新人作家の教養としての文学作品について

1吾輩は名無しである2014/09/29(月) 20:11:45.70
毎年何人もの新人作家が誕生していますが、
新人作家にこれは読んでおいてもらいたいという文学作品について語りましょう!

この作家は読んでおくべき、この作品は読んでおくべきという議論や
実際にその作家、作品を読んでみての感想などどうぞ。

2吾輩は名無しである2014/09/29(月) 20:44:20.44
とりあえず夏目漱石は読んでおくべきだな

3吾輩は名無しである2014/09/29(月) 21:03:27.25
芥川龍之介も読んでおけ

4吾輩は名無しである2014/09/29(月) 21:04:44.98
ボルヘス

5吾輩は名無しである2014/09/29(月) 21:39:25.28
ノーベル賞作家の川端と大江は外せない

6.2014/09/30(火) 04:19:26.43
韓国・民団の創設者は、関東大震災で皇太子暗殺を謀り
大逆罪で服役したテロリスト、朴烈です。
これは民団が決して日本人には知られたくない事実です。
これが知られると、民団が発足当初からテロリスト集団とバレてしまうからです。
日本人はこのことも併せて覚えておきましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

7吾輩は名無しである2014/09/30(火) 05:23:22.84
罪と罰
カラマーゾフの兄弟

8吾輩は名無しである2014/09/30(火) 08:47:23.57
みんな読んでるんじゃないの

9吾輩は名無しである2014/09/30(火) 20:57:33.16
谷崎、三島あたりも教養としては常識だろう

10吾輩は名無しである2014/09/30(火) 21:08:14.36
源氏物語

11吾輩は名無しである2014/10/01(水) 20:28:35.76
カフカ

12吾輩は名無しである2014/10/01(水) 20:41:38.76
押切もえ『浅き夢見し』

13吾輩は名無しである2014/10/04(土) 19:00:26.29
もう中学生

14吾輩は名無しである2014/10/12(日) 12:01:58.78
丸山健二の「まだ見ぬ書き手へ」

15吾輩は名無しである2014/10/12(日) 13:09:32.42
丸山健二「丸山健二の「まだ見ぬ書き手へ」」

16吾輩は名無しである2014/10/15(水) 21:41:38.56
車輪の下

17吾輩は名無しである2014/12/16(火) 21:44:54.73
中島敦
滝沢馬琴
中勘助

18吾輩は名無しである2014/12/16(火) 21:45:46.19
あと魯迅の故郷

19吾輩は名無しである2015/01/29(木) 22:18:26.97
フェイトマー

20吾輩は名無しである2015/02/16(月) 08:38:35.31
モディアノ
これを読まなければ話にならない。

21吾輩は名無しである2015/02/16(月) 09:01:47.12
モディアノ面白いの?

22吾輩は名無しである2015/02/16(月) 09:30:08.70
モディアノを知らずして、文学版に書き込むな。

23吾輩は名無しである2015/02/16(月) 10:54:39.42
>>5
マジ80年代以降の大江は読んだほうがいいな
最高到達点がここと見定める必要から

24吾輩は名無しである2015/02/16(月) 12:09:14.91
大江厨w バカ丸出しw    m9(^Д^)プギャー 

25吾輩は名無しである2015/02/16(月) 18:05:51.07
人間失格

26吾輩は名無しである2015/02/16(月) 18:14:43.57
山月記
李陵
名人伝

27吾輩は名無しである2015/03/07(土) 18:54:53.39
草枕

28吾輩は名無しである2015/03/07(土) 18:59:48.78
変身

29吾輩は名無しである2015/03/08(日) 14:04:33.30
堕落論

30吾輩は名無しである2015/03/09(月) 20:36:36.38
女生徒

31吾輩は名無しである2015/03/10(火) 21:57:54.36
ヴィヨンの妻

32吾輩は名無しである2015/03/11(水) 19:29:24.90
檸檬

33吾輩は名無しである2015/03/12(木) 16:43:21.06
蜘蛛の糸

34吾輩は名無しである2015/03/12(木) 18:02:53.53
斜陽

35吾輩は名無しである2015/03/14(土) 16:13:47.81
富嶽百景

36吾輩は名無しである2015/03/15(日) 13:42:55.41

37吾輩は名無しである2015/03/18(水) 14:54:01.54
弟子

38吾輩は名無しである2015/03/18(水) 15:27:35.32
若い小説家に宛てた手紙

39吾輩は名無しである2015/04/06(月) 06:48:41.42
地獄変

40吾輩は名無しである2015/04/06(月) 15:39:11.81
「高校生に贈る大学受験までに読んでおきたい百冊」みたいになってきてるな

41吾輩は名無しである2015/04/09(木) 20:44:08.77
蒲団

42吾輩は名無しである2015/04/10(金) 21:13:45.77
高瀬舟

43吾輩は名無しである2015/04/25(土) 18:05:30.18
ショーペンハウアー
読書について

44吾輩は名無しである2015/08/14(金) 03:31:09.95
>>20-22
昨年のノーベル文学賞を貰った人ね。
若い頃に脚本を書いたルイ・マルの映画『ルシアンの青春』を数年前に名画座で見たが、
とても良い映画だった。小説は読んでない。

45吾輩は名無しである2015/08/14(金) 07:30:03.65
火花

46吾輩は名無しである2015/08/14(金) 08:17:27.31
> 若い頃に脚本を書いたルイ・マルの映画『ルシアンの青春』を数年前に名画座で見たが、
>とても良い映画だった。


愛人に仕立て上げたユダヤ人少女との情事のあとに水たまりを眺めているシーンで終わる作品だったかな。
まあ、虚無ということルイ・マルを表現したかったのだろうけど、
ニーチェのように「深淵」ではなくそこらの浅く淀んだ「水たまり」としたところに何らかの底意があるような気が。
原作があるのなら、そこらへんを確認したいものです。

47吾輩は名無しである2015/08/15(土) 12:56:47.60
ルシアンは南西フランス山村の無知な少年(18 歳くらい)。
親にも大事にされず、中学の教師にとってもどうでも良いような存在。
病院の雑役夫をしているが、休暇で自宅に帰ると母親は地主の愛人になっている。
ふとした偶然で対独協力派に組み入れられる。ノルマンジー上陸作戦が開始している時期なのに。
レジスタンスを圧迫し、高価なものを入手し、喜んでいるルシアンだが、
仕立屋に洋服をあつらえて貰うことになる。
仕立屋はルシアンを人間として理解する人。
その娘に恋をするが、仕立屋は実はユダヤ人だった。
対独協力派に連行される仕立屋を見て、ルシアンに人間らしい感情が生まれる。
娘と脚の悪い祖母を連れて山奥に脱出し、野生動物を取り、川で水浴びをし
初めてルシアンに幸せそうな微笑みが浮かぶが・・・

最後のテロップに「ルシアンは人民解放軍に逮捕され、裁判を受け、処刑された」

ルイ・マルなら「さよなら子供たち」と対になる作品だと思う。

48吾輩は名無しである2016/03/17(木) 02:22:46.35
新おにい、津村記久子のスレないの?

49吾輩は名無しである2016/04/15(金) 12:37:38.51
push

50吾輩は名無しである2016/08/21(日) 10:36:11.82
精子戦争

51吾輩は名無しである2018/01/23(火) 20:17:24.64ID:W07tOhUi

新着レスの表示
レスを投稿する