エドガー・アラン・ポー PART1

1吾輩は名無しである2012/10/07(日) 01:19:56.87
今年はポーの映画が2作も公開されたことだし立ててみました
っていうかなんでこの人のスレがない?

19世紀の作家だけど今読んでもなかなか刺激的
後世に与えた影響も多大だしね

532吾輩は名無しである2017/04/13(木) 09:39:18.31ID:L+EXJz5K
『構成の原理』(岩波文庫だと『詩作の哲学』)のことでしょ

533吾輩は名無しである2017/04/15(土) 21:49:15.49ID:gtRppkLY
ここの人たちは創元文庫の字の小ささは気にならないの?

534吾輩は名無しである2017/04/16(日) 01:25:59.11ID:4MHvqJcl
むかしながらの小さなフォントぎっしりもまたいいではないか

535吾輩は名無しである2017/04/16(日) 01:33:08.91ID:v3m6+pxH
>>534
好き
近視だからかもだけど、読むのは問題なかったよ

ハヤカワが再版のフォント大きくしてるけど、最初に読んだ印象と変わってしまった

536吾輩は名無しである2017/04/21(金) 12:11:08.58ID:lDnz9g9s
ポーのどこが良いのかわからない
誰か詳しい人教えて

537学術2017/04/21(金) 12:19:13.87ID:X1RcvV34
恐怖心の無い恐怖というか。

538吾輩は名無しである2017/04/22(土) 01:02:00.97ID:YmMu9+rf
「宝島」なんて推理の中では最高傑作かもしれない
スティーブンソンのよりもいいぞ

539吾輩は名無しである2017/04/22(土) 02:33:29.57ID:8PYRJ2T2
>>536
どの作品を読んだのかな?
読むきっかけとか、読んだ年齢、合わなかったとことか知りたいかな

ちなみに自分は小学生の時、モルグ街の怪事件を読んでからです
想像出来ない犯人、犯行現場の描写が衝撃的だったな

540吾輩は名無しである2017/04/22(土) 02:37:10.70ID:8PYRJ2T2
>>538

>>465だね

541吾輩は名無しである2017/04/23(日) 23:44:55.27ID:TM/9QQkA
>>538
黄金虫でしょ

542吾輩は名無しである2017/04/24(月) 23:30:30.63ID:d/dVkee/
黄金虫は健康的な冒険小説でいい
逆にゴードン・ピムは未完である事よりもカニバリズムが後味悪い

543吾輩は名無しである2017/04/25(火) 01:44:45.06ID:0A2Fq9vH
ピムはカニバもそうだけど現実の事件も予言してるしラストも不気味過ぎる
まあそこが好きなんだけど

544吾輩は名無しである2017/04/25(火) 10:07:48.88ID:wXgsdbUk
出崎統のアニメ「宝島」では、宝の隠し場所が暗号で、
そこだけ「黄金虫」を流用している。

545吾輩は名無しである2017/04/25(火) 10:44:31.02ID:taViyTQu
推理小説の元祖というところに意味があってポーの作品ははっきり言って面白くない。
江戸川乱歩でも読んでいたほうがよっぽど面白い。

546吾輩は名無しである2017/04/25(火) 21:08:12.26ID:Mxnqnyt0
ああそうだ ごめんごめん コガネムシだ
これって推理の頂点に立つような作品かもしれない
モルグ街もよかった

547吾輩は名無しである2017/04/26(水) 01:04:43.38ID:vpcE0mBl
>>545
あなたが面白いと思う推理小説は?

>>546
文脈から承知してたから大丈夫

548吾輩は名無しである2017/04/26(水) 08:43:26.16ID:ZhVbuCor
>>545
モルグ害は書き出しが秀逸だろ

549吾輩は名無しである2017/05/05(金) 14:18:26.02ID:HuzZKHTd
ま、おまえら、ちょっと気分転換しろ!
ヤマのオカルト置いとく。
ちょっと気色悪いけど・・・

★山霧の巻くとき(山岳ホラー)
http://slib.net/71604

上松煌 作
(プロフィール) http://slib.net/a/21610/

最後のほう、グロ注意?!!

550吾輩は名無しである2017/05/08(月) 05:09:40.78ID:WWqUpmOs
ポーは文学でミステリやホラーとは違う

551吾輩は名無しである2017/05/19(金) 09:11:40.02ID:PCW/a26A
この前アッシャー家の崩壊をよんだ。大昔の小説だけど面白い!あのいかにもと言う感じの書き出し
はいまでも引き付けるものがある。プロットよりあの文体がいのち!

552吾輩は名無しである2017/05/31(水) 18:16:15.71ID:gpfaEfHc
ポーは文章力だよな
本当にこの人に経済的余裕を与えて創作に専念させてればどれだけのもんが生まれただろう、と妄想することが多かったが
でも長編とかかかせたりするとゴードンピムみたいに簡素な文章が多くなるのかも

553吾輩は名無しである2017/07/25(火) 21:56:41.96ID:nG14l0xf
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

554吾輩は名無しである2017/07/26(水) 17:59:22.84ID:vbWYS/+U
そんなんしても無駄
河川敷集団見合いですぐ解決する

555吾輩は名無しである2017/09/15(金) 23:28:23.46ID:nepipscJ
スペイン人の何とかてイラストレーターが挿し絵を書いたポー=イラスト作品てのがあったよ
有名なのか

556吾輩は名無しである2017/09/16(土) 02:48:11.30ID:0cN9OOly
躍動感抜群

557吾輩は名無しである2017/09/16(土) 15:53:58.22ID:cckZwbTP
その絵描きは「楕円の肖像画」を採っていた
短すぎて惜しい天才のひらめきに満ちた話
ポーは小説家ではなく、近代の物語作者だね

558吾輩は名無しである2017/09/16(土) 21:38:11.29ID:jjZmIpd0
「怪人二十面相」が最高傑作だな!

559吾輩は名無しである2017/09/16(土) 23:07:03.24ID:0cN9OOly
それはペンパイナッ

560吾輩は名無しである2017/09/22(金) 16:37:53.24ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

561吾輩は名無しである2017/12/14(木) 19:57:08.28ID:RwUm4nDH
ゴードンピムの前半とメリメのタマンゴって話の筋が似てね?

562吾輩は名無しである2017/12/14(木) 21:45:18.30ID:dTbDKCEY
最高傑作は『怪人二十面相』できまりだな!

563吾輩は名無しである2017/12/15(金) 06:54:45.68ID:NYYFmnU0
鴉山冥土土産だと思うなあ

564吾輩は名無しである2018/04/02(月) 01:40:32.46ID:fo3GlWlP
(株)ケンシュー
..デカルトが演繹的推論をはじめとする「考える技術」をまとめてから、
ポーが探偵デュパンを生み出すまで100年以上経っています..
哲学者の道具であった難解な論理学が「考える道具」として一般の生活に浸透するのに1世紀以上の時間が必要だった.
2013年1月17日

shiro(CV.小見川千明)
ナサニエル・ホーソーン「ヒギンボタム氏の災難」
『緋文字』でお馴染み大文豪が(ミステリの祖といわれる)ポー「モルグ街の殺人」より7年も前に書いた小品。
ミステリ手法が確立される前、喜劇&リドル風に落とすしかなかったのはミステリ的には惜しまれる。
2015年6月13日

マツモトキヨシ
ホフマン『マドモワゼル・ド・スキュデリ』読んだ。王政フランスで女流作家スキュデリが連続強盗殺人の犯人を突き止める。
ポーのモルグ街より早く世に出た作品だけれど、犯人当ての醍醐味もあれば探偵役のキャラも立っている。
これは紛れもなくミステリでしょう。
2017年6月5日

565吾輩は名無しである2018/04/16(月) 18:16:52.13ID:5qbXVd2a
ポーすらも消えていく作家のひとりなのか

566吾輩は名無しである2018/04/17(火) 00:11:53.98ID:UNgFBHwH
そりゃそうだ本当に優れたもの一作か二作が残る。ポーくらいの天才でだ

567吾輩は名無しである2018/04/17(火) 00:34:33.20ID:MjfSOPxS
その1作2作もあやしくね?
絶対超傑作な長編でもなんでも残せたくらいの人だったと思うけど
現状残ってるのは短編ばっかだし

568吾輩は名無しである2018/04/17(火) 00:35:19.01ID:MjfSOPxS
本当にドストと比べられるくらいのレベルの人だったと思うんだ

569吾輩は名無しである2018/04/17(火) 01:55:37.82ID:9Rz9xURV
「盗まれた手紙」は傑作で
ドストエフスキーの「未成年」にも影響を与えているよ

570吾輩は名無しである2018/04/17(火) 20:30:13.63ID:MjfSOPxS
ドストがポー好きなのは知ってる
けどポー自体が佳作家で終わってしまってないか

571吾輩は名無しである2018/04/19(木) 00:59:00.52ID:77DnhfSn
おはなしを作る才能ではドストエフスキーはポーの足元にも及ばない
多くの登場人物の複雑な心理を描く長編小説の才能ではポーはドストエフスキーの足元にも及ばない
…て感じ?

572吾輩は名無しである2018/04/19(木) 02:08:05.64ID:jHAWh3M7
ドストエフスキーもだけどポーは影響力が計り知れない
幻想文学、推理小説、SF小説それぞれでパイオニア的仕事をしてるし詩人や理論家としても崇められてるレベル

573吾輩は名無しである2018/04/19(木) 21:08:18.95ID:p5JoW2ku
もしポーがいなかったら
ドイルやボードレールの作品も無かっただろう

574吾輩は名無しである2018/04/19(木) 21:27:27.57ID:EbgG4kuL
あと怪奇小説系も
ジャンル化されてないスタイル
例えばアナハイムの地所のような風景描写小説?みたいなタイプ
リジイアみたいな幻想恋愛もの?もあるよな
色々やってるが正統な長編も書いてほしかった
評価しなかったアメリカ人の罪だな

575吾輩は名無しである2018/04/20(金) 18:56:14.99ID:AK2+L9xo
ドストエフスキーとポー
互いの作品に対する影響は興味深いが、比較する作家としては遠いかなと思う

米作家ポーは100年単位で残ると思うな

576吾輩は名無しである2018/04/20(金) 22:50:20.11ID:7zaqKLE2
言われてることではあるがポーや芥川龍之介が長編を書けなかった、乃至書いても破綻気味だったのは
最初から最後まで計算して書こうとしたからなんだろうな

577吾輩は名無しである2018/04/20(金) 22:51:17.49ID:7zaqKLE2
背景にキャラ付けした登場人物を配置することによって人物が自然に動き出す、てことを認められなかったんじゃないの
自分の意思に関係なく動いていくことに耐えられなかったんだよ

578吾輩は名無しである2018/04/20(金) 23:41:56.46ID:V1eDSmsk
ゴードン・ ピム見る限り絶対書けなかったなんてことはない
芥川よりは絶対一回り上にいる人だ
経済的余裕があったら書けてた

579吾輩は名無しである2018/04/21(土) 00:30:29.89ID:jg8kPXlp
専業作家としてやっていこうとしたら短篇ぐらいしか仕事が無かった
そういう時代だったんじゃないの?

580吾輩は名無しである2018/04/21(土) 00:57:03.33ID:gu79ufYY
>>578
裕福なら雇われ編集長やらなくてよかったしね
だとしたら短編多ジャンルな書き方はしなかったかもしれないな

581吾輩は名無しである2018/04/29(日) 15:53:49.73ID:Rw1bkmx9
まあとにかく、少なくとも短編作家としては世界一だろうな、ポオは

582吾輩は名無しである2018/05/13(日) 22:16:56.38ID:nvGxDKOq
ボンボン
現代科学の一つとして考察したる詐欺
とかも忘れんといてくれ

ていうか
アモンティラードの樽は?
後、誰かジョン・A・B・C・スミス将軍の友人の方はいませんか?

新着レスの表示
レスを投稿する