中村光夫

1まぐな2011/12/08(木) 00:17:33.11
忘れられかけているようなので。

75吾輩は名無しである2011/12/29(木) 20:03:08.38
>>74
どうせ酒くらっての説教でしょ
小林は酒飲むと目つきから変わる単なる酒乱だったらしいね
文壇仲間は営業上、壮絶な絡みとか書いてるけど
『きよ田』のオヤジにいわせると正真正銘の酒乱だったそうだ
酒乱ってのは一種の精神病だからね

76N ◆.a7VUr.VD. 2011/12/29(木) 20:07:18.56
>>75
中村本人は説教から凄いエネルギーもらえるって
いってたそうだけど。

まあ、小林の酒癖が昔から悪いというのは、本人も
認めてるねw

77吾輩は名無しである2011/12/30(金) 12:39:34.46
中公文庫が手に入らん

78吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:41:28.86
風俗から滅びるとか書いてたけど
全く的外れてだした
問題は小説家が風俗を書けなくなったところにある


79吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:45:24.35
イラネ

ジジババ

80吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:46:45.85
 僕の文学が何を書いたか知らないよ。たとえば『太陽の季節』なんて風俗でしかないと叩かれたけれど、
日本が豊かになって風俗が定着したとき、石原は突破口を開いた、石原の言うとおりだったなんて、
誰にも言ってもらう必要はない。誰も言わないけどね(笑)。
 だけど、負け惜しみを言うわけじゃないけど、この年になって、本当に書きたい長篇小説を五つも六つも
持っている奴っていないだろうな(笑)。政治をやってるお陰で、ものすごくいろんな発想が出てくるんですよ。

石原 それは嬉しいですね。だけど、それが社会的にどういうふうに評価されるかは別の話でね。画家の息子が、
「お父さんは人に理解されないね。死んでから理解されるのかもしれないぞ」って言うから、「まあ、それは覚悟してるよ」
って言うんだけど。カッコよく言えば、鞍馬天狗なんだ、俺は(笑)。

81吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:46:59.13
   /~三三三\     1955年頃(昭和30年)に石原慎太郎のデビュー作「太陽の季節」が芥川賞を取り映画化される
  /彡≡≡ミミ \    太陽族という言葉を生み出し、社会現象となる
 ///     ヾ_ノヘ      「子どもがどんな本を読んでいようと、親は気にする必要はない。」
 ヒ|      ||  「わたくしの家庭では、妻や、母親は反対するが、
 ヒイ 三_ _三 Y| わたくしは子どもたちの前でヌード写真の氾濫した雑誌を隠さぬことにしている。」
 >H`・-H-・´|-|<  「考えてみると、世の親はなにがゆえにヌード写真を子どもの目の前から隠そうとするのだろうか。
`||丶_ノ丶_ノ ||  肉体が美的に劣るという劣等感からだろうか。いずれにしても、美しいものを隠すということは不自然だ。」
 ヒ| _ノ (_)丶_ ノノ  『完全な遊戯』http://livedoor.blogimg.jp/chakuriki/imgs/6/8/6801a359.png                  
  | 〈ト ェ ェ ェ ェイ〉 |  >身障者の女性を監禁し強姦、最後に崖から突き落として殺害するというお話。
  丶   ̄ ̄  //                       ↓
  丶`ー―― /\  石原知事は、規制対象となる性的な漫画について「世の中に変態ってやっぱりいるからね、
  /|\ ̄ ̄ / /| 気の毒な人でDNAが狂ってて。子供にさらさないように処置しただけ」とし、
 / | /トー<  / |  現代の漫画に対しては「何の役にも立たないし、害がある」と批判した。
   |/ L_/ \/ <   石原が売れ出したあたりから強姦の件数は急激に上がっている
              http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/52/image/image/h006004001001e.jpg

82吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:47:46.06
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./    < 今年こそ石原慎太郎大阪土下座悪魔のいない平和な日本になりますように
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/                 
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|       


東京都は東京アホ電力の株を4286万株も保有していて年間配当25億円を受け取っている
福島県の原発の電気は、福島県では1キロワットも使っていない。全部東京へ送っている

83吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:48:04.30
782 名前:あまな :2012/01/02(月) 11:23:38.82
          ,. -''´ ̄` ー 、_
         /           ヽ
          i r‐''゛゛゛゛゛` ー-.ノ ヽ
.         / 彡        .i  !
          i. r' ,,;;;,,,,   ;;;;;;;,, ヽ !
       (i ! "..tェ、.: :. ,ェェ、  l.i'`!
        ヾ!   .:   、   l .l
          ヽ! ,r└--‐'ヽ  lノ  「女性が生殖能力を失っても
.          ヽ. ヽlエlエr' .:  ,!     生きているってのは無駄で罪です」
          ヽ 、  ̄ ,. ' /iヽ
       _,. -' lヽ  二  ,r' / ` ー 、
   ,.. - ' ´ ./  l  ヽ__ -'  .,!   !   ` ‐- 、
r '´     /  ,.! /、 .>、 /   l       `ヽ
           キモヲタ 強姦殺害三文売文小説屋

84チンポナ2012/01/08(日) 09:49:17.59
「近代の文学と文学者」を100円コーナーで発見。入手しました。

85吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:50:26.27
小林秀雄一派の若頭

86吾輩は名無しである2012/01/08(日) 09:50:45.64
663 名前:吾輩は名無しである :2012/01/07(土) 13:34:09.55
石原君の時の裏話

実は選考委員は三島由紀夫に入れたつもりだったんだよね
当時石原君は三島君にストーカーして一緒に写真に納まる売名工作を必死にやってたの
常に自分が一緒に納まった時上に来るように上に来るように(目立つように目立つように)納まってね
三島君は人が良かったから気にしてなかったし快く一緒に写ってたんだけど
選考委員は間違っちゃったわけ(上に写ってるのが三島だと)

当時の選考委員一同あとになってアレ?ってのはあったみたいだけど
本が売れたんでおkと言うことで収まったらしい

まあ戦後日本は写真週刊誌に始まってTVとメディア売名連中の楽園だから
その典型例だね

87吾輩は名無しである2012/01/09(月) 20:42:20.56
中村光夫「「小林秀雄論」の流行」読了

88吾輩は名無しである2012/01/09(月) 20:47:08.74
蛸ジジイ。タダのハゲ。

89吾輩は名無しである2012/01/09(月) 20:56:03.36
中村光夫読んだことないな

90吾輩は名無しである2012/01/09(月) 21:01:52.45
ハスミとスガの文学上の師

91吾輩は名無しである2012/01/09(月) 21:07:29.58
全集ずいぶんありますね

92N ◆.a7VUr.VD. 2012/01/10(火) 00:21:47.34
>>87
それ読みたい−。 文庫にあるのかな。

93吾輩は名無しである2012/01/10(火) 12:29:23.51
中村は才槌アタマにちょこんとキャップを載せて(ちゃんとかぶれない)
よくゴルフやってたな、小林とか、吉川英治なんかと。

94吾輩は名無しである2012/01/10(火) 14:01:53.45
>>93
小林秀雄の推薦で程ヶ谷カントリーに会員申請して落とされて
週刊誌に書かれましたね
「わしゃ知らん、理事会が決めた事だからね。」小林秀雄
「あまり気にしませんが、試験に落とされるのはいい気持ちではありませんので
二度と申請しません。」中村光夫

95吾輩は名無しである2012/01/14(土) 16:54:22.39
推薦に力がなかったのか経済力がなかったのか名声が足りなかったのか

96N ◆.a7VUr.VD. 2012/01/14(土) 16:57:42.71
なんでだろうね、有名な文学者だったのに。愛人や隠し子がいる
っていう話が前にでてたけど、そのあたり身辺調査でもされたのか。

97吾輩は名無しである2012/01/14(土) 16:58:14.18
もうやだ、で懲りてたんだろ

98吾輩は名無しである2012/01/14(土) 23:15:01.40
>>96
かわいいこと言うねえ、愛人や隠し子がいることがマイナスなら誰もいなくなっちまうよ。

99吾輩は名無しである2012/01/15(日) 05:08:58.32
また障子チンポ老害か。

100吾輩は名無しである2012/01/15(日) 05:09:49.36
現実には、11兆円のうち、2,594億円以上が日本国民全員のはらった税から毎年かっぱらわれてる。
http://www.pref.osaka.jp/zaisei/joukyou/09sikumi1.html(2.大阪府の地方交付税の状況)平成20年度

このほかは、連中の浪費が使い込んでしまったものだ。そもそも財政支出をできない体力しかないのに、
なぜか異常なカネを民間からうばいとってぜんぶ、くだらない用途につかってしまったんだ。借金をしているんだよ、大阪は。
おまえからもおまえからも、みんなからすこしずつ搾り取ってる。どんなにはたらいても、
連中が匿名掲示板や街で児童ポルノまでまきちらして犯罪しながら、3000億ちかくを無駄にしていくのがそんなにうれしいのか? この馬鹿どもは
福島県の原発の電気は、福島県では1キロワットも使っていない。全部東京へ送っている
 ヒイ 三_ _三 Y| 2chしかやることのない税金搾取の老害人
 >H `・ -H - ・´|-|<  「日本人は津波をうまく利用して
`||丶_ノ丶_ノ ||  我欲を1回洗い落とす必要がある。
 ヒ| _ノ (_)丶_ ノノ   やっぱり天罰だと思う!」「都政も石原、国政も石原」                  
  | 〈ト ェ ェ ェ ェイ〉 |http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1300095920/  
  丶   ̄ ̄  //   ああ金が余って余ってしょうがない!                      
  丶`ー―― /\  
  /|\ ̄ ̄ / /| なにい。
 / | /トー<  / |東京都は東京アホ電力の株を4286万株も保有していて年間配当25億円を受け取っている
東京か大阪から300km離れていればどこに建ててくれても構わないwww俺さえ生き残ればどうでもいい

101吾輩は名無しである2012/01/15(日) 05:10:49.98
253 名前:(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2012/01/09(月) 09:23:43.42
石原(笑)は魔古都に老害ですねぇ〜(笑)チンピラ染みて喧嘩売って文学破滅させるしかない〜(笑)

172 名前:吾輩は名無しである :2012/01/09(月) 08:39:12.21
漱石はロンドンの下宿に篭って、ナニをする相手もいなかったので、
ノイローゼになった。帰国後ナニしまくったのでキョーコ様が「房事過多」
にてご入院ということを最近の新聞で読んだ希ガス。がれかkwsk
おしえてつかーさい。鴎外については、ただただ、青春を謳歌、傑作
「舞姫」もうまれた。

322 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2012/01/09(月) 20:17:02.49
「帰る!帰る!」(石原慎太郎の口癖)

173 名前:(o`.´o)materialist ◆m0yPyqc5MQ :2012/01/09(月) 08:42:32.81
石原=悪

174 名前:吾輩は名無しである :2012/01/09(月) 09:14:18.96
また関西人

102村上春樹 老害虫2012/01/15(日) 05:31:08.95
                                /\
                    ,ヘ、          .|  \
          /\ __    /  |          .|    ヽ /\
         / / ̄\  \  /    |          |     ヽ´   \   氏むーーー・・・・
       / /    \  \    |          |    /ヽ    \
      / /       \/ .|    |         |   /  ヽ  ___\__
     /  /        /\ .|   |   _    |   /   ヽ/     \  ヽ
    /  /        |   ヽ|   | /._.. ヽ  .|  /   /        \  ヽ
    /  |         |   | |   /.._.. ヽ... ヽ .|  /  /  |         \ ヽ
   /   |         |   | \ /... ...ヽ |.. )| /  ./    |          \|
  /    |         |   |  ヽ● ● 丿ノ |/  /     |           |\
 /    /         ノ   \  /V""V"\ヽ、//        |          |  |
./  _/               \/      \_/         ゝ          |  |

103吾輩は名無しである2012/02/05(日) 00:28:53.59
『虚実』入手
最初の短編読んだが……しぶいねえ

104吾輩は名無しである2013/05/03(金) 10:01:15.01
利口パン

105吾輩は名無しである2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
>大阪府三島郡島本町の小学校や中学校は、暴力イジメ学校や。
島本町の学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて、心も身体も壊されて廃人同様になってしもうた僕が言うんやから、
まちがいないで。精神病院へ行っても、ちっとも良うならへん。教師も校長も、暴力やいじめがあっても見て見ぬフリ。
そればかりか、イジメに加担する教師もおった。 誰かがイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメは
なかった」と言うて逃げるんやろうなあ。
島本町の学校の関係者は、僕を捜し出して口封じをするな

>島本町って町は、暴力といじめの巣窟なんだな

>島本町は理不尽な町!島本町は不条理な町!
>島本町は非道の町!島本町は危険な町!
>島本町は不潔な町!島本町は不衛生な町!
>島本町は日本の恥!島本町は日本の迷惑!

 島本町は腐った町。自浄能力はない。自浄能力のない腐った町は、外圧で叩き潰されるしかない。

106吾輩は名無しである2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
もう30年くらい前、横須賀線で鎌倉に帰る姿を目撃した。
グリーン車じゃないのが驚きだった。
なんかもう、「端然」とした姿勢で座られていた。
ジロジロ見てて申し訳なかった。

107吾輩は名無しである2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
中村みつを・・・だもの。

108吾輩は名無しである2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
クソツマンネ

109吾輩は名無しである2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
>>108
ふふ、ありがとう、へへ

110吾輩は名無しである2016/01/26(火) 09:43:49.61
soichiro
金井美恵子の『タマや』で教養のない女詩人が古本屋で買ってきて自分の詩のタイトルにしたりもする『虚実』って本は中村光夫のだろう
2016年1月17日

書肆子午線
『子午線』4号より文芸評論家の中島一夫氏の連載が始まります。
久しく検討の埒外に置かれてきた転向問題を「政治と文学」から改めて問い直す第1回は「復讐の文学─プロレタリア文学者、中村光夫」。
復讐という「行動」の有無が文学に問われています。

中島さんの論考を拝読すると、中村光夫がここまで書いていたことに改めて驚かされます。
個人的には、文学に興味を持ち始めた頃に、手頃な入門書だと思って、中村光夫の『日本の現代小説』を読んだところ、
その前半が「プロレタリア文学」と「転向文学」に費やされいて、面食らったのを思い出しました。
2016年1月21日

111吾輩は名無しである2016/03/07(月) 00:26:47.68
KAJIO 22 時間22 時間前
中村光夫がやっぱりどうにもわからんところは、作家が自分の顔を描く私小説など文学ではない、と言い、
それを日本文学批判の基軸としていながら、批評の仕事は「作家の顔」を描くことだという小林秀雄=サント・ブーブ的理念を実践してしまうところで、これがどうにもわからんと大昔から言われている。

猫飛ニャン助
それは、当時、方法論がなかったからではないかと愚考しています。

KAJIO
んー、「方法論」があったとすれば、中村批評はつまらないものになったような気がします。言ってることとやってることが違うところが醍醐味ではないかと。

猫飛ニャン助
そのディレンマが、中村の「面白さ」かと。つまり、中村光夫は「政治的」に読むべきだというのが、私見。
なお、フランスでヌーヴェルクリティックをゲットしたハスミさんについても、ほとんど同様かと。就寝しますので、これで失礼します。

112吾輩は名無しである2016/05/10(火) 22:32:17.55
2016年05月08日
筆者特有のおとぼけなのかな?
http://plaza.rakuten.co.jp/analogjun/diary/201605080000/

で、本書に戻りますが、一応「帯」が付いています。
 そこには「これは中村光夫氏が始めて体系的に論じた本格的文学論である」と書かれておりまして
(どうでもいいようなよくないようなことですが、上記の文脈では「始めて」ではなくて「初めて」が正しいのじゃないかと思うのですが)、
そして「あとがき」には筆者自身が、「『小説の歴史』と『小説の美学』とをあわせて、『私の小説論』とするのは、少し内容とずれるようですが、
今のところ僕には小説論以外にまとまった文学論は書けそうもないので、そういう意味にとってもらいたいと思います。」と、
とても素直そうな若々しそうなことが書かれてあります。

 なるほど、昭和32年の本ですか。そして、中村光夫氏の若書きの本ですかと思って、しかしちらりとなにか「違和感」めいたものを感じまして、
ちょっとインターネットで調べると、この時筆者はすでに46歳ではありませんか。(おいおい。)

 若書きどころが、私が読んだ『風俗小説論』も『小説入門』も『谷崎潤一郎論』も『志賀直哉論』も、
本書よりとーーっくの昔に書かれているではありませんか。これはどゆことですか?

113吾輩は名無しである2016/05/14(土) 00:22:11.03
中村光夫

青春が持ちたいと願ったもの、老年はそれを豊かに持つ。
――ゲーテ――
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/kawashou18/topnakamura.html

青春時代の偶像

青春論

『戦争まで』

日本の近代

※ 「誤解される中村光夫」

114吾輩は名無しである2016/05/17(火) 10:43:32.24
私小説をけなす評論家の8割が恥ずかしい私小説の失敗作を書いたことがあるとの説(Raise et al, 2016)もあるが未だ検証は不十分であり、
中村光夫はケチつけたくせに晩年に激ウマ私小説を書いたことで知られている(しばく)
2016/05/17

115吾輩は名無しである2016/05/20(金) 10:30:06.58
東京新聞(資料種別 新聞(マイクロ) [マイクロ資料]. 請求記号 YB-15 )に掲載されている
広津和郎の『カミュの「異邦人」』、中村光夫の『広津氏の「異邦人」論について』の掲載確認をお願いします。
昭和26年6月11日から3日間にわたり、広津和郎の『カミュの「異邦人」』が掲載され、
昭和26年7月21日から3日間にわたり、中村光夫の『広津氏の「異邦人」論について』が掲載されたとのことです。
しかし、当館で調査したところ、広津和郎の『カミュの「異邦人」』は昭和26年6月12日号から14日号のようです。
(雑誌『世界』350号 1975年1月の『異邦人』論争 p.309にて確認。)

当館所蔵の『東京新聞』の紙面を調査したところ、ご照会の記事が見つかりましたので、以下に書誌事項と掲載箇所をお知らせします。

当館請求記号:YB-15
新聞タイトル:東京新聞
資料形態:マイクロフィルム
掲載日・掲載箇所・記事見出し:
1951(昭和26)年6月12日・4面
広津和郎「カミュの「異邦人」(上) 神経に引っかゝるもの」
1951(昭和26)年6月13日・4面
広津和郎「カミュの「異邦人」(中) まき散らしたパヅルの鍵」
1951(昭和26)年6月14日・4面
広津和郎「カミュの「異邦人」(下) 末期の神経衰弱的現象」
1951(昭和26)年7月21日・4面
中村光夫「広津和郎氏の「異邦人」論について(上) 検事の方が優れている」
1951(昭和26)年7月22日・4面
中村光夫「広津和郎氏の「異邦人」論について(中) "後味の悪い"不快の根源」
1951(昭和26)年7月23日・4面
中村光夫「広津和郎氏の「異邦人」論について(下) 告白の虚実ということ」
なお複写は、1記事ごとに1件ずつお申し込みください。
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000192393

116吾輩は名無しである2016/05/22(日) 20:34:06.29
「質問の時間など設けて見ても、発言するのは馬鹿か出しゃばりばかりで、時間の浪費にすぎないことが多い」

中村光夫「ある愛 」

117吾輩は名無しである2016/05/27(金) 16:37:14.81
島内景二『中島敦「山月記伝説」の真実』(文藝新書)

著者によると、中島敦はさっさと文壇デビューを飾った中村光夫に嫉妬していて、
山月記の中でもそのことに触れずにはいられなかったのだという。
http://binwa.exblog.jp/12327269/

118吾輩は名無しである2016/06/02(木) 18:55:00.47
『明治大学文人物語−屹立する「個」の系譜』
吉田悦志著
四六判・上製・292ページ・本体3,200円+税
ISBN 978-4-906811-18-2
2016年5月刊行

創立者・教員文学者・卒業生など、明治大学ゆかりの人物たちの歩みと思想をたどり、
その特徴を「日本海地域の精神文化」と喝破する好著が誕生。
第1部では、岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操、磯部四郎、杉村虎一ら、明治大学創立者の理念と動向を、
第2部では、ついに実現しなかった「明治文学会」の経緯を追って、
上田敏、夏目漱石、内海月杖、登張竹風、そして笹川臨風といった文学者たちを、
第3部では、卒業生の活躍として、平出修、尾佐竹猛、子母澤寛を、
そして第4部では著者が直接薫陶を受けた中村光夫、平野謙といった批評家たちを論じる。

119吾輩は名無しである2017/02/02(木) 22:37:28.51ID:SqCJNfBh
みにゅい
『子午線』4号掲載の中島一夫の中村光夫論と稲川方人のインタビューを、読み終える。

自分は日本文学もフランス文学もラテンアメリカ文学も言語学もみんな知りたいと思い、
結局どれ一つとして分からないまま年齢だけ重ねてしまった。
2017年2月2日

120吾輩は名無しである2017/02/12(日) 11:48:02.66ID:4ULmgxH6
Max Kimpara
河上徹太郎にも詳しくないが、中村光夫「今はむかし」で、河上が後期「文學界」編集主力であり、
(以下は私の言葉だが)1930年代後半からの統制(統整経済)的な機運・潮流を象徴する存在だったとある。
「文学的人性論」(1941年)所収、婦人向け新約聖書随筆でユダを扱っており、興趣あり。
8 Feb 2017

鎖骨
小林秀雄に比べ、中村光夫は馬鹿にされがちな批評家だ。
しかし前田愛、野口武彦、小森陽一といった大家をはじめ、後年の文学研究者は大なり小なり中村的論調に侵食されているように思う。
外部的他者との遭遇が重要だ!という論調になる時、私達は中村に取り憑かれている。
10 Feb 2017

中世 (小説)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%B8%96_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
臼井吉見は1946年(昭和21年)当時、雑誌『展望』を主宰していたが、
無名の帝大生の三島由紀夫が『中世』をはじめ8編の小説を持ち込んだときのことを述懐している。
臼井がその原稿を読んで、「自分の肌には合わないんですよ、決して好きじゃないんだけれども、とにかく一種の天才だ」と言うと、
顧問の中村光夫から、「とんでもない、マイナス150点(120点とも)だ」と叱咤されため、『中世』を「没」にしてしまったという。
その後、三島が『金閣寺』などを発表すると中村光夫は三島贔屓となり、臼井の言でいう「三島のPTA会長」のようになるが、
当時はまだ三島を全く認めていなかった。そんな傾向の中、川端康成だけは三島の『中世』を評価していたため、
本多秋五は、「川端康成は、さすがに新人発見の名人だけのことが、どこかあったのである」と述べている。

『四畳半襖の下張り』わいせつ裁判とは何だったのか?単なる過去か?(5)
http://maho2008.diarynote.jp/201701292112532434/

1974年6月6日の第8回公判では、吉田精一氏と中村光夫氏が証言した。

次が中村光夫証人だが、永井荷風の文学的位置づけに始まり『四畳半襖の下張り』の感想を述べる。その中に、
「・・・興に乗りすぎてしまって、(男の)セルフコントロールばかり書いていて、
ぼくの言葉でいえばコミュニケーションが(主人公の男女の)二人の間にない、
そいういう行きすぎまで含めて、これは荷風のものじゃないかと、そんなふうに思うんです。」

121吾輩は名無しである2017/10/11(水) 22:32:54.34ID:sHhsZiEt
鎌倉アカデミア 青の時代 ある「自由大学」の記録
2017年5月20日

「新しい日本を担う若者を育成する」という理念のもと、終戦間もない1946年5月、
戦火を免れた鎌倉・材木座の光明寺を仮校舎として開校した鎌倉アカデミア。
校長の三枝博音をはじめ、林達夫、服部之總、吉野秀雄、高見順、中村光夫、村山知義など
数多くの著名な学者・文化人が教鞭をとり、「教師と学生とが相互に鍛え合い、各自の個性を創造する学園」を目指したが、
激動する時代の波に翻弄され、わずか4年半でその歴史に幕を下ろしてしまう。
しかしその学び舎からは、いずみたく、山口瞳、前田武彦、高松英郎、沼田陽一、廣澤榮といった多彩な人材が巣立ち、
やがて彼らは、高度成長時代を迎えた日本で、芸術や文化を牽引する存在となっていった。
鎌倉アカデミアはいかにして生まれ、いかにして滅び去ったのか。そしてその精神は、現在どのように生き続けているのか?
20人に及ぶ関係者の証言と再現映像、歴史的資料などから、自由大学・鎌倉アカデミアの真実の姿が明らかになる。
監督は『火星のわが家』『影たちの祭り』の大嶋拓。(作品資料より)

122吾輩は名無しである2017/11/01(水) 15:22:25.71ID:u9046zaI
誤解される中村光夫
2017-10-31
http://blog.goo.ne.jp/kawashou66/e/461f9ecc261e01510d0cb53798cd4e89

《私小説がヨーロッパ文学と違うのは当り前のことで、それだからといって非難する批評は成り立たない、これは当然のことです。
問題なのは、私小説を書いて、これでヨーロッパ文学と同じものができたと思い込んだことなんですね。
それは困る、ということをぼくは言っていたつもりなんですがね。言い方が悪いのか、正反対に受けとめられていますね》
(蓮實重彦『饗宴U』【日本文芸社、1990】397頁における中村光夫の言葉)

123吾輩は名無しである2018/04/01(日) 21:01:53.62ID:UpLmIDUE
おそらくひとりの人間の生涯にも、彼が後に実現し得たより、
はるかに多くの可能性を孕んで生きる青春の一時期があるように、
時代精神の巨大な流れの中にも、
やがて歴史の必然によって刈りとられる
幾多の不運な芽が並んで萌え育つ青春期が何十年に一度かずつはめぐってくるのです。
我国の明治文学で、もっともその名に値する時期は、
漱石が「猫」を発表した明治三十八年から、花袋の「蒲団」までの二年あまりであったと思われます。

青春がおのおのの個人にとって、悔恨と哀惜の対象になるのは、
そこで実現の機を見出せなかった幾多の生への可能性によるのであるとすれば、
僕等はすでに人間の生涯に近い時間を経過した我国の近代文学史の或るモメントに対して、
真剣な悔恨の情を抱くべきではないでしょうか。

青春は、必然に過渡の時代です。この性格は殊に我国のような時代の流れの慌しい近代には、はっきり現われます。
過渡期は、古いものと新しいものの並び存するときであり、そのいずれもが完成と円熟から遠く距った時期です。
『風俗小説論』

124吾輩は名無しである2018/04/15(日) 20:39:20.90ID:3TjGtn3F
The French Influence in Modern Japan Literature was published in Japan Quarterly
(Vol.7 No1 P57-65, published by Asahi Shimbun Company, 1960 ).
NAKAMURA Mitsuo

125吾輩は名無しである2018/12/28(金) 19:02:54.71ID:d9Nvip0f
中村光夫の全集高すぎ
古書で十万以上する

新着レスの表示
レスを投稿する