志賀直哉が「小説の神様」って。。。

1吾輩は名無しである2011/02/10(木) 01:24:39
そこまでの才能がある人なんですか?

「神様」なんて鴎外漱石よりも凄いのかな

377吾輩は名無しである2017/03/23(木) 17:48:50.63ID:RaDhOzPo
和解はいい。
暗夜行路はツマンネ

378吾輩は名無しである2017/03/24(金) 10:03:07.23ID:zeaidNsz
暗夜行路は傑作だと思うけどなぁ

379学術2017/03/24(金) 11:27:47.51ID:Z3L0KGrK
志賀は日本人だし。興味なし。

380吾輩は名無しである2017/05/05(金) 19:29:31.20ID:Si+i8Hgt
   
谷崎潤一郎 永井荷風 志賀直哉 島崎藤村 泉鏡花が現在ほとんど読まれなくなったのは・・・ 
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1493969659/
  

381吾輩は名無しである2017/05/18(木) 21:09:02.90ID:fWVDIimZ
八百万もいるんだからいいんじゃね

382吾輩は名無しである2017/11/02(木) 17:50:47.98ID:UHBbS+zX
interesting B movies Japan (2016)
https://www.youtube.com/watch?v=-OgK1SGfWBE

伊丹 万作(1900年1月2日 - 1946年9月21日)
赤西蠣太(1936年、片岡千恵蔵プロダクション)

『赤西蠣太』は、志賀直哉の短編小説。1917年(大正6年)9月に『新小説』に発表された。
初出時の題名は『赤西蠣太の恋』。伊達騒動を下敷きにしている。

383吾輩は名無しである2017/11/06(月) 17:42:36.57ID:GNHFo37E

384jiro2017/11/10(金) 12:31:52.81ID:fMhrLXqG
子どもの頃(中一だったかな)読んでさっぱりわからなかったが
いまになってその凄さがわかってきた。
これを成長というのか老化というのかわからないが
『暗夜行路』を読んで
ああこういう小説が、日本語の小説があるのは日本語を使って生きてきた者にとって
ありがたいなとすんなり思えた。
この志賀だからこそ日本語止めてフランス語でいいんじゃないのというボケをかませたんだなと

385吾輩は名無しである2017/11/10(金) 12:37:09.32ID:AVlCLfga
志賀直哉といえば『小僧の神様』だろチンカス包茎!

志賀直哉は「神様」ではなくて「仏様」だろ変態童貞!

386吾輩は名無しである2017/12/24(日) 20:43:07.59ID:GtuQ2Aor
志賀は自分に正直に生きた人
作品も素直で志賀のそのまんまの感性や生き方が現れている
つまり志賀の作品が嫌いというのは志賀の感性や生き方が嫌いということ

387吾輩は名無しである2017/12/25(月) 20:43:39.58ID:nj2n2j7L
作品はそんなに好きじゃないけど
顔はイケメン

388吾輩は名無しである2017/12/29(金) 11:57:04.92ID:TGMZ3ThP
暗夜行路の播磨でいつも笑う

389吾輩は名無しである2017/12/31(日) 19:41:20.11ID:bJ2n12xb
>>384
わしも背伸びして高校のとき何冊も読んだが
正直言ってあまり面白くなかった。が
文学なんてこんなもんなのだろうと思っていたので
がっかりもしなかった

390吾輩は名無しである2018/01/16(火) 00:34:21.57ID:p5BBHNuC
山手線ではねられた人

391吾輩は名無しである2018/02/19(月) 23:26:31.52ID:IjqovZ1A
志賀なんて読んで有り難たがる奴は
百姓根性丸だしの馬鹿どもだよ!

392吾輩は名無しである2018/02/26(月) 19:38:48.72ID:coNWpw1h
問題になっていることは思想ではなく、日本語で表現することを
根源から否定するその馬鹿さ加減です。志賀のフランス語提案は
無茶苦茶で自らの文士としての基盤すなわち日本語をいとも簡単に
否定して平気な無神経さです。日本語で書かれ続けた我々の遺産、
古典を満足に読めない日本国民を「生産」せよという酷い発想です。
結果的に、自分の書いた文章をフランス語に翻訳して子孫に読ませよう
ということになるのです。思想以前の常識問題でしょう。若いときには
たしかに夢中になって徹夜で小説を読むこともあるでしょう。しかし、
小説は読み方がいくらでも変わるものです。志賀ていどの小説から
脱皮してもっと広い世界を見ようではありませんか。

393吾輩は名無しである2018/02/27(火) 03:05:31.64ID:onUNUeOa
立派な見た目とか家柄が
当時の文壇には
信じられないぐらい崇高に
見えただけではないか

394吾輩は名無しである2018/02/28(水) 15:17:04.62ID:cTrRHBPr
>>1
誰かが「小僧の神様」に引っ掛けて
いってみたかっただけで、
とくに意味はないのでは

395吾輩は名無しである2018/03/01(木) 12:31:53.61ID:9d1xWrNv
戦後すぐだったか誰かが小林秀雄に
「どうして志賀さんはあれほど評価されてたんですかね」
と聞いて、「そういう時代だったんでしょ」と苦笑してたんで、
もうとっくに神様なんてもんじゃなくなってたみたいだ

396吾輩は名無しである2018/03/01(木) 12:34:08.99ID:9d1xWrNv
上のを書きこんだ瞬間思いついたんだけど
かつて無意識過剰と評された石原慎太郎に似ている

397吾輩は名無しである2018/03/03(土) 03:16:35.90ID:dUN3rI7c
文章の天才性では松本清張に及ばない「焚火と清張の「半生の記」戦後のエピソードの
いくつか比べればよくわかる。

398吾輩は名無しである2018/03/03(土) 03:17:51.76ID:4QridSD0

399吾輩は名無しである2018/03/11(日) 18:09:52.66ID:YmpT1QsE
学習院のおぼっちゃまは見聞が狭いね。

400吾輩は名無しである2018/03/29(木) 08:38:58.62ID:VprF0yQf
自分が最も的確に運用できる言語を捨てる事になる、つまりは
志賀自身のよって立つ基盤を否定する事になるのだが、そうまでして
フランス語を移植しろって言ったのは、ある意味本気で日本の停滞を憂えてたのかもしれん
志賀の主張が全面的に正しいとは言わんが、現在の日本の閉塞感を見るとなあ

あと俺は太宰なんぞより断然この人のほうが立派だと思うし好きです

401吾輩は名無しである2018/03/29(木) 08:47:20.85ID:VprF0yQf
>>89
これもわかる気がする

402DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:25:12.21ID:yCusRlqq
参岳 死餓名をや。

宇宙人と一騎打ちの方が自己紹介よりは。

403DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:25:37.15ID:yCusRlqq
小説神髄でしょ。

404DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:26:08.18ID:yCusRlqq
アキレス腱が細くてプラプラさ。

405DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:27:21.98ID:yCusRlqq
右足はもとについでもらったけど。
腰に髪内おちたかと思ったよ。上がってんのか下がってんのか。スレ違いが。

406DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:28:04.43ID:yCusRlqq
死に体で 軽体 で飛ばす。

407DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:28:36.76ID:yCusRlqq
雷 おこしね。腰捻挫して。

408DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:30:50.25ID:yCusRlqq
手術中は自分は戦えないけど、ICUはいい匂いでした。
リバビリ前より、覇壊神みたいで廃人レベルでいい感じですよ。

409DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:32:15.05ID:yCusRlqq
神経内科とか、リハビリ科の方が精神科の古典よりおススメですよ

410DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:33:17.54ID:yCusRlqq
詩がなをや。

411DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:33:41.66ID:yCusRlqq
志学館の豪傑女子は?

412DJ学術archive gemmar髭白紫の上2018/03/29(木) 17:34:59.98ID:yCusRlqq
三国志より 五胡十六湖 もいいんだけどねえ。
詩経やら 経典の方が大事じゃないですか。

413吾輩は名無しである2018/03/29(木) 19:14:59.16ID:r6of5hVr
>>400無理しすぎw

414吾輩は名無しである2018/03/30(金) 19:16:27.23ID:zC4qJgTY
ま、要するに、直哉くんは鹿鳴館時代にあこがれていただけ。
森有礼くんが英語を国語にしようといったのと五十歩百歩。
森くんは暗殺されたが(伊勢神宮で無礼な振舞い)直哉くんは
戦後のどさくさのおかげで無事だっただけ。
民芸運動の連中と陶器をいじくっていただけならまあまあ。

415吾輩は名無しである2018/03/30(金) 23:36:06.28ID:Za3fotnY
>>401
なるほどねと思いつつ89の書き込みが2011年である事の戦慄の方が全てを包み込んだよ

416吾輩は名無しである2018/04/03(火) 01:09:26.06ID:zGP30bw6
>>415
俺はたった5年間日本にいなかっただけで、帰国したときに
 
「○○でよろしかったでしょうか?」
 
と日本語が過去形になっていたことに戦慄を覚えた。実はものすごい勢いで日本語は現実に変化していっているよ。
ところが日本に住んでいるとそれが実感できない。じわじわ変わっていくから。しかし変化のスピードはものすごい。

実はそれ以上に決定的に驚愕したのは、
1)喫茶店やコンビニでお釣りを渡す店の女の子がわざわざおれの手を触るのだ。
2)歯医者に行くと女の歯科医が台に寝かされた俺の頭に乳房を押し付けながら治療するのだ。(誇張ではない)

こんなことは10年前にはあり得なかったことだ。 
この変化におまえらは気が付いていたか?世の言葉やふるまいの変化にはまさに戦慄せざるをえない。

だからこそ阿川の文体にしがみつきたい。まあ女の子の手や乳房も楽しみたいが… 

417吾輩は名無しである2018/04/03(火) 01:50:04.99ID:zGP30bw6
すまん志賀直哉のスレだった…

418吾輩は名無しである2018/04/08(日) 18:11:25.43ID:uPPeX8s0
阿川直哉のスレ
なんの問題もない

419吾輩は名無しである2018/04/09(月) 02:01:25.90ID:/AqoFujq
ありがとう。では、あえて甘えさせて頂くならば、戦後日本語がすさまじい勢いで変化していく中、しかもそれを誰も意識的に実感していなかったときに、その変化をとめようとした大久保房男という編集者がはたした役割も大きく、憶えておきたい。

420吾輩は名無しである2018/04/27(金) 21:32:35.28ID:/k7HDQt4
 人生は短く芸術は永しというが毎年夥しく「生まれる」
文士のうち後代の記憶に残るのは何人か。志賀君も
阿川君もすでに文庫本にすら殆ど登場しない。
 ひどいのは、歌手、演奏家、俳優。 九代目市川団十郎
が名優だったといってもそれは死後せいぜい十五年ぐらい
の記憶。芥川比呂之のハムレットは素晴らしかった、藤原義江
のテノールは歴史にのこる、エノケンのベアトリネーチャンしびれたなあ、
パガニーニのヴァイオリンは素晴らしかった?

421吾輩は名無しである2018/04/27(金) 21:59:54.37ID:P2opgYC2
中学校国語教科書採用作品一覧
http://1gyou-edu.com/download/junior-high-school_2017.pdf
教 育 出 版
伝え合う言葉中学国語1・清兵衛と瓢簞・小僧の神様
東 京 書 籍
新編 新しい国語 2・小僧の神様
光  村  図  書
国語 3・清兵衛と瓢簞・小僧の神様

422吾輩は名無しである2018/04/27(金) 22:03:07.61ID:P2opgYC2
高校国語教科書採用作品一覧
http://1gyou-edu.com/download/high-school_2017.pdf
教育出版
国語総合・清兵衛と瓢箪
精選 国語総合 現代文編・城の崎にて
三 省 堂
精選 国語総合 改訂版・清兵衛と瓢箪
数研出 版
改訂版 高等学校 国語総合・清兵衛と瓢箪
改訂版 国語総合・城の崎にて
新編 国語総合・清兵衛と瓢箪
第一学習社
高等学校 改訂版 新訂国語総合 現代文編・城の崎にて
高等学校 改訂版 国語総合・城の崎にて
大修館書店
精選 国語総合 新訂版・城の崎にて
国語総合 改訂版 現代文編・城の崎にて
筑摩書房
国語総合 改訂版・清兵衛と瓢箪
東京書籍
精選国語総合・城の崎にて
国語総合 現代文編・城の崎にて
現代文A・清兵衛と瓢箪
明治書院
新 精選 国語総合 現代文編・城の崎にて
新 高等学校 国語総合・清兵衛と瓢箪

423吾輩は名無しである2018/04/30(月) 06:17:25.23ID:TaBSFsGl
>>420
藤原義江の歌う日本歌曲は違和感ありまくり。
いかにも西洋人が歌っているようにしか
聞こえない。

424吾輩は名無しである2018/05/03(木) 18:41:40.07ID:AhpU44h6
>>423藤原義江を知っている人? 何歳? 

425吾輩は名無しである2018/05/07(月) 20:39:34.63ID:P+5h6Tup
おらっちエノケンしっとるよ、ロッパ、シミキン、アチャコ、タカセミノリも

426吾輩は名無しである2018/05/11(金) 16:08:12.07ID:/RafG62o
太宰の「津軽」に、酒の席での話題が「神様、という妙な呼び方をするものなども
出てきている」人気上昇中の作家のことばかりで、だれも目の前の自分の作品には
関心がないのでイジケてしまうというシーンがあった。
この作家は志賀直哉のことなのかなあ。

427DJgensei artchive gemmar2018/05/11(金) 16:23:13.32ID:l/uKMSlq
国定教科書制度でも、内地では翻訳でもいいわけで仕上がったのが後の方を
つかうべきという意味も。

新着レスの表示
レスを投稿する