堀江敏幸 [無断転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2016/03/19(土) 15:43:14.26
なかったので

12吾輩は名無しである2016/03/20(日) 12:05:51.56
『めぐらし屋』(2007年、毎日新聞社)のち新潮文庫
『河岸忘日抄』2005年、新潮社、のち新潮文庫
『雪沼とその周辺』2003年、新潮社、のち新潮文庫
『いつか王子駅で』 2001年、新潮社、のち新潮文庫
以上が生きてる文庫

13吾輩は名無しである2016/03/20(日) 12:21:20.63
余り売れない作家さんだね

14吾輩は名無しである2016/03/20(日) 17:33:56.65
まあ保坂や平野よりは本物だと思うのだけど、小説として考えると面白味に欠けるところがある。
この人の本領は随筆的な味わいぶかい文章にあるのだろうけど、
小説のように長々と書かれると読み手としては疲れる。

15吾輩は名無しである2016/03/20(日) 17:46:56.72
海外作家の読み手としては突出していると思う。
最新作はモディアノの「1941年パリの尋ね人」を思わせる。
古井由吉や松浦寿輝もそうなんだけど、派手ではないけど圧倒される作家。
学究肌という印象があるけど、彼が紹介する海外作家がやたら趣味に合うだけかもしれない。

16吾輩は名無しである2016/03/20(日) 17:52:10.93
早稲田ステマ互助組合ってのがあるのなw
組合長は渡部直○な。クソが。死ねwww

17吾輩は名無しである2016/03/20(日) 18:24:50.73
>小説として考えると面白味に欠けるところがある。
めぐらし屋読んだけど同意だね

18吾輩は名無しである2016/03/29(火) 15:00:18.06
>>15
すばるの書評でもモディアノの「1941年パリの尋ね人」が上げられていた
モディアノにあっては自己の救済につながる、というが堀江の場合はそうでない、と
むしろこれはパウル・ツェラーンのFlaschenpostだと思う
オシップ・マンデリシュターム
「船乗りは,遭難の危険が迫った時に,自分の名前と運命をメモに書き記して瓶に詰め,それを海に投げ込む。
何年か経って,私は浜辺を歩いている。その瓶を砂の中に見つけ,通信文を読む。
そして,道難した日付と亡くなった船乗りの最後の意志を知る。私にはその権利がある。見知らぬ他人の手紙を読んだのではない。
瓶の中の通信文は,それを見つける人に宛てられているのである。私はそれを見つけた。私も密かな受取人の一人と言っていいはずだ。」

私の天分は乏しい、声は大きくない
しかし生きている、この地上に
私の存在をいとおしく思ってくれる人が誰かきっといる
私の遠い末商が再びそれを見い出してくれるだろう
私の詩の中に、そして私の魂は、
誰が知ろう、その人の魂と結び合う
今日の世界に一人の友を見つけたように、
いつか後の世に私は一人の読者を見つけるだろう

19吾輩は名無しである2016/03/31(木) 13:28:31.37
>>14
>小説として考えると面白味に欠けるところがある。

個人的にはそこが魅力的な点だと感じてるw

20吾輩は名無しである2016/06/03(金) 12:35:47.21
鹿島茂さん・堀江敏幸さんトークイベント(1/5)
https://www.youtube.com/watch?v=V1soIuDrhVg

21吾輩は名無しである2016/07/10(日) 09:57:34.87

22吾輩は名無しである2016/07/15(金) 00:52:17.91
岩崎力さん追悼シンポジウム

前半(77分:未編集)
https://www.dropbox.com/s/6u42wlv5kmx5r9x/2015-12-06-140444.m4a?dl=0

後半(132分:未編集)
https://www.dropbox.com/s/nuomkbfu006epl4/2015-12-06-154022.m4a?dl=0

23吾輩は名無しである2016/10/29(土) 18:29:41.34ID:OGyvyBHU
作品は好きだが顔が気に入らない

24吾輩は名無しである2016/11/06(日) 02:36:20.13ID:QOQNjtxd
春樹以降なら、この人と思っているけど。

25吾輩は名無しである2016/11/07(月) 00:25:00.50ID:sUkTHZsu
ファンの方は回送電車シリーズを評価しているのですか?

自分は2を読んでて「何これ、どうでもいいわ」といった感じで挫折したのですが…

26吾輩は名無しである2016/11/28(月) 08:00:19.88ID:on/U0xFy
先週の『土左日記』のトークはなかなか感動的だった
行った人の感想を見かけないけど

27吾輩は名無しである2016/12/13(火) 18:57:27.56ID:CLi4VwOr
群像1月号にて町田康と対談

28吾輩は名無しである2016/12/13(火) 23:41:39.66ID:+E22edsT
この作家の超おすすめは、なに?

29吾輩は名無しである2016/12/17(土) 20:01:20.18ID:F3fnI+zK
河岸忘日抄がおすすめ

30吾輩は名無しである2016/12/17(土) 20:50:04.41ID:0WdZQl77
さすがに「河岸忘日抄」は評価が高いな

31吾輩は名無しである2017/02/12(日) 10:34:08.73ID:4ULmgxH6
≪第一楽章を追いはじめてまもなく、
私は小さな声を上げていた。
これか。これだったのか。
悪の世界から送り込まれてきた主人公が、
人間の優しさに触れて改心し、
自分の正体をひた隠しにして古巣と闘う、
永井豪原作のテレビアニメ『デビルマン』の
放映を、私は愉しみにしていた。
最終回、デビルマンは
想いを寄せていた女の子の前で、
どうしても姿を変えなければならなくなる。
その苦悶の数刻に流れる音楽が、
ブラームスの《交響曲第一番》の
出だしであったということに気づいたのだ≫

音の糸
堀江 敏幸 (著)
出版社: 小学館 (2017/1/26)

32吾輩は名無しである2017/02/18(土) 23:20:12.08ID:qL1h4no2
>>14
同じ意見です
小説としては物語性が希薄だけど、ご本人もそういうのはあんまり狙ってはいないだろう
細部の面白さ・巧みさを読むべきだろうと思ってる

33吾輩は名無しである2017/04/01(土) 15:24:06.47ID:VlWLQaU5
ふらんす創刊90年白水社創立100年記念トークイベント
清岡智比古×堀江敏幸 2015年11月03日
https://www.dropbox.com/s/vn63j9tq9bjm96g/2015-11-03-193232.mp3?dl=0

34吾輩は名無しである2017/05/26(金) 17:32:46.20ID:2K/IvWqC

35吾輩は名無しである2017/10/18(水) 13:38:31.88ID:04N6DyOb
どら猫さとっち
どら猫さとっちさんはふぁぼで答えましょう
1.平均睡眠時間
3.好きな動物
5.嫌いな場所
7.恋人の有無
10.好きな作家or漫画家
15.同性としたいこと
20.異性の好きな体の部位

まず1.4〜5時間
3.猫
5.嫌いというより苦手なのが、暗い地下室
7.いない
10.村上春樹(翻訳者として)カズオ・イシグロ、角田光代、太宰治、吉田修一、
開高健、谷崎潤一郎、山田詠美、川上未映子、川上弘美、
堀江敏幸、小川洋子、坂口安吾、織田作之助、。

15.クラシックコンサート(なるべく遠征がいい)、あとは旅行(温泉があるところ)、美術館巡り、読書会、あとは男子会(大抵飲み会になる)
20.髪、脚

10.の捕捉 ジュンパ・ラヒリ、イアン・マキューアンなどの新潮クレストブックスの作者
2017年10月10日

36吾輩は名無しである2017/11/28(火) 15:00:00.86ID:zVF5MoxJ
過疎ってるな……。
この人の作品は割と欠かさず読んでるんだけど、「雪沼とその周辺」みたいなきちんとした創作は結局やらないのか、っていつも思ってしまうな。
本人も「小説とエッセイに区別を設けていない」ってことを言ってるけど、どこまで行ってもエッセイや心境小説って感じで、
作り話の面白みが味わえる作品が少なすぎる。学者肌だから、知的な面白さはいつもあるんだけどね。

37吾輩は名無しである2017/12/18(月) 19:39:07.06ID:qhtKrLjh
堀江敏幸に何となく惹かれて、数冊買ったもののまだ全然読んでないんだけど
エッセイなのか、小説なのか
現実なのか、作り話なのか
その境界があいまいな作家を好んで読む自分には合っていそうだ
そのことを教えてくれた>>36に感謝。

38吾輩は名無しである2018/04/07(土) 14:25:49.61ID:QcFy6Dt2
坂を見あげて (単行本)
堀江 敏幸 (著)
出版社: 中央公論新社 (2018/2/7)
季節の移ろいと響きあう、46の短い小説のような随想のつらなり。
『正弦曲線』『戸惑う窓』に続く、著者独自の世界が広がる待望の散文集。

言葉の木蔭 詩から、詩へ
宇佐見 英治 (著), 堀江 敏幸 (編集)
出版社: 港の人 (2018/3/23)
宇佐見英治(1918-2002)生誕100年記念出版。

曇天記
堀江敏幸 (著)
出版社: 都市出版; 四六判版 (2018/3/24)
月刊誌「東京人」で好評連載中の、堀江敏幸さんのエッセイ「曇天記」。
連載開始の2008年9月号より、2011年3月11日の東日本大震災を挟む、
2017年2月号までの100篇を収録した単行本です。

39吾輩は名無しである2018/09/03(月) 00:58:35.57ID:XY0biYnF
もし分かる方がいたら教えていただきたいんですが

青山ブックセンター六本木店で
堀江敏幸による選書30冊のフェアを以前やっていたらしくて
その内容を載せてもらえるととても有難いです

よろしくお願いします

40シャシャキ2018/09/03(月) 06:21:08.17ID:voPY0Xqu
堀江というと、渡部セクハラの女子院生は当初、堀江を担当教員として希望していたとか。

41吾輩は名無しである2018/09/04(火) 13:43:33.93ID:fvGhuTbj
ミニマルな心境小説ばっかやな
こんなものを評価するのが日本の文壇なんだから
腐るのも当然だわな

一般読者から見たら「つまらん」作品しか書いてない文壇の中だけの人だな

42吾輩は名無しである2018/09/04(火) 23:41:20.76ID:WlyE/TlJ
ミニマルな心境小説(ドヤッ
言いたいだけだろwwせめて辞書ひいてからにしろ

43吾輩は名無しである2018/09/05(水) 22:54:51.50ID:sfIkDNmt
>>36
最近の雑誌で都甲幸治が堀江の『魔法の石板』『河岸忘日抄』『雪沼〜』を
フランス(で書いた)三部作みたいな言い方していて雑やなあと思ったもんだが
そうは言ってもあの時期の堀江の著作、中でも『雪沼』は飛び抜けて良いような気がする

44吾輩は名無しである2018/09/06(木) 03:17:48.10ID:YbWGNp5p
>>36
『未見坂』は帯や商品説明にすら
『雪沼とその周辺』に連なる短編小説集と書いてあるんだが…

45吾輩は名無しである2018/09/06(木) 12:04:38.40ID:tt7w6w6z
>>44
未見坂は出来が遥かに落ちる
商品説明じゃなくて本そのものを読めよw

46吾輩は名無しである2018/09/07(金) 00:23:24.23ID:Q/J9unI0
>>45
節穴でしょ
「苦い手」とかちゃんと読めてるのか

47吾輩は名無しである2018/09/09(日) 12:43:42.90ID:Sx+RNHcK
>>46
ちゃんと読むとかいいからまずは本そのものを読んでから言おうな

48吾輩は名無しである2018/09/09(日) 16:55:50.67ID:jFHXwI0D
正弦曲線はおもしろいですか?
次に文庫版で発売される作品は順番でいったら何になりますか?

49吾輩は名無しである2018/09/09(日) 19:56:34.99ID:Lv1FwDql
>>47
読まずに言ってるなこいつ

50吾輩は名無しである2018/09/09(日) 21:58:03.22ID:Sx+RNHcK
>>49
今後も商品説明頑張って読もうなw

51吾輩は名無しである2018/09/09(日) 22:03:08.91ID:Sx+RNHcK
>>48
正弦曲線はいいよ
パン・マリーへの手紙のほうが好きだけど
(元は岩波なのに中公から文庫が出ている)

最近その姿の消し方が文庫になったばっかだし
次の文庫はエッセイがそのうち出るかどうかだろうね

52吾輩は名無しである2018/09/10(月) 00:10:52.77ID:wnyceCu6
読んで解らない奴も恥ずかしいな

53吾輩は名無しである2018/09/10(月) 14:36:18.70ID:VEYmb4Qt
>>46が代表的だよな
ああいう恥ずかしい奴にならないように皆で気をつけようぜ

54462018/09/10(月) 20:43:24.79ID:uBvoPojh
主語の呪いもわからない人に堀江敏幸は勿体無いよ

55吾輩は名無しである2018/09/10(月) 22:22:55.22ID:SGdN0vRh
堀江の本が上級者向けみたいな言い方w
もっと本読もうぜw

56吾輩は名無しである2018/09/10(月) 23:17:39.66ID:dIZ4OAIc
主語の呪いって何?
キチガイ特有の語彙?

57吾輩は名無しである2018/09/11(火) 00:18:23.31ID:Cgi/VxVe
途端に即レスしてて草wwww
無知は辛いのうww

58吾輩は名無しである2018/09/11(火) 00:53:27.53ID:V7ujA5Qq
すげー
時計も読めない奴がいたw

59吾輩は名無しである2018/09/11(火) 01:00:42.77ID:qYVIsq6r
入れ喰いワロタ

60吾輩は名無しである2018/09/11(火) 20:56:19.80ID:EUk8Za3H
結局池沼が品位を落とすだけのスレに成り下がったな

61吾輩は名無しである2018/09/11(火) 22:52:58.37ID:9HistLu1
純文学読者上級者向けの現代純文学作家って誰ですか?
あと、堀江敏幸と同じような作風の現代作家いますか?

62吾輩は名無しである2018/09/12(水) 00:12:38.07ID:hZn+X6gR
>>60
ほんこれ

新着レスの表示
レスを投稿する