澁澤龍彦(1928-1987) Part 4

1吾輩は名無しである2012/05/20(日) 21:20:19.20

396吾輩は名無しである2016/05/13(金) 22:50:53.99
vobo
澁澤龍彦を入り口にアートに関心を抱いた自分みたいなのにとってイオネスコは当然通る存在で、
EVAについてもベルメールやモリニエの作品集と並んで書架にあったりした。
で、無邪気にその耽美を賞賛したりしてたわけだけど、『ヴィオレッタ』を観てがつーんと凹まされるわけです。美ってなんだ、と。
2016年5月12日

397吾輩は名無しである2016/05/19(木) 21:51:07.61
古書ドリス
奥の深い澁澤龍彦の世界を、彼の著作ではなく、あえて雑誌の特集記事から読み解きたい方にお勧めの三冊。ヴィジュアルに特化した内容です。
「鳩よ!」は、スワーンベリやクロヴィス・トルイユなど若干クセのある美術と、エロティシズムの思想を紹介。
アサヒグラフは、有名な澁澤邸の書斎を彼の幻想王国として取り上げる。
太陽は、怪物、鉱物、貝殻など、澁澤のヴンダーカンマー趣味に焦点を当てる。
様々な側面から見ることができる澁澤龍彦の世界。
ビジュアルではなく文学から彼の思想を読み解きたい方には、ユリイカや幻想文学や別冊新評をお勧めします。
https://www.instagram.com/p/BFdWZknwtt_/

398吾輩は名無しである2016/05/20(金) 11:07:30.12
澁澤の文章は展開が下手。視線もおかしい。

399吾輩は名無しである2016/06/01(水) 11:30:47.41
金子 國義(1936年7月23日 - 2015年3月16日)

1966年、『O嬢の物語』の翻訳を行っていた澁澤龍彦の依頼で同作の挿絵を手がける。
翌1967年、澁澤の紹介により銀座の青木画廊で個展「花咲く乙女たち」を開き画壇デビューする。
世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性の絵を得意とする。
活動・表現領域は幅広いが、一般には「富士見ロマン文庫」(富士見書房)、
『ユリイカ』をはじめとする多くの書籍・雑誌の装幀画・挿絵を手がけたことで知られた。

400吾輩は名無しである2016/06/01(水) 12:45:48.04
夢の宇宙誌 半分くらいまで読んだ

401吾輩は名無しである2016/06/01(水) 18:27:06.79
それはいいことだ

402吾輩は名無しである2016/06/09(木) 17:34:33.69
読了しました。難しかった…

403吾輩は名無しである2016/06/17(金) 20:10:36.99
芸術人類学研究所(IAA)多摩美術大学
安藤礼二所員のお知らせ。太田出版より8月上旬に『松山俊太郎 蓮の宇宙』を編・解題 安藤礼二が出版予定!
インド、法華経、ボードレール、そして蓮。無限をおそれえぬ探究の果てに独自の学問を築き上げた伝説の碩学・松山俊太郎の”集大成!
2016年6月1日

404吾輩は名無しである2016/09/19(月) 19:39:09.15ID:7qiNc5qW
小説はダイダロスだけ読んだ
そこそこ面白かった

405吾輩は名無しである2016/09/19(月) 21:32:25.82ID:BO+xtN/r
昔、俺が唐草物語の文体は花田清輝の下手くそで惨めな猿真似だという意味のことを言ったら、生意気にもハンドルネーム「狸」が(笑)で否定しやがった。
あんな鈍感な阿呆は文学など一切、読むな。

406吾輩は名無しである2016/09/19(月) 21:58:43.51ID:tY+xxFV1
大爆笑

407吾輩は名無しである2017/01/29(日) 14:05:55.36ID:caWI7P5r
「渋沢龍彦氏のひとみ座批判(新しいクリエイティブ・ディレクション発見へのプロセス―その1)」
清水浩二
http://ningyonoie.com/zukan/12shibusawa.html

408吾輩は名無しである2017/02/04(土) 22:52:14.91ID:SIzLhrXP

409吾輩は名無しである2017/04/09(日) 22:27:02.90ID:XXBsUiQZ
澁澤龍彦入門
河出書房新社編集部 (編集)
出版社: 河出書房新社 (2017/5/17)

没後30年、澁澤が甦る。東雅夫篇コレクション、平野啓一郎、ヤマザキマリ、山崎ナオコーラ、嶽本のばら、三原ミツカズなど。

410吾輩は名無しである2017/04/09(日) 22:57:09.86ID:nfA+Jige
河出は澁澤サマサマだな

411吾輩は名無しである2017/05/18(木) 22:00:13.30ID:GL2Azvqo
書店で見かけたけど、確かに入門用だった
そこそこ売れてる感じ

412吾輩は名無しである2017/05/19(金) 07:24:21.90ID:VV73qdlm
入門書が必要な作家なのだろうか?

413吾輩は名無しである2017/05/19(金) 10:27:08.24ID:lY8dmOaL
平野啓一郎なんか載せてるのに 佐藤亜紀は載せてないの?まぁ他のも(ry

414吾輩は名無しである2017/05/25(木) 00:23:26.35ID:jCxlim79
澁澤龍彦ふたたび、澁澤先生の珍しい写真が見れたので良かった

415吾輩は名無しである2017/05/25(木) 21:13:06.65ID:oRfsu6Si
世田谷文学館でやる10月から澁澤龍彦企画展に期待

416吾輩は名無しである2017/08/27(日) 16:36:15.29ID:5agdjd2w
「暗黒のメルヘン」読んでるけどこれ面白いなあ。
澁澤のひとこと解説もいい!

417吾輩は名無しである2017/08/27(日) 18:06:05.55ID:vRWZKJfc
後継者はみうらじゅん

418吾輩は名無しである2017/08/27(日) 19:09:44.07ID:ZQ1lrwK3
ちょっとだけマジで同意

419吾輩は名無しである2017/09/02(土) 07:25:26.26ID:aHWLCnSK
お互い仏像好きだし

420吾輩は名無しである2017/09/02(土) 19:55:58.45ID:FwGQDun/
エロ好きだし

421吾輩は名無しである2017/09/11(月) 16:48:18.30ID:YTo9Xkgd
ダイダロス
ナンセンス具合が良かった

422吾輩は名無しである2017/09/11(月) 21:27:08.43ID:W5gZifWe
ユイスマンスの"A rebours"を「さかしま」と訳したのは誰なんだろう?
澁澤だとばかり思っていたのだが、昭和15年に出版された本には既に、「さかしま」と紹介されている。

423吾輩は名無しである2017/09/11(月) 23:34:30.90ID:fxU9eQw5
上田敏じゃね
一応日本で初めてユイスマンスを紹介したのはこいつだから

424吾輩は名無しである2017/09/12(火) 20:37:05.19ID:8LMHjBoq
(´・∀・`)ヘー

425吾輩は名無しである2017/09/12(火) 22:06:46.24ID:vDBGvPKb
翻訳物は悪徳しか読んだことないのですが、さかしまと城の中のイギリス人どちらが面白いですか。

426吾輩は名無しである2017/09/17(日) 09:48:16.41ID:Wz+4vjxp
ヤフオクにポトマック全原稿200万円というのが出てますね。博物館レベルだなあ。

427吾輩は名無しである2017/09/17(日) 12:55:19.56ID:tPLohyEU
すげー

428吾輩は名無しである2017/09/17(日) 16:19:58.63ID:Md+Um20k
澁澤龍彦って文学館とか記念館て無いの?

429吾輩は名無しである2017/09/20(水) 13:20:20.93ID:qOFmGq7p
澁澤龍彦の
極楽鳥とカタツムリ
買おうとしたらイラストがキモすぎてやめた

430吾輩は名無しである2017/09/22(金) 17:23:50.76ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

431吾輩は名無しである2017/11/06(月) 00:05:03.32ID:uoqSZrCE
世田谷文学館の展示のニュースを見て思い出したよ
30年前亡くなった時に今はもう無い近所の本屋で追悼特設コーナーが作られてて
そこで初めて澁澤龍彦を知った
毒薬の手帳と黒魔術の手帳を買って帰ってどハマりした厨房の思い出…

色々読んだけどエッセイがやっぱり好きだったな
貝殻とか植物とか虫とか石とか 男子小学生が好きそうなもののエッセイが特に秀逸だったように思う

432吾輩は名無しである2017/11/29(水) 23:18:30.03ID:v6kj+EHM
アンディ・ウォーホルと生没年が同じなんだね

433吾輩は名無しである2017/11/30(木) 22:22:23.17ID:agplVKRz
『澁澤龍彦のアヴァンギャルド―異端から生み出される聖なるもの―』 Bunkamura Gallery(東京都) - 全国のイベント情報 : CINRA.NET //www.cinra.net/event/20171201-shibusawatatsuhiko

434吾輩は名無しである2017/12/10(日) 14:26:55.54ID:XqWV06I3
>>425
高校生の頃だったか夏休みの宿題の読書感想文で推薦図書の一覧が載ってるプリントに
「城の中のイギリス人」が入ってたw なんという高校なのかw
いろいろ書店を巡ったんだけど どうしても「城の中のイギリス人」が売ってなかった
今はネットで買えるから便利になったものよ・・・

澁澤の本に酒井抱一を扱った文章があるけど
西洋絵画の批評が圧倒的に多い澁澤作品の中で日本の絵画を取り扱ってるのは珍しと思った

435吾輩は名無しである2017/12/10(日) 14:32:14.93ID:XqWV06I3
20年位前に放映されたNHK日曜美術館の澁澤特集のビデオが掃除してたら出てきたので
久しぶりに見たら凄く良かった
特にシモーネ・マルティーニとピエロ・ディ・コジモと酒井抱一を紹介されてる部分は涙が出そうなくらい感激した

ところで四谷シモンさんっていつも同じことばっかり言ってるね
「濡れた和紙に澁澤色というインクが染み渡るように影響を受けた」って言ってたけど
別の番組でもそれ言ってた 違う番組で4回くらい同じセリフだと思った

436吾輩は名無しである2017/12/12(火) 07:25:58.97ID:+jCkceEi
それyoutubeにアップしてほしいなあ

437吾輩は名無しである2017/12/12(火) 13:08:18.02ID:Ur19qSuE
>>436
すでにUPされてるよ
「澁澤龍彦」「幻想の王国」のキーワードでyoutubeで検索してみると
トップに出てくるよ

438吾輩は名無しである2017/12/16(土) 06:07:39.80ID:bYHbayED
久しぶりに古書店のぞいたら澁澤の古本ってバブルの頃よりかなり安くなってるね。若い頃は手が出なくて文庫本で我慢した思い出。

439吾輩は名無しである2018/02/20(火) 23:03:30.45ID:JtTwz7gU
「ところで、三島由紀夫が、「絶対を垣間見んとして」死んだのだという紋切り型は、澁澤龍彦のこのエッセイに始まる。
信じがたく単純なこのエッセイを読んで感じるのは、澁澤龍彦というのがたかだか高度成長期までの文学者だったというこ
とだ。近代社会のタテマエがそれなりにしっかりしていたから、それにちょっと背をむけてみせれば、「異端の文学者」を
気取ることができた。それに、ヨーロッパがまだまだ遠く、洋書を手に入れるのも難しかったから、あの程度でも素人は眩
惑できたという事情もある。だが、さすがに僕の世代ともなると、澁澤龍彦が面白いというのはよほどナイーブな人間ということになった」 浅田彰

440吾輩は名無しである2018/02/21(水) 11:00:31.17ID:qqHcPYsb
新しいムック本が出たりして、また状況は変わってきてますよ

441吾輩は名無しである2018/03/18(日) 10:38:21.06ID:oFjHAbMU
なんだこれ? ラノベかよ
http:// images-fe.ssl-images-amazon.com/ images /l/51G8uqogqL.jpg

442吾輩は名無しである2018/03/19(月) 14:02:34.03ID:6wtN+dqJ
>>438
今は評価低いからね
サブカル大学生すら読んでない

443吾輩は名無しである2018/03/20(火) 05:08:27.09ID:kvbtJXNJ
>>441
ちゃんとその本の説明文を見れば書いてある

444吾輩は名無しである2018/03/25(日) 20:34:04.88ID:RQioCKJa
特にサドとかバタイユは研究進んでるからな

445吾輩は名無しである2018/03/26(月) 22:51:29.04ID:Z6buhclR
高丘親王航海記 (文春文庫)
澁澤 龍彦 (著)
出版社: 文藝春秋; 新装版 (2017/9/5)

446吾輩は名無しである2018/04/29(日) 23:29:25.45ID:G6OSz7IP
澁澤龍彦の記憶
菅野 昭正 (編集), 巖谷 國士 (著), 養老 孟司 (著), 池内 紀 (著), 中沢 けい (著), 酒井 忠康 (著)
出版社: 河出書房新社 (2018/4/12)

没後30年を記念して開催された「連続講演」から生まれたエッセイ集。
記憶から甦る澁澤さんの生きた姿がわかるとっておきの一冊。

新着レスの表示
レスを投稿する