リチャード・パワーズ [無断転載禁止]©2ch.net

1農夫2016/04/13(水) 08:07:29.52
「オルフェオ」いいね!
語り合いましょう

4吾輩は名無しである2016/04/13(水) 14:31:44.75
>>3
そうなんだ
哲学的で示唆に富む、とかいう批評見ていずれ読まねばと思い込んでいたよ

5吾輩は名無しである2016/04/13(水) 15:47:14.36
舞踏会へ向かう三人の農夫って24歳くらいで書いたんでしょ?
すごすぎ

6吾輩は名無しである2016/04/13(水) 20:30:47.28
ピンチョンがV.を書いたのも確か24か25だったなあ

7吾輩は名無しである2016/04/13(水) 22:19:10.16
最高傑作はどれ?
まだ農夫しか読んでない

8吾輩は名無しである2016/04/14(木) 00:21:47.23
3冊しか読んでないからわからない…

9吾輩は名無しである2016/04/14(木) 00:26:44.22
なんか勝手に作者スレ立てて作品集も載せない馬鹿が増えたな・・・
1が自分で語らないのも共通してる

10吾輩は名無しである2016/04/14(木) 17:31:10.20
円城塔は絶賛してて山形浩生は酷評してる

11吾輩は名無しである2016/04/15(金) 05:29:37.44
「ガラテイア」の評価が真っ二つなんだが
どっち側を信用すればいいものやら
てかそもそもパワーズの評価が真っ二つか

12吾輩は名無しである2016/04/15(金) 09:43:52.01
『黄金虫変奏曲』って、まだ翻訳されてないのか?

13吾輩は名無しである2016/04/17(日) 05:01:44.01
まだだぬ
誰か翻訳に取り掛かってるんじゃなかったっけ

14吾輩は名無しである2016/04/17(日) 20:25:59.49
読んでみたいな

15集ストテク犯被害者必見!2016/04/22(金) 18:54:49.83
[拡散希望!]
参考になりそうなURL送っておきます
電磁波による拷問と性犯罪
http://denjiha.main.jp/higai/archives/category/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E
公共問題市民調査委員会
http://masaru-kunimoto.com/
この方たちは集団訴訟の会を立ち上げてマスコミに記事にしてもらう事を目的に集団訴訟を被害者でしようという試みを持っている方達です
訴訟は50人集めてしようという事なのですが50人で訴訟をすると記事に書けるそうです
記事には原発問題を取り上げてテク犯被害を受ける様になった大沼安史さんらが取り上げて下さるそうです
大沼安史さんがテク犯に遭っているという記事
http://ameblo.jp/hilooooooooooooo/entry-11526674165.html
大沼安史の個人新聞
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/4/index.html
この方たちは電話相談等も受け付けている様で電話番号を載せている方達は電話かけ放題の契約をしていますのでこちらから電話して本人にかけ直してくれと頼むとかけ直してくれます
音声送信被害等を受けている「電磁波による拷問と性犯罪」の記事の水上さんは年金暮らしなので時間には余裕があるそうで被害内容の話等を聞いてくださると思います
もう一人の電磁波犯罪には遭っていない国本さんという方は電磁波犯罪をしっかり理解されている方で年金暮らしの方なので長電話も大丈夫です
大沼さんはこちらのページからメールを受け付けておられる様です
http://onuma.cocolog-nifty.com/about.html
電話をかけたい場合は人によってはメールで電話番号を訊くと教えてくれると思います
この文章を見られた方は全文コピーをしてできるだけ多くの知り合いの被害者の方等にメールを送るなり被害者ブログに書き込むなりしていただければ大変有難いです
もし大勢の方に送る事が出来なければまだこの文章に触れていない知り合いの被害者に少しでも全文コピーで送っていただけるとその方が次の何人かの方に繋いで頂ける場合があり結果として大勢の方に見て頂く事が出来るはずです
ご協力よろしくお願い致します 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f70dfdc711a7c6ae6accccb939f27fbf)

16吾輩は名無しである2016/04/22(金) 19:02:41.85
日本にこそパワーズみたいな作家が必要だよね
けれどそんな人材は出てくる気配すらない

17吾輩は名無しである2016/04/22(金) 20:12:14.77
需要がないとな

18吾輩は名無しである2016/04/28(木) 16:35:42.97
黄金虫変奏曲ってグレン・グールドをあつかってるんだっけ

19吾輩は名無しである2016/04/28(木) 18:20:58.84
知らんがな

20吾輩は名無しである2016/04/28(木) 19:18:58.44
あっそう

21吾輩は名無しである2016/05/08(日) 00:03:44.28
>>17
足し蟹

22吾輩は名無しである2016/05/15(日) 20:38:01.21
リチャード

23吾輩は名無しである2016/05/22(日) 23:09:21.25
『文学界』2000年
八月号収録

座談会
 R・パワーズは第二のピンチョンか
『舞踏会へ向かう三人の農夫』

現代アメリカ文学の最重要作家パワーズの驚異のデビュー作『舞踏会へ向かう三人の農夫』が、ついに日本語に翻訳された。
百科全書的知識と自在な文章力を駆使して描くのは、「二十世紀」という巨大なテーマだ。
入魂の訳業を成し遂げた柴田(元幸)氏と優れた読み手である三氏(高橋源一郎・佐藤亜紀・若島正)が、
この傑作の面白さを徹底検証。“ピンチョン以後”の文学を考える。
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3346/RP-dance2.html

24吾輩は名無しである2016/05/23(月) 09:02:37.41
なぜそんなにふるいじょうほうばかりこぴぺするの?

25吾輩は名無しである2016/05/23(月) 21:45:17.27
どのあたりがピンチョンっぽいのかよくわからん

26吾輩は名無しである2016/05/26(木) 20:12:55.06
映画の編集者が、首を回している女性のショットから、通りの向かいに並ぶ店の中距離ショットにつなぐとき、
我々はその女性のまなざしの動きをたどっている。みずからの意志でその動きに注意を向け、彼女とともに見ているのだ。
モンタージュを理解するということは、編集者の基準に従って、カットを逆方向に組み立て直すということだ。
見る行為として、モンタージュを動的に作り出すということだ。……
我々は写真の向こうを漁ってまわる。「ここにどんな世界が保存されているのか?」と問うのではなく、
「私はこれを保存した人間とどう違うのか、ここに保存された人間たちとは?」と問いながら。
他人を理解することは、おのれの自己像を修正することと不可分だ。ふたつのプロセスはたがいに呑み込みあう。
写真が我々を惹きつけるのは、何よりもまず、写真が我々を見返すからだ。

(リチャード・パワーズ 『舞踏会へ向かう三人の農夫』 柴田元幸訳 みすず書房)

27吾輩は名無しである2016/05/27(金) 03:34:58.64
>>26
この場面ほんと感動したわ
ベンヤミンから量子力学まで幅開く料理するよなぁ

28吾輩は名無しである2016/05/29(日) 11:55:40.09
『ガラテイア』を書いていて楽しかったことの一つは、
機械仕掛けの知性にも、人間と同じだけの幅広い経験が必要になる、ということが徐々に見えてきたことです。
作品の最後にさしかかると、作品自体が、ある種の人工知能になってきます。
作品に登場する「ガラテイア2.0」は、読者が読んでいた、改訂版の2.2にとってかわられます。
読者がこのお話を信じるためには
「どのようなフィクションも読むことのできる、神経細胞のようなネットワーク」が存在することをひとまず信じる必要がありますが、
そういう判断保留を通して読者は、より大きなスケールで自己省察する機会を得ます。
つまり、百科事典のように濃密な、自分自身の人生を通してでなければ、
今読んだ本の意味など、決して分かるはずもなかった、ということがわかるようになるのです。
自分の知性を独立した機械に移植したい、という欲望とは
(ある意味でテクノロジーの歴史すべてがそういう欲望に置かされてきたと思いますが)、
結局のところ、われわれがいかに自分自身の物語と葛藤状態にあるかを明らかにするファンタジーといえます。

『パワーズ・ブック』

29吾輩は名無しである2016/07/18(月) 21:24:20.28
良スレ

30吾輩は名無しである2016/07/18(月) 21:32:03.69
>>25
頑張って知識を詰めこもうとするところだけ
それ以外は似てない

31吾輩は名無しである2016/07/19(火) 23:59:40.45
そんなのただの背伸びしたゴミじゃねーかよ

32吾輩は名無しである2016/08/05(金) 19:07:05.48
「20世紀」がテーマならとりあえずピンチョンと言っとけみたいな空気はある

33吾輩は名無しである2016/08/05(金) 20:04:48.09
ピンチョンの足もとのチンカスにも及ばない駄作揃い

34吾輩は名無しである2016/08/05(金) 20:48:06.30
ピンチョンの足元にチンカスが散らばってるみたいに言うな!

35吾輩は名無しである2016/08/05(金) 22:56:59.11
ピンチョンも8点くらいの作家だけどな

36吾輩は名無しである2016/08/05(金) 23:30:06.85
3年前に読みはじめて途中で投げ出したPlowing the Darkもう一度最初から読み直してる
これさえ読めば翻訳で済ませたのと合わせてパワーズ一応全作読破になるんだけど絵画の知識がないから結構辛い

37吾輩は名無しである2016/08/11(木) 21:55:51.71
頑張って知識を詰めこもうとするところだけってw

38吾輩は名無しである2016/08/11(木) 23:40:08.59
『舞踏会に向かう三人の農夫』は傑作だから復刊してほしい

39吾輩は名無しである2016/08/12(金) 00:44:40.66
読んでみよ
難しそうだな

40吾輩は名無しである2016/08/12(金) 14:22:21.46
図書館に行ったら3人の農夫から全作そろってたが、
ほとんど未読状態、新しくなるにつれて開き癖さえない
きれいでうれしいが、だれも読まないんだな

ちなみにピンチョンの最近の全集もそろってたが
こちらも未読できれい

41吾輩は名無しである2016/08/12(金) 15:15:24.09
いいな
近所の図書館は日本のミステリーと時代小説ばかりだ

42吾輩は名無しである2016/08/21(日) 21:22:27.62
生真面目な作家だよな・・・

43吾輩は名無しである2017/01/11(水) 12:10:37.69ID:HPtGM1rO
日本の作家でこういう博覧強記のタイプだと人を見下したような冷たさを感じることが多いけど
この人の場合はむしろ頭よ良さを鼻にかけず純粋に小説を深く面白くするためだけに知識を使ってる感じがして
しかもその眼差しがすごく暖かいんだよな

44吾輩は名無しである2017/02/22(水) 23:04:54.96ID:LpZ7HFi3
シニシストの代表格ウエルベックあたりと対談してほしい

45吾輩は名無しである2017/02/22(水) 23:05:31.67ID:gWDVIYaP
レイシストでは

46吾輩は名無しである2017/02/24(金) 20:00:10.26ID:0Q3NC4/J
わたしはしゃるりーだ(笑)

47吾輩は名無しである2017/03/31(金) 14:24:53.75ID:tdA4AVuI
そろそろ新作出るかな

48吾輩は名無しである2017/04/27(木) 18:20:55.33ID:ryiLPK0U
農夫読んでる 訳がうまい

49吾輩は名無しである2017/08/14(月) 08:06:07.96ID:DdmUPDvR
柴田さんは本当に堅実な仕事をするよな

50吾輩は名無しである2017/10/08(日) 17:47:10.30ID:RV6RRcRF
黄金虫の翻訳まだですか

51吾輩は名無しである2017/10/08(日) 18:41:42.71ID:f2THwTPl
ここにいるみんなで一章ずつ翻訳しようよ

52吾輩は名無しである2017/10/12(木) 23:02:43.55ID:hlh9ifXH
自信ないお(´・ω・)

53吾輩は名無しである2017/10/12(木) 23:38:12.85ID:1Nl4So2I
おれも自信ないけど翻訳して載せたら大体誤訳を指摘されるよ
それを繰り返せば筋の通った翻訳がそのうちできるよ
作品を深く読めるしいい暇つぶしになると思うよ

54吾輩は名無しである2018/09/09(日) 09:14:23.54ID:s3pTnv8C
The Overstory
事前情報入れずに読み始めたけど、全体像が全く想像できないや
表紙のヴィジュアルが物語全体を象徴しているんだろう
というとこまでは想像出来た
今のところ章が変わるたびにリセットされる感じなので
ちょっと疲れる(つまらないという訳じゃない)

新着レスの表示
レスを投稿する