ウィリアム・フォークナー 5

1吾輩は名無しである2018/08/12(日) 22:47:35.62ID:/e8am3yE
おい!ポータブルフォークナーの邦訳はどうなってんだ!どうすんだ!おい!

43シャシャキ2018/08/27(月) 20:55:31.24ID:Yom/zWuD
俺は誰からも評価も期待もされてねぇからなw

44吾輩は名無しである2018/08/27(月) 21:06:22.94ID:Yom/zWuD
>>41
お前阿保の佐々木敦じゃねぇかw
お前みたいに発表する内容も無いのに発表する阿保には誰もついていけんだろ。

45吾輩は名無しである2018/08/28(火) 10:11:07.88ID:wHr9yXrq
『八月の光』

翻訳3種(新潮、岩波、光文社)とペーパーバックの原書を揃えて、

さっさと読み始めろよ!

46P ◆.uKag/vUmY 2018/08/28(火) 21:12:03.97ID:vJkCPnPD
>>45
和訳であればどれか一つでいいよ。ハードル上げても誰も来ねえじゃん

47P ◆.uKag/vUmY 2018/08/28(火) 21:18:14.16ID:vJkCPnPD
初期クイックジャパンが曽我部恵一と中原昌也が日本のフォークミュージックについて語るという企画対談をやったんだけど、
全く会話が弾まない中で編集者が「この前フォークの話してましたよね」みたいな話を中原に振るんだけど「そんなのいるんですか」とか言う始末
挙げ句の果てに「いや、フォークには影響受けてませんよ。フォークナーには影響受けてますけど」って言ったんだよな。
でもセーラームーンには衝撃を受けた、アニメにおける「戦艦ポチョムキン」だとか言ってた。

48吾輩は名無しである2018/08/28(火) 23:00:25.63ID:iLMZmnWR
面白い

49P ◆.uKag/vUmY 2018/08/29(水) 00:12:44.85ID:xuUD7tST
頭おかしいですよねw

50P ◆.uKag/vUmY 2018/08/29(水) 00:13:55.53ID:xuUD7tST
フォークナーのエピソード知ってる人いますか

51吾輩は名無しである2018/08/29(水) 00:18:09.12ID:ZUBxKfC5
So you are a night you made me do not come

52P ◆.uKag/vUmY 2018/08/29(水) 00:25:44.39ID:xuUD7tST
ついでに貼っておきます

中原「”ウルフルズ”とかどうですか?」
曽我部「ああ、好きですよ。」
中原「それは意外だなあ」
曽我部「好き?」
中原「大好き大好き。でも僕、セカンドの方が好きだなあ。」
インタビュア「なんてタイトル?」
中原「え・・・。」
インタビュア「答えられないじゃないですか。本当は知らないでしょう。」
中原「・・・もんた&ブラザーズとかはどう思います?」

53シャシャキ2018/08/29(水) 08:31:08.75ID:430zH1pW
関西出身の音楽家と言えば、まず向井千恵が率いる?che shizuを第一に挙げるべき。
俺が良いと思うものは世界で認められてるw
ウルフルとか、モンチッチは世界では聴かれないw

フォーク音楽とは結局は敗者を詩的に歌うものであり、それはフォークナーも中上健次も同じ。つまり、その敗者の歴史は中世に遡ることが多い。
日本のフォーク歌手は全国的に徳川方にいた家の血筋じゃない。
俺の地元では極端で皆県庁所在地方都市、つまり徳川の下僕系藩主の膝元以外から出てる。

54吾輩は名無しである2018/08/29(水) 10:41:09.50ID:1k9Mz/MP
Salute all the time now on all day and I meeting you at the Holyoke stalking

55吾輩は名無しである2018/08/30(木) 00:29:54.99ID:RBbZ6yAq
光文社で「寓話」の新訳を

56吾輩は名無しである2018/08/30(木) 23:45:48.89ID:Ng4rz39w
寓話チョキに勝つ!

57吾輩は名無しである2018/08/30(木) 23:54:44.58ID:+gZr2tSG
寓話だけは権利切れてるんだっけな

58吾輩は名無しである2018/09/05(水) 23:02:24.02ID:sfIkDNmt
>>53
シェシズが世界で聴かれているという頭の悪い幻想w
インプロ村が世界各地にあるだけだよ

59吾輩は名無しである2018/09/06(木) 00:40:52.70ID:wi6UgmKN
世界各地に営業所があるだけだよな
その営業所もかなーり廃れてるようだ

60吾輩は名無しである2018/09/06(木) 00:57:45.32ID:y3HQ7dSl
>>16
Pも買ったのか。興味あるよな。

61吾輩は名無しである2018/09/06(木) 01:19:28.93ID:y3HQ7dSl
コニー・ウィリスの「航路」読んだやつ、いる?

62P ◆.uKag/vUmY 2018/09/06(木) 20:14:09.82ID:ucJh+UEN
畏れ多くて読み始められない…

63吾輩は名無しである2018/09/10(月) 17:01:25.46ID:OFJ8GGxC
>>61
死後の世界に興味が湧いてくる小説だった
フォークナーやオコナーと違って、私は死後の世界を信じていないが、面白く読めたよ

64吾輩は名無しである2018/09/11(火) 11:47:31.39ID:sDMov50K
>>63
ええ。でも、あくまでも死後の世界ではなく臨死体験がテーマの小説だと思いましたが。

65吾輩は名無しである2018/09/14(金) 06:26:38.20ID:uHLJnRwu
>>29
フォークナー、原文、とくると
世界一長い一文と言われている「アブサロム、アブサロム!」の一節にチャレンジしたいとこ
>The 1983 Guinness Book of World Records says the "Longest Sentence in
>Literature" is a sentence from Absalom, Absalom! containing 1,288 words.
遊びとしてもチャレンジのしがいはある

66吾輩は名無しである2018/09/17(月) 22:20:03.41ID:2/BChduF
源氏物語の原文も結構一文がながいぜ

67学術2018/09/18(火) 22:29:38.35ID:rt+mBWoq
古典作文なんかできると面白いと思うよ。

68学術2018/09/18(火) 22:49:49.23ID:rt+mBWoq
英語の古語も重要。作文も永遠の古典時間で輝くべき。

69学術2018/09/18(火) 22:51:18.60ID:rt+mBWoq
3×2

70シャシャキ2018/09/19(水) 06:33:02.63ID:0YKRvOj7
一文の長さなら、寿限無なんかどうなんだ?
太宰の「駆け込み訴え」なんかも長かったような。
フォークナーの場合は知らないが、「憑かれる」というようなことと関係あるかも。

71吾輩は名無しである2018/09/19(水) 20:52:34.92ID:sx+C5sN1
日本語訳で読んだ限りではそんな長い文は無かったな
クロードシモンの方がよっぽど長い
けど意味が取りにくいのはアブサロムアブサロム

72吾輩は名無しである2018/09/20(木) 11:18:28.91ID:6ET0IBxF
プルーストのほうが長くないか?
最近のは翻訳者が切ってるらしいが
原文に忠実なのは
段落だったかな何十ページも改行無しで続いて

73吾輩は名無しである2018/09/21(金) 02:38:33.34ID:LIID4/I3
源氏物語は意識の流れのように一文の中で色んな情報入ってくる
しかもころころ主体が変わるし

74吾輩は名無しである2018/09/25(火) 19:46:09.16ID:fPFPdnOi
あほくさ

75吾輩は名無しである2018/09/25(火) 20:28:27.58ID:MOLr4K2m
他人の文章の長さよりも、ここで投稿する時の「長すぎる文章があります。」の警告はどうにかならないのかw

まあ、欧州言語は頭から読んでいくから、長くても読むのにそうは苦にならないのでは?と、語学の達人たちの感想を聞いてみる。

76吾輩は名無しである2018/09/26(水) 18:32:07.91ID:azXLM+gZ
ピリオド避けてそれがどうしたって
問い詰めたくなるのがサラマーゴだな

77吾輩は名無しである2018/09/26(水) 22:45:00.86ID:0LR7pjkI
長くても困る事なき小牧長久手

78吾輩は名無しである2018/10/02(火) 23:40:47.17ID:veH7rBfq
今年ノーベル賞受賞した日本人、顔がなんとなくフォークナーに似てると思った

79吾輩は名無しである2018/10/03(水) 11:34:36.52ID:CQKkYsNR
フォークナーは日系で身長160もない

80P ◆.uKag/vUmY 2018/10/14(日) 01:50:23.87ID:RxQfI/TP
ベルンハルトの消去読んだけどクソ長い文章ばかりだったよ

81吾輩は名無しである2018/10/15(月) 03:22:59.18ID:U7Eb3MmJ
ベルンハルトって過大評価じゃない?
描写やレトリックを詰め込んでいるわけでもない特に理由のない長文だよね

82吾輩は名無しである2018/10/16(火) 00:31:56.25ID:gF/qF5at
ベルンハルトは大したことはない
ムージルやホフマンスタールの方が偉大だ

83吾輩は名無しである2018/10/30(火) 11:16:09.06ID:Mb/OUTBU
『八月の光』の翻訳

黒原 訳

道ばたに坐り込み、馬車が坂道を登って近づいてくるのを見ながら、リーナは思う。
『あたしはアラバマからやってきた。遠くまで来たものね。はるばるアラバマから歩いてきた。ほんとに遠くまで来たものね』


諏訪部 訳

道端に座り、荷馬車が丘にのぼってくるのを見ながら、リーナは思う。
〈あたし、アラバマから来たんだ。すごく遠くまで。アラバマからずっと歩いてやってきたんだ。すごく遠くまで〉


「a fur piece.」の繰り返しが、新訳で忠実に再現されていた

84P ◆.uKag/vUmY 2018/11/11(日) 15:17:59.20ID:epPHKj7x
「消去」はすごくいい。

85吾輩は名無しである2018/11/12(月) 21:57:35.15ID:vhfnQ4bL
>>83
諏訪部さんのほうが好みかな
ぶっきらぼうな感じが出てるし、すごく遠くまでのリフレインもいい
マルタの鷹講義でこの人のファンになった贔屓目もあるが

86吾輩は名無しである2018/11/12(月) 22:14:52.42ID:FEfnKs2c
道端に坐って、馬車が丘を登ってくるのを見まもりながら、リーナは考える、『あたしアラバマからやってきたんだわ。アラバマからずっと歩いて。ずいぶん遠くまできたのねえ』

加藤訳

87吾輩は名無しである2018/11/13(火) 22:36:04.33ID:icT9oHJV
加藤じゃなくて加島だろ?
リーナの田舎出のウブな子っぽいその口調、思い出したわ
諏訪部訳だとジブリの主人公みたいだな

88吾輩は名無しである2018/12/06(木) 04:26:50.73ID:FdshI5Wx
やっぱこれ読まんと

89吾輩は名無しである2018/12/06(木) 05:20:55.11ID:g+WgQqX7
今年も出なかったポータブル

90吾輩は名無しである2018/12/06(木) 06:58:00.75ID:FU9n2+Ih
道ばたにテントを張り、警官が坂道を登って近づいてくるのを見ながら、リーナは思う。
『あたしはホンジュラスからやってきた。遠くまで来たものね。はるばる外国から歩いてきた。壁に跳ね返され、銃弾に追い散らされるために。』

     ドナルド・トランプ訳

91吾輩は名無しである2018/12/17(月) 20:14:54.06ID:gu7+/mYo
こうして新たなる物語は紡ぎ出されるのであった。めでたし。

92吾輩は名無しである2018/12/17(月) 22:12:22.44ID:adx2j1iz
トランプ駅って読んじゃったよ
助けて

93吾輩は名無しである2018/12/18(火) 09:50:23.05ID:Pj6Ljomh
もはや手遅れ

新着レスの表示
レスを投稿する