ヘンリー・ミラー Part 2

1 ◆IH9QhoIQXk 2010/09/10(金) 17:09:31

□前スレ
ヘンリー・ミラー
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1264941096/

122吾輩は名無しである2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
奥さんいっぱいいたけど、こどもはいないんだよね?
律儀に避妊するタイプだったのかな?

123吾輩は名無しである2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
ホキ徳田って、何か知らんが読んだときの響きが面白い。

124吾輩は名無しである2013/11/04(月) 13:03:34.29
 

125吾輩は名無しである2013/11/12(火) 21:04:05.69
ミラーの小説は現実を超えようとしますね。
意図的に超えるのではなくて、不意に訪れる瞬間を爆破点までもっていこうとする。
その後のカポーティだとかサリンジャーだとかオースターなんかよりも、ずっと新鮮に感じる。

126吾輩は名無しである2013/11/16(土) 21:08:52.24
ヘンリー・ミラーの英語はカッコイイもんね♪

127吾輩は名無しである2013/12/01(日) 07:24:59.05
北回帰線読み始めてみたけど頭おかしくなりそう。セリーヌやジュネと全然違う。

128ソルダード2013/12/01(日) 14:40:22.14
「南回帰線」もいいですよ。

129C浦惟顯 ◆QJRYVGlbvc 2013/12/01(日) 15:58:55.49
ミラーは『北回帰線』を書くにあたって『夜の果てへの旅』の影響を受けててセリーヌの評価を
気にしたらしいですね。
『北回帰線』出版後献本したんだか面談したんだかは忘れました。

130吾輩は名無しである2013/12/08(日) 19:45:07.40
ミラーは陽
セリーヌは陰

逆の方向に爆発する。

131吾輩は名無しである2013/12/17(火) 14:04:37.58
ヘンリー・ミラーコレクション、第2期突入です
ttp://www.suiseisha.net/blog/?p=2953

132ソルダード2014/01/05(日) 11:14:29.98
「セクサス 薔薇色の十字架刑」を読み始めたとこだけど、これもいいかも知れない。
ヘンリー・ミラー独特の言い回し、例えば
−生まれ変われるものなら、腐肉をあさる禿鷲になってやりたい。死臭を嗅ぎつけるや、高層ビルの屋上から銃弾のように急降下するのだ。いまぼくは陽気に口笛を吹いて、胸のむかつきもおさまっている。やあ、マーラ。元気かい?−
のような一節が、しょっぱなからあってなかなか愉しい。
追々プレクサス、ネクサスと読むつもりだけど、しかし、一冊一冊が分厚いし、たけー、、、と思った。

133吾輩は名無しである2014/01/14(火) 21:05:53.58
水声社でバルザックの「神秘の書」を出してるが
『追放者』と『ルイ・ランベール』と『セラフィタ』が収録されててお得
ヘンリー・ミラーを追いかけてる人は読んどくべきだろうな
ミラー自身、特にセラフィタに関しては読書体験の頂点だと言っている

134吾輩は名無しである2014/03/09(日) 09:52:00.13
 

135吾輩は名無しである2014/05/03(土) 06:59:25.06
age

136吾輩は名無しである2014/07/02(水) 14:28:00.99
 

137吾輩は名無しである2014/07/12(土) 15:25:11.57
セクサスでは、日系人の話から、日本の風俗店を絶賛しているね!
西洋では突っ込んだ後のテクニック重視だが、日本は入れる前のゼンギを念入りにするってね!

138吾輩は名無しである2014/08/08(金) 17:53:01.66
あげ

139吾輩は名無しである2014/08/08(金) 18:38:06.18
あげ

140弧高の鬼才 ◆ykDJvODuLA 2014/08/27(水) 14:45:10.90
北回帰線は新訳文庫化希望かな

141吾輩は名無しである2014/10/28(火) 16:07:31.01
水声社の本は文庫にはならないよ

142吾輩は名無しである2014/11/01(土) 17:29:07.07
>>140
孤高の鬼才の癖に、「新訳文庫化希望」とは,軟弱な。
新潮文庫で十分。

143吾輩は名無しである2014/11/01(土) 18:21:17.00
新潮は訳がわかりにくい上に削除された箇所があるらしいから水声社が良い

144吾輩は名無しである2014/11/01(土) 19:47:14.17
チャタレイと同じだね。
チャタレイは完全版が出たけど。

145吾輩は名無しである2014/11/03(月) 18:11:52.47
アンダーグランド文学を読もうとするものが、わかりやすいとは、なにごとか。
毒のない、お子様ランチのごときものか。(笑)

146吾輩は名無しである2014/11/04(火) 09:07:22.38
初めて読んだのが、『愛と笑いの日々』。
いい短編品集だったな。今も好きだ。ヒューマニスト、ミラー。
こういうミラーの一面もいい。

147吾輩は名無しである2014/11/04(火) 10:25:43.47
>>146
吉行淳之介が訳した本だな
良い本だった

148吾輩は名無しである2014/11/04(火) 11:37:46.56
正確には愛と笑いの夜だったな

149吾輩は名無しである2014/11/04(火) 17:10:55.07
夜と昼では大違い(笑)
ついでに、『クリシーの静かな日々』もよい。

150吾輩は名無しである2014/11/11(火) 06:27:14.81
小説の書き出しが上手いね。最初のパラグラフで読者の心をグッとつかんでしまう。
例えば、「セクサス」。短編も、エッセイもそう。

151吾輩は名無しである2014/12/03(水) 22:00:34.82
評伝では、アルフレッド・ベルレスの「我が友 ヘンリー・ミラー」が良いね!
ミラーの親友でないと、書き得ないようなことが満載!

152吾輩は名無しである2014/12/16(火) 14:44:11.63
 

153吾輩は名無しである2014/12/20(土) 22:50:53.37
上野千鶴子bot

性的な行為が冒険や求道になるということ自体が、すさまじく近代的な思い込みでしょう。
ロマンって近代の産物ですからね。近代小説は、フーコーの図式にそっくりあてはまります。『男流文学論』(1992)

154吾輩は名無しである2014/12/28(日) 16:54:55.28
しんぎべつじょしん

155吾輩は名無しである2015/02/01(日) 13:57:13.09
>フーコーの図式

興味深い指摘ですね。
フーコーの本は、「言葉と物」「監獄の誕生」「性の歴史」しか読んでいないのだが、
そんな図式は見当たりませんでした。出典を教えてくれれば当っていみます。

しかし、ミラーは特に性に焦点を当てている訳ではなく、食い物だとか排泄と同列に扱っている
気がする。性に焦点を当てているのは、読む側なんじゃないか?って思う。
60年代はそんな読まれ方がしたのかもしれないが、今は性の文学として読む人もいないし。

156吾輩は名無しである2015/02/01(日) 14:45:39.78

157吾輩は名無しである2015/02/08(日) 09:20:48.72
カップルのセックスレスが増えているらしい。
少子化とかの政策以前の、種としての日本人の衰退を感じる。
ミラーの小説に、「ホットドッグを食べるようにセックスをする」
みたいな表現があったが、欧米人にはこの点では及ばない。
「左手にペニス、右手にペン」と言っていた大江健三郎も年老いたし。

158吾輩は名無しである2015/10/02(金) 18:22:01.91
1960年代くらいがミラーが輝いていた時代か。

159吾輩は名無しである2015/11/16(月) 18:06:20.52
ケバくてうざいな、訳文が悪いのかな
画家になったほうが良かったんじゃないのこの人

160吾輩は名無しである2015/11/16(月) 23:15:56.78
>>157
そういう下品な大人達をみて、今の10代20代はセックス嫌悪してる。

161吾輩は名無しである2015/11/16(月) 23:18:43.00
都市伝説

162吾輩は名無しである2016/05/07(土) 18:14:36.31
女優・黒柳徹子のエッセー『トットひとり』や『トットチャンネル』を原作に、NHKの専属テレビ女優第1号となった黒柳の半生を、
テレビの歴史とともに描くNHKのドラマ『トットてれび』(30日スタート、毎週土曜 後8:15)に、関ジャニ∞の錦戸亮が、
「上を向いて歩こう」などのヒット曲で知られる坂本九役で出演することがわかった。

同ドラマで黒柳徹子を演じるのは、女優の満島ひかり。昭和28年、NHKがテレビ放送開始のため専属俳優を募集していると知り
受験するところから始まる。錦戸が演じる坂本は第2回から登場し、『夢であいましょう』『若い季節』で黒柳と共演し、親しくなる。

ほかに、中村獅童が渥美清、ミムラが向田邦子、吉田鋼太郎が森繁久彌に扮し、テレビの創成期を駆け抜けていった人々を
生き生きと描いていく。武田鉄矢、濱田岳、大森南朋、吉田栄作、安田成美、岸本加世子、松重豊らが共演。
黒柳本人も「百歳の徹子」として登場する。語りは、小泉今日子。

第2回の放送で『夢であいましょう』に出演するアイドルグループ「スリーバブルス」役で元モーニング娘。の高橋愛、田中れいな、久住小春、
第3回では生ドラマ『若い季節』に出演するクレージーキャッツの植木等、ハナ肇、谷啓をお笑いグループの我が家、また三木のり平に小松和重、
第4回では写真家・篠山紀信に青木崇高、行商のおばさん役で木野花らが登場する。

スリー・バブルスはNHKの「夢で逢いましょう」の準レギュラーだったにもかかわらず、一度も紅白歌合戦には出ていないんですねぇ。
渋谷じゃんじゃんの大晦日コンサートで人気を集めた松岡計以子(当時は松岡圭子)や
ヘンリー・ミラー夫人となって話題をまいたホキ・徳田なんかの3人組で人気も実力もあったグループでしたが、
もう一人のメンバーが結婚のため引退してグループは解散してしまいました。
そのの引退した彼女は40歳そこそこで病気で亡くなっています。

たしか文学座の新人女優が3人で内輪の余興で歌を歌ったところ評判になって、そのままグループ歌手として売り出してしまったということでした。

松岡計以子の声は、ひょっこりひょうたん島の魔女役でユーチューブにたくさん残っています。

163吾輩は名無しである2016/05/13(金) 12:45:11.38
「ネクサス」ておもしろいですか?

164吾輩は名無しである2016/08/18(木) 09:12:25.85
Kim, Yi-Chul
ヘンリー・ミラーの小説というのは饒舌な独り語りという形式で視点はひとつなのだけれども、
私小説ではないというのは、彼の言葉の向きを気にしていればわかる。
記憶のなかにある出来事を描写していたはずなのに、いつのまにか、読者に向かって話しかけてくる。

ヘンリー・ミラーの小説を読んでいて、ぎょっとする瞬間があるのは、
小説のなかで描写されている世界とこの小説を読んでいる人間の世界との境界が消え失せるから。
こういう部分はセリーヌにも多少あるけれど、そこが強化された感じ。
2016年8月17日

165吾輩は名無しである2017/02/04(土) 11:00:14.17ID:SIzLhrXP
アメリカの中でも有数の大自然に恵まれるカリフォルニア。
サンフランシスコとロサンゼルスを結ぶ沿岸線に位置するビッグサーは、
太平洋岸からサンタルシア山脈が急に立ち上がったようなドラマティックな地形のエリアです。
カリフォルニア州道1号線の普及以降、
その大自然が人々の心を魅了しカリフォルニアが誇る保養地として成長を遂げた一方で、
20世紀半ばからヘンリー・ミラーやジャック・ケルアックなどの作家や芸術家たちが集い、
アメリカの文化を育んできた歴史ある場所。
見渡す限り自然の美しい景観の中で、独自の文化はどのように発展したのでしょうか。
文学・哲学・食・音楽の4つのスポットとともにその背景を紐解きます。
http://ecocolo.com/journal/local/001380.html

166吾輩は名無しである2017/02/17(金) 21:04:42.43ID:97u1bZHq
ヘンリー・ミラー; インタビュー 1969 日本語訳 (1/5)
https://www.youtube.com/watch?v=y33KV_uPQHg

167吾輩は名無しである2017/02/17(金) 21:48:34.58ID:W4MNOX7x
ビーートたッけーし☆「あああーん!あべぴょーん、らめえええええええー!ひぎーぃ!アナルが裂けちゃううううううっ!うぐっ!ほっほい!」

168吾輩は名無しである2017/10/17(火) 21:03:52.66ID:lWWys/FU
ルイス・ブニュエル『黄金時代』と『皆殺しの天使』
http://zakkannote0.blogspot.jp/2017/09/blog-post_27.html

 ヘンリー・ミラーはブニュエルを非常に高く評価していて、特に彼の『黄金時代』については熱のこもった賞賛のエッセイを書き残している。
ブニュエルが『黄金時代』で成し遂げたこと
――既存の映画の文法を次々と破壊し、カソリシズムやブルジョワのモラルを徹底的に批判した――は、
まさにミラーが文学において成し遂げんとしていたことであった。
『黄金時代』を見た直後、ミラーはそれまで悪戦苦闘していた小説 Crazy Cock を手放し、『北回帰線』に取り組むことになる。

169吾輩は名無しである2017/11/02(木) 15:26:04.52ID:UHBbS+zX
アナイス・ニン(仮)
アナイス・ニン研究会 (編集)
出版社: 彩流社 (2017/12/25)

◉アナイス・ニン(1903-77)
パリ郊外に生まれ、11歳のときにニューヨークに移住。
自己の内面を深く見すえた《日記》は世界各国に翻訳
され、読み継がれている。
ヘンリー・ミラーとの恋愛が有名だが、日記では、
オットー・ランク、アントナン・アルトー、
ゴア・ヴィダル等々、作家・芸術家たちとの関係も
多く綴られている。

170吾輩は名無しである2018/03/27(火) 18:23:46.28ID:cuoFXYYJ
『北回帰線』物語―パリのヘンリー・ミラーとその仲間たち
本田 康典 (著)
出版社: 水声社 (2018/2/1)

『北回帰線』誕生にまつわるエピソードを、
ブラッサイ、ルイス・ブニュエル、エズラ・パウンド、バーニー・ロセットらとの交友を軸に、
アメリカでの発禁本がいかにベストセラーとなっていったかを縦横に綴る“書物”の伝記。

171吾輩は名無しである2018/06/06(水) 02:44:31.12ID:aRmF+eZt
ミラーとスピノザとの関係について詳しい人いますか?

172吾輩は名無しである2018/06/07(木) 09:50:12.12ID:z9QwAqbA
D.H.ロレンスとの関係はどうなん?
熱烈に支持してるな。

新着レスの表示
レスを投稿する