【天才】丹生谷貴志【にぶにゃん】

1吾輩は名無しである2011/04/09(土) 15:09:16.02
語ろう

459吾輩は名無しである2016/08/12(金) 08:11:58.36
nibuya
ヒルデスハイマーの『詐欺師の楽園』をネット古書でさがしたらとんでもない値段になっている。
どうやら佐藤亜紀さんとい作家の推薦の余波?で高値の模様。
しかしドイツ原書はともかく翻訳があるのは日本語訳だけのようで、日本のドイツ語系の翻訳家の地味な努力にはときどき驚かされる。
2014年1月25日

Wolfgang Hildesheimer (9 December 1916 - 21 August 1991)
1953 Das Paradies der falschen Vögel

460吾輩は名無しである2016/08/18(木) 20:05:30.39
<わたしたちの体は刻々と死んでゆく微細な組織、細胞(そして思考)の集合体に他ならない。
身体は死に抵抗する組織ではなく、速度の違う無数の死によって組織された「過程」に他ならない。>
(丹生谷貴志『死体は窓から投げ捨てよ』)

461吾輩は名無しである2016/08/20(土) 19:59:52.61
Ryoichi Tanaka
シネマキネマ (2016.08.13) 金井美恵子・金井久美子さんインタビュー
http://d.pr/a/1kKUv
13 Aug 2016

462吾輩は名無しである2016/08/24(水) 08:23:11.27
中西夏之 白く、強い、目前、へ 展 図録

東京都現代美術館 1997年 ソフトカバー 元パラフィン・別冊付 サイズ: 300×227mm

1997年に東京都現代美術館で開かれた中西夏之の展覧会カタログ。油彩の作品を中心に約50点のカラー図版を収録。
テクストは、種村季弘「共演する空間へー白く、強い、目前、へーのために」、谷川渥「中西夏之ー佇みの装置」、
丹生谷貴志「美しくあってはならぬと命じたのは誰か?」、南雄介「中西夏之と絵画」を収録。
アトリウムに展示された「紗幕孔穿」図版を別冊に掲載。

463吾輩は名無しである2016/08/30(火) 07:25:36.69
KAI + OUGI SAIGON
そもそも批評家を目指す奴が多すぎるんだよ。僕が昔、編集者してた時、丹生谷貴志さんに
「(美術)批評で飯食ってくなら、最低3ヶ国語、できれば4ヶ国語話せないと」ってビシっと忠告されて、きっぱりやめましたもん。
まあ、必ずしもそうとは限らないけど、僕にとってはあの忠告は正しかったよ。
2012年7月3日

464吾輩は名無しである2016/09/02(金) 13:59:16.93
みどりん(midori)
う〜ん、浅田彰は一冊しか読んだ事無いよ。ほとんどが四方田さんと丹生谷貴志さんの本だけど、
デリダとかドゥルーズとはバルトとか読んでわかったような気がしてた。だけど、今は全然覚えてない(笑)

丹生谷さんとは音楽の趣味が合って、四方田さんとよりも仲良くなれたよ。今は関西外語大の教授かな?偉くなっちゃったもんだ(笑)
30 Aug 2016

465吾輩は名無しである2016/09/04(日) 12:56:07.50
メンヘラについて考えるためのちょっとした用語集
http://hallucinyan.hatenablog.com/entry/2013/10/29/120029

自殺について論じた哲学者も多数いるが、『自殺について』を著したショーペンハウアーが有名である。
また、経験論で知られるデイヴィッド・ヒュームも自殺について論じており、
哲学者のジル・ドゥルーズがヒューム論である『経験論と主体性』において言及している。
ドゥルーズが自宅のアパルトマンから投身自殺したことはよく知られている。
批評家の丹生谷貴志の『死体は窓から投げ捨てよ』には、ドゥルーズの思想と自殺を巡る文章が収録されている。

はるしにゃん (id:hallucina)

466吾輩は名無しである2016/09/10(土) 22:58:59.12
愛知県立芸術大学 芸術学専攻 主に日本美術史のお知らせ・活動記録など
http://weblogsagamine.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html

2016年9月1日木曜日
集中講義がはじまります
今日から前期分の集中講義がはじまります。
芸術学専攻では以下の科目を開講します。

西洋美術史特講 高橋健一先生
日本美術史特講 橋爪節也先生
現代アート特講 杉田敦先生
現代文化特論  丹生谷貴志先生
近代彫刻史   小泉晋弥先生
色彩学     河本健一郎先生
文化財学概説  山崎隆之先生
文化財学特講(彫刻)牧野隆夫先生
文化財保存修復研究(油画)伊藤由美先生
文化財保存修復研究(日本画)大野恭子先生

今年は文化財関係の授業が充実していますね。

467吾輩は名無しである2016/09/19(月) 22:19:25.79ID:bwbe1G8H
 「ユリイカ 第35巻17号 12月臨時増刊号 総特集 ロラン・バルト」平成15年12月15日
無関心の恋
丹生谷貴志
http://shikki.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

468吾輩は名無しである2016/09/20(火) 20:15:32.61ID:Y6Yqa01H
>>467
ページを保存したので後でじっくり読もう

469吾輩は名無しである2016/10/05(水) 19:28:22.04ID:CdAlCayB

470吾輩は名無しである2016/10/24(月) 22:28:49.13ID:RTyDwf03
丹生谷貴志について
http://togetter.com/li/148066

471吾輩は名無しである2016/11/24(木) 19:50:36.90ID:Y1OJWvlM
■□■市民社会フォーラム第75回映画鑑賞会のご案内■□■
『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的イデオロギーガイド』

日 時 12/17(土) 19:10の回上映 終了後トーク
会 場 元町映画館(トーク会場は2階)
トーク 丹生谷貴志さん(文芸評論家・神戸市外国語大学教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。

472吾輩は名無しである2016/12/18(日) 14:39:40.83ID:e4fMUWFy
baphomet@ロイド•ヘルゲートZ世
アネマリー・モルの邦訳のページフェイス見ると、丹生谷貴志さんの「光の国」を思い出す^^
15 Dec 2016

黒沢清 Part 25 [転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1441508294/
332 : 名無シネマ@上映中2016/01/27(水) 02:20:59.19 ID:lRo52xzD
黒沢清が一番脂が乗っていた時期は90年代後半だったんだけど
それはまだポストモダン思想が有効な時代だった
その時代に黒沢清は「終末的」な光景を描いていた

その転機に「アカルイミライ」で
本来この作品は「テロリストの映画」として撮られたもので、黒澤自身もそれを公言していたのだが、
その直後に911が起きてその発言を撤回しなければならなくなった(同時にこの作品はかなり早い段階で非正規労働者を描いた作品でもある)
つまりこの時点で黒沢映画の「終末感」を現実の「終末」が凌駕してしてしまったというわけ

で、その後は「トウキョウソナタ」ではかつての「アカルイミライ」で見せたような先見の明は無くなり
ただ現状を後追いしている作品になってしまった

ユリイカ 2017年1月号 特集=アメリカ文化を読む ―カウンターカルチャーの新しい夜明け
アメリカのカルチャーとはなにか、あるいはアメリカに投影されてきた文化的期待とはなんだったのか。
ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞、ドナルド・トランプ氏の大統領就任と、大きな転換期をむかえつつある
アメリカの文化のゆくえに豪華執筆陣が迫る!
【詩】
藤井貞和
【鼎談】
大和田俊之×磯部涼×吉田雅史
【エッセイ】
ブレイディみかこ/長谷川町蔵/渡辺由佳里/佐久間裕美子
【論考】
飯野友幸/堀内正規/松村正人/池田純一/リピット水田堯/丹生谷貴志/中村隆之/片岡大右/梶谷懐/
諏訪部浩一/高村峰生/入江哲朗/大賀祐樹/吉本光宏/乗松亨平/堂本かおる/大山エンリコイサム/小林剛/ミヤギフトシ

473吾輩は名無しである2017/01/14(土) 17:03:39.08ID:k5p4c5Aw
山下 研
丹生谷貴志文体の出自の一つは宮川淳。
週に一度書ける部分まで書き、宮川的「書けなさ」に到達した原稿を集積してできたのが処女作『光の国 あるいは』。 #批評再生塾
11 Jan 2017

みどりん
丹生谷貴志さんに迷惑かけられてた私(笑)、保坂和志さん小説家デビュー前の乱雑な(?)年賀状。
I put a spell on you.という言葉に惚れました。
http://pbs.twimg.com/media/C2Dg3HeUkAAles7.jpg
2017年1月13日

474吾輩は名無しである2017/01/26(木) 13:25:13.76ID:ZbR7Zibp
丹生谷貴志×佐々木敦「『怪物の主題による変奏』
――すでに誰が書いた文の文題か知る人も知らぬ人もいるだろうが、
ここではただこの『題』だけを借りて『自由に』それが展開されることを待つ。」
【ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第2期 #14】 #批評再生塾
https://togetter.com/li/1070019

絵画、記号に収まること、モノとの激しい亀裂。
アニメは記号、ヨーロッパは「似ていること」。
ヨーロッパは「神が世界を作った」
ヨーロッパでは「完璧な宇宙を人間が汚した」「真理が消えた」「真理を求める」
イスラムでは13世紀に真理の探求が消えた。
ヨーロッパは真理探求のタイムテーブル、1000、ノストラダムス。
フーコー「狂気の歴史」は1999年に世界が整理されることを前提としている。真理に向けて動いてきたヨーロッパの歴史をそのまま書いている。
吉本隆明はクロソウスキー「ニーチェと悪循環」を4回読んでも一言も分からなかったので、書評を書けなかった。
怪物は神と人間の中間にある。怪物は人間に問いかけをする。
怪物は突如として人間を神に戻す。
神に到達することは世界が消滅すること。
ドゥルーズ、フーコー、蓮實は神と人間を消して怪物のみを残す。
人間が神とのへりに到達したときに近代文学、近代絵画が生まれる。
我々にとって最も怪物的なものが「映画」
フローベール「感情教育」は鋏が4回出てくることを描いている。
この作品が何に向けて拒否しようとしているか。
近代文学とは世界を消させないという意地。

475吾輩は名無しである2017/01/28(土) 09:54:37.81ID:CYgKGMve
丹生谷貴志
@風の物語(ヨリス・イヴェンス)
A時を数えて、砂漠に立つ(ジョナス・メカス)
B次郎長三国志(マキノ雅弘)
Cシテール島への船出
D軽蔑(ジャン=リュック・ゴダール)

私の好きな映画・ベスト5 (リテレール・ブックス)
安原 顕 (編集)
出版社: メタローグ (1994/06)

476吾輩は名無しである2017/02/12(日) 09:53:51.31ID:4ULmgxH6
Tetsuya Shibutani
今日はびっくりした。神戸映画資料館のストローブ=ユイレの上映が補助席立ち見の超満員になったこと。
セザンヌとバッハという取り合わせもあったかもしれないけど。
映画の新しい世紀が始まりつつあるかもという妄想的実感を持ちました。ホントに凄いですわ。

『ロートリンゲン!』の驚きは、ストローブ=ユイレが始めてドイツをカラーで撮影したこと。
タイトルもロレーヌ地方のドイツ語名。ドイツ国家の原曲(ハイドンの四重奏)も流れ、そこに軍事演習らしき砲声が被さる。
EU始まりの時代にこんな作品を発表する姿勢が面白い。

『セザンヌ』フィルム版の字幕は丹生谷貴志氏だった。味のある読みやすい日本語だったと思う。
次のストローブ=ユイレ上映の時にトークゲストでお呼びできないかな(次をいつやるかも問題だが)。
4 Feb 2017

2日経ってまだ興奮冷めやらずの神戸ストローブ=ユイレ。もちろん映画の組み合わせもよかった。
『セザンヌ』の言葉はそのまま彼らの映画作りの姿勢を伝えていた。
手法の用い方はミニマルだが、映像と音声は世界全方向に広がってゆく豊かさ、それを枠取り弁証法的に構成することで葛藤が生まれる。
5 Feb 2017

477吾輩は名無しである2017/03/10(金) 20:21:36.60ID:FlEZUhmJ
無責任なエレベーター。冬から春への変わり目ということもあって、一層不安になる。
まだあまり知られていないせいか、人も少ないし、
僕が中学生か高校生くらいのときの曲が(恐らくかなり意図的に選ばれて)かかっている--
たとえば手嶌葵のゲド戦記の主題歌とかミスターチルドレンの旅立ちの歌とか。
さらに、8階や9階なので、窓から見える歌舞伎町や新宿がだいぶ下にあって、喧騒がミュートになる--
丹生谷貴志が吉田健一についての文章で、ちょうど飛行機の中の「奇妙な静けさとざわめきとひしめき」と書いたような。
外はものすごい轟音と速度であるはずなのに中は恐ろしく静かであること、のような不安。
http://d.hatena.ne.jp/ycks1971/20170305/1488712890

478吾輩は名無しである2017/03/10(金) 21:47:31.14ID:13J3XxSw
昔取ったコピーが出てきたんだけど、中沢新一と丹生谷の往復書簡&対談、「イコン論」というタイトルなんだけど、
何の雑誌に載ったやつか忘れちゃったので、知ってる方どなたか教えて下さいませんか?

479吾輩は名無しである2017/03/15(水) 15:00:35.33ID:q3A5EpAJ
nibuya
余談。ヴェズレイ、モワサックからシャルトル、アミアンへ・・・は中世美術史の基礎なのだが、
要は「虚無に貼り付けられた覆い」のテンションに対する
「意識の変移」が可視的な造形として凝固してそこにあるという「意思造形」の権能の異様は・・・
と虚しい繰り言を図版を見つめて今更繰り返し・・・
2017年3月6日

ヴェズレー(Vézelay)はフランス中部のブルゴーニュ地方、ヨンヌ県の古都である。
丘上にあり、マグダラのマリアの遺骸(頭蓋骨)を移送したと主張するサント=マドレーヌ大聖堂などがある。

モワサック (仏: Moissac)は、フランス、ミディ=ピレネー地域圏、タルヌ=エ=ガロンヌ県のコミューン。
サン=ピエール・ド・モワサック教会 - 修道院付属教会。ロマネスク様式彫刻の傑作とされる12世紀の門をもつ。

シャルトル(フランス語:Chartres)は、フランスの中部に位置する都市で、ウール=エ=ロワール県の県庁所在地である。
古くから司教座がおかれた古市であり、市中央部にあるノートルダム大聖堂(シャルトル大聖堂)はゴシック建築の傑作として知られる。

アミアン(Amiens)は、フランスの北部に位置するコミューン。
アミアンは、運河、『北の小さなヴェネツィア』と称される水上庭園(fr)、そしてアミアン大聖堂で有名である。

480吾輩は名無しである2017/03/22(水) 22:35:17.72ID:VGrvUSIl
ユリイカ2017年3月号 特集=草間彌生
わたしの草間彌生 / 丹生谷貴志

『BB/PP』
松浦 寿輝 [著]
懐かしい遺体 丹生谷貴志
新潮 2016年9月号
http://www.bookbang.jp/review/article/519357

M
ミシェル・トゥルニエ『フライデー、あるいは太平洋の冥界』を論じたドゥルーズの他者論、
『原子と分身 ルクレティウス/トゥルニエ』(原田佳彦+丹生谷貴志訳 哲学書房)として
企画訳出された本を30年ぶりに引っ張り出す。これを批判的に検討するというのもあり得るかもしれない。
http://pbs.twimg.com/media/C6DPqyyUwAQX1My.jpg
3 Mar 2017

481吾輩は名無しである2017/05/01(月) 17:41:57.25ID:xYQP9XdC
twitter.com/1yagiryow5/status/858865630270767105
反抗のつもりでそっちの方向へ突っ走ったら札束を抱えた首相夫人が待っていた(わらしべ長者伝説)

482学術2017/05/01(月) 19:10:53.30ID:QqxdPOEL
ニーチェは精神肉体負けしているぐらいきづついたテクストだよなあ。

483吾輩は名無しである2017/06/15(木) 00:20:48.73ID:bZ82AfrL
ゆーま
丹生谷貴志さんの家事と城砦、復刊していただけないかなー

思想哲学は全然なのだけど、ただ丹生谷貴志さんの文章が好きで読んでいるだけなので、
内容に関してはほとんど分かっていない そういう読みもあるのだと思う

丹生谷貴志さんの本、ぼくが読んでも事実誤認が見つかりますが、そんなことはどうでもいいくらいの、
切迫の文章だと感じるので、細かいことはいいのだ、というスリリングな読書体験です、ぼくには。
10 Jun 2017

484吾輩は名無しである2017/09/27(水) 18:07:21.67ID:DalmTsQh
書き込みテスト

485吾輩は名無しである2017/09/27(水) 18:09:34.35ID:DalmTsQh
twitter.com/matsumoto0810/status/912644631170506752
www.youtube.com/watch?v=XnV7U2exUQs&t=135s

486吾輩は名無しである2017/09/29(金) 23:38:44.93ID:F/npLZC5
他人の心配へ自分の関心を被せてしまった(後悔を先に表す)

487吾輩は名無しである2017/09/29(金) 23:41:01.63ID:F/npLZC5
twitter.com/1yagiryow5/status/913394063855960066
広い面積を放置している地主はだいたい統失(歌詞)
っと言おうとした。

488吾輩は名無しである2017/10/01(日) 00:32:46.97ID:FX1NeHox
twitter.com/MAMAAAAU/status/913953348918710272
心理学者の指導監督のもとで看守役と囚人役とに分かれて演技をしていって欲しい。

489吾輩は名無しである2017/10/11(水) 20:01:03.79ID:ovqR3u7C
www.youtube.com/watch?v=i8zDlmLqNZE&t=190s
墜落(震え声)

490吾輩は名無しである2017/10/22(日) 20:15:42.61ID:4abFWi8+
井関正昭 1928 - 2017

上村清雄 1952 - 2017

sabaehideki
今月にはいって、井関正昭氏、上村清雄氏が亡くなられた。
イタリア美術研究にとって両氏の仕事は大きかったとあらためて感じている。
少なくとも、イタリア美術(論)が日本語で読めるようこの地で届けられたのだから。
2017年10月21日

491吾輩は名無しである2017/11/01(水) 23:32:43.84ID:u9046zaI

492吾輩は名無しである2017/11/09(木) 01:13:50.04ID:KdZxrpe/
書き込みテスト

493吾輩は名無しである2017/11/09(木) 01:15:40.38ID:KdZxrpe/
anond.hatelabo.jp/20171105024224
フンドシを締めたら神風が吹いたっと三島の霊が言ってた。

494吾輩は名無しである2017/11/17(金) 14:12:34.66ID:RU5cm36V
笑)オタクなので先ず自分が笑う。

495吾輩は名無しである2017/11/17(金) 14:14:43.07ID:RU5cm36V
twitter.com/HK_SnowRabbit/status/931319092560068609
そこが騎兵隊占領区とインディアン占領区の境い目なんでしょ。

496吾輩は名無しである2017/11/23(木) 17:21:07.03ID:u3ROyd+o
twitter.com/marxindo/status/933596789550096384
www.youtube.com/watch?v=iDiF5wRMcSU

497吾輩は名無しである2017/11/23(木) 17:22:19.09ID:u3ROyd+o
スクールバスは危険な乗り物だと思います。

498吾輩は名無しである2017/11/24(金) 20:16:20.27ID:npakuz10
www.youtube.com/watch?v=VB_zLWpjuBA&t=2988s
スクールバスは安全な乗り物(翻す)

499吾輩は名無しである2017/11/25(土) 10:34:57.66ID:YhMOMVG/
twitter.com/ycr_I/status/927706336694976512
色彩は持たない多崎を作ると、彼の聖地巡礼の年。

500吾輩は名無しである2017/11/25(土) 10:38:11.53ID:YhMOMVG/
彼の巡礼の年(訂正)

501吾輩は名無しである2017/11/25(土) 10:42:03.81ID:YhMOMVG/
黄色い地へ黒い字で書いたほうが読まれやすいと思います(マジレス)

502吾輩は名無しである2018/02/15(木) 00:47:40.40ID:ONRIolqS
長谷正人
紀元節になると、昔千葉大学にいたとき、若桑みどりさんが紀元節反対集会として多木浩二さんの講演会を企画したことを思い出す。
しかし多木さんは聴衆が待てど暮らせどやって来ない。東京駅で特急に間違って乗って房総半島まで行ってしまったらしい。
結局中止になったかそこから記憶はない

丹生谷貴志さんは最初の本を読んで興奮し、
『哲学』の連載を愛読していたので自ら朝カルの授業を受けて直接お願いして千葉大学の授業に来て頂いたのだが、
若桑さんこそ丹生谷さんを中野幹隆に紹介した張本人だったのを聞かされたときの驚き。

四方田さんに紹介してもらったのも若桑研究室でだった。吉田喜重さんにも河内紀さんにも。
そして大室さんに大澤さんに立岩さんという豪華スタッフ。私の最終学歴は千葉大学かも。
2018年2月11日

503吾輩は名無しである2018/03/07(水) 23:08:06.57ID:pKzIOMtE
aimai
丹生谷貴志は団塊の直後の世代には「実存の脱落」による「奇妙な透視の能力」があるとし、
それを「離人症の光学」と呼ぶが、自分が興味を持っている哲学者が全てその世代であることにふと気付く。
入不二基義(1958年)、三浦俊彦(1959年)、郡司ペギオ幸夫(1959年)。
そして秋元康も1959年生まれだ。
2018年2月12日

504吾輩は名無しである2018/03/17(土) 22:04:42.51ID:Adigt17L
「早稲田文学 2018年春号」
発行:早稲田文学会
発売:筑摩書房
発売日:2018年3月27日

U 金井美恵子インタビュー
聞き手・丹生谷貴志 司会・吉野大地

505吾輩は名無しである2018/03/26(月) 18:09:56.06ID:Z6buhclR
アトレイデス
丹生谷貴志『死者の挨拶で夜がはじまる』、著者自身が「唐突だが」と断っているように、
この宮沢賢治スケッチに三島由紀夫が対立的な補助線として引かれてきたのは、
この章のみならず、本全体通してみてもかなり唐突で。 
とはいえ、「銀河鉄道の夜」に、もう一つの天文学的なタイトル「豊饒の海」を…

…とはいえ、「銀河鉄道の夜」に、月の地名をタイトルとする「豊饒の海」をぶつけてみることは、
たとえば賢治にも三島にも華厳経への関心が見られた、と言う一点においても、
単なる言葉遊びに留まりえないものを孕みえて。 問い立てとして受け取ってみることも在りだろうか、と。

丹生谷貴志が「同じ一つの銀河の無限の反復」を「想像すること」という、
「ループ系的な想像力」をもって宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を読んでいることも興味深く。 
『死者の挨拶で夜がはじまる』「河辺について」
2018年3月24日

506吾輩は名無しである2018/03/30(金) 14:30:25.83ID:obm9K7ew
「神は細部に宿る」は誰が言った言葉か。

この言葉の由来について論じている以下の文章が見つかりました。
【資料1】によると、はっきりとした結論はわからないようです。著者(丹生谷貴志氏)としては、
ミース・ファン・デル・ローエ → ヴァールブルク → エックハルト と辿ることができると考えているようです。

【資料1】丹生谷貴志著『三島由紀夫とフーコー 〈不在〉の思考』青土社2004.12(当該論文はp55-65) (1108633560)

507吾輩は名無しである2018/04/05(木) 22:01:21.44ID:AvsLKrI4
アルチュセール「L’avenir dure longtemps」
「僕は67歳、でも今に至って
ようやく感じるのだ、自分から
愛することを知らなかった為に
愛されることもなかったから
僕は一度も若さというものを
持ったことがなかったけれど
、この年になって僕はかつてなく
自分が若いと感じるのだ、そう
遠くない将来に全てが終わって
しまうにしても・・・」(丹生谷
貴志訳)

508吾輩は名無しである2018/05/24(木) 00:23:32.41ID:GWYaov2T
ユリイカ2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber(仮)
2018年6月27日

目次予定*【座談会】ばるぼら×さやわか×黒瀬陽平【マンガ】小林銅蟲/窓ハルカ
【エッセイ】届木ウカ/月ノ美兎/赤月ゆに/石楽えね/皇牙サキ
【論考】丹生谷貴志/松下哲也/谷島貫太/竹本竜都/久木田水生/木村すらいむ/原島大輔/猪口智広/黒嵜想…
【資料】バーチャルYouTuber名鑑(にゃるら)

509吾輩は名無しである2018/05/24(木) 03:36:07.47ID:v+tCzKaY
いつ発狂するの!?

新着レスの表示
レスを投稿する