ヘルマン・ヘッセ part3

1吾輩は名無しである2010/10/06(水) 18:14:56
過去スレ

【お願い】ヘルマン・ ヘッセ 【語って】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1043789856/
ヘルマン・ ヘッセ を語る。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1000818832/

818吾輩は名無しである2016/03/14(月) 01:51:20.41
殆んど読んで、新潮世界文学に映像で載るという、著作は100作内に選ばれなかったね(日本語でおK

819吾輩は名無しである2016/04/10(日) 23:26:55.29
ヘッセ
車輪の下、デミアン、春の嵐と読んできたが面白かったのは
春の嵐>車輪の下>デミアン だった
次は何を読めばいいかな?

820吾輩は名無しである2016/04/11(月) 01:25:27.10
前期の書生臭い作品にあまり現代的な価値はない。

本分に目覚め大人になったヘッセの、
「シッダールタ」とそれ以降の作品を読みなさい。

821吾輩は名無しである2016/04/11(月) 03:16:04.46
知と愛 読もうかと思う

822吾輩は名無しである2016/04/11(月) 03:28:13.23
もしくは クヌルプ

823吾輩は名無しである2016/04/14(木) 03:01:27.85
シッダールタ以降読むならガラス玉演義まで読まないと拗らせたままになりそう

824吾輩は名無しである2016/04/17(日) 19:29:22.34
ゴルトムントみたいにモテモテになりたいです
両側に美人姉妹を侍らせて寝たいです

825吾輩は名無しである2016/05/02(月) 08:24:42.32
遍歴

826吾輩は名無しである2016/05/02(月) 12:28:57.59
たしかに

827吾輩は名無しである2016/05/07(土) 08:42:56.23
ヘッセほど、「自分を理解してくれている」と思える作家はいない。

828吾輩は名無しである2016/05/09(月) 02:02:20.80
ヘッセは他人が理解してくれなくても自分が良いと思えばそれでいいと思っているよ

829吾輩は名無しである2016/05/20(金) 15:50:00.00
▼原文
Daneben die vielerlei Pilze:
der rote, leuchtende Fliegenschwamm,
der fette, breite Steinpilz,
der abenteuerliche Bocksbart,
der rote, vielästige Korallenpilz;
und der sonderbar farblose, kränklich feiste Fichtenspargel.
http://ka2ka.exblog.jp/23138154/

▼秋山六郎兵衛(1900-1971)訳
その近くにはさまざまな茸が生えていた。赤く光っているハエトリタケ、太く、幅の広いアワタケ、奇怪なバラモンジン、
赤く枝がいくつにも分かれているホウキタケ、一風変って無色の、病的に肥ったマツバウド。

▼高橋健二(1902-1998)訳
そのそばにさまざまの種類のキノコがはえていた。つやのある赤いハエトリタケ、肉の厚い幅広いアワタケ、異様なバラモンジン、
赤い枝の多いハハキタケ、など。それから一風かわって色のない、病的にふとっているシャクジョウソウ。

▼秋山英夫(1911-1991)訳
そのそばにはいろいろなきのこがはえていた。赤くひかっているはえとりたけ、肉の厚いはばのひろいあわだけ、奇怪なばらもんじん、
枝がいくつにもわかれている紅色のははきたけ、それから奇妙に色のない病的にふとったしゃくじょうそうなど。

▼実吉捷郎(1895-1962)訳
そのわきには、いろんな種類のきのこ類が生えていた。赤い、かがやくばかりの紅天狗茸、厚い、はばのひろいあわたけ、怪奇なばらもんじん、
赤い、枝の多いほうきだけ。そして妙ににおいのない、病的に肥大したしゃくじょうそう。

▼辻瑆(1923-)訳
その隣には、各種各様の茸がはえていた。赤い、輝くばかりのあしたかべに、厚ぼったくて幅のひろいやまどりだけ、奇怪なすがたのばらもんじん、
赤くて枝のたくさんあるほうきたけ、それに、病的に太って妙に色のないぎんりょうそう、といったたぐいである。

830吾輩は名無しである2016/05/20(金) 15:51:56.82
▼岩淵達治(1927-2013)訳
そのそばに、いろいろな茸が生えている。赤く光ったアカハエトリタケや厚みも幅もあるヤマドリタケ、不可思議な形をしたバラモンジン、
赤くてたくさん腕のでているホウキタケ、それに奇妙に色があせて病的にむくんだシャクジョウソウなどだ。

▼登張正実(1916-2006)訳
それとならんでさまざまなきのこ。赤く光っているあしたかべに、あぶらぎって幅ひろいやまどりだけ、へんちきりんなばらもんじん、
先がいくつにもわかれた赤いほうきだけ、それに、妙に色がなく病的に太ったぎんりょう草。

▼井上正蔵(1913-1989)訳
そのそばに、いろんな茸が生えている。赤く光っているあしたかべに、厚ぼったい大きなやまどりだけ、へんな形のばらもんじん、
赤くて先がいくつにもわかれているほうきだけ、妙に色あせて病的に太っているしゃくじょうそうなど。

▼伊藤貴雄(1973-)訳
そのそばには、いろんなキノコが生えていた。赤く光っているベニテングタケ、ずんぐりむっくりしたヤマドリタケ、風変わりなバラモンジン、
先がいくつにも分かれた赤いホウキタケ、そして妙に色がなく病的にむくんだシャクジョウソウ。

▼松永美穂(1958-)訳
その横にはたくさんの種類のキノコがあった。赤く光るベニテングダケ、肉厚で幅広なヤマドリタケ、奇怪なバラモンジン、
赤くてたくさん枝分かれしているサンゴタケ、そして奇妙に色のない、病的に太ったシャクジョウソウ。

831吾輩は名無しである2016/06/15(水) 21:21:46.10
50歳で自殺しようと思って生きてきたので
荒野のおおかみを読んだときは驚いた

832吾輩は名無しである2016/06/29(水) 20:50:56.11
晩年の散文にあるようなすばらしい一日を過ごした事があった
まるですべてに祝福を受けているような一日
あんなすばらしい一日を一体どうしたらまた過ごすことが出来るだろうかと思い続けて生きている

833吾輩は名無しである2016/08/21(日) 02:45:57.44
ガラス玉演戯・遊戯を読みたいんだけど
翻訳はどれがおすすめ?

834吾輩は名無しである2016/09/21(水) 17:02:18.23ID:gAMJ+2mf
高橋訳と井出訳しか読んだことないけど井出訳は旧字体使っているので高橋訳のほうがスルッと読めた。

835吾輩は名無しである2016/09/25(日) 21:47:30.06ID:eVqU5l/b
クヌルプ買ったけどほとんどラストシーンのためにあるような本だなこれ。ラストがいいんだけど

836吾輩は名無しである2016/09/26(月) 19:35:57.94ID:woO60gHO
ノーベル賞受賞はガラス玉演戯が契機らしいが
文庫本版は本当に見かけない

837吾輩は名無しである2016/09/29(木) 22:52:31.92ID:W7pXlEJF
ガラス玉演戯ってそんなにいいかな?
俺の求めてるヘッセとは全然違ったから途中で投げ出した。
ヘッセで一番好きなのは「知と愛」
次に「荒野のおおかみ」

838吾輩は名無しである2016/10/13(木) 12:56:41.38ID:dNDQabX7
昨日、NHKBSの「アナザーストーリー」でスティーブ・ジョブズをやっていたけど、ジョブズは「ガラス玉遊戯」を読んでるはずだと思った
大学中退して、禅の修業をし、創業したアップル社では、テクノロジーとアートの融合をめざした
座右の銘は、「Stay hungry, stay foolish!」

839吾輩は名無しである2016/10/18(火) 00:57:44.51ID:hraVpo49
陸亀レスだけど

>>256
他人の要求あれこれに合わせて頑張るんじゃないかな
自分ってものがなくなって、やることなすこと誰のためにもならなくなる
>>261
ピアノソナタ15番とか好きそう
>>265
GONTITIみたいな音楽はどうだろうか
特にヨコハマ買い出し紀行OST(ニコニコに結構ある)の「月の調べ」とかね
何でも合わせられるような作家じゃないのには同意する
>>289
クヌルプのレヒシュテッテンの町なんかは、一度絵で見てみたい…

840吾輩は名無しである2016/10/19(水) 03:18:30.47ID:xjLsuRbS
>>837
俺ハケーンw

841吾輩は名無しである2016/10/21(金) 22:56:53.30ID:F4gf8KLg
クヌルプを最初に読み終わった時は悲しさも強く感じてたはずだけど
二度目となると心がホワホワになるばかりだった、もの悲しいことには違いないけどね
車輪の下も二周目は違う気分になるんだろうか

842吾輩は名無しである2016/10/24(月) 19:28:05.33ID:RPdxc/o/
ヘッセのデミアンは人間の奥深くまで入って

誰も触れなかったような秘密を解き明かしたような作品だ.

まるで暗がりの部屋の扉を開けたような,少し危険で

でも,力強いような

843吾輩は名無しである2017/01/13(金) 11:31:22.87ID:RU5r4A6W
荒野の狼、読みたいんですが
新潮文庫の高橋健二訳と日本ヘルマンヘッセ友の会研究会の訳だったら
どちらの方がオススメですか?

844吾輩は名無しである2017/02/11(土) 16:28:30.89ID:TMuAaCNG

845吾輩は名無しである2017/03/06(月) 02:25:21.08ID:QKDaO0qE
ヘルミーナ如きに誑かされる老いぼれの死に損ない

846吾輩は名無しである2017/03/06(月) 23:15:06.48ID:kuIxBPkR
クヌルプ
器用貧乏の成れの果てって感じだな
憧れる死に様ではある
雪山を命の灯火が吹き消されるまで歩いてみたい

847吾輩は名無しである2017/03/29(水) 00:29:01.39ID:rYp+AWjE
だからお前は全てのものの
兄弟姉妹にならなければならない

の詩と、童話「夢から夢へ」が大好き

848吾輩は名無しである2017/03/29(水) 00:31:13.46ID:rYp+AWjE
ガラス玉演技面白いかしらん
「シッダールタ」的に東洋哲学がもりこまれた感じ?
ダイレクトに荘子とか読むのに比べて
ヘッセを通して読むことに何か意義があるだろうか?

849吾輩は名無しである2017/03/29(水) 20:58:24.73ID:c1t6jksf
それってヘッセ唯一の長編だからね
読みごたえはあるよ
ヘッセは世界の宗教観に徹している
グノーシス主義にも触れているし
カフカともマンとも違った重厚な作品が多い

850吾輩は名無しである2017/03/29(水) 23:37:24.13ID:0tMAMi48
荒野のおおかみ
ナルチスとゴルトムント(知と愛)

は中編扱いなん?

851吾輩は名無しである2017/03/30(木) 00:36:14.98ID:YWdSIGYv
荒野のおおかみ 完全に期待はずれだった。
アウトサイダーの孤独と救済がテーマのわりには物語が短絡的だし
終盤のドラッグでもヤりながら書いたとしか思えない支離滅裂な露悪趣味には辟易した

852吾輩は名無しである2017/04/07(金) 00:53:40.69ID:OIuS/VAe
高橋健二訳『ガラス玉演戯』新潮文庫で復刊キテ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

853吾輩は名無しである2017/04/07(金) 12:23:40.57ID:hmve0Mc2
では荒野のおおかみ以上のアウトサイダー文学をご教示願いたい

854吾輩は名無しである2017/04/11(火) 20:42:27.00ID:r2HPzqRc
ヘッセは短編の名手かもしれない
インド哲学に始まりグノーシス主義への造詣も深い
物凄い勉強になる作家だよ
ヘッセがラテン語の学習したのは聖書の原典を読むためだろう
ヘッセは宗教観にまで手を出しているからある意味カフカやマンとも
一線を画している

855学術2017/04/11(火) 20:48:42.19ID:F6x5QKce
狂った人だな。

856吾輩は名無しである2017/04/12(水) 20:35:27.13ID:JoHg3Dbn
やっぱ宗教的な視点は外国文学では避けることはできないと思う
ヘッセはやっぱ宗教観の作家かもしれない
あらためて宗教というものを意識したよ ヘッセのおかげで
別に自分が宗教やるということではないにしても

857吾輩は名無しである2017/04/22(土) 21:42:00.20ID:o1fd6/iR
メルヒェンは抽象的、概念的な作品が多くて読むのが苦痛だった

858吾輩は名無しである2017/04/28(金) 04:31:38.26ID:zwZ2Ufvx
天才と双極性障害or統合失調 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/utu/1473881371/
ドストエフスキー(幻聴、てんかん、癇癪、多弁、)
トルストイ(抑うつ、放浪癖)
ルイスキャロル(てんかん、吃音、小児性愛)
ゴッホ(てんかん、幻聴、幻視、異常行動)
エドガー・アラン・ポー(幻視幻聴、アルコールアヘン依存、白昼夢)
ヘミングウェイ(自殺、自殺家系、躁鬱)
シューマン(幻聴や妄想など神経梅毒症状だが異説あり)
バッハ(神童と呼ばれた息子が成人後障害発症、おそらく統合失調)
アインシュタイン(息子が統合失調)
ショパン(幻視、発作行動、てんかんの疑い)
チャイコフスキー(鬱)
芥川龍之介(躁鬱、自殺、母親が精神分裂)
太宰治(躁鬱、自殺未遂と完遂)
三島由紀夫(自殺)
川端康成(自殺)

859吾輩は名無しである2017/06/01(木) 18:58:13.55ID:5ofhbwTQ
ヘッセって胸が締め付けられるような作品ばかりだよね。
夏目漱石の「こころ」に似てる

860学術2017/06/01(木) 21:30:15.06ID:t6/y7DF5
宗教の 幻
 預言 が多いな。

こちらは幻術。

861学術2017/06/01(木) 21:43:51.06ID:t6/y7DF5
退屈を忘れてるからだ。死を。先陣からの駆け遅れを。

862吾輩は名無しである2017/06/20(火) 01:41:51.06ID:e+V7J5Fd
お前らナルチスとゴルトムントならどっちになりたい?

863吾輩は名無しである2017/09/05(火) 12:45:29.30ID:dDMOp38x
高校の時図書館の推薦本だった車輪の下を読んだ
田舎だからか今どき珍しいくらい抑圧的な校風だったからこんな本推薦していいのかwとか思ってたな

そういえば校風に反抗的な先生はジョージ・オーウェルの1984年をオススメしたりしてて密かに応援してたわ

864吾輩は名無しである2017/09/22(金) 17:14:00.61ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

865吾輩は名無しである2017/10/20(金) 13:07:51.79ID:zBqvq1dO
イシグロ読んだ?、

866吾輩は名無しである2018/04/29(日) 20:48:14.64ID:rGRx9tdZ
下がりすぎたので  (´∀`∩)↑age↑

867吾輩は名無しである2018/11/03(土) 00:29:14.74ID:5ezOvOw2
湖畔のアトリエが気になってるんだけど
ここではどんな評価なんだろ

868吾輩は名無しである2018/11/21(水) 16:58:29.94ID:VQsF7Fbh
>>867
文庫で読みたいけど買えないのが残念

新着レスの表示
レスを投稿する