この作家はこの小説から読め!

1吾輩は名無しである2014/09/23(火) 17:09:59.31
だれかが作家の名前をあげると、
その作家ならこの作品から読むといいよとおすすめするスレです。
作家によっていろいろ意見の食い違いもあるとはおもいますが、
人それぞれの考え方があるのだなあというくらいで。

↓からの派生スレです
挫折した本をまったり書き込むスレ
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/book/1321170706/

276P ◆.uKag/vUmY 2016/05/07(土) 00:47:43.65
>>268
読んでないんかーい(笑)

277吾輩は名無しである2016/06/10(金) 20:06:39.06
ボルヘスで一番読みやすいのあれば教えて

278吾輩は名無しである2016/06/10(金) 20:58:28.46
「南部」ってやつが文章読みやすいし最後ドキッとできる
「エル・アレフ 」は全体的に読みやすいし面白いけどやっぱり手に取るなら「伝奇集」が良いかと

279吾輩は名無しである2016/06/10(金) 21:12:02.17
>>278
ありがとう!
伝奇集にしてみるよ!

280吾輩は名無しである2016/06/10(金) 23:41:31.96
筒井康隆なら旅のラゴス

281吾輩は名無しである2016/07/27(水) 16:35:21.08
アフガニスタンを舞台にした小説 感動的なやつ

282May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/07/27(水) 22:18:17.68
>>281 帚木蓬生「ソルハ」

283吾輩は名無しである2016/07/27(水) 23:01:26.74
又吉

284吾輩は名無しである2016/07/27(水) 23:21:58.09
イエス

285吾輩は名無しである2016/07/27(水) 23:22:52.00
>>283
1冊も読む必要なし

286吾輩は名無しである2016/07/28(木) 04:29:18.18
>>282 サンクス。

287吾輩は名無しである2016/07/28(木) 04:34:05.85
ゴーゴリ「外套」
ドストエフスキー「白夜」
トルストイ「地主の朝」
ゴーリキー「チェルカッシ」
カフカ「変身」
ヘッセ「知と愛」
モーパッサン「オルラ」
バルザック「砂漠の情熱」
カミュ「異邦人」
イプセン「人形の家」

全部読んだ!!! でも内容をこれっぽっちも覚えていない。教養として
読んだようなものは皮肉なことに頭に全然残らないな。WWW

288吾輩は名無しである2016/07/28(木) 07:13:48.08
お前は記憶さんを見習えよ
冊数が少なすぎるんだよ

289吾輩は名無しである2016/08/11(木) 02:22:20.58
ゴーゴリ「狂人日記」
トルストイ「狂人日記」
ディケンズ「狂人日記」
魯迅「狂人日記」
これらを比較しよう
ドストエフスキー「九通の手紙に盛られた小説」
プーシキン「スペードの女王」
レールモントフ「現代の英雄」
バルザック「サラジーヌ」
スタンダール「ヴァニナヴァニーニ」
ディケンズ「クリスマス・カロル」
カフカ「万里の長城」
ヘッセ「メルヘン」
トーマス・マン「ベニスに死す」

290吾輩は名無しである2016/09/09(金) 15:04:12.49
日本の小説は面白くないな。まだあんまりおもしろいのに出会ったことがない。
百田の小説は面白いとおもって読み始めたら、2chでたたかれてるので
読む気が失せた。W
面白いと思たのは
 水村美苗の本格小説
 谷村志穂の黒髪、
くらいかな。

291吾輩は名無しである2016/09/09(金) 15:21:03.66
>>287
良い悪いの問題ではなくて相性の問題だから仕方ない。
音楽でクラシックの名曲を聞かされてもピンと来ないことがあっても何の不思議もないのと似たようなもの。
興味がある分野関係の本を読んでみるのがお勧め。
具体的などういう分野のどういう本とかは本人以外知るわきゃないから、色々読むしかない。

292吾輩は名無しである2016/09/09(金) 17:25:43.09
感動したぜ!

293吾輩は名無しである2016/09/09(金) 20:22:01.45
夢野久作「氷の涯」

294吾輩は名無しである2016/09/10(土) 00:07:59.10
あげ

295吾輩は名無しである2016/09/22(木) 22:44:00.97ID:XCP/BV7u
代表作は二作は読むべき。それと一通り調べて自分が一番興味ひかれたものをひとつ。
例えば漱石なんか『こころ』と『猫』だけ読んで評価を決めるのは勿体無いでしょ。

296May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/09/22(木) 22:48:04.11ID:EY+52522
志賀直哉の「暗夜行路」
当時中学生だった自分には難しすぎたorz

297May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/09/22(木) 22:59:55.01ID:EY+52522
あ、挫折した小説スレと間違えた。失礼......。

298吾輩は名無しである2016/09/22(木) 23:14:04.65ID:XCP/BV7u
暗夜行路は難しいというより退屈なんだよ。

299May ◆gnhRUgKoeR6v 2016/09/22(木) 23:15:51.75ID:EY+52522
小谷野敦もそんな感じの事を言ってたね。
文学史に残っているからといって必ずしも名作じゃあないんだね。

300吾輩は名無しである2016/09/22(木) 23:41:24.29ID:uhMstviV
>>34
おれに関する噂

301吾輩は名無しである2016/09/23(金) 12:03:59.90ID:GXAD87jI
>>295
それ以前の問題として、教科書とかで名前と粗筋だけ知っていて、それだけで読んだような気になって実際には全然読んでない例が珍しくもなくありふれてるからね。

302吾輩は名無しである2016/09/26(月) 12:24:45.50ID:78J0Aunu
ほんとにね
わが身を顧みてもそう思うわ
有名どころで全部通して読んでない作品が結構ある

303吾輩は名無しである2016/10/29(土) 14:59:29.31ID:hJkY+c5A
志賀直哉を中学生が読んでおもしろいと思えるのだろうか?
ジジイになった今でも結構退屈なのに。
でも高1の時の同級生が志賀の小僧の神様を読んでいた。
がしかしそいつは2学期にはいなかった。早熟だったんだろうな。
今頃は死んでるだろう。おそらく

304吾輩は名無しである2016/11/04(金) 04:05:48.48ID:t+1mdZGF
暗夜行路、嫌味な男らしいね。
大江と古井の対談で話題になってた。
今度読んでみるかな。

305吾輩は名無しである2016/11/07(月) 16:46:09.78ID:q99c1gS7
マンはトニオグレーゲルだろ

306吾輩は名無しである2016/11/07(月) 22:33:52.79ID:ywS9f9y7
太宰治は志賀直哉の小説のことを、「津軽」でボロクソいっていたけど、
どのあたりが嫌いだったんだろうな

307吾輩は名無しである2016/11/08(火) 21:41:52.39ID:4CC/5qad
山本周五郎なら「樅ノ木は残った」
中井英夫なら「虚無への供物」
T.S.エリオットなら「四つの四重奏」
コニー・ウィリスなら「航路」
ポール・オースターなら「ガラスの街」
カルロス・カスタネダなら「イクストランへの旅」
ミシェル・セールなら「生成」
アイザック・アシモフなら銀河帝国の興亡シリーズ

308吾輩は名無しである2016/11/08(火) 21:49:24.73ID:4CC/5qad
あ、小説だった? お題は。

309吾輩は名無しである2016/11/08(火) 22:35:26.52ID:Z8p9FsId
まだレスがついてないやつのこたえてあげれば?

310吾輩は名無しである2016/11/08(火) 23:54:05.82ID:qm8x9pY+
日本の純文学はほとんど読んでないな。
星新一は「悪魔のいる天国」
浅田次郎は「壬生義人伝」
小松左京は「復活の日」
福田和也は「日本の家郷」
ル=グインは「天のろくろ」
広瀬正は「マイナスゼロ」
ダン・ブラウンは「ダヴィンチ・コード」

311吾輩は名無しである2016/11/09(水) 04:06:48.20ID:7WzI2Vtw
て言うか、日本の純文学って読む必要あるのか?
一応、夏目漱石は「三四郎」内田百けん「冥途」
「中原中也詩集」「宮沢賢治詩集」「吉増剛造詩集」
「白石かずこ詩集」「吉岡実詩集」ぐらいは基礎的教養
として読んでおくか。

312吾輩は名無しである2016/11/09(水) 04:20:58.02ID:7WzI2Vtw
原田マハは「楽園のカンヴァス」
怖いのが読みたいなら、ローラン・ビネの「HHhH」
怖くてもいいならね。

313吾輩は名無しである2016/11/09(水) 04:26:13.51ID:7WzI2Vtw
個人的には、ル=グインは「闇の左手」を最初に読んだ。
いちばん有名なのは「ゲド戦記」だけど、これは挫折した。

314吾輩は名無しである2016/11/09(水) 04:38:47.29ID:7WzI2Vtw
個人的見解を言わせてもらえば、日本の純文学なんてたいして面白いと思わないな。

315吾輩は名無しである2016/11/09(水) 05:19:20.98ID:vBhQpHIr
まあ、夏目漱石と安部公房くらいは読んでおこうと思うけど。「箱男」で挫折して以来、公房読んでないな。

316吾輩は名無しである2016/11/09(水) 07:37:32.56ID:shtz5+m4
箱男は俺も挫折したけどほとんど読んだよ
小説と戯曲、エッセイと

317吾輩は名無しである2016/11/09(水) 07:39:59.21ID:vBhQpHIr
うん。安部は買いだとは思うね。

318吾輩は名無しである2016/11/09(水) 11:05:21.72ID:pX6TXK4J
新堂冬樹なら「鬼子」

319吾輩は名無しである2016/11/10(木) 22:52:17.02ID:+vS9fMKQ
スレの趣旨からちょっと逸れるけど、ジャンル別とかの短編小説集で当たりをつけるのがオススメ

320吾輩は名無しである2016/12/05(月) 17:57:08.75ID:031iLclo
>>311
そもそも小説なんて読む価値あんのか???
低脳めが

321吾輩は名無しである2017/02/24(金) 01:37:02.51ID:Njbts50q
オワコン北野武「あああん、日本会議&安倍ガイジ晋三さまあんっ、らめえええええええ!ひぎぃ!あああ、アナルが裂けちゃううううううっ!」

322吾輩は名無しである2017/02/27(月) 23:17:29.68ID:eTpM5oTn
ボルデ婆稲田朋美

323吾輩は名無しである2017/07/25(火) 21:56:10.37ID:nG14l0xf
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

324吾輩は名無しである2017/09/02(土) 18:48:44.96ID:bju5yrYR
小説ではないけど、ベルクソン
お願いします

325吾輩は名無しである2017/09/22(金) 17:24:16.16ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

326吾輩は名無しである2018/05/21(月) 12:53:54.68ID:F6qSOP39
あげ

新着レスの表示
レスを投稿する