島尾敏雄

1やれやれ、僕は名を失った2010/09/11(土) 00:43:19

286吾輩は名無しである2013/03/31(日) 23:59:09.68
国会図書館の近代デジタルライブラリーの公開資料に長崎高等商業学校研究館による1937年刊の
「第3回生徒生計調査報告」というのがあり、それによればその年度の生徒総数は三学年で731名。
島尾の学年では245名で、そのいずれについてみても中学出身者がほぼ八割方を占め、商業学校の
卒業者は残りの二割程度である。この調査報告には自家の所在地という項目があり、兵庫県に自家
を持つものは全学年でわずかに5名。そのうち4名は中学出身者であることから、その残り1人の商業
学校出身者が島尾であるとみて間違いないでせふ。

287吾輩は名無しである2013/04/16(火) 23:47:10.66
『南島へ南島から』の序言にミホさんが、島尾敏雄さんが亡くなる一週間前に、

 「十年の間、構想を重ねてきた小説が漸く纏まって、書き始めようと思うので、正月になったらミホと一緒に沖縄に行き、ホテルに長期滞在して書きましょう」
 「それはこれ迄に世界の何処にも無い、誰も書いたことの無い、全く新しいスタイルの作品です。私のこれ迄の文学はなべて未だし、と思い続けてきましたが、
 然し今度の作品が完成出来たら、世界に嘗て無かった、誰も思い及ばぬスタイルの作品になるでしょう、今度は自分でも満足できると思うから、頑張りますよ」

  と言っていたと書かれていました。この文章に初めて接した際には、実現しなかったことが惜しい、と思い、しかしすぐに、ミホさんが大袈裟に言っているだけでは?と思い直し、
  その後、そんな話も忘れて数年経ちました。そして「狭い体験、静かな風景」という日本読書新聞(S45年3月2日)に掲載されていたインタビューをたまたま読んだところ、
  どうやらその構想というのはこれのことでは?という部分を見つけたので引用しておきます。

 「それからこれはどうなるのか見当がつきませんが、南の島の小さな部落をひとつ想定して、その中に住むいろいろなひとのことをそれぞれの短編にして書いてみたいなどと思うことがあります。
  その場合その部落は近代文明の波がまだほとんど届いていない状況の中に置きたいのです。そこで自分の心の根っこに巣食う人間の属性をあらわしてみたいなどと考えることがありますが、
  いつのことになるやら見当もつきません。今のところ「東欧紀行」を書いて、「死の棘」を終えて、とそこまで考えています。」

 

288吾輩は名無しである2013/04/17(水) 23:17:39.06
つろ、おま      プ〜ン(酢の臭い)

289吾輩は名無しである2013/04/17(水) 23:39:36.33
>>287
もうあと十年生きてくれれば・・ っていう作家の代表格だよね。
ぜひ読んでみたかったです。

290吾輩は名無しである2013/04/19(金) 01:03:20.29
>>287
安達征一郎の「小さな島の小さな物語」みたいだね
もっとも安達は自分の出会った人を私小説風に綴ってるわけだけど

291吾輩は名無しである2013/04/19(金) 19:28:40.20
『贋学生』読了。 なかなか面白かった。
しかし謎が色々残るね。何より、木乃はいったい何をしたかったんだろう?
妹の事も嘘・・・だよな?

292吾輩は名無しである2013/04/20(土) 21:41:59.58
>>291
「偽学生」は読んでる間は、出来の良くない散漫な小説だなあ、って感じだけど、
読み終わるといろいろ、どうも自分まで罠にひっかけられたようで、いろいろと疑いたくなるね。
かわった魅力のある作品。

293吾輩は名無しである2013/04/20(土) 23:15:35.22
失礼 偽→贋

294吾輩は名無しである2013/04/21(日) 01:18:42.64
贋学生は、心理描写の面あたり含め文学テクストの研究材料としても面白い作品の
ひとつかもしれない。研究論文も若干あるようだし、文学部の学生さんの卒論テーマにお勧め、みたいなww

295吾輩は名無しである2013/04/25(木) 22:07:26.84
木乃伊

2961352013/05/30(木) 19:15:28.93
>>135でお話しした、ミホさん渾身の長篇「海嘯」の連載されていた「海」(1983年1月〜1984年5月)を手に入れました!!
小川国夫×島尾ミホとの対談や、新潮の矢野編集長とも上記作品の「完結」を約束したらしいけれど結局果たせなかったようです。。

嬉しくてカキコ

297吾輩は名無しである2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN
夢屑読了

298吾輩は名無しである2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
今週の本棚・この3冊:島尾敏雄=梯久美子・選

毎日新聞 2013年08月11日 東京朝刊

 <1>出孤島記(講談社文芸文庫『その夏の今は・夢の中での日常』所収/998円)

 <2>死の棘(新潮文庫/882円)

 <3>日の移ろい(中公文庫/品切れ)

出孤島記ってその夏の今はまで含むんかな

299吾輩は名無しである2013/09/04(水) 19:50:04.46
早く電子書籍化してくれ
全部揃えるから

300吾輩は名無しである2013/10/05(土) 16:59:43.93
開高健の電子全集みたいなの?

301吾輩は名無しである2013/12/04(水) 16:49:13.37
敏雄さん死後のミホさんの生活ぶりが知りたい。
日の移ろいでは畑仕事してたみたいけど

302吾輩は名無しである2014/01/15(水) 12:42:20.46
島尾敏雄さん ありがとう!

303吾輩は名無しである2015/04/01(水) 01:39:53.83
「死の棘」日記、読み終わって...
久しぶりに「死の棘」再読し始めた。

何年ぶりかな、しんどいけど読まねばならんなw

304吾輩は名無しである2015/04/14(火) 18:55:55.14
>>303
なぜ、読まねばならんの?

305吾輩は名無しである2015/11/22(日) 19:41:04.12
島尾ミホ伝はまだ単行本にならんのかねえ。

あそこで書かれてるような事が事実とすれば
島尾敏雄はとんでも無い人でなしなんだがな。

ま、小説家なんざ人非人でOKではあるが。

「死の棘」の読まれ方も変わるはずだな。

期待しとるよ、単行本化を。

306吾輩は名無しである2016/05/22(日) 11:33:57.91
>>305
今年の秋刊行予定だよ

307吾輩は名無しである2016/05/23(月) 00:35:46.80
>>306

305だが。
情報サンクス。
楽しみだ。

308吾輩は名無しである2016/11/15(火) 17:46:26.37ID:m37slA9Y
305だが。

梯久美子の「狂うひと 死の棘の妻・島尾ミホ」
を買って読み始めた。

素晴らしいね。
女性らしい容赦のなさ、残酷さ、で
吉本隆明や奥野健男のロマンティックで観念的な
島尾夫妻のイメージを斬って捨ててる。

とても論理的で、遺された日記、作品、発言を
丁寧に検証した上での記述だから説得力が違う。
先入観で語られ論じられる島尾敏雄、ミホとは
かなり違う。

島尾敏雄の研究は、新しい次元に入ったね、これで。
吉本隆明、奥野健男の論考で思考停止させられてた
世界が変わらざるを得ない、な。

309吾輩は名無しである2016/11/15(火) 18:57:27.73ID:0/ejeRAe
良いねえ

310吾輩は名無しである2016/11/15(火) 21:22:31.10ID:m37slA9Y
305だがね。

読んでいて、自分が書いた言葉を意識的に
女性に読ませてその反応を探りまた書いて
ある種の共犯関係に縺れ込ませる……って方法論、
誰かに似てる、と気になってる。

太宰治かなぁ…

島尾が異様なほど記録に拘り、数種の日記を
欠かさず毎日書き、それがかなり事実のまま
手を変え品を変え、小説化されていく。
書いたものは、メモですら廃棄せず
ぜんぶ残してある。

自らが「業が足りない」「小説化してを描く必然的な立場が無い」「もっと犠牲が必要だ」
という島尾の発言はゾッとする怖さがある。
もともと不安定なミホを狂気に追いやるのは簡単だ、
と。それは、小説のネタになる。

ミホも無意識的に島尾と「言葉」によって関係性を保ち、
無意識に求められる女性像を演じて共犯関係に
なってる。
確かに「死の棘」でも、実生活でもやたらと
ミホは島尾に誓約書を書かせる。書かれた「言葉」に
異常に固執しているな。

とにかく、かなり変わった夫婦というか、
ある種の共同作業みたいに見える。

実に面白い本だよ。

311吾輩は名無しである2016/11/15(火) 23:00:52.13ID:EeHjuvqm
たしか相手女性は自殺したと思うが
小倉千加子・上野千鶴子・富岡多恵子は
「男流文学論」で「死の棘」中の島尾の苦悩はポーズに過ぎない
と断言しているが、じっさいのところそうだろう
芥川なら「老獪な偽善者」となじるのかも知れない

この人の女性観はたとえば短篇の「春の日のかげり」でも明らかなように
自分の屈折した心理の対象でしかない、つまり「像」であり「作品」ね
だから倫理的な対象とはなり得ない
ようするに「自分」のプライドが大切なの
で、妻であるミホも海軍大尉島尾敏雄として神格化された「像」をあがめているだけ

そういう悪辣な部分だけが文学として読み応えのあるところかな
まあ、そこら辺の勤め人はそんな事では悩まないし
それを自尊心の根拠とはしない
非常に幼稚だからね

312吾輩は名無しである2016/11/18(金) 00:14:58.22ID:P8b/NvXy
雨宮まみの「本でいただく心の栄養」
2016.11.10
「狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ」 #16
https://spur.hpplus.jp/culture/mamiamamiya/201611/08/M3kUcZg/

313吾輩は名無しである2016/11/30(水) 19:06:29.61ID:KY9Fz/xM
>>308
私もその本を読み始めた。
死の棘は火宅の人に似てるなって思ってたら、
島尾さんの愛人は檀一雄が文学を志してる女性が居てるからって
島尾に紹介したらしい。檀一雄も罪な奴だな。
島尾は嫁さんにばれてすぐ別れたけど嫁さん気がふれてしまって、
檀一雄や吉行淳之介の嫁さんは毅然としてるよね。
精神病棟の木の格子から外を見てる島尾と妻の写真が凄みが有って怖いと思った。

314吾輩は名無しである2016/11/30(水) 21:57:07.63ID:XTArLcav
吉行淳之介・島尾敏雄・開高健の三人は
親密で仲が良かった。

実はこの三人には共通点がある。

戦争末期/終戦直後の混乱期に
知り合った女と結婚して終生悩まされた点だ。

吉行は遊び上手のイメージがあるが、
結局、死ぬまでの40年間、最初の妻は
離婚に応じなかった。実は不器用な人なんだよ。

開高も一人で杉並の自宅を飛び出して
湘南に別宅を建てたが、妻と娘が追いかけて来て、
風呂トイレ台所付きの書斎を増築して引きこもった。
その妻の悪妻ぶりは有名だが。

島尾敏雄の怖さは、逃げずに妻に向った事だが、
梯久美子の本を読めば、それが島尾の創作と
結び付いてる事が良く分かる。
酷い言い方だが、小説を書くために不倫をし、
妻を狂気に追いやり、ずっと暮らした、とも言える。

315吾輩は名無しである2016/11/30(水) 21:57:57.97ID:XTArLcav
吉行淳之介はそれが分かってるから、
島尾について書いたエッセイで
それとなく言及してるね。
「島尾は昔から、奇妙なものにひかれて
近づく傾向があった」云々。
小説を書くためなら、虚構のストーリーを書くのではなくて、むしろ現実を虚構化してネタを生み出す。

太宰治のやり口に近いと思う。
いくら小説の為とは言え、ワザと自分の不倫日記を
精神的に不安定な妻に読ませる、それをネタにする、
ってのはな…
まさしく、小説家だよ、島尾は。

316吾輩は名無しである2016/12/03(土) 11:36:43.17ID:4qNapzzU
>>315
戦前の私小説作家じゃないんだからw

太宰についてだって、作品のために私生活を云々なんて、いまどき誰も言わないよ。

317吾輩は名無しである2016/12/05(月) 03:55:28.11ID:f1YOdkXp
まず島尾敏雄日記を読んでからモノを言え。バカが。

318吾輩は名無しである2016/12/05(月) 04:08:26.97ID:4WWbmR6K
才能ある男は女が離さないwl

319吾輩は名無しである2016/12/05(月) 05:15:27.75ID:5FSXU37Q
島尾ミホには離婚する自由があったが、それを行使するには、島尾敏雄の妻という名誉は余りにも?大きかった。
文学かぶれの虚栄心の強い女と、ブサメン作家は似合いの?カップルだからしょうがない。

320吾輩は名無しである2016/12/05(月) 07:07:59.58ID:pbTEnSMc
島尾敏雄は軍人として沖縄に赴任して植民地の女と図らずも結婚した戦後被占領国日本の作家という観点から見なければ。
武田泰淳は埴谷雄高と吉本隆明をinstigateして花田清輝をおとしいれた陰険な男。

321吾輩は名無しである2016/12/05(月) 19:50:14.78ID:VlCo6Pl5
>>320
武田泰淳以下がイミフなんだが?

322吾輩は名無しである2016/12/06(火) 07:20:27.23ID:B/PF2DU8
武田と花田の敵対関係は割と底深いとおもうんだよな。
昔、新日本文学の座談会でほんの些細な武田の軽いからかいに花田が怒ったことがあったが。

323吾輩は名無しである2016/12/06(火) 09:06:55.56ID:DCY2nBBp
孫のマホの文章もなかなか味があると思う
小説を書ける能力を持ったタイプではないとは思うけど
やっぱいい感性してる

324吾輩は名無しである2016/12/06(火) 14:42:28.74ID:It2Vw/vs
>>322
ちょっと怒ると敵対かw

325吾輩は名無しである2016/12/11(日) 21:17:09.15ID:ua+q0or/
信田さよ子
トークイベント島尾伸三✖梯久美子「『死の棘』の家で起こっていたことー息子の目・作家の目」@ラカグに滑り込みセーフ。
期待通りの内容は両親が生きていたら殴り殺してやりたい読むと腹が立つの
で島尾敏雄・ミホの書いたものは読まない、芸術もいいけど周囲の者の迷惑は計りしれないと。

どな Sunshine(プロトタイプ)
新潮社出版部中瀬部長も10年に一冊出るか…と推していました。

高山正樹
「もし殺人が罪でないなら、あのふたり(両親)をなぶり殺しにしたかった。その気持ちは今も変わりません」
語りたいことはいくらでもあるが、残念ながら時間がない。
ただ島尾伸三という人は、ああ言えばこう言う人。「僕、蝙蝠人間」と、顔の四分の一で笑う伸三さんを思い出した。

ひとつ言い忘れた。
つまりさ、熱心な島尾敏雄ファンを前にして、最も彼らに喜んでもらえる役回りを、伸三さんは演じ切ったのではないか、
そんな気がするのだ。
島尾伸三嫌いを相手にしたら、全く違う話をしたのではないか。だからといってウソではない。真実とは、そんな単純なものではない。
7 Dec 2016

326吾輩は名無しである2017/01/29(日) 15:23:04.48ID:MOC7FsbL
満島ひかり「私自身の本性を自らあばいてやろうと」4年ぶり映画単独主演
スポーツ報知 1/29(日) 5:04

 女優の満島ひかり(31)が、映画「海辺の生と死」(越川道夫監督、7月公開)で4年ぶりに単独主演することが28日、分かった。

 豊かな表現力を武器に、これまでもさまざまな役を演じてきた満島が、人生観を揺るがすほどの大役にめぐり会った。撮影はすでにクランクアップ。
満島は「この脚本とともに、私自身の本性を自らあばいてやろうと思いました。なんにせよ、一生抱えていかなきゃいけない作品になったと思います」と語る。

 満島が演じたのは、戦後文学の一翼を担った島尾敏雄(86年死去、享年69)の妻で、鹿児島・奄美出身の作家・島尾ミホ(07年死去、享年87)。敏雄の私小説「死の棘」では、浮気した夫への情念を狂おしいほどに燃やしていく妻として描かれているが、今作は「死―」
の前日譚(たん)的なストーリー。終戦直前の奄美で出会った2人が恋に落ち、激しい思いをぶつけていくさまが描かれる。「海辺の生と死」というタイトルはミホの随筆から名付けた

327吾輩は名無しである2017/02/08(水) 18:35:01.58ID:Yo8Z7yiC

328吾輩は名無しである2017/02/25(土) 12:19:20.08ID:PBrzk1tV

329吾輩は名無しである2017/03/28(火) 10:52:32.48ID:USnvBfxs
最近聖地巡礼というのが流行ってるらしいな
「死の棘」で小岩が詳しく出てきてるから江戸川区も巡礼マップとか作って宣伝すればいいのに
江戸川区が舞台の小説ってそんなにないだろ?

330吾輩は名無しである2017/03/29(水) 15:37:41.82ID:fANfpTQT
ロケ地なんかの聖地巡礼やってるのって
パワースポット巡りやってたスイーツと同じレベルだから

331吾輩は名無しである2017/05/05(金) 09:16:42.73ID:o7UK52Qj
梯の島尾本は業界内では評判良さそうな感じだね

332吾輩は名無しである2017/05/07(日) 19:17:51.16ID:uTZJ+I53
2017年に生誕100年を迎えた作家・島尾敏雄と彼の妻・島尾ミホによる小説をもとにした映画「海辺の生と死」で主演を務めた満島。巻頭を飾る詩のタイトルは「いちばんだけのしりとり」で、
映画の世界観を表現した文章が紡がれている。なお満島が文芸誌に登場するのは今回が初めて。

333吾輩は名無しである2017/07/20(木) 21:11:52.65ID:HruC+Sls
 第39回講談社ノンフィクション賞は20日、梯(かけはし)久美子さんの「狂うひと――『死の棘(とげ)』の妻・島尾ミホ」(新潮社)と、中村計さんの「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇」(集英社)に決まった。
第33回講談社エッセイ賞は小泉今日子さんの「黄色いマンション 黒い猫」(スイッチ・パブリッシング)と穂村弘さんの「鳥肌が」(PHP研究所)、
第33回講談社科学出版賞は中川毅さんの「人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか」(講談社)が選ばれた。副賞は各100万円

334吾輩は名無しである2017/07/21(金) 23:46:29.33ID:9KX4FtGz
大爆笑

335吾輩は名無しである2018/06/11(月) 18:40:21.03ID:RBXHbNii
新幹線の小島容疑者の本棚に島尾敏雄・井上光晴集があった

336吾輩は名無しである2018/06/13(水) 22:54:14.70ID:nygk2+KR
思わぬ展開

新着レスの表示
レスを投稿する