【魔の山】トーマス・マン【ヴェニスに死す】

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1吾輩は名無しである2011/09/17(土) 14:07:52.37
無かったので、建てました。
皆さん、トーマス・マンの作品について、語り合いましょう!

854吾輩は名無しである2017/03/23(木) 20:54:43.94ID:Vddqbmeu
その『ヨゼフとその兄弟』は小塩・望月訳(筑摩書房)ですか。
うちの家には父親が学生時代に買った新潮の全集があります。
古い本です。

855吾輩は名無しである2017/03/26(日) 02:25:21.79ID:Md58Efj/
そう筑摩の3部作
相当の分厚さを覚える作品です

856吾輩は名無しである2017/03/27(月) 09:30:29.48ID:TTJA28Gp
>>854

これだね。俺も全集を持っている。
http://sokuup.net/img/soku_34932.jpg
http://sokuup.net/img/soku_34933.jpg

古書店で買ったのだけど、商品には「帯有」とシールが
貼ってあるのに、箱にも本体にも帯らしきものは見当たらない。
店主に尋ねたら別に取ってあると。理由は、帯だけを万引きする
者がたまにいるための措置らしい。いろんな人間がいるんだなと
思った。

857吾輩は名無しである2017/04/03(月) 22:46:34.22ID:qJ7GxAS7
トーマス・マン全集の画像見せてよ。俺も欲しいんだけど、いい状態のが
なくて困ってるんだ。函のヤケ、帯無しとかばっかり。

858吾輩は名無しである2017/04/09(日) 00:57:07.77ID:5OVKp04h
ついに「ヨセフとその兄弟」読み始めたぞ
第二部まで読んだ
ヨセフが井戸に捨てられて
拾われてエジプトへ行くところで今日は終わった
明日 といっても今日だけども残りを読んでいくことにする
来週中には終えることにしたい
これでトーマス・マンは完全読破ということになる

859吾輩は名無しである2017/04/11(火) 20:09:13.27ID:r2HPzqRc
ついにトーマス・マン全集を読み終わったぞ
全部読むのに10年かかった
ドイツ文学ではほかにヘルダーリン、ヘッセ、カフカ、
ビューヒナー、ノバリースの全集を読んだ
次はゲーテの全集を仕留めていこうと思う

860学術2017/04/11(火) 20:57:32.86ID:F6x5QKce
全集狂いか。

861吾輩は名無しである2017/04/12(水) 20:31:31.39ID:JoHg3Dbn
全集狂いもいいじゃん
マンを読みはじめて15年
締めくくりとしての全集攻略だよ

862吾輩は名無しである2017/04/12(水) 22:09:01.88ID:KnN1GaXi
マッドマウンテン

863吾輩は名無しである2017/04/12(水) 22:34:15.05ID:QmsK/A84
>>859
原語で?

864吾輩は名無しである2017/04/15(土) 00:21:39.89ID:ciU7qHiL
いや原書ではない
原書は日本では入手困難

865吾輩は名無しである2017/04/17(月) 21:29:13.68ID:qPyblmjR
俺はAmazonで原書の全集(13巻、フィッシャー)を買った。
運がいいと出くわすよ。

866吾輩は名無しである2017/04/21(金) 17:22:50.71ID:ubyaDxaQ
>>853
突っ込んですまんが、詐欺師は?

867吾輩は名無しである2017/04/22(土) 01:00:23.45ID:YmMu9+rf
詐欺師フェリクスクルルは非常に読みやすいよ
最後に兵役の検査で癲癇の症状が出る
おかげで軍隊に行かないですんだ
でもトーマス・マンはすごい描写だ
ドストエフスキーも癲癇を扱うけどもマンのほうが赤裸々だ
なお今後読み進めていくのであれば「大公殿下」「選ばれしひと」
なんていいかもしれないね
「すげかえられた首」「掟」「ヴェルズングの血」もいいかも

868学術2017/04/22(土) 19:28:42.01ID:XchP5NQw
原文って触れていいのかな、翻訳面とか信仰面とか。

869吾輩は名無しである2017/05/13(土) 17:55:28.82ID:Mb3C6Dn3
マンの映画で日本語翻訳のあるものってベニスに死すしかないのかな?
国内の映画祭でブッデンブロークが上映されたことは聞いたことあるけど

870吾輩は名無しである2017/05/16(火) 15:21:49.65ID:Mzzr8Ckt
たしか『魔の山』もあったはず。
昔にNHKBSとかで見た記憶ある

871吾輩は名無しである2017/05/25(木) 00:57:15.19ID:EVrniVE3
ほんとだ、アマゾンにありますね
日本語版はオリジナル(5時間超?)のダイジェスト版みたいですな
オリジナル版含めマン映画、色々商品化してほしいもんですな

872吾輩は名無しである2017/06/20(火) 12:25:29.60ID:YiuVaqPb
トーマスマンは長篇より岩波の短編集が好きだ

873吾輩は名無しである2017/06/27(火) 02:42:09.99ID:TGeP6grb
トニオ・クレーゲル読み終わったが、トニオがデンマークで出会ったハンスとインゲボルグ
すっかり本人だと思って読んでいた。

874吾輩は名無しである2017/06/27(火) 07:59:45.41ID:cm2SD2+u
岩波の短編集は翻訳がよくないのであまり好きではない
全集の短編のほうが好きだね

875吾輩は名無しである2017/06/27(火) 10:03:33.46ID:PsxYouB+
実吉訳の「デミアン」「親和力」は良かったけどな。
「マン短篇集」は読んでない。

876吾輩は名無しである2017/09/10(日) 06:49:06.42ID:+Fz+HwQQ
やっとヴェニスに死すが読み終わる。
序盤の主人公が物書きになった成り行きとか
読解が難しくて途中で挫折しそうになったよ。
ドイツ文学って本当に読みにくいね。
車輪の下はかなりきつかったし、
若きヴェルテルの悩みは途中で挫折した。
イギリスやフランス文学ならそこまで苦痛に
感じることはないんだけど。

877吾輩は名無しである2017/09/10(日) 06:55:35.82ID:+Fz+HwQQ
873
リサヴェーダに語る芸術論と終盤の
リサヴェーダへの手紙がイマイチ意味が
わからんかった。マンは読み易い箇所と
難解な箇所の落差が激しいな。

878吾輩は名無しである2017/09/10(日) 12:38:16.42ID:DCSMjnZ9
藤林丈司

879吾輩は名無しである2017/09/22(金) 16:51:39.98ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

880吾輩は名無しである2017/10/14(土) 15:59:45.17ID:cW593v6k
闘う文豪とナチス・ドイツ - トーマス・マンの亡命日記 (中公新書)
池内 紀 (著)
出版社: 中央公論新社 (2017/8/18)

881吾輩は名無しである2017/10/18(水) 12:08:48.94ID:04N6DyOb
五つの証言 (中公文庫プレミアム)
トーマス・マン (著), 渡辺 一夫 (著)
出版社: 中央公論新社 (2017/8/22)

第二次大戦前夜、戦闘的ユマニスムの必要を説いたドイツの文豪トーマス・マン。
戦争末期、空襲が激化するなか、マンへの共感から戦後を見据えて翻訳した渡辺一夫。
この渾身の訳業によるマンの文章と、寛容論ほか渡辺の代表的なエッセイ、中野重治との往復書簡を併せて一冊にする。
文庫オリジナル。解説・山城むつみ

882吾輩は名無しである2017/10/18(水) 12:43:12.18ID:5rajFeWL
こんなのばかり出版されるんだな
作品ではなく

883吾輩は名無しである2017/10/24(火) 05:11:34.31ID:8VPBYSYJ
マンすごいな
物語の面白いって感覚の肝をがっしり掴んでる
文章がそっけないからナボコフみたいなやつに舐められがちだがそんなことちっぽけなことだわ
俺は話が面白いやつが好き

884吾輩は名無しである2017/10/24(火) 08:18:47.07ID:jzVVsdPY
今の文庫版のポイントで再販して欲しい。
老眼になると、過去の岩波文庫でトーマス・マンの長文を読むのはキツイ(T_T)

885吾輩は名無しである2017/10/26(木) 02:38:30.09ID:CQaOJtUs
岩波文庫は色々と頑張ってくれてるから悪く言う気はないけど、
さすがにマンの訳が未だに望月市恵というのはどうかと思う。
『ブッデンブローク家の人々』とか文庫でじっくり読みたかったけど途中で諦めて川村二郎版の方を図書館で借りて読んだ。

886吾輩は名無しである2017/11/06(月) 17:28:24.12ID:GNHFo37E

887吾輩は名無しである2017/11/15(水) 18:56:11.97ID:8ETaHWui
>>880
いま読んでるけど面白い

888吾輩は名無しである2017/11/15(水) 20:51:30.96ID:b4ROBK1W
鉄道事故を読んだ
これでマンは全部攻略した

889吾輩は名無しである2017/11/15(水) 20:55:14.36ID:fq6fd2Kb
うらやましい

890吾輩は名無しである2017/11/15(水) 21:40:12.46ID:5MNW7mu6
岩波文庫で復刊してほしい。
あと「ヨハネとその兄弟」は文庫化したことないのね。

891吾輩は名無しである2017/11/15(水) 22:34:34.80ID:SkxsiPIY
『ブッデンブローク家の人々』は川村二郎訳、
『魔の山』『ファウストゥス博士』は円子修平訳が良い

892吾輩は名無しである2017/11/16(木) 13:28:28.57ID:WCq0IOmm
マンって「カフカが私を捉えて放さない」と日記で書くほど意識していたんだなぁ
色々知れて面白かった

893吾輩は名無しである2017/11/24(金) 18:06:04.16ID:sNRhJypS
新潮の魔の山が下巻の途中でずっと止まってる

894吾輩は名無しである2017/11/24(金) 18:11:42.46ID:42+rBB6r
挫折確定だなw

895吾輩は名無しである2017/11/30(木) 12:47:23.08ID:wdJFWLLx
ヴァルブルキスの夜まで行くと、なんか達成感があるんだよね。

896吾輩は名無しである2017/11/30(木) 21:05:25.31ID:490VEVEg
下巻はセテンブリーニとナフタの議論を読んで
どきどきわくわくするかどうかで面白さが違ってくる

897吾輩は名無しである2017/12/01(金) 07:10:31.47ID:GA9YjWrQ
彼らの議論を読んでわくわくする人って
ドイツ人でも多くなさそう。

898吾輩は名無しである2017/12/04(月) 16:55:31.10ID:2nHMvfHg

899吾輩は名無しである2018/02/07(水) 23:44:10.37ID:rW8CnVMb
死ぬまでにThomas Mannの本をドイツ語で読みたい。68歳にしてようやく3分の一迄来た。今年はJoseph und seine Bruederを一年がかりでチャレンジしたい。

900吾輩は名無しである2018/02/10(土) 12:52:32.28ID:+dJzXxkN
以前魔の山とブッデンブロークに手を出したが
歯が立たなかった。カフカとかホフマンとかヘッセは
何冊か読んだんだが、マンはちょっと手強いな。

901吾輩は名無しである2018/02/10(土) 12:54:10.82ID:+dJzXxkN
でも確かトニオは読めた記憶がある

902吾輩は名無しである2018/02/10(土) 13:19:30.18ID:LBQyOct1
>>900
40を過ぎた大人が読むなら、「ドクトル・ファウストゥス」が良いのでは。

903吾輩は名無しである2018/02/10(土) 13:51:58.31ID:+dJzXxkN
面倒なので書かなかったが
>>900>>899宛です。

>>902
岩波の紺表紙版(こんな言い方ないとは思うが)
読みました。大判の文庫本。
もっとも殆ど覚えてない。ドイツ語で読んだら
上の二冊よりさらに難航しそうだ。

904吾輩は名無しである2018/02/11(日) 00:11:24.80ID:SJJbOuuC
スレチだがカフカとかホフマンは
意外に難しくなかったな。
変身とかグリム童話やMOMOの次に読んだが
特に苦労しなかった

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する