩は名無しである2016/04/20(水) 23:39:23.40
高級感も重要なファンタジー

125吾輩は名無しである2016/04/20(水) 23:59:33.98
実際、高いからな。
しおりくらい、ちゃんとしてくれ。

126P ◆.uKag/vUmY 2016/04/21(木) 12:43:48.55
すべての図書館に全巻揃えるべきだと思うんだけどなー。

127吾輩は名無しである2016/04/21(木) 13:38:19.84
賛成。
年金老人の小遣いでは買えないからね。
印刷面をもっと鮮明にしてほしいね。

128吾輩は名無しである2016/04/21(木) 14:30:43.99
こうやって老人は蓄財して現役世代にカネが回らなくなるんだな
老人は図書館使用禁止にしてもいいくらいだ

先日図書館行ったけど、平日だからか年齢層が高かったな。
何人かの年寄りがCD付き借りてソファでふんぞり返ってヘッドホンで聴いてたわ。
金持ってるんだろうなぁ!

130吾輩は名無しである2016/04/21(木) 15:33:54.91
老人と主婦は「節約」と称して、図書館ですべて読書をすませる

131吾輩は名無しである2016/04/21(木) 15:47:01.60
爺こそ本買って出版社に貢献すべき
毎月一万くらい新刊買ってるけど値段やっぱり高すぎて辛いわ

132吾輩は名無しである2016/04/21(木) 16:45:31.02
老人でも年金月6万じゃ足りなくて生活保護受けてる人がたくさんいるらしいよ。

133吾輩は名無しである2016/04/21(木) 16:46:49.49
金持ってる老人は移住したり、旅行したり、金使うエリアが違うよ。

134吾輩は名無しである2016/04/21(木) 16:51:25.02
最近の公共図書館の充実ぶりは素晴らしい。
やっと先進国らしくなってきた。
文芸文庫もすこし遅れるが新しのがどんどん入ってる。
新聞も読めるし、CDも借りられるし、いうことないわ。
どんどん利用せんと税金の無駄づかいや。

135吾輩は名無しである2016/04/21(木) 16:53:33.70
>>130
主婦は図書館で借りて読んだ上にネットに文句書きそうw

136吾輩は名無しである2016/04/21(木) 17:19:05.94
主婦はともかく、老人は医療費で現役世代に負担を強いてるんだから、本くらいは自分の金で買って、
「現役世代のみなさん、いつもありがとう。どうぞ図書館の本はあなたたちが優先でお読みください」くらいのことを言うべき

137吾輩は名無しである2016/04/21(木) 17:29:47.83
図書館も主婦向け老人向けの本ばかり購入する・・・

138吾輩は名無しである2016/04/21(木) 17:35:27.07
>>136
すごい自分のことばっかりだな。

139吾輩は名無しである2016/04/21(木) 17:52:59.93
>>134
自分が住んでいる分譲マンションの隣が新設の公営図書館なんだけど、滅多に行かない。
住民税はかなり払っているんだが、本もDVDも所有しないと気が済まない性質なんでね。

140吾輩は名無しである2016/04/21(木) 17:55:21.82
図書館廃止して図書カード配る

141吾輩は名無しである2016/04/21(木) 18:01:18.96
>>140
チケットショップとかに売られて終わり。

142吾輩は名無しである2016/04/21(木) 18:10:54.02
廃館にして税金安くすればいいんじゃね?

143吾輩は名無しである2016/04/21(木) 18:16:47.03
>>142
図書館だけに税金使ってるわけじゃないしな。

144吾輩は名無しである2016/04/21(木) 19:48:21.22
まじれす

145吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:10:18.14
先日図書館で急にふらふらと倒れかけた老人がいた、
これからは図書館に休養室、できたら学校の保健室のような設備が必要でないか、
もし可能なら看護婦さんが常駐すればベストだ。

146吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:26:31.37
病院併設にすればいい。
入院患者も使える。

147吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:30:56.15
>>138
お前ほどじゃないよ(^^)

148吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:33:16.28
>>147
性格悪くてワロタ。

149吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:35:56.82
>>148
老人は2ちゃんでもやって時間潰してりゃいいのよ
本読んだって世の中の役に立つわけでもないんだから
趣味なら自分の金でやってくれ

150吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:37:55.06
まあ老人が図書館利用禁止は暴論だけど、1冊100円とか、定価の10%とかの料金は取っていいと思う

151吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:48:26.01
まともに税金払ってから言えよ。
ろくに稼ぎのないただ若いってだけのごみクズよ。

152吾輩は名無しである2016/04/21(木) 21:59:37.52
マジレスすると、まあ年収は敢えて書かないけどかなり税金で持ってかれてるわ
じいさんがこれまで払ってきた税金の額を超えて払ってるのは間違いない

153吾輩は名無しである2016/04/21(木) 22:01:50.96
このわりにはセコイ発言ばかりだ。

154吾輩は名無しである2016/04/21(木) 22:02:24.19
ホリエモンくらい稼いでから文句言ってよ。

155吾輩は名無しである2016/04/21(木) 22:27:48.61
>>153
せこいっつうか、我が物顔の老人のことをそれだけ憎んでるってことだよ
ほんとあいつらどれだけ医療費を湯水のように使っとんねん

あの、あの人が、あれ、誰だっけ、ああ、桐野夏生が、図書館に苦言を呈していた気がする。
エッセイで。エッセイじゃなかったかな。
カラオケはパーセンテージが入るのに、図書館は何でなんも入れへんねんと。

157吾輩は名無しである2016/04/21(木) 23:06:09.00
>>155
生保は叩かないの?

158吾輩は名無しである2016/04/21(木) 23:15:43.03
>>157
もちろん不正受給やパチンコ行ったりするのは良くないと思うけど、多くの受給者にとっては必要なものだとも思う

159吾輩は名無しである2016/04/21(木) 23:25:32.96
老人でも受給してるひとはいますがそれについては。
老人とひとくくりにして叩く姿勢はよろしくないように感じられます。

160P ◆.uKag/vUmY 2016/04/22(金) 00:20:01.63
老人叩くのとか普通によくないでしょ。老人も若者も幸せになればいいじゃん。パナマ文書で発覚した税金逃れが禁止されればそれが実現できるのに、なんでそういう方向を向かないの?

161吾輩は名無しである2016/04/22(金) 05:24:22.03
>>159
貧乏な奴や老人が死ねとは言ってないのよ
だけど金に余裕もあるのに我が物顔で図書館を利用して金を「節約」してる老人は許せない
言ってることの筋は通ってると思うけどねえ

162P ◆.uKag/vUmY 2016/04/22(金) 06:52:00.17
言いたい事はわかるよ。でも、それは国民の権利でしょ。金を持っていても図書館を活用する権利はあるんですよ。

163吾輩は名無しである2016/04/22(金) 07:42:25.28
そうだね。
税金払ってるからね。
平等に利用する権利はある。

基本的に金貯めこんでるのはケチが多いから仕方ないさ。
心まで貧しくならないよう、我々は読書をして心豊かに過ごそう。

164吾輩は名無しである2016/04/22(金) 08:52:45.05
銭ゲバは募金とかもしなさそうw

名誉の募金ならするかもしれないけどw

165吾輩は名無しである2016/04/22(金) 09:38:25.44
まあ不毛なやりとりだとは思うが、公共施設とか店舗とかで威張ったり居直る老人ってホント多いよな〜

166吾輩は名無しである2016/04/22(金) 09:41:25.55
子供殴ったり、スーパーでクレーマー化したり、

さみしいんだろうね。

167吾輩は名無しである2016/04/22(金) 09:43:50.55
世の中ってのは平等じゃないんだよな
金持ちが貧乏人の分まで負担して公共サービスは成り立ってる
とはいえ世代間格差は信じられないレベルまで拡大してるから、各地で老人狩りが多発したり、
老人早く死ね政策が支持されたりするのも近いかもな

168吾輩は名無しである2016/04/22(金) 09:56:03.57
まあでも現役の政治家が老人世代だから、
あと数十年立たないと難しいだろうな。

みんな自分は損したくないってのが本音だから。

169吾輩は名無しである2016/04/22(金) 10:12:18.94
そして自分が老人になった頃、
同じことを言われるわけです。

170吾輩は名無しである2016/04/22(金) 10:30:34.63
↑ 
こういう人たちは本から何を学んでいるんだろうね、
文芸文庫も、もっと人間性の涵養にプラスになる本を出すべき、

171吾輩は名無しである2016/04/22(金) 10:31:49.84
ただの娯楽なんじゃない。

172吾輩は名無しである2016/04/22(金) 10:54:43.78
こちらへ移動

図書館員のホンネ 第4版?2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/books/1457700511/

173吾輩は名無しである2016/04/22(金) 10:57:59.83
読書好き(ただし図書館で借りている)の奥様 84冊目 [無断転載禁止]?2ch.net
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1457496468/

174吾輩は名無しである2016/04/22(金) 11:12:41.25
図書館にない本もあるからなあ。

175吾輩は名無しである2016/04/22(金) 14:38:53.13
>>173
文句ばっかだなw

176吾輩は名無しである2016/04/22(金) 20:23:48.59
旦那の給料が安いとか主婦って文句ばっかだよ。
だったらお前が働いて稼いでみろよ、と思う。

177吾輩は名無しである2016/04/22(金) 20:57:41.90
「図書館で1冊借りたら、節約できたから100円貯金」とかひどいwww

178吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:04:02.81
それで楽しんで節約生活やってるそうだからいいんじゃないのか。
自分はやってみようかと思ったけど、そういうのはだめだったw

179吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:10:27.03
本当に貯金はしないけど、「今日二千五百円の本借りた、二千五百円の
得」とは、いつも思うよ。だからその気持ちよくわかる。
主婦と年金生活者はそのあたりシビアだよな。

180吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:11:27.95
本を買うのは「無駄遣い」っていう感覚なのかな・・?

181吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:13:01.72
買って読んだあと、買わなくてもよかったな、図書館でよかったな、って
思う本は結構あるw

182吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:14:59.88
>>180
旅行に行きたいから他のものを我慢する、とかそういう感覚では。
本=無駄だと思ってるひとは読むことすらしないしな。

湯水のようにお金使えるわけじゃないから優先順位つけてるだけで。

183吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:39:55.35
その程度の優先順位で読書好きを自称するとはなあー

184吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:42:08.03
節約主婦は別に読書好きは自称してないんじゃない。

あるいは普通のひとよりちょっと本読んでるわよ、ふふん
(借りてるけど)

ってことかな。

185吾輩は名無しである2016/04/22(金) 21:58:05.96
>>184
あ、スレタイが>>173読書好きだったのでてっきり

186吾輩は名無しである2016/04/22(金) 22:35:06.95
昔の講談社文庫は充実してた
背表紙が白+何かの二色になる前のやつ
アダムよ、お前は〜とか、晩年に想うとか、彫刻家の娘とかを出してたころのやつ

187吾輩は名無しである2016/04/22(金) 22:45:18.92
編集長が変わったのかな。

188吾輩は名無しである2016/04/23(土) 21:00:39.58
文芸文庫ばっかし読んでいると、年を取ってきっと後悔するな、

189吾輩は名無しである2016/04/23(土) 21:14:46.35
もう年取ってるからいいやw

190吾輩は名無しである2016/04/24(日) 14:50:38.47
いまさらだな。

191吾輩は名無しである2016/04/24(日) 16:44:46.64
年寄りには文芸文庫は違和感あるよ
ちょっと前までフツーの文庫で
出てた本ばっかりという感じがする

192吾輩は名無しである2016/04/24(日) 16:49:27.23
本物登場w

193吾輩は名無しである2016/04/24(日) 17:05:49.78
年寄りなら時代小説

194P ◆.uKag/vUmY 2016/04/24(日) 19:24:34.68
>>191
講談社文芸文庫は日本の文化レベルの衰退を示しているのかもね。これらの名作を通常の文庫で出版できないというのが現在の日本の限界。

195吾輩は名無しである2016/04/25(月) 07:21:39.38
>>192 >>193
年寄りを馬鹿にしてはいかん。中高時代に安部公房やマルケスの新刊を楽しみだった世代だから
歴史小説なら辻邦生、井上靖、円地文子『なまみこ物語』が好き
新潮文庫も絶版が多いな。息子の読書感想文用に『ガラス玉遊戯』奨めたら品切れで驚いた

196吾輩は名無しである2016/04/25(月) 10:40:57.89
>>195
別に年寄りを馬鹿にしてないよ
本を買わずに図書館で借りる年寄りを馬鹿にしてるだけで

197吾輩は名無しである2016/04/25(月) 21:06:12.26
横光利一『紋章』の巻末解説は小島信夫なんだけど
事実誤認というか、本文をちゃんと読めば仕出かさない間違いがある

198吾輩は名無しである2016/04/25(月) 21:22:31.69
>>196
年金6万円で生活とか生活保護の老人増えてるから仕方ない。
年金制度がそもそもおかしいんだよ。

199学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2016/04/25(月) 21:24:31.81
年金財源は過去最高に潤ってるからハードルを上げる下げる
がだいじ。ベーシックインカムもそこそこいいけど。

200吾輩は名無しである2016/04/25(月) 21:26:24.70
200

201吾輩は名無しである2016/04/25(月) 22:12:40.36
図書館運営の財源は住民税をふくめた税金です
一般的にいって若年層より老人層の方が継続的な税負担によって図書館の運営に寄与してる
読書が趣味のじじばばが図書館を利用してQOLの充実をはかるのは当然
どんどん利用してください

30代のラノベファンより

202吾輩は名無しである2016/04/25(月) 22:41:28.45
図書館の価値を否定する土人がけっこういるのに驚きだわ。

203吾輩は名無しである2016/04/25(月) 22:55:19.73
たいした税金も払ってないのにね。

204P ◆.uKag/vUmY 2016/04/25(月) 22:56:46.61
「生活の余裕がある奴は図書館了解すんな」という主張は確かに暴論だよな。どんどん利用するべき。

205P ◆.uKag/vUmY 2016/04/25(月) 22:57:12.26
了解、じゃないや。利用、ね。

206P ◆.uKag/vUmY 2016/04/25(月) 22:59:05.32
だから、すべての図書館は講談社文芸文庫を全冊揃えるべき。下らない本を仕入れるのはやめろ!講談社文芸文庫を入れないでどんな本を入れるのよ?ハードカバーと重複してるとか気にすんなよ!

207吾輩は名無しである2016/04/25(月) 23:03:31.85
買う金あっても置く場所がないんじゃ…

208P ◆.uKag/vUmY 2016/04/25(月) 23:05:18.32
下らない本を廃棄すれば良い(笑)

209P ◆.uKag/vUmY 2016/04/25(月) 23:06:33.69
図書館に「近代日本の批評」が置いてないとかどうなってんだよ?バカなんじゃないの?

210吾輩は名無しである2016/04/25(月) 23:10:50.52
皆さんの、温かいお言葉に励まされて明日からも胸を張って図書館へ通えます、
ありがとう。全国の図書館ファンの老人に代わって。

211P ◆.uKag/vUmY 2016/04/25(月) 23:55:47.46
通いまくって下さい!

212吾輩は名無しである2016/04/26(火) 00:16:35.87
図書館王決定!

213吾輩は名無しである2016/04/26(火) 01:00:54.03
新刊は買ってあげて
図書館にまだないようなやつ

214P ◆.uKag/vUmY 2016/04/26(火) 01:08:31.43
なるべく買うので絶版にするのはやめて下さい😭

215吾輩は名無しである2016/04/26(火) 02:28:23.54
>>210
お前には借りる資格ないから

216吾輩は名無しである2016/04/26(火) 05:51:16.99
知人が亡くなった時、市に「図書館の書籍購入費に」と1000万円寄付したところ
市役所職員が「使い道を指定されると迷惑」のような発言をしやがった
公務員の福利厚生費の水増しに使われたら堪らんから指定したんだろうに

217吾輩は名無しである2016/04/26(火) 06:15:36.71
>>216
何様だよ
1000万寄付してそんなこと言われるなんて信じられんな
公にしてメディアとネットにボロカスに叩いてもらえば良かったのに

218吾輩は名無しである2016/04/26(火) 07:41:26.69
録音しておいてマスコミに流すといいよ。

219吾輩は名無しである2016/04/26(火) 07:56:52.79
市役所職員でも横領したり未成年買春するようなやついるんだから、
使い道指定しておいたほうが寄付する側は安心だよなw

220吾輩は名無しである2016/04/26(火) 08:04:54.06
図書館自体も本の寄付は嫌がるよね。受け入れないところが多い
老人にとっては蔵書の始末は大問題で、死後は遺族も困る
長年本を読んでると数千冊はふつう。多い人だと数万冊になってる
古本屋に売っても構わないけど何だか虚しい。
整理が大変だろうけど購入費が減っている現在
図書館に入ってない個人全集や文学、思想などの
硬質の本だけでも受け入れて書架に並べて欲しいと思う

221吾輩は名無しである2016/04/26(火) 08:12:38.47
図書館じゃなくても本の寄付を受付しているところはたくさんありますよ。

222吾輩は名無しである2016/04/26(火) 08:13:21.28
222

223吾輩は名無しである2016/04/26(火) 08:39:33.55
まあ、本は場所を取るし、場所を取るがゆえにコストもかかるから場合によって寄贈を断るのはわかる
でも寄付金の使い道を決められると困る、というのは筋が通ってないね

224吾輩は名無しである2016/04/26(火) 09:36:07.78
使い道決めない金のほうが、役人たちは好き勝手使えて都合がいいんでしょうな。

225吾輩は名無しである2016/04/26(火) 10:05:24.17
一般寄附金 *寄附の使途を指定しない寄附金です。
*寄附の50%以上を公益目的事業に使用します。
*公益目的事業とは、図書館調査研究、図書館員の研修、図書館運営の相談等の図書館及び文化振興のための事業です。
指定寄附金 *寄附の使途を指定する寄附金です。
*寄附者は寄附の使途を指定することができます。
*寄附金の20%以内を管理費等法人運営に使用することがあります。
図書館協会で受け付けている寄付はこれだけ。「20%以内の使用を禁止する」寄付金は贈与税がかかることになる
1000万円もらったら125万円とられることになる

226吾輩は名無しである2016/04/26(火) 13:07:32.83
図書館スレかよ

227吾輩は名無しである2016/04/26(火) 15:39:56.27
寄付金のスレ

228吾輩は名無しである2016/04/26(火) 21:03:44.81
自然な流れなんで話題がたしょうスレタイから外れてもいいんじゃない。
本を読むことも年金、老人問題、図書館と社会問題とつながってくるよ。
二三のものが意図的に流れを作り占拠しているように見えないし。

229吾輩は名無しである2016/04/26(火) 21:22:07.19
一度の寄付より毎年の予算

230吾輩は名無しである2016/04/27(水) 07:19:06.34
図書館の購入予算もそうだけど個人も出版を支えるつもりで
いい本は自腹で買うという「支援」をした方がいいかもね
文芸文庫の値段が高いのは部数が少ないってことでもある

231P ◆.uKag/vUmY 2016/04/27(水) 07:42:35.61
たぶん個人的に出来る範囲については、この板にいる人はみんなやってるんじゃないかなあ。図書館が購入するようになれば、3000部くらいのベースが出来るんですよね。

232吾輩は名無しである2016/04/27(水) 08:23:40.62
この板にいる人たちは一般人よりはるかに本を買って貢献している。

233吾輩は名無しである2016/04/27(水) 08:31:36.66
ここの本高い

234吾輩は名無しである2016/04/28(木) 00:08:49.48
素晴らしい

235吾輩は名無しである2016/04/28(木) 12:52:56.12
『深い河』創作日記 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/5/11
遠藤 周作 (著)

遠藤周作最期の、純文学書き下ろし長篇小説は、病魔と闘いながら、魂と体力のすべてをかけて書かれた。
『深い河』は遠藤周作の思考の行き着く果ての神についての、ひとつの結論であった。
構想から執筆までの苦悩。壮絶な日々。
書くこととは、神とは、を身をもって証明した著者の死後に発見された、感動の記録。


百間随筆1 (講談社文芸文庫ワイド) 文庫 - 2016/5/11
内田 百間 (著), 池内 紀 (編集)

「高利貸しに就いて」「鶴」「東京日記」他、軽妙、奇抜、ユーモアに溢れ、俳諧精神に裏打ちされた名エッセイを精選する。全二巻。


「現代の文学」月報集 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/5/11
講談社文芸文庫 (編集)

1970年代に刊行された「現代の文学」は、三島由紀夫、大岡昇平、安部公房、遠藤周作、安岡章太郎、石原慎太郎、吉行淳之介、大江健三郎ら、
現代の文学シーンを象徴する作家の代表作を選りすぐった全39巻の文学全集。
全集購読者だけの特典である「月報」には、各作家の素顔を親しい小説家や評論家が綴るエッセイが毎号掲載された。
作家たちが生々しく放つ多種多様な人物像から、現代文学を生んだ精神性と時代感覚を、ダイナミックに俯瞰する。

236吾輩は名無しである2016/04/28(木) 13:50:50.77
>>235
図書館に入る日が待ち遠しい

237吾輩は名無しである2016/04/28(木) 13:54:38.33
深い河創作日記ってキンドルで540円で読めてしまうみたいだね
一方文芸文庫だと1512円か…

238吾輩は名無しである2016/04/29(金) 00:11:24.80
文芸文庫ブランドは1000円か

239P ◆.uKag/vUmY 2016/04/29(金) 00:29:47.14
ていうかさ、このスレで僕が書籍価格の原価率について書いたら色々ウダウダ言ってきたやついるけど(恨んでないんだからね!)、講談社文芸文庫のKindle版もあまり変わらない値段なわけじゃん。そこらへんどうなの?

240吾輩は名無しである2016/04/29(金) 04:36:50.23
さすがだな

241吾輩は名無しである2016/04/29(金) 11:28:20.42
賢いP様。

242吾輩は名無しである2016/05/02(月) 16:39:51.88
なぜ文庫なのか

243吾輩は名無しである2016/05/02(月) 20:33:21.50
そう思いながら今夜もページをめくるのであった

244P ◆.uKag/vUmY 2016/05/03(火) 00:57:28.29
僕も出来れば全ての本を文庫で読みたい。ハードカバーの有り難さとかまったく理解できない。

245吾輩は名無しである2016/05/03(火) 07:14:54.42
ただし研磨はやめてほしい
ページがめくりづらい

246吾輩は名無しである2016/05/03(火) 07:20:16.44
かといって手垢で黒ずんだの売るわけに行かないしで悩ましい

247吾輩は名無しである2016/05/03(火) 07:21:17.19
漫画?

ハードカヴァーは僕も嫌い。

249吾輩は名無しである2016/05/03(火) 07:27:32.08
ヘアドカヴァア

250吾輩は名無しである2016/05/03(火) 07:27:40.07
文庫だと持って歩けるからいいよね。
電車とか喫茶店とか、ちょっとしたときに読める。
好きな本をいつでも読める幸せ。

251吾輩は名無しである2016/05/03(火) 07:57:01.16
研磨本はばんばん裁断自炊してしまう

252吾輩は名無しである2016/05/03(火) 08:04:47.04
文芸文庫はスキャナ読み取りも読みやすく仕上がります
ただ、周囲余白が茶色く色褪せてると、黒く認識してしまうので、
読み取る前に余白の箇所も切り落として活字の部分のみにして
スキャナ読み取りさせています
活字も裁断しそうでハラハラドキドキものです
別に文芸文庫に限ったことではないですね

253吾輩は名無しである2016/05/03(火) 08:14:47.07
よくそういうめんどくさいことやるよなあと感心。

254吾輩は名無しである2016/05/03(火) 08:28:28.25
読むよりも手作業が好きなタイプなのです

255吾輩は名無しである2016/05/03(火) 08:36:30.38
それ自体が趣味的な感じか?
俺もハードカバーの新刊買うのが趣味だわ
大抵読まないで積んじゃうんだけど

ヒャァドキャヴァ。

257吾輩は名無しである2016/05/03(火) 20:32:53.55
ハードカバーは単純に読み難い

258吾輩は名無しである2016/05/03(火) 21:44:52.01
文庫万歳

259吾輩は名無しである2016/05/03(火) 23:05:10.66
文庫の字は読みづらい。大型の文庫本を希望。

260吾輩は名無しである2016/05/03(火) 23:33:01.83
講談社文芸文庫ワイドがまさにそれではないか

261吾輩は名無しである2016/05/04(水) 08:05:27.19
コツコツ自炊してタブレットサイズで読むよろし
寝落ちすると顔面に落下するぜ

262吾輩は名無しである2016/05/04(水) 08:49:52.18
失明するぜ

263吾輩は名無しである2016/05/04(水) 14:40:00.25
充電するぜ

264吾輩は名無しである2016/05/04(水) 18:11:44.36
ワイド版はいい企画だ、これから高齢化社会が進行すると、需要は益々
高まるだろう、それに文芸文庫や岩波のようなハイ・ブラウな文庫は
もともと年齢の高い層をターゲットにしているので、文庫の路線ともマッチしている。

265吾輩は名無しである2016/05/04(水) 18:40:25.32
爺は時代小説きちがい

266吾輩は名無しである2016/05/04(水) 21:45:16.86
ダンカイはロック・ジェネレーション

267吾輩は名無しである2016/05/04(水) 22:21:10.01
俺たちガキは萌え勃起!

268吾輩は名無しである2016/05/05(木) 03:27:04.15
世代にわかれて悪口言ってるの悲しい。

269吾輩は名無しである2016/05/05(木) 03:35:10.59
せめて本を読む人たちだけでも、仲良く、心穏やかに、平和でいられたら、と思います。

270吾輩は名無しである2016/05/05(木) 08:37:11.32
世代に分かれるというか、図書館使うやつを叩いてるだけ

271吾輩は名無しである2016/05/05(木) 08:50:35.59
図書館も古本屋も大手書店もAmazonもみんな使うで?

272吾輩は名無しである2016/05/05(木) 08:56:15.35
>>271
そうですよね。

273吾輩は名無しである2016/05/05(木) 08:59:43.75
近所の図書館はベストセラーしか置いてないから使わない

274吾輩は名無しである2016/05/05(木) 09:25:01.47
>>273
文芸誌とか絶版の本とか、読まれないんですか。

275吾輩は名無しである2016/05/05(木) 09:48:12.57
絶版の本が「汚くなったから」という理由で
廃棄本コーナーにあったのをもらってきたことがある

276吾輩は名無しである2016/05/05(木) 10:41:04.16
図書館叩きスレを作ればいいんじゃないかな。
文芸文庫の話をしよう。

277吾輩は名無しである2016/05/05(木) 10:54:00.22
今月一冊買いました。

278吾輩は名無しである2016/05/06(金) 17:17:50.24
今年一冊買いました。

279吾輩は名無しである2016/05/06(金) 17:25:44.21
年に一冊くらいしか買わない。
他の本買うから。

280P ◆.uKag/vUmY 2016/05/06(金) 23:29:30.12
講談社文芸文庫が廃刊したら、「文学は終わった」って心を込めて言えるよな。

281吾輩は名無しである2016/05/07(土) 07:38:00.45
むしろ始まった

282吾輩は名無しである2016/05/07(土) 08:03:28.47
どっちやねんwwwwwwwwwwwwwwww

283吾輩は名無しである2016/05/07(土) 10:18:56.82
明治以降の近代文学がおわり、新しい文学が起こりつつある時代
だからどっちも正しい

284P ◆.uKag/vUmY 2016/05/07(土) 19:16:54.66
新しい文学が起こりつつあるのは本当に本当なんですか?

285吾輩は名無しである2016/05/07(土) 20:00:15.53
USO

286吾輩は名無しである2016/05/07(土) 20:49:48.77
>>284
現在進行中だから、花が咲くか途中で枯れてしまうか不明。
作品は書かれているんだから期待してもいい。
しかし経済と同じで長期低迷時代に入っているような気もする。
文化にも興隆と衰退のサイクルがあるような気がする。

287吾輩は名無しである2016/05/07(土) 21:17:18.65
ワクワクするなあ

288吾輩は名無しである2016/05/07(土) 21:37:57.90
ドキドキ

289吾輩は名無しである2016/05/07(土) 21:39:17.09
ムラムラ

290吾輩は名無しである2016/05/07(土) 21:49:01.13
キュンキュン

291吾輩は名無しである2016/05/08(日) 03:49:17.66
俺の得意技は酔態と拘留

292P ◆.uKag/vUmY 2016/05/09(月) 09:27:16.92
>>286
過去の文学をきちんと咀嚼した上で新しい文学を作って欲しい、と僕は今の作家たちに対して思います。中上健次も言ってました。反発しても軽蔑してもいいから、とにかく一度は通過して欲しい、みたいな事を。

293吾輩は名無しである2016/05/09(月) 19:47:16.50
2016年05月01日(日) 村上龍 「こんな小説は書けない」と村上龍を打ちのめした傑作短編集講談社文芸文庫・私の一冊
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48472

このエッセイのために、久しぶりに各短編を読んでみた。だが、今読み返すと、何かが違う気がした。
何なのか、最初わからなかった。南紀州の無頼の男と流れ者の女の性行為が執拗に描かれる、という風に評されている。

だが「南紀州」ではなく「近畿・紀伊半島南部地方」と記すと印象が違ってくる。
「無頼の男」だと、どことなくかっこいいが、「低学歴の肉体労働者」「貧困層」などと表現すると、インパクトがなくなる。

「流れ者の女」だと、訳ありの艶っぽい女が目に浮かぶが、
「無職・住所不定でセックス依存症の女」と記すと、精神が不安定で貧相な女を想起してしまう。
さらに「性行為」ではなく、今風に「エッチ」だと、『水の女』の衝撃は完全に違うものに変質する。

違和感の正体は、中上健次が描き出した世界はもう存在しないということだった。
ただし、だから作品として価値が薄れるということではもちろんないし、
また、消滅した世界だから後世に残すという新しい価値が生まれるというわけでもない。

『水の女』は、時代に関係なく「自律」して存在している。性行為の描写は独特で、冷酷な印象もあるし、優しさも感じる。
登場人物たちの行為は「エッチ」ではないし、「セックス」とも違う気がする。

中上健次は「交接」という言葉を使っているが、問題の核心は、性行為を表す言葉ではない。
「冷酷さ」と「優しさ」が溶け合っていて判別がつかない性愛、それが『水の女』の最大の魅力だということだ。

最初に読んだとき、畏怖の念に打たれた。
すごいと思い、こんな小説は自分には絶対に書けないと、打ちのめされたような気分になった。
だが、しばらくすると、自分もこういう小説を書いてみたいと思うようになった。

「こういう小説」というのは、冷酷さと優しさが溶け合って、精神の「闇」が魅惑的に浮かび上がってくる、そんな作品だ。
まったく別の方法論、文体で書こうと決めて、数年後、わたしは『トパーズ』という連作短編を書きはじめることになる。

294吾輩は名無しである2016/05/10(火) 22:09:01.58
  / ̄ ̄ ̄ ̄ \  =ャ=ャ =ャ=ャ
   |  (゜)   (。).|    =ャ=ャ
   |┌  ⊂⊃ ┐|   =ャ =ャ=ャ=ャ
   |  \___/ |  =ャ=ャ =ャ =ャ
   \  \|/ / 
    /       \

295吾輩は名無しである2016/05/11(水) 11:41:25.44
講談社文芸文庫ベスト10
(順不同)
花田清輝『復興期の精神』
野坂昭如『人称代名詞』
田中小実昌『アメン父』
磯田光一『思想としての東京』
岡本太郎『原色の呪文』
橋川文三『日本浪曼派批判序説』
小島信夫『美濃』
メルヴィル『白鯨』
藤枝静男『愛国者たち』
後藤明生『首塚のアドバルーン』
http://ask.fm/hahaha8201/answers/136362627851

白鯨って他の文庫にも出てなかったっけ?
それよりも野坂昭如ってやっぱ評価高いのね。
火垂るの墓積んでるわ。

297吾輩は名無しである2016/05/13(金) 00:57:17.83
白鯨は千石訳が受けているんだよ

そうなんだ、よく見るけど面白いんかな。
ブンゲーブンコは欲しいのあって金が足りんわ。

299吾輩は名無しである2016/05/15(日) 07:48:35.34
同じ著者のものが新潮文庫は半額で買える、買うのは新潮文庫、借りるのは文芸文庫

300吾輩は名無しである2016/05/15(日) 09:16:33.01
300

301吾輩は名無しである2016/05/15(日) 20:31:17.59
1998-03-01 若い読者よ! 柄谷行人厳選50冊
http://d.hatena.ne.jp/sasaki_makoto/19980301
講談社文芸文庫 創刊10周年記念

単純な生活 阿部 昭/終りし道の標べに 安部公房
紫苑物語 石川 淳/思想としての東京 磯田光一
漂民宇三郎 井伏鱒二/由熙 ナビ・タリョン 李良枝
雨の音 宇野千代/桜島・日の果て・幻化 梅崎春生
白い人・黄色い人 遠藤周作/成熟と喪失 江藤 淳
妖・花食い姥 円地史子/万延元年のフットボール 大江健三郎
三匹の蟹 大庭みな子/中原中也 大岡昇平
日本近代文学の起源 柄谷行人/絶望の精神史 金子光晴
浅草紅団・浅草祭 川端康成/抱擁家族 小島信夫
不意の声 河野多恵子/信長・イノチガケ 坂口安吾
夕べの雲 庄野潤三/贋学生 島尾敏雄
自由の彼方で 椎名麟三/司馬遷 史記の世界 武田泰淳
魯迅 竹内 好/さようなら、ギャングたち 高橋源一郎
黒髪・別れたる妻に送る手紙 近松秋江/光の領分 津島佑子
波うつ土地・芻狗 富岡多恵子/仮想人物 徳田秋声
熊野集 中上健次/村の家・おじさんの話・歌のわかれ 中野重治
中原中也全詩歌集 上・下 中原中也/光と風と夢・わが西遊記 中島 敦
暗い絵・顔の中の赤い月 野間 宏/祭りの場・ギヤマンビードロ 林 京子
七・錯乱の論理・二つの世界 花田清輝/水 古井由吉
田紳有楽・空気頭 藤枝静男/横しぐれ 丸谷才一
蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ 室生犀星/われ逝くもののごとく 森 敦
ガラスの靴・悪い仲間 安岡章太郎/暗室 吉行淳之介
西行論 吉本隆明/上海 横光利一
戦艦大和ノ最期 吉田 満/サハリンへの旅 李恢成
響きと怒り フォークナー 高橋正雄訳

302吾輩は名無しである2016/05/15(日) 22:17:13.04
若い読者よ!岩波文庫を読め!

303吾輩は名無しである2016/05/16(月) 13:29:26.14
読めば読むほど幸せさイエーイ

ゲンイチロー・タカハシ先生の作品が入ってて安心した。

305吾輩は名無しである2016/05/16(月) 19:04:28.52
ジョン万次郎VSロシア人

306吾輩は名無しである2016/05/19(木) 14:51:01.07
そのまま『靖国通り』に出て、まずは西側方面へ。
「山陽堂書店」(2013/09/03参照)店頭箱に300円で講談社文芸文庫が放出されているのを発見し、
「氏神さま・春雨・耳学問/木山捷平」「白い屋形船・ブロンズの首/上林暁」の二冊を計602円で購入する…この二円は何だろう?
http://furuhonya-tour.seesaa.net/archives/20160502-1.html

307吾輩は名無しである2016/05/19(木) 17:30:05.04
それをその場で店主に言えば600円になったのにぃ

308吾輩は名無しである2016/05/25(水) 14:32:50.31
文芸文庫は買うもんじゃねえ。
借りるもんだ。

309吾輩は名無しである2016/05/25(水) 14:38:02.85
文芸文庫は買いもしないし借りもしないが、家に結構あるな。
何故かは分かるよな?

310吾輩は名無しである2016/05/25(水) 14:39:01.48
万引き乙。

311吾輩は名無しである2016/05/25(水) 15:04:02.49
貰いものだよ〜ん

312吾輩は名無しである2016/05/25(水) 16:52:03.74
「若い詩人の肖像」伊藤整
「雪女」和田芳恵
「夜の靴」横光利一
「おせい」葛西善蔵
「冬の宿」安部知二
「いのちの初夜」北條民雄
「落穂拾い」小山清
「水」佐多稲子
「美しい女」椎名麟三
「補陀落渡海記」井上靖
「萩のもんかきや」中野重治
「婉という女」大原富枝
「山之口貘詩集」
「幻化」梅崎春生
「対馬まで」金達寿
「世の中へ」加能作次郎
「霧の中」田宮虎彦
  ↑
名作だよ。
講談社文芸文庫であるから読んでみ。

313吾輩は名無しである2016/05/25(水) 17:04:26.15
阿部知二でした。すみません。

314吾輩は名無しである2016/05/25(水) 17:06:48.32

315吾輩は名無しである2016/05/25(水) 20:28:58.54
行きつけの図書館には文芸文庫がほとんどそろっているけど、
そうするといつでも読めるという心理が働いて読みたいという気持ちが起こらないんだな。
読書のためには飢餓感が必要だ。本がない人が羨ましい。

316吾輩は名無しである2016/05/25(水) 20:50:31.16
コンプ欲について
.
人の心理として、シリーズ物はコンプ(コンプリート)すると気持ちが良いというのはあると思います。

特定の演奏家による交響曲集など連番ものや、

◯◯三部作とかのようなものは、買い揃えると満足感も生まれることでしょう。

みなさんは

収集しているうちに残り枚数が少なくなってきて、もう少しでコンプリートの状態になったら興味のない曲でも買ってしまいますか?

それとも、気に入らない演奏があったら「そんなものはいらない」と、手持ちのライブラリーが歯抜けになっても気になりませんか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1489934204

そういうのは全くないですね〜
CDでも何でも、コンテンツが好きだから買うって感じ
好きなじゃければ買わないし
そもそも物をコレクションとかしないし

男性はなんかそういうの好きな人多そうですよね(笑)
ウルトラマン(古)とか、ビックリマンチョコ(古)とか
なんだかんだ収集したがる人多いですよね

317吾輩は名無しである2016/05/25(水) 20:55:20.63
昆布なら旬の時期に買えば足りる

318吾輩は名無しである2016/05/25(水) 21:18:09.67
高いし紙質悪いし良いと思えない

319吾輩は名無しである2016/05/25(水) 21:46:10.82
イソップの狐のセリフだな

320吾輩は名無しである2016/05/25(水) 21:50:52.64
ぼろ儲けだぜ

僕の行きつけの大森西図書館には文藝文庫は死霊しかありません。

322吾輩は名無しである2016/05/25(水) 23:36:28.56
ぷふい

323吾輩は名無しである2016/05/26(木) 06:56:07.59
>>315
なんかわかる。

324吾輩は名無しである2016/05/26(木) 09:11:38.41
高い

325吾輩は名無しである2016/05/26(木) 09:43:09.09
文芸文庫を買う人の気が知れない。
私的には、吉田健一の未収録エッセーをあつめたんがあるが、あれだけは絶版になる前に
買う価値がある。古書としても値上がりが期待できる。

326吾輩は名無しである2016/05/26(木) 09:46:01.39
ブランド力()

327吾輩は名無しである2016/05/26(木) 09:54:50.11
大江のフットボールが1800円ぐらいするのは本当にキレそうになる

328吾輩は名無しである2016/05/26(木) 09:59:28.08
大江の叫び声も短編並みに短いからあとがきと解説と年表いれて無理矢理ページ増やして1000円以上とるとか舐め過ぎ

329吾輩は名無しである2016/05/26(木) 10:29:46.13
読者から搾取して講談社社員の高給に化ける。

330吾輩は名無しである2016/05/26(木) 12:50:00.35
文芸文庫でしか読めない作品もあるからな。

ゲンイチロー・タカハシセンセの三部作とかな。

332吾輩は名無しである2016/05/26(木) 14:58:58.97
「アルゴナウティカ」とかな。

アナルホッテカ?

欲しい物ならある程度の金ぐらい出せるだろ。
出せないって事は、そこまで欲しくないって事だ。

335吾輩は名無しである2016/05/26(木) 20:40:43.21
買おうが借りようが、読めりゃいんだよ。

336吾輩は名無しである2016/05/26(木) 20:42:25.63

337吾輩は名無しである2016/05/26(木) 20:43:18.13
そりゃ1冊なら買っちゃうけど他に欲しい本ある中だと迷うわな
どうしても「これ買うお金であれ2冊買えるー」とか考えちゃうわけで

338吾輩は名無しである2016/05/26(木) 20:49:18.52
たしかに。

339吾輩は名無しである2016/05/26(木) 21:39:27.93
        ./ \Yノヽ
       / ( )( )ヽ
     /  ⌒`´⌒ \   
     | , -)    (-、.|
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /

340吾輩は名無しである2016/05/26(木) 21:43:32.09
部数が見込めないので
単行本並みに高くて
雑誌並みに紙質悪くても仕方ない

341吾輩は名無しである2016/05/26(木) 21:56:14.71
河出文庫のわら半紙みたいなのよりはマシ。

342吾輩は名無しである2016/05/26(木) 21:58:27.04
ぺらっぺらの薄い紙って安いのかな?

343吾輩は名無しである2016/05/26(木) 22:30:10.31
劣化が激しいのは河出と幻冬舎、講談社文芸文庫だな。
そのあとに中公、筑摩、角川って感じ。

344吾輩は名無しである2016/05/26(木) 22:41:55.72
印刷面は読みにくいくせに、カバーだけは立派、
厚化粧の、オールドミスみたいだ。

345吾輩は名無しである2016/05/27(金) 00:02:20.80
100円均一で講談社文庫を買います

346P ◆.uKag/vUmY 2016/05/27(金) 00:34:01.36
>>315
そんな最高な図書館あるんですか。その町に住む理由になるわ。

347吾輩は名無しである2016/05/27(金) 06:39:33.22
ネトウヨはあまりにもダサいから、そういう奴が文学板で大きな顔をしてると板のレベルが下がるから書き込まないで欲しいんだよね。

348吾輩は名無しである2016/05/28(土) 17:26:37.68
ほほう興味深いね

349吾輩は名無しである2016/05/28(土) 18:13:40.43
ぽぽる

350吾輩は名無しである2016/05/29(日) 18:30:52.41
行きつけの図書館がどういう蔵書を持っているか、知的生活を左右する
問題である。年金生活にも影響する。

351吾輩は名無しである2016/05/29(日) 18:35:37.77
貸出実績の数字狙いのベストセラーばかりで
図書館なんか廃止しろといいたくなる

352吾輩は名無しである2016/05/29(日) 22:10:15.38
スレチ

353吾輩は名無しである2016/05/29(日) 22:26:57.79
うせろアナル特攻隊

354吾輩は名無しである2016/05/29(日) 23:07:25.30
30万人ぐらい規模の市だけど
読みたい本は8割ぐらい図書館で事足りる

最近借りたのは
『ニューヨーク革命計画』 ロブ=グリエ
『パリ日記』 ユンガー

古書価が高くて場所を取る上にこの先読み返す事もないだろう、みたいな類いの本を
図書館で借りる事が出来るのは本当にありがたい
でも、文芸文庫は手触りが好きだから買ってる

355吾輩は名無しである2016/05/29(日) 23:08:19.09
先読み返す事もないような本は最初から読まない

356P ◆.uKag/vUmY 2016/05/29(日) 23:13:16.68
講談社文芸文庫を多くの図書館が軽く見ている事については批判すべきだと思うよ。改めて言うが、内容を吟味せずにすべてを購入しろ。内容を吟味する能力やリソースがあなたたちにないのは明らかだ。

357P ◆.uKag/vUmY 2016/05/29(日) 23:13:56.88
講談社文芸文庫はすべて買ってよし!

358P ◆.uKag/vUmY 2016/05/29(日) 23:16:11.30
所蔵しているハードカバーや全集と重複している場合は省いてもいいかな。文芸文庫の恩恵にすべての国民があやかれるようにするべき。それが図書館の存在意義だろ。

359吾輩は名無しである2016/05/30(月) 06:00:13.60
子供だましだね

360吾輩は名無しである2016/05/30(月) 08:56:48.93
40万の市だけどこんな本が!と、ゆうのも、図書館にあるね、
最近借りたのは、野口武彦『王道と革命の間』、古書では目が飛び出るほど
高い。好い図書館のある町に住みたい。

361吾輩は名無しである2016/05/30(月) 09:02:03.09
図書館で借りて読んで面白い本は買うこともある。

362吾輩は名無しである2016/05/30(月) 09:25:23.07
働けカス

363吾輩は名無しである2016/05/30(月) 09:32:02.27
スレチ乙。

364吾輩は名無しである2016/05/30(月) 12:19:59.61
つか、いい加減にしろ

365吾輩は名無しである2016/05/30(月) 21:39:49.69
>>327
>大江のフットボールが1800円
昔は普通の文庫並の価格で講談社文庫で出ていた、グリーンのカバー、
それが文芸文庫になると、単行本並の価になる。
文芸文庫はアベノミックスに貢献している、大体出版界はインフレ傾向、
しかし本が売れないのは本の質が劣化しているため、新刊の小説に読むべきものは
ほとんどない、文芸文庫は昭和文学の落穂拾い。

366吾輩は名無しである2016/05/31(火) 03:10:37.93
石川淳の短編作品なんか、文芸文庫くらいでしか読めんだろ。

367吾輩は名無しである2016/05/31(火) 06:14:49.06
後藤明生があるのは貴重。

368吾輩は名無しである2016/05/31(火) 07:19:36.06
古井由吉も

369吾輩は名無しである2016/05/31(火) 10:28:39.33
俺は文芸文庫を買おうかという場合アマゾン等で単行本の古書と比較する

基本古書は苦手なのだが
初版未読格安などというものがあり
得した感がハンパない場合もある

文庫は買うけど、二千円近くする単行本を買う気が起こらない。
数年待てば安い文庫になるし。

371吾輩は名無しである2016/05/31(火) 10:55:47.36
講談社文芸文庫の話じゃないんですか

372吾輩は名無しである2016/05/31(火) 12:25:42.40
ページをめくっていると見開きのど真ん中から噴水が
水芸文庫

373吾輩は名無しである2016/05/31(火) 13:53:12.97
濡れて本が駄目になるじゃん

374吾輩は名無しである2016/06/03(金) 08:45:53.49
明治深刻悲惨小説集 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/6/11
齋藤 秀昭 (著), 泉 鏡花 (著), 樋口 一葉 (著), 田山 花袋 (著), 徳田 秋声 (著), 川上 眉山 (著), 広津 柳浪 (著), 小栗 風葉 (著),
講談社文芸文庫 (編集)

白暗淵 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/6/11
古井 由吉 (著)

故人 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/6/11
坂上 弘 (著)

あまりに野蛮な 上 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/7/9
津島 佑子 (著)

あまりに野蛮な 下 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/7/9
津島 佑子 (著)

思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/7/9
夏目 漱石 (著)

375吾輩は名無しである2016/06/03(金) 09:12:30.67
>>374
定価も記してね、見え透いた子供ダマシはやめろ

376吾輩は名無しである2016/06/03(金) 12:16:55.27
ワロタ

377吾輩は名無しである2016/06/03(金) 12:22:19.49
古井とか他で出ないようなのが高いのは分かる、というか仕方ない気もするが、
明治深刻悲惨小説集=1944円などというような
他社でも通常の文庫価格で出そうなものまで高いのは便乗にしか思えない

378吾輩は名無しである2016/06/03(金) 12:37:38.48
講談社一発芸文庫

379吾輩は名無しである2016/06/03(金) 22:31:13.75
>>377
>明治深刻悲惨小説集
何文庫で出るんだよww
こんなのこそ文芸文庫でしか出ねえだろ

380吾輩は名無しである2016/06/03(金) 22:36:35.67
>>379
筑摩が好きそうな感じじゃね?

381吾輩は名無しである2016/06/03(金) 22:50:20.25
ブックオフの100円コーナーにある古い文学全集の片隅にけっこうありそうなのが2000円の文庫で売られている

382吾輩は名無しである2016/06/03(金) 23:03:47.91
講談社インフレ文庫
アベ首相「国民のみなさーん、インフレ文庫をどんどん買って、賢くなって、
ブッカをどんどん上げましょう、そうすればみなさんの賃金も株価もどんどん上がります、
デフレから脱却するためには、インフレ文庫!インフレ文庫万歳!

383吾輩は名無しである2016/06/03(金) 23:06:09.54
文庫万歳三唱してしまいます。うふふ

384吾輩は名無しである2016/06/03(金) 23:18:44.87
>>379
知らないんなら黙ってろ

385吾輩は名無しである2016/06/04(土) 09:43:15.52
「明治深刻悲惨小説集」金持ちが貧乏人の生活をのぞき見する楽しみ

386吾輩は名無しである2016/06/04(土) 10:46:18.84
わざわざ文芸文庫で漱石を読む人間は間違いなくブルジョア

387吾輩は名無しである2016/06/04(土) 12:18:10.86
ブルジョアは岩波の全集を予約してるよ、多分

388吾輩は名無しである2016/06/04(土) 12:34:09.15
書架の文芸文庫を整理するとき、勝ち組を自覚する(ニンマリ)

389吾輩は名無しである2016/06/04(土) 12:53:49.73
文芸文庫でご飯炊いているよ

390吾輩は名無しである2016/06/04(土) 22:22:41.09
初夏の文芸文庫を整理するとき、カビ臭さを自覚する(ドンヨリ)

391吾輩は名無しである2016/06/05(日) 08:21:00.84
講談社文庫
講談社学術文庫
講談社文芸文庫

どれも背表紙が激しく色褪せする

392吾輩は名無しである2016/06/05(日) 15:30:32.87
漱石の硝子戸の中なんて岩波や新潮で腐るほどあんのにわざわざ文芸文庫で買うバカいないだろ
マニアックなものが高いのはわかるが漱石にしろ堀辰雄の風立ちぬにしろ超メジャーなものを他社より高い値段で出す思惑がわからん

393吾輩は名無しである2016/06/07(火) 10:05:32.78
書店の文芸文庫の棚の前に立つとき、プライドを刺激される。

394吾輩は名無しである2016/06/08(水) 23:15:12.40
本棚見たら30冊以上あるなあ
捨てたのもあるからだいぶ買ったなあ

川崎長太郎というのが面白いから探したら これもここしかないなあ
1冊1500円なんだよなあ しょうがないなあ

395吾輩は名無しである2016/06/09(木) 06:20:57.84
明治深刻悲惨小説集 (講談社文芸文庫)2016/6/11

タイトル気になって見てみたら、半分くらいは読んだことあるw
買うか微妙な内容。

396吾輩は名無しである2016/06/09(木) 11:26:02.85
気が滅入りそう(笑)

397吾輩は名無しである2016/06/09(木) 12:17:48.53
ありがとう

398吾輩は名無しである2016/06/20(月) 13:23:47.67
明治深刻悲惨小説集 (講談社文芸文庫)
出版社: 講談社 (2016/6/11)

初出:各話の底本は以下の通り。
川上眉山「大さかずき」…『日本現代文学全集11 山田美妙・広津柳浪・川上眉山・小栗風葉集』1968年8月 講談社、

泉鏡花「夜行巡査」…『新編 泉鏡花集』第三巻 2003年12月 岩波書店、

前田曙山「蝗うり」…『新 日本古典文学大系 明治編21 硯友社文学集』2005年1月 岩波書店、

田山花袋「断流」…(※全集未収録のため初出誌)「文芸倶楽部」1896(明治29)年2月、

北田薄氷「乳母」…『新 日本古典文学大系 明治編23 女性作家集』2002年3月 岩波書店、

広津柳浪「亀さん」…『定本 広津柳浪作品集』上巻 1982年12月 冬夏書房、

徳田秋声「藪こうじ」…『徳田秋聲全集』第1巻 1997年11月 八木書店、

小栗風葉「寝白粉」…『明治文学全集65 小杉天外・小栗風葉・後藤宙外集』1968年10月 筑摩書房、

江見水蔭「女房殺し」…『新 日本古典文学大系 明治編21 硯友社文学集』2005年1月 岩波書店、

樋口一葉「にごりえ」…『日本近代文学大系』第8巻 1970年9月 角川書店。

399吾輩は名無しである2016/06/20(月) 19:40:34.47
少なくとも「夜行巡査」と「にごりえ」は要らないな

400吾輩は名無しである2016/06/20(月) 19:43:29.67
400

401吾輩は名無しである2016/06/20(月) 22:00:35.19
ひとの褌で相撲を取る、セコイ商法の見本だ、自分は汗を流さず分け前に
与ろうとういう魂胆、現代の風潮をあらわしているな。

402吾輩は名無しである2016/06/21(火) 22:35:13.07
花袋のを載せるのは
「汗を掻いた」仕事だと思うが。

403吾輩は名無しである2016/06/22(水) 23:40:37.75
花袋一作のために、2000円払うのか

404吾輩は名無しである2016/06/22(水) 23:51:44.62
花袋なんかゴミだろw

405吾輩は名無しである2016/06/23(木) 07:24:38.58
今日はゴミ収集の日であることを思いだした、アリガトウ

406朝日南京捏造2016/06/23(木) 07:40:00.98
新聞購読を止めて、月3000〜4000円、年間36000〜48000円の節約

その上消費税増税の世論工作の影響力が減って一石二鳥

これはもう新聞購読を止めるしかない

407吾輩は名無しである2016/06/23(木) 08:21:53.42
おせーよ

408吾輩は名無しである2016/06/23(木) 08:57:38.30
確かに(笑)

409吾輩は名無しである2016/06/23(木) 09:43:00.81
読売毎日朝日は全部焼き払え!

信じられるのは聖教新聞のみ!

410吾輩は名無しである2016/06/23(木) 12:30:43.67
まさに炎上してますな。もっとやれ

411吾輩は名無しである2016/06/23(木) 12:38:36.90
ミドルマーチ。。。復刊よろしく!

412May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/06/30(木) 18:48:52.37
講談社文芸文庫 私の一冊『鉄仮面』 by村上春樹
http://bungei-bunko.kodansha.co.jp/recommendations/1.html

あの村上春樹がここまで褒めるのだから興味が湧く。今度買おかな。

413吾輩は名無しである2016/06/30(木) 23:45:39.60
ダルタニアン物語、全部出せよ

414吾輩は名無しである2016/07/07(木) 21:08:42.81
戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫ワイド) 文庫 - 2016/7/9
吉田 満 (著)
¥ 1,080

星に願いを (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/8/11
庄野 潤三 (著)
¥ 1,728

我が愛する詩人の伝記 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/8/11
室生 犀星 (著)
¥ 1,620

天界と地獄 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/8/11
スエデンボルグ (著), 鈴木 大拙 (翻訳)
¥ 2,376

415吾輩は名無しである2016/07/08(金) 01:35:40.24
調子に乗ってるな

416吾輩は名無しである2016/07/25(月) 08:33:04.73
袋小路の休日 (講談社文芸文庫ワイド) 単行本 - 2016/9/8
小林 信彦 (著)
¥ 1,404

東京の横丁 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/9/10
永井 龍男 (著)
¥ 1,728

苦心の学友 少年倶楽部名作選 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/9/10
佐々木 邦 (著)
¥ 1,836

417吾輩は名無しである2016/07/25(月) 10:54:33.05
ボッタクリ文庫

418吾輩は名無しである2016/07/25(月) 14:55:06.52
>>39
編集者が適当なところで改行をしていたという話は、本当かな?
ひらがなが漢字になっていたりして、見比べると面白いね

http://www.wadaryu.com/blog/data/upfile/252-1.jpg
http://www.wadaryu.com/blog/data/upfile/252-2.jpg

419吾輩は名無しである2016/07/25(月) 17:58:57.28
毎月出版する作品は、どうやって決めているのだろう。

岩波文庫のようなリクエスト復刊とかもあるのだろうか。

420吾輩は名無しである2016/07/25(月) 19:56:46.56
欲しいのないな〜

421May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/07/25(月) 19:58:45.99
吉田知子「お供え」の文芸文庫verを近く買う予定。
「日本難民」って長編が面白かったので。寓話的で好み。

422吾輩は名無しである2016/07/25(月) 23:03:51.44
外文をもっと出して欲しい
イーブリン・ウォーの名誉の剣とか出してくれんかね
白水社の短編集がそこそこ売れてるみたいだし

423吾輩は名無しである2016/07/28(木) 13:21:09.58
久しぶりに後藤明生でも読もうかな。

424吾輩は名無しである2016/07/28(木) 13:49:03.87
この文庫どんだけ庄野潤三好きやねん

425吾輩は名無しである2016/07/28(木) 19:09:49.80
誰か編集者で熱狂的ファンでもいるんじゃないの。

426吾輩は名無しである2016/07/29(金) 07:16:25.58
吉田健一も。しかし庄野と云い吉田と云い趣味はいいよな。
マイナーだけどコアな読者層をターゲットにしたのが成功の秘訣だろう。

427吾輩は名無しである2016/07/29(金) 07:26:02.55
高くても他では出さないような作家の本を出しているのは評価できる。
しかも文庫本だと手軽に外でも読めるし。

428吾輩は名無しである2016/07/29(金) 09:01:15.37
貴重

429吾輩は名無しである2016/07/30(土) 07:00:42.45
鰻重

430吾輩は名無しである2016/07/30(土) 16:58:58.08
文芸文庫やちくま文庫、文芸誌をたくさん置いている古本屋を見つけた。

431May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/07/30(土) 17:02:08.44
>>429 土用丑の日。
>>430 裏山....。

432吾輩は名無しである2016/07/30(土) 18:28:59.90
うなぎたべたい

433吾輩は名無しである2016/07/30(土) 18:30:00.67
一回食べたらもういいやって感じ。

434吾輩は名無しである2016/08/02(火) 23:14:39.72
>>423

後藤明生って人気ないのでしょうか?
『吉野太夫』が文芸文庫で復活しないかと。

435吾輩は名無しである2016/08/03(水) 01:45:44.50
>>434
あまり人気ないんじゃないですかね。
自分はゴーゴリ好きなので、そこから読みはじめた感じです。

436吾輩は名無しである2016/08/03(水) 03:28:56.47
柄谷経由で読んだなあ、挟み撃ち
後藤くらいだと糞高い文芸文庫買わずとも古本屋に行けば単行本だけど200円くらいで買える

437吾輩は名無しである2016/08/03(水) 08:44:29.96
>>436
なわけない
後藤明生の古本は高騰してることで有名

だが遺族がKindle版を出してるのでそれをオススメ
前は激安だったが今見たら少し高くなってるね。買っときゃよかった
吉野大夫は800円
あ、電子書籍かよ買わねえよ的な罵倒は勘弁な

そもそもこの夏、国書刊行会から選集がでるという話があったけどあれはどうなったのか・・・

438吾輩は名無しである2016/08/03(水) 08:48:54.17
いちおう刊行予定には入ってるみたいだね
吉野大夫、これに入るかもしれんぞ
http://www.kokusho.co.jp/np/series.html

439吾輩は名無しである2016/08/03(水) 09:05:41.22
ちなみに過去に俺が吉野大夫をいくらで買ったか調べてみたらファラオ企画版の単行本で700円だった
これは再版や文庫で出てるし部数も出たから安かったんだと思う
蜂アカデミーへの報告とか壁の中とかが高い
もっともすべてKindleで手に入るようになったが

440吾輩は名無しである2016/08/03(水) 09:09:06.50
キンドルは嫌だ。

441吾輩は名無しである2016/08/03(水) 11:32:14.97
「日本人なら、KOBOだね!」

442吾輩は名無しである2016/08/04(木) 22:20:57.57
俺は楽しいぞ

443吾輩は名無しである2016/08/05(金) 07:53:11.32
それはよかった。

444吾輩は名無しである2016/08/05(金) 07:53:37.77
444

445吾輩は名無しである2016/08/14(日) 14:37:45.00
蒲生氏郷 武田信玄 今川義元 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/9/10
幸田 露伴 (著)
¥ 1,512

446吾輩は名無しである2016/08/25(木) 06:59:57.17
金井美恵子『愛の生活/森のメリュジーヌ』読んでみた
試し読みにしては1100円というのは安くないが、なかなか良かった

447吾輩は名無しである2016/08/31(水) 15:44:54.96
個人全集月報集 武田百合子全作品 森茉莉全集 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/10/8
講談社文芸文庫 (編集)
¥ 1,728

湯川秀樹歌文集 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/10/8
湯川 秀樹 (著)
¥ 1,728

スエデンボルグ (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/10/8
鈴木 大拙 (著)
¥ 1,620

月は東に (講談社文芸文庫ワイド) 単行本 - 2016/10/8
安岡 章太郎 (著)
¥ 1,404

448吾輩は名無しである2016/09/03(土) 22:36:19.99
ワイドってなに?

449吾輩は名無しである2016/09/05(月) 10:25:46.89
岩波文庫のワイド?

450吾輩は名無しである2016/09/05(月) 10:27:28.65
 「文字を大きくしてほしい」というシニア層の要望に応えつつ、若者にもアピールできるよう値段は通常版より抑えた。各1300円。

451吾輩は名無しである2016/09/05(月) 11:44:02.25
安いね。

452吾輩は名無しである2016/09/05(月) 18:38:16.71
ワイド版は最初こそ買ってたけどもう買わない
あれオフセットの版をそのまま拡大コピーしたみたいで文字が汚くて読むに堪えない
あー金の無駄だった

453吾輩は名無しである2016/09/06(火) 20:33:09.80
ボッタクリ文庫が金の無駄

454吾輩は名無しである2016/09/07(水) 02:50:06.67
安いなりってことだね。

455吾輩は名無しである2016/09/07(水) 08:25:18.49
>>450
講談社文芸文庫ワイドのほうね

456吾輩は名無しである2016/09/09(金) 23:46:30.51
あげ

457ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2016/09/10(土) 23:33:58.73
お邪魔しますよ

投票実施中 9/11(日)23:59までに投票して下さい

文学板ID制を導入に関する投票スレ [無断転載禁止]©2ch.net
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/vote/1473074707/

458吾輩は名無しである2016/10/25(火) 21:59:27.91ID:CP5bMxmE
長春五馬路 (講談社文芸文庫ワイド) 文庫 - 2016/11/11
木山 捷平 (著)

自伝的女流文壇史 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/11/11
吉屋 信子 (著)

戦後的思考 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/11/11
加藤 典洋 (著)

新撰 小倉百人一首 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/11/11
塚本 邦雄 (著)

木菟燈籠 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/12/10
小沼 丹 (著)

谷間/再びルイへ。 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/12/10
林 京子 (著)

諷詠十二月 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2016/12/10
三好 達治 (著)

抱擁家族 (講談社文芸文庫ワイド) 単行本 - 2016/12/10
小島 信夫 (著)

459吾輩は名無しである2017/01/10(火) 13:01:22.30ID:wa58k8P+
講談社大丈夫かいなw

460吾輩は名無しである2017/01/26(木) 21:34:47.91ID:ZbR7Zibp
幽 花腐し (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/1/11
松浦 寿輝 (著)

三木清教養論集 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/1/11
三木 清 (著), 大澤 聡 (編集)

日和下駄 一名 東京散策記 (講談社文芸文庫ワイド) 文庫 - 2017/1/11
永井 荷風 (著)

黄金の時刻の滴り (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/1/28
辻 邦生 (著)

K (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/2/10
三木 卓 (著)

聖火 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/2/10
モーム (著), 行方 昭夫 (翻訳)

昔話 (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/2/10
吉田 健一 (著)

笙野頼子転居小説集(仮) (講談社文芸文庫) 文庫 - 2017/3/10
笙野 頼子 (著)

小林秀雄対話集 (講談社文芸文庫ワイド) 単行本 - 2017/3/10
小林 秀雄 (著)

461吾輩は名無しである2017/02/04(土) 20:29:00.16ID:Ueh45q67
三木卓の読みたいな

462吾輩は名無しである2017/02/08(水) 18:43:02.11ID:Yo8Z7yiC

463吾輩は名無しである2017/02/08(水) 18:45:20.42ID:8LHLjN+l
ビートたけし「あああん!あべぴょん、らめえええええええ!ひぎぃ!アナルが裂けちゃううううううっ!んぐっ!あっあん!」

464吾輩は名無しである2017/02/10(金) 17:27:15.05ID:0YgLhs/K

465吾輩は名無しである2017/02/10(金) 22:15:00.60ID:YzTzHa+x
節子それ学術文庫や

466吾輩は名無しである2017/02/25(土) 12:13:21.73ID:PBrzk1tV

467吾輩は名無しである2017/02/25(土) 18:56:18.83ID:wuow+6m/
.
.
東京都三鷹市 元ニコ生主の莉里子です (整形後) http://i.imgur.com/SLcz3dS.jpg (整形前) http://i.imgur.com/zPvxpx5.png
不倫・浮気・密会・不道徳な行為は著名な小説家でしている人がいるので真似しちゃう池沼です http://i.imgur.com/vZeIuO3.png

■2015年2月 釣りニコ生主コジコジと沖縄旅行でオフパコ

2015年2月2日-3日...沖縄旅行でセックス/やり捨てされ逆ギレ
2015年2月4日.........莉里子の父親から電話があって脅されたとコジコジに放送で暴露される
2015年2月6日.........リスカ画像UP 
2015年2月9日.........ツイ全消し/コミュ爆破逃亡
http://imgur.com/a/58WQC 

■2016年6月 バンドマン兼ニコ生ツイキャス配信者と密会 その3日後に穴るセックス〜継続中
http://imgur.com/a/Lx8o2

●早川莉里子●土井莉里子●土井寧々●土井剛●早川剛●星崎●りりこ●りりこし●にゃんぱす
●ね子●にゃこ●みんち●めう●ねね●猫又●剛

※名古屋ゲイ風俗ホストとも体の関係※

468吾輩は名無しである2017/02/25(土) 18:56:32.99ID:wuow+6m/
.
.
莉里子(本人公表)1994年3月7日 or 1996年4月25日 http://imgur.com/a/oJZpv
生主時代(にゃんぱす、りりこし、莉里子)
剛 http://i.imgur.com/dQxxGuV.png  http://imgur.com/a/gPaof
 
東京都三鷹市 シティハイツ吉祥寺通り (UR賃貸)
http://i.imgur.com/UmTmbcu.jpg
http://i.imgur.com/cODTuzm.png
http://i.imgur.com/KdyuUod.png
http://imgur.com/a/eeixK (見せたがり乱交好きのメンヘラ) http://i.imgur.com/9V5mmTh.png

http://i.imgur.com/lobby7w.png
http://i.imgur.com/AdewV6O.jpg
http://i.imgur.com/YQaNYBd.png
http://i.imgur.com/pdsCXHG.jpg

莉里子 緊縛ハメ撮り師 『相馬ドリルrenji』 とラブホに2人で入って フルヌード緊縛ハメ撮り
https://pbs.twimg.com/media/CpFjMz0UEAAurD-.jpg  http://i.imgur.com/xaAhkiD.png
https://twitter.com/somadrill/status/761498960028499968
http://imgur.com/a/3dnz5
http://i.imgur.com/SAAZ0fQ.png

469吾輩は名無しである2017/02/25(土) 18:56:42.21ID:wuow+6m/
.
.
>悪質パクツイ垢(自称ハッカー)のコピーライティング特定されててワロた

@copy__writing の中の人は東京都三鷹市の莉里子
https://twitter.com/copy__writing
http://i.imgur.com/LyXsDj9.png
http://i.imgur.com/nqT3xBN.png
http://i.imgur.com/2FlhfLE.jpg
https://www.mercari.com/jp/u/446591929/ メルカリで小銭稼ぎに必死の模様


リスカ,根性焼き,乱交,飛び降り自殺,東大閉鎖病棟で隔離入院,Twitter監視,不正アクセスなど犯罪やり放題

470吾輩は名無しである2017/04/26(水) 02:19:26.09ID:Ls8xFSWX
楽天ブックスで一部の文芸文庫の本が半額で売られている。
講談社のサイトからいける。

471吾輩は名無しである2017/05/27(土) 14:05:19.37ID:kD5iIn44
アマで買った3冊のうち2冊が、パリッと糊?で2ページづつくっついてた

あー剥がしていく作業がめんどい

472吾輩は名無しである2017/05/27(土) 17:38:02.84ID:g69mUADH
それ、研磨本!

糊じゃない!

古本だったらザーメン!w

473吾輩は名無しである2017/06/04(日) 22:12:59.50ID:UnFKUqeY
おーぷん2ちゃんねるのオカルト板に行って
意味不明って検索してから260番のレス見てみ。

きっと必要なことが書いてある。

474吾輩は名無しである2017/06/18(日) 03:08:08.98ID:NxaN/5cD
トマス・ウルフの「天使よ、故郷を見よ」の上巻を買ったらかなりの当たりだった

475吾輩は名無しである2017/06/18(日) 03:15:09.68ID:Bwn2iayp
じゃあ買ってみようかな!

476吾輩は名無しである2017/06/19(月) 17:26:37.38ID:RD/nkR4k
>>475
うまくいえないけれど、ヘミングウェイやフィッツジェラルドの同世代でフォークナーに最大評価を受けた理由が今の時代には分かる気がする
ドス・パソスもそうだけど、その時代に向き合ってるというか、日本で再評価されて欲しい作家

477吾輩は名無しである2017/06/19(月) 19:44:40.88ID:PN2LiV72
ドス・パソスの目ぼしい作品も新訳で出して欲しい。
9割の作家をこき下ろすセリーヌが珍しく褒めてて印象的だった。

478吾輩は名無しである2017/06/19(月) 19:48:48.17ID:PN2LiV72
ドス・パソスは読みたいけど、
講談社文芸文庫は旧訳のくせにクソ高いからやっぱ岩波で出してほしい。

479吾輩は名無しである2017/06/19(月) 21:11:13.40ID:RD/nkR4k
フォークナー
1947 年4 月開催のミシシッピ大学の英文科の学生との質疑応答の中で、同時代作家についての彼自身の評価を問われて、
1 位トマス・ウルフ(Thomas Wolfe, 1900-38)、2 位フォークナー、3 位ドス・パソス(Dos Passos, 1896-1970)、4位ヘミングウェイ、5位スタインベックとランクづけを行ない、冒険をする勇気がないと評定されたヘミングウェイから猛烈な怒りの抗議を受け謝罪する。

ドス・パソスやフォークナーの人から敬遠される要素を煮詰めたようなところがあります
語彙は非常に多彩で、延々と列挙される描写、主人公が生まれてから3年くらいまでの感覚(視覚・聴覚・嗅覚)
副題が「埋められてしまった人生」であり、元々のタイトルは「O Lost!」であったようです
章の終わりに、「おお、とりかえしもつかぬ!」とさまざまな意味ながらO lostという言葉が繰り返されます

スコットランドとオランダの移民の父と南部に早くから住み着いたスコットランドの入植者一族の母はその双方が、受け継いだ血から来る性格を煮詰めたような個性の塊であり、主人公はその二人に生まれた天才です
ある意味ではこの天才が小説を書き始めるまでを描いたプルースト的小説でもあるでしょう
同時に、スコットランド〜オランダ〜アメリカ「北部→南部」を流浪した父親一族の流浪exileの血と、所有と利殖、鉄面皮と法律を武器とするスコットランド気質のせめぎあいを書いた小説でもあるでしょう
そこには南北戦争によって「南部の復興」に乗じて移住したヤンキーとしての父と南の旧家の母のせめぎあいでもあり、当然奴隷への視点も異なります
父は放蕩者でありながらシェイクスピアや聖書を引用して一家を照らし出す光でもあり、飲んだくれて暴力を古い、家を焼き尽くす太陽でもある
いつまでたってもstrangeな、srangerとして扱われ続ける父親は、天使の彫像を作り、赤い顔で大声で詩吟をがなりながら酒を飲み、母親はその青白く鼻だけが赤い顔を、口をすぼめてゆっくりとしゃべるsmartな、先を見通して不動産を蓄える
7人の子供たちはそれぞれの性質を受け継いで末っ子の主人公の目に映る
プルースト、セリーヌ、パソス、フォークナー、スタインベックに自分が好きな側面を持っている小説
あとユージン・オニール

480吾輩は名無しである2017/06/19(月) 21:25:04.34ID:RD/nkR4k
まったく言及されるわけではないですが、ピルグリム・ファーザーズについて思い出しました
母方のスコットランド人は迷信深さScotch superstitionを強調されます
ピルグリム・ファーザーは追放・宗教的迫害という、一個人James王による事件であったものが、彼らにとっては使命という必然に変わります
偶然を必然として、あらかじめ啓示を与えられたものとしてする予型論Typologyは1830年代のアメリカにおいて支配的であり、ホーソーンにおいて結晶化されています

O Lostという原タイトルを持ち、以上に膨大なものになるはずだった小説はそのタイトルのごとく多くのものが失われていきますが、チフスなどによる死という偶発的な出来事を必然であった、と受け止める性向が母親にあります
それは「必然」とゴチックで強調されることからも分かります
では、流浪の血を魂のそこにすこしだけ、しかし時として燃え上がる父親の側では「偶然」はどう扱われるのか
アイルランド人ではないのですが、酒を飲んで神に訴える

主人公は父親がアルコール治療施設から帰ってきて、母親を殺してやる、といきまいて押さえつけられているまさにその晩に生まれる
そしてそれを書いているのは「小説は全て自伝的である」と書く作家なのだ、というのがまたおもしろい

481吾輩は名無しである2017/06/21(水) 01:10:35.64ID:TTVBgenL
>ドス・パソスやフォークナーの人から敬遠される要素を煮詰めたようなところがあります
笑うわw
でも立ち読みしてみるよ

482吾輩は名無しである2017/10/16(月) 08:15:30.25ID:JU8NSEyk
「天使よ故郷を見よ」こりゃええわ

いいんだけど文庫で2100円はやっぱ高いなあ

483吾輩は名無しである2018/03/03(土) 07:56:58.54ID:LZi+ymQC
>482
そんなにいいですか?
25年くらい前に新潮社から出た、リバイバル復刊みたいので持っているのですが、いまだに読んでいません。

平成初期って、角川文庫もリバイバル復刊していて、今でも古書で見かけます。当時流行っていたのでしょうかね。

484吾輩は名無しである2018/03/31(土) 14:13:13.64ID:c2GhtYdB
講談社文芸文庫
【お詫びと訂正】本日3月3日付朝日新聞朝刊の講談社書籍広告中、『現代日本の批評2001-2016』の内容紹介で、
「SEALDs」が「SIELDs」と誤って表記されたまま掲載されてしまいました。
著者及び関係者の方々にたいへんご迷惑をおかけいたしました。深くお詫びし、訂正申し上げます。講談社文芸第一出版部
2018年3月2日

485吾輩は名無しである2018/04/06(金) 19:56:30.41ID:bmew0qQx
2018年5月文庫ラインアップ
崑崙の玉/漂流 井上靖歴史小説傑作選. 井上靖
群像短篇名作選 2000〜2014. 群像編集部/辻原登ほか
庄野潤三ノート. 阪田寛夫

486吾輩は名無しである2018/04/21(土) 05:58:10.27ID:T0Dgb4G6
値段が高い。

487吾輩は名無しである2018/04/21(土) 11:34:43.00ID:pOAVeMjb
その分情報量も多くないか?
論語も分厚かったけど

488吾輩は名無しである2018/04/21(土) 11:35:44.91ID:pOAVeMjb
あ、それ講談社学術文庫の方だった ごめん

489吾輩は名無しである2018/04/24(火) 18:12:49.51ID:BHUGu43j
初めて買おうとしたらけっこう高くて手が出なかった
学術文庫の方は時々買うんだが

490吾輩は名無しである2018/06/28(木) 14:46:14.78ID:poupXs8k
ワインズバーグオハイオ、文芸文庫の半値で新訳が出る

ワインズバーグ、オハイオ (新潮文庫) 新潮社 https://www.amazon.co.jp/dp/4102201513/ref=cm_sw_r_tw_awdo_c_x_cwhnBbANT9R7N

新着レスの表示
レスを投稿する