日本の文学が世界で通用しない理由 [転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2015/11/02(月) 00:12:01.92
差別ニダ

94学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2016/10/15(土) 14:42:10.78ID:iC3DIg93
それに普通に有名な国ではない。

95吾輩は名無しである2016/11/05(土) 02:16:13.83ID:RfdnsVG8
横山秀夫や東野圭吾などの大衆文学の評価の高さを見ると文壇政治の濃淡に影響されていると思うな

96吾輩は名無しである2016/11/05(土) 11:56:18.67ID:bCNi7HF+
海外進出(特に欧米)すると純文学・大衆文学、別け隔てなく評価される
文学賞にしても日本で分けられていた作家が同様の土俵で戦うことになるわけだが
実際のところ純文学出身のほうが活躍している作家や成功例は多いようなきがする

因みにこれは単純に実力不足だからとかそういう問題でもないきがする
例えば「純文学作家のほうが書けるから〜」ということでもないというか

というのは、日本の流行作家は制作期間が短すぎるんだわ
それがハンデになるから数年間かけて長編書いてくる海外作家と比較されるとキツイ
純文作家はまだ(それでもあまり時間かけれられるわけではないが)時間かけて書ける
だから日本の大衆文学或いは流行作家って労働環境の部分からして結構不利なんだわ

97吾輩は名無しである2016/11/05(土) 12:07:58.36ID:bCNi7HF+
東野圭吾もそうだけど実力ありそうな人気作家ほど質より量をひたすら求められる
だから出版数増やすことで部数は伸びるが才能は潰されてしまうようカンジがある
正直、宮部みゆきとか東野圭吾とか初期作品のほうがいいからな

完全に憶測でしかないけど
作家を潰すような売りかたや遣りかたや雰囲気が業界にあるようにおもう
例えば質にかぎらず多作のほうが重宝されて宣伝もしてもらえるとか……

98吾輩は名無しである2016/11/05(土) 21:03:52.92ID:RfdnsVG8
>>97
最高のブルーカラーに最低のホワイトカラーの作家出版社版か。読んでて面白かった
ありがとう

99吾輩は名無しである2017/02/24(金) 15:46:43.41ID:QsbAnq5w
まきむぅ(牧村朝子)
望まぬ水着にされ、ひどい時は性暴力を受けても「干されるのが怖いから」と泣き寝入り。
稽古の回数ではなく、業界人(笑)にお酌をした回数の多い女優が主演を射止める。
結果、できた映画がつまらない。そして日本産コンテンツが世界で戦えない。
2017年2月15日

100吾輩は名無しである2017/04/18(火) 21:28:31.94ID:qjmDarbi
このざまんぐ
いったん翻訳小説行くと戻れなくなるんだよな。
ミソジニーやホモフォビアに片目つぶって読んでいたことがわかっちゃうと、もう無理して日本の小説読まなくていいや、ってなる
2017年4月6日

101吾輩は名無しである2017/04/30(日) 13:41:04.64ID:Uc3s3kEb
文学は剣より強いのか??
いじめ殺しを許さない社会にしようぜ!!!!
       ↓
上松煌(うえまつあきら) 作
★「九月の葬奏」(1作目「友だちを〜」と共に、作者の出生の本懐です)★
https://slib.net/71188

『作品紹介から』
 初作の『友だちを殺した』と共に、作者の出生の本懐といえるものです。
世間を震撼させた「多摩川・中学生虐殺事件」に衝撃を受け、日本社会に警鐘を鳴らし
たくて書きました。
時間のないかたは、後半〜末尾にかけての主人公の「独白」をごらんください。
社会のあり方、人間の人間たる倫理正義・矜持襟度・慈悲情愛の大切さを、死をもって
訴える場面です。 問題提起の性格上、過激・苛烈な表現があります。 2015年。
作順では5番目。

プロフィール ←作品けっこう意識高いぜ。命は大事にしろ。
http://slib.net/a/21610/

社会が傍観者ばかりになったら、コワイでぇ!

102吾輩は名無しである2017/05/04(木) 02:36:56.35ID:MHvBmNR7
日本の作家には国際性がないから世界で通用しない
少し世界を巡って外国を描いた作品をつくってみるといい
あとは死後50年経過した外国の作家の作品を上手に
アレンジしてみることもいいことだ
そうすると外国人にもわかってもらえると思う
黒沢明監督の作品が西欧人に理解してくれるのも
こういう外国文学に基本をおいたからだ
これを文学にも応用すればいい

103吾輩は名無しである2017/05/04(木) 03:24:31.99ID:YersdYVa
>>102の意見を見て思ったんだけどさ、日本式の泣き寝入りを描いた作品
例えばブラック企業ブラック部活を題材にした小説があったとしてもさ
向こうじゃ訴えたら済む話だから議論にすらならないと思うんだよね
かと思ったらギャングも貧困も向こうの方が悲惨だし

だから、欧米みたく自ら勝ち取った民主主義じゃないが故に愛国者がリベラルになれず、首相もアメリカ向けの工場長の胴元になってしまうという
歴史のメインテラーから外された国の有り様とか、敗戦国の歪んだアイデンティティを描けばいいと思うんだけど、どうかな
三島と大江が変な信条やプライドに邪魔されて書けなかった部分を排した徹底的にドライなやつ
まああの出版社の愚かさを見たら絶対英訳はおろか国内デビューもできないだろうけどね

104吾輩は名無しである2017/05/05(金) 00:04:32.38ID:n4Y3hVdp
102だけどさ
死後60年以上たった作品を適度に母体とした小説を
作ればいいと思う
当の外国人だってそういうことをやっている
シラーだってシェークスピアのまねだしね
日本はまだいける口だけどもほかのアジア諸国の文学を
みてみるともっと遅れがあるよ
中南米文学はダイレクトに西洋文学の流れをくんでいるから
水準は高い
でも東南アジアや韓国の文学は日本よりも後塵だね

105吾輩は名無しである2017/05/05(金) 01:54:09.06ID:P5JMNvmw
>>104
逆にみたらこれからの東南アジア文学も面白そうだね
政治にも問題があって農村というものが残っててネット時代なのに経済としては日本の70年代だから
都会派のメロドラマにしても土着物にしても当時の日本文学と比較できそうだし
先ずは差異よりも共通点にフォーカスしたら悲しい事実が見つかりそう

106吾輩は名無しである2017/05/05(金) 09:34:38.07ID:CSGqLGtG
東南アジア文学は結構面白いよ
スレッドはたっていないけど一品も多いよ
インドネシアのプラムディヤとかベトナムのバオニンとか
すぐれた作品も見受けられる
プラムディヤはノーベル賞とってもおかしくないような作家だった
でもそのうちに世界的な評価を受けるようになるだろう
韓国にもファンソギョンみたいな作家がいるね

107学術2017/05/05(金) 11:28:21.95ID:8oQWnaZK
常識的にでも非常識にでも、通用している層に入りましょうね。

108吾輩は名無しである2017/05/06(土) 01:38:36.00ID:uzLp9Mdh
たまにはアジアの文学と日本のものとを比較しても
いいのではないか
インドやペルシアの作品はゲーテにも影響を与えているし
このインド文学のほうが日本文学よりも知名度は高いかもしれない

109学術2017/05/06(土) 09:14:05.45ID:pQOnQZwG
ペルシアか。オマールハイアームは好きだけど。ルバイヤートとかね。
書体がやばい。

110学術2017/05/06(土) 09:35:06.46ID:pQOnQZwG
46 名前:学術 2017/05/06(土) 09:31:07.89 0
https://www.youtube.com/watch?v=06BWXrdMtaY

8 9 15 19 4


47 名前:学術 2017/05/06(土) 09:33:23.38 0
https://www.youtube.com/watch?v=uLlZ7mjHPRs
https://www.youtube.com/watch?v=FFbDG5645d

111吾輩は名無しである2017/05/07(日) 19:07:22.66ID:BhVH0APO
日本はガラパゴス化が酷いから外国人から受け入れてくれない
この傾向は文学ばかりではない
音楽や美術の世界にも同じことが言える
日本人の歌手が世界的名声を得ることもない
日本人の画家で世界に通用している人もいない
日本のアイドルなんて日本を離れればどこにも知名度はない
そういうレベルの文化水準だから世界を相手にできない

112吾輩は名無しである2017/06/04(日) 20:15:18.41ID:mOYtsIgD
ハリーポッターも古本屋じゃ10円だからな

113吾輩は名無しである2017/06/04(日) 20:18:13.94ID:mOYtsIgD
日本には黒澤の隠し砦の三悪人がある

114吾輩は名無しである2017/06/05(月) 10:46:01.58ID:l+YHsEns
黒澤明の隠し砦の三悪人

三船敏郎が演じる武士がニートの2ちゃんねらーのお前

C3POみたいなデカい百姓がお前の父親
R2D2みたいな小さい百姓がお前の母親

隠し砦の三悪人ほど普遍性を持った作品は世界に無い

115学術2017/06/05(月) 12:33:12.53ID:fyNOozod
しかし、文学を届ける方法がない島国だって決して文学が苦手なわけじゃない。

116学術2017/06/05(月) 18:24:32.23ID:fyNOozod
風や台風が届くし、地震もあるし。

117吾輩は名無しである2017/06/05(月) 18:43:53.41ID:q0287U+I
確かコンビニ人間はいろんな国、いろんな言語に翻訳されたんではなかったか

118吾輩は名無しである2017/06/09(金) 23:25:20.45ID:Soipc167
通用する必要なし!

119吾輩は名無しである2017/08/02(水) 22:04:48.19ID:G3O2KLYa
ガラパゴスだから駄目なんじゃなくて
ガラパゴスじゃないから駄目なんだよ

120吾輩は名無しである2017/08/16(水) 23:53:21.29ID:Un71gID9
日本でも通用してないからw

121吾輩は名無しである2017/10/11(水) 20:49:31.01ID:/czNKMfH
日本の作家に建設的議論できるのがいない
海外の作家が勝てる喧嘩のためにハリーポッターをけなしてるとこみたことある?

122吾輩は名無しである2017/10/12(木) 20:34:43.24ID:jU20TkcC
これからニューエイジ・スピリチュアルのカテゴリーで
書いてもらいたい内容を箇条書きにしてゆく。

・〜自分はいない〜というフレーズが浸透しているのは、支配者が霊界での支配を続けてゆく為のものである。

・幾世代にも渡って宗教の説教が求められるように前世の記憶を失くして「注意することができない人」にされている。

・2番目の補足ではあるが、記憶を失わせて説教が必要な人間に仕立て上げる為、彼らは地縛霊を雇い入れ転ばせている。

・人を上手に転ばせることが出来る地縛霊だけは、生まれ変わることができない。(一緒に仕事をするため。)

123学術2017/10/12(木) 22:17:39.35ID:YQWa59pe
貨幣レートが違ったり、金融が反省すればね。

124吾輩は名無しである2017/10/12(木) 22:22:12.22ID:mpVLoBmb
頭悪すぎw

125学術2017/10/12(木) 22:32:49.74ID:YQWa59pe
高価な希少価値の高い価値の本を書けばいいんじゃないか。
発表はする必要ないし。

126学術2017/10/12(木) 22:48:29.56ID:YQWa59pe
ドイツ語の 筆記体 、アルファベット 詩律 文字律 で書くといいと思うぞ。

127吾輩は名無しである2017/10/12(木) 22:51:29.09ID:LaXUntS3
本気で考えてその程度か
かわいそうだな

128吾輩は名無しである2017/10/13(金) 01:35:28.26ID:F87qzWNq
誰か言葉の占有の歴史を書くべきかもね
神官文字、祝詞、立法府、歴史観、キャッチコピー、将来ここにプログラム言語が加わる気がする

129吾輩は名無しである2017/10/13(金) 09:54:34.48ID:PToJ9UVi
コテ消すな

130吾輩は名無しである2017/10/13(金) 15:33:31.30ID:wK3c/daU
俳句は世界に広がっている日本発の文学

後はラノベだな


マンガ・アニメがあるからいいんじゃ

131吾輩は名無しである2017/10/13(金) 21:17:16.83ID:q6Tizpnm
谷崎潤一郎の「春琴抄」はかなりの傑作だと思うけど外国語に訳すのは至難の技
だと思う。評価されるのは難しいと思う。

132吾輩は名無しである2017/10/13(金) 22:56:09.76ID:LpxZwFmP
>至難の技

国語の勉強やり直せ!wwwww

133吾輩は名無しである2017/10/17(火) 14:41:51.63ID:IDKNjb9o
>>132
はあ???????????

134吾輩は名無しである2017/11/02(木) 09:20:57.93ID:QTXNszKb
例えば他にブルガリアの文学とかエクアドルの文学は世界に通用しているわけですか?

135吾輩は名無しである2017/11/07(火) 11:40:47.12ID:8hIlND61
世界文学の定義は単に世界で読者が多いというだけだよね?
世界に読者が多いからと言って文学者として優れているとは言えないのではないのかな。

136吾輩は名無しである2017/11/20(月) 23:58:52.07ID:ZUlvXH81
馬鹿だなw

137吾輩は名無しである2017/12/09(土) 13:05:29.96ID:d1cFENlh
>>103
まあ要するに面白い本が見つからないということなんだよ。ところが面白い本は探せばあるんだよ。
でも見つけるのが難しい。名作は簡単に見つけられるが誰にとっても名作が面白いわけじゃない。
寧ろ面白くない。まだ精神的にも読書人としても成熟していない人の場合はそれなりのレベルの
小説でないと読んでも面白くない。
その人にあった「それなりのレベルの小説」を簡単に見つけることができれば読書人工は爆発的に増える。
爆発的に増えれば作家の質も上がる。作家の質が上がれば世界的に通用するようになる。

問題点としては
1.最大の問題はYAが少ない。
2.図書の検索機能が世界最低
これに尽きる。
子どもの本は充実している。しかし中学から高校性がよんで面白い本がすくない。英米はYAが充実している。
検索については、「セックス、暴力」を除外できる機能をつけろよと思う。

138吾輩は名無しである2017/12/09(土) 13:07:58.54ID:d1cFENlh
漱石とか太宰を紹介するのはやめろよな。あんなものを最初に読むと読書嫌いになる。

139吾輩は名無しである2017/12/09(土) 13:17:07.44ID:d1cFENlh
>作家を潰すような売りかたや遣りかたや雰囲気が業界にあるようにおもう
>例えば質にかぎらず多作のほうが重宝されて宣伝もしてもらえるとか……

売れないからやむえない。売れて作家も出版も儲かるようにしないといけない。USJが急激に売れ出したように
ちゃんとした経営をすれば売れる。売れないと質は上がらない。どうしたら売れるか? どうしたら読むように
なるか? 
https://www.youtube.com/watch?v=FUChXoQ0-OA
アメリカの読書人口はこういうのを見ると解る。こういう若い子が山のようにいる。
統計に出てくる読書人口はあまり当てにならない。こういうのを見ると完全にアメリカが世界一だろ。

140吾輩は名無しである2018/03/09(金) 20:20:29.34ID:dIPymWd9
【学問道場(64)】 福島に乗り込もう <ヽ(`Д´#)ノコワい病> 私は応じなかった 【新党9条(70)】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1520562337/l50

141吾輩は名無しである2018/03/10(土) 11:10:44.97ID:Ln+qvCno
理解出来るかどうかより文章に触れさせるのが大事。理想は漢籍の素読だが…

142DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/15(日) 18:51:21.78ID:DD0dvWK4
日本文学何て海外では評判いいけど、日本人に受けないから、
海外で評価されていないと錯誤してしまうんじゃないかな、
200世界の国があれば二百作に一度は世界トップとれるんだから、
といっても本当に評価が高い文学何て希少でしょうか?

143吾輩は名無しである2018/04/21(土) 12:25:16.37ID:nQ04J5K0
日本でも名作と呼ばれるようなもの以外海外文学なんて一般人は読まない
しかも読んでピンと来るのは物語として面白いものだけ

ピンと来ないやつの原因は、描写されてる風景を実際体験してない
キリスト教などの知識がない
特定の地域でしか関心のたい社会問題
などなど、要するに文化の違い

だから結局物語として面白い小説しか海外では通用しない

144DJgensei 学術artchive gemmar2018/04/26(木) 18:37:23.41ID:TycpyQRF
通貨のように通用してる。

新着レスの表示
レスを投稿する