[ガガガ] 小学館ライトノベル大賞 44

1この名無しがすごい! 2017/12/07(木) 18:43:52.65ID:B/VPfXU+
◆ 公式
http://gagagabunko.jp/

▲ 小学館ライトノベル大賞 ガガガ文庫部門
http://gagagabunko.jp/grandprix/index.html
▲ ガガガ文庫部門 第13回 応募要項
http://gagagabunko.jp/grandprix/entry13.html

▽ 第11回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門原稿募集中止のお知らせ
http://lululubunko.jp/lightnovel/novel_oubo.html


第13回締切
2018年9月末日(当日消印有効)予定

ガガガ文庫
ワープロ原稿の規定書式【1枚に42字×34行、縦書きで印刷のこと】70〜150枚。
第11回より手書き原稿での応募は不可になりました。
※ワープロ原稿は、第7回から書式が変更されていますので要注意。

※ガガガが中心になると思われます。 少女向けは少女スレの方が適。

●エントリーシートの「応募部門」には「ガガガ部門」・「ルルル部門」いずれかを書きましょう。
●到着確認のハガキは第7回から廃止になりました。
●GP/GGGPなどは、ワープロ書式による応募原稿の1P(文庫の見開き相当)を指しています。

※サンデーで何かあるたびに「ガガガ大丈夫か?」「いや、編集部の系譜が違うし」の繰り返しです。特異な事件があった場合にだけ話題にしましょう。

次スレは>>970 が立てましょう。もしダメだった場合は有志が手伝ってください。

※前スレ
[ガガガ] 小学館ライトノベル大賞 43
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1511754577/

テンプレ
>>1-2

598この名無しがすごい!2018/05/22(火) 19:38:32.34ID:wwcGo3Uo
本作の特徴として主人公・新はただの一度もその顔がビジュアル化されていないので ある。
「顔」というのは会社や学校、なんとなれば国家といった集団から抜けても付いて回る究極の「個」で あるのだけ ど、
素っ裸の「個」になれない新の顔が描かれない、というのは本作で作者が描こうとしていた事が何かを語っているのではないだろうか?
そして自分自身が素っ裸になれない新には「このラブ」への投稿作に応募しようとしている作家としての陽文しか相手に出来ないので ある。

何らかの「看板」を背負わないと人間関係を構築できない主人公……要するに「濡れ落ち葉」と化したサラリーマンなので ある。
この歪なアイデンティティと不器用極まる人間関係の物語として本作はひどく面白いテーマを掘り下げた作品となっている。

599この名無しがすごい!2018/05/22(火) 19:39:06.80ID:oumaUo9k
……が、色々と粗もある。
正直、話が動き始めるのは少々遅い、後半の三郎が登場する辺りにならないと新や陽文を取り巻く人間関係が動かないのは少々タルい。
それまで延々とラノベ創作に関する新と陽文の会話劇が続くのだけ ど、これが上にも書いた様にラノベ業界について多少知ってると
「この話どこかで聞いた」というネタばかりなので、些か退屈というか飽きてくる。
加えて、その少々冗長な前半のお陰で後半が駆け足気味となり、特に終盤に一旦は創作から降りたと思われた陽文が
思いもがけない形で真意を明かし、それを受けた新がようやく動き始めるあたりの展開がえらく端折られている様に思われた。
ここいら辺は次作以降で修正して頂きたい所か と。

相変わらずヒネたガキを主人公に据えた作品が多いライトノベル(特にガガガはそういう傾向が強いかもしれんが)にあって
その口だけ達者なヒネたガキのアイデンティティの在り様を些か露悪的な感じにまで掘り下げた独特の味がある一作。
クセは強いし、決して万人向けとは言えないが「人付き合いにおける自分のアイデンティティとの向き合い方」という
割と悩む人が多い問題について考えたい、という方にはなかなか楽しめるかもしれない。

600この名無しがすごい!2018/05/22(火) 19:39:21.04ID:DE5n0qzv
5つ星のうち4.0素っ裸の自分と向き合えますか?「ラノベもの」として読むと大して面白くないが「恋愛論」「アイデンティティ論」として読むと中々興味深い
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2SSIFUIHXEORA/
 

601この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:45:22.04ID:4A0GXb+M
5つ星のうち2.0小説を読んだというよりも他人がゲームをクリアする動画を延々と見せられた様な……話の流れが単調な上に登場人物の造形がひどく薄っぺらい
小説を読んだというよりも他人がゲームをクリアする動画を延々と見せられた様な……話の流れが単調な上に登場人物の造形がひどく薄っぺらい
https://www.amazon.co.jp/gp/review/RQ224K6ZHHIN7/
 

602この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:45:37.89ID:FqRk9mEM
第12回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作品

物語は猟師である「私」の一人称で進められる。
「私」はかつて騎兵隊の立場にありながら名利の欲に溺れて罪の無い村を滅ぼし、女子供を手に掛けた事への罪の意識に囚われている。
その後猟師となった「私」は「一つ所に長居しない」という猟師の掟に従い村から村へと転々と渡り歩く生活をしていたが、
とある村で怪物の様に大きく凶暴で狡賢い狼「ジェヴォーダンの獣」が出るという話を聞かされる。
それなら猟師である自分の出番だろうという「私」に対して村長はその獣は男は襲わず
一年に一度現れては少女だけを、それも魔女の末裔である「赤ずきん」という秘薬の作り手だけを殺すのだという。
かつて女子供を手に掛けた事に対する贖罪の意識がこみ上げた来た「私」は村に残っている六人の「赤ずきん」の少女と
村はずれにある「魔女の塔」と呼ばれる建物に籠城して一晩「ジェヴォーダンの獣」の魔の手から逃れる戦いを挑む事にするが……

603この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:45:50.43ID:xH8u1ltJ
……んー、何だか小説を読ませて貰ったというよりも他人が一人称視点のゲームをクリアする動画を延々見せられたという感じ。
「恐るべき『ジェヴォーダンの獣』から少女を守って一晩戦い抜け!」という主人公(プレーヤー)に与えられるミッションが明確で
使えるアイテムの効果も含めてルールも明確、動き回れるフィールドはかっちりと固定されており、
途中でヒントが与えられて細かく、そして明確なクリア条件が設定されていくあたりがますますゲームっぽいというか。

ストーリー自体は破綻している訳じゃないのだけど、予め定められたレールの上を踏み外すことなく一本道を歩いている様に単調。
「主人公が恐るべき獣とその生みの親である魔女から『赤ずきん』たちを守り通す」というラインから一歩も外に出ない。
ここで例えば「赤ずきん」たちであったり、敵である「ジェヴォーダンの獣」なり「魔女」なりとの感情豊かなやり取りがあれば
ドラマとして楽しむ事も出来たのだろうけど、この作品においてはそこが最大の弱点。

604この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:46:25.30ID:8F2KNkE3
とにかくこの作品登場人物の造形がひどく薄っぺらい。
最初から主人公プラス6人の「赤ずきん」という結構大所帯のパーティーで動く割にはキャラクターの描き分けがさっぱりなのである。
口調こそ台詞がひらがなだけで書かれている「赤ずきん」や最初から胡散臭いキャラとして思わせぶりな事ばかり言う「赤ずきん」など
多少の工夫はされているのだけど、作中でその台詞ほどに描き分けがなされているわけでもなく「赤ずきん」の役どころは
最初から最後まで主人公が使うアイテムである秘薬の製造係兼保護対象兼「この中の一人が魔女」という容疑者以上になってない。

この赤ずきんたちがそれぞれに主人公に対して憧れたり、恋が芽生えたり、あるいは主人公に対する嫌悪感を剥き出しにしたり
疑心暗鬼の状況で殺意を抱いたりと様々な感情を芽生えさせ、その感情に従って行動を起こせば多少なりとも話が膨らんだのだろうが、
最後までストーリーの流れに変化を産むような「感情の芽生え」やキャラクターとしての特徴を際立たせる様な行動を起こさず仕舞い。
これで読者に対しどうやって登場人物に見分けを付けろと作者は考えたのだろうか?

605この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:46:38.34ID:/Vsce9AC
そして困った事に主人公であり語り手である「私」自体がさっぱり動かない。
この主人公与えられたミッションをこなす以外にほぼ能動的な行動を起こさないのである。
かつて女子供を手に掛けた贖罪の意識から「赤ずきん」を理不尽な運命から守ろうとするのは分かるし、そこまでは良い。
だが、一旦話が始まった後は「どうやって眼前の脅威に立ち向かい、赤ずきんを守り、魔女の正体を見破るか」という
自分自身に与えられたミッションの枠外に思考の幅が一歩も出ないのである。
これでどうして主人公に魅力を感じられるだろうか?
一人称という主人公の感情の動きが伝わり易い表現方法を選びながら少しも主人公に「人間臭さ」が感じられなかった。
こんなのは主人公と呼ばす「ミッションクリアマシーン」とでも称すべきでは?

小説ってもっと主人公をはじめとする登場人物に豊かな感情やストーリーを動かしていく行動力を持たせて
ガンガン動かしていかないと「人間ドラマ」としての魅力が生まれてこないと思うのだが。
動画サイトにアップされている他人がゲームを攻略する動画を見て「他人がゲームをプレイする動画を見て何がどう面白いのだろう?」と
以前からひどく疑問を感じていたのだが、まさにその不可解さを小説を通じて見せ付けられた様な一冊だった。

606この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:46:49.11ID:vNt2cSxq
>>577
ヤボ夫であった

607この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:46:58.44ID:Gd4JsNbi
「他人のゲームのプレイ動画」とやらを見て楽しめる方であれば楽しめたのだろうけど、
そんなものに何の感動があるのか分からない人間としては「楽しみどころ」がさっぱり掴めないまま終わった作品。

608この名無しがすごい!2018/05/24(木) 18:47:18.35ID:XL5F5+Lg
5つ星のうち2.0小説を読んだというよりも他人がゲームをクリアする動画を延々と見せられた様な……話の流れが単調な上に登場人物の造形がひどく薄っぺらい
小説を読んだというよりも他人がゲームをクリアする動画を延々と見せられた様な……話の流れが単調な上に登場人物の造形がひどく薄っぺらい
https://www.amazon.co.jp/gp/review/RQ224K6ZHHIN7/
 

609この名無しがすごい!2018/05/28(月) 18:17:57.16ID:ujP/Jk2T
今、応募作品のクライマックスを書いてるんだけど、これをカクヨムに載せて
感想をもとに改稿してから、応募してもいいんだよね?

610この名無しがすごい!2018/05/28(月) 18:28:24.79ID:+0fBq8dl
ええで

611この名無しがすごい!2018/05/28(月) 19:18:34.26ID:ujP/Jk2T
ありがとう!……でも、2枚くらいオーバーしそうなんだよね。
どこを削るべきか。

612この名無しがすごい!2018/05/28(月) 21:42:33.98ID:eyxzrkoC
カクヨムってそんなに感想つくもの?
俺の作品全く感想つかないぞ
一応以前ガガガで一次通過した作品なんだが
なろうの方がよっぽど貰える

613この名無しがすごい!2018/05/29(火) 01:15:17.95ID:rc2Kt2Wn
>>608
また受賞者をこき下ろして票稼ぎか

614この名無しがすごい!2018/06/19(火) 13:37:44.82ID:GrGHaijI
保守

615この名無しがすごい!2018/06/25(月) 19:42:22.78ID:Gy7RQm9z
週一保守

616この名無しがすごい!2018/06/26(火) 22:53:33.76ID:OTyRNmL0
ルルル向けの作品は送っても通らんかねぇ
ルルルなくなったのどれくらい前だっけ?

617この名無しがすごい!2018/06/27(水) 00:11:44.98ID:T1qm8vKm
ルルルがなくなったのは2016年だったかな? なんかそれくらい。
少女小説系だったら下記のスレがあるから、そちら方がいいだろうね。

【コバルト】Cobalt作家になりたい【オレンジ】32
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1529372498/
【公募】少女小説新人賞総合1【ネット小説】
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/bookall/1529294859/

618この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:13:47.77ID:4OMHg63E
「才なき物が憧れだけで道を志してはいけないのか?」という問いをテーマにしたのは悪くないが、書くべき部分の絞り込みが弱く印象が散漫。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3D7RB2VBSXH3I/

619この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:13:56.86ID:/4ZtXZVG
第12回小学館ライトノベル大賞「ガガガ賞」受賞作

620この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:14:09.35ID:zPvPP/uF
物語の主人公・風奉ハルの人生における最大の問題は母親の遥奈が37歳になっても「魔法少女」で ある事。
地元の春風桜町では熱心なファンから「銀河一カワイイよ!」と声が掛かれば
30歳を過ぎてもフリフリヒラヒラの衣装でポーズを決めてみせる母親を
幼い頃から「お前の母ちゃん魔法少女!」とからかいのタネにされてきたハルだったが、
高校入学を目前にしたある日遥奈から「ママ、魔法少女を引退しようと思うの」という望外の引退宣言を聞かされることに。
長年の悩みから解放されるという事で有頂天になったハルは「ママが引退するのに必要だから」と差し出された書類に
ろくに確認もしないままサインしてしまう。
名前を書いた途端書類が光り輝きその光がハルの身体に飛び込むと魔法少女としての遥奈のマスコットだったゲス太郎が現れ
「契約完了でゲス」と言い放ち、ハルが署名した書類はハルを二代目魔法少女に仕立て上げる為の物であった事を明かす。
魔力が衰えてきた遥奈の代わりとして適性バッチリなハルは二代目として最適な候補であったらしい。
男の自分が魔法少女なんてとんでもないといきり立ったハルは「三代目になる候補者を探してくれば良いんだろう!」と
三代目魔法少女の候補者を見付けて自分の代わりに差し出す事にするが、候補者の目途はまったく付かないまま。
仕方なしに高校の入学式に赴いたハルだったが、校長の祝辞の最中に遥奈のライバルだった悪魔・コロネが登場。
式を邪魔して「恐れ戦け」と騒ぐコロネだったが、壇上に一人の女子生徒が登壇するや
「わたしは二代目魔法少女夢見草満咲!」と名乗りをあげる。
変身の呪文を唱えても当然ながら変身しない満咲は当然の事ながらあっけなく返り討ちに遭い、大ピンチに陥るが
入学式の会場に現れた遥奈がコロネをあっさりと撃退。
相変わらずの母親の魔法少女姿の痛々しさに頭を痛めるハルだったが、満咲を三代目に仕立て上げる事を思い付き……

621この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:14:19.79ID:oivOijw/
「才能と適性が全て」という魔法少女になれるか適性を測定すれば「こんなに適性が低い女の子は初めて」という結果を突き付けられ、
憧れだった遥奈から「才能が無いのに目指しても苦しむのはあなたなのよ?」と窘められ、挙句「あなたには務まらない」とまで
バッサリ言い切られるあたりは中々に容赦がない。

その上で「辛くても、痛くても、自分は魔法少女になってみんなをキラッキラの笑顔にしたい」という熱意だけで押し切り、
なんとか「魔法少女『見習い』」にはして貰ったけど、実際にコロネと対峙して突き付けられるのは言い訳不可能な敗北。
「無理だ」と窘められた上で「それでも自分は」と無理を押し通した上で自分の「無謀さ」「才のなさ」を突き付けられるのだから
なんとも救いの無い話で ある。

622この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:14:34.35ID:qGFPiPdw
ただ、この物語の主人公は三代目の満咲ではなく、あくまでも二代目のハルで ある、というのがポイント。
作中でも触れられる事ではあるのだ けど、ハル自身も小学校時代は熱心な野球少年であったが、
憧れのチームの監督から「プロは無理だ」と無慈悲な宣告を受けて野球を捨ててしまったという挫折経験を持つ事が語られている。
そんな「才能の無いものが才能が全てみたいな世界を目指す事はただの無謀」だと思い込んでいたハルが、
何度も心を折られながらも魔法少女を諦めない満咲の姿に感化されていく、というのが本作のメインストーリー。

……うん、ストーリーもテーマも王道。
でも諸手を上げて褒められる出来の作品か と言うと……これが中々に難しい。

623この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:15:09.75ID:W2fIxnho
まず、ストーリー自体がひどく平坦。
その理由は割と明確で、主人公であり才能の無さから挫折経験を味わった筈のハルが「良い子」過ぎるので ある。
いくら自分の代わりの魔性少女が欲しいからって、才能も無く、厳しい現実を実際に突き付けられている満咲という存在を
あっさりと受け入れ過ぎているのでハル自身の変化というか成長がひどくボンヤリとしたものになっている。
例えば最初はドン・キホーテな満咲が「才能がない物が才能が全てみたいな世界を目指す事」に対して
冷淡というかシニカルな姿勢を見せていたのであれば、その後の満咲の姿に感化されて「魔法少女」自体も受け入れる
ハルの変化がより際立ったものになっていただろうと思う。

またキャラクターの使い方もお世辞にも上手いとは言えない。
序盤から登場して満咲とは対照的に悪魔コロネに憧れる少女・散華と満咲の関係が軸になるのか と思っていたら
クライマックスで「ぽっと出」みたいなそれまで大した存在感を示してなかった人物が話の軸となってしまうので
「あれ?これはどの部分が話の軸になっているの?」と困惑する事甚だしい。

624この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:15:43.29ID:Wb+fF65i
満咲の親友・梢恵やハルの友人・宴之助、ハルの妹のつくし、みたいなサブキャラも数こそ多いけれども
結局大したストーリーへの関与を見せないので「これは何のために登場させたキャラなの?」という登場人物が多いのも難点。
結局、各人物を読者に印象付ける事自体が難しくなってしまっている。

思うに、作者は「本当に書きたい部分はここ」という絞り込みや取捨選択を若干苦手としているのではないだろうか?
主人公の人物像がより際立つ描き方や、印象に残らない登場人物の整理など、必要な部分を描き込むという事を覚えないと
読者が受ける印象は「これは何を一番見せたかったのか?」という散漫な物になる。
テーマの選定などは悪くないので、今後は「絞り込み」を意識して作品作りに励まれるべきか と。

625この名無しがすごい!2018/07/01(日) 13:15:56.77ID:N9I89T5M
「才なき物が憧れだけで道を志してはいけないのか?」という問いをテーマにしたのは悪くないが、書くべき部分の絞り込みが弱く印象が散漫。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3D7RB2VBSXH3I/

626この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:25:34.73ID:6OSwgcFM
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1EIJLBMZIUCCW/
5つ星のうち1.0卓球という珍しい題材を選んだのは良いが「借り物」に頼り過ぎ。新人作家というのは独自性で勝負してナンボでは?終盤の超展開も納得いかない

627この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:26:02.52ID:RnLGbMm2
新人作家、というものに何を求めるかは人それぞれだと思うのだけ ど、個人的には「独創性」を求めたい。
この作家でなければという題材のチョイスやテーマの選択、キャラの造形、ストーリーの構築……
小説を構成する材料は色々あるけど折角出版社が手間暇かけて世に送り出すのであれば
「これまでの作品・作家には無かった何か」を持った人を送り出して欲しい、というのが人情というものではないだろうか?

表紙を見てお分かり頂けると思うが、本作の題材は卓球。
スポーツもの自体がそれほどメジャーとは言えないライトノベルにおいてまずまず珍しい題材のチョイスと言える。
うん、この点においてはこの作家さんは独自性を発揮している、と言えるだろう。
なので読み始める前の期待値はググっと上がった。
が、読み始めて色々とビックリ。

628この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:26:24.28ID:9nMjovr4
物語は主人公の飛鳥翔星が未来の日本卓球界を担う卓球選手の育成機関として設けられた卓越学園に入学する所から始まる。
それは良いのだけ どこの卓越学園
やたらと広い敷地に最先端の施設・設備が設けられ、常時ランキングバトルで学生のランキングが争われ、
優秀なランカーには中二っぽい「二つ名」がもれなく付いてくる……って、
こりゃあれだ、少し前にHJ文庫やGA文庫あたりでやたらと刊行された「異能力者育成学園」のテンプレートを
そのまま卓球にスライドさせただけでは?

お約束通りというか、翔星はのっけから横暴なパワーファイター系ランカーに挑まれて逆に力を見せ付ける所までやっているし。
こういうのが「好き」という人もいるから、この手の「異能力者育成学園物」が一大ブームになったんだろうけど、
今さら新人作家にこれをやられてもなあ、という気がする。
そもそも新人云々を別にしてもランキングバトル自体がこの作品中で行われないので設定自体がほぼ無意味。
何のために用意した舞台設定だったんだろう?単に中二な二つ名や技名(定番の「漢字に中二ルビ」)が使いたかっただけか?

629この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:26:35.37ID:xCuzTNVe
それはともかく主人公であ る翔星の人物造形が何ともはや
「基本の戦型が前陣速攻のプレーヤーで膝に爆弾を抱えている」って……これ二次創作?
終盤で恐るべきスピードが解放されてぶっちぎりの実力を発揮し始める所まで含めて
まんま松本大洋の名作「ピンポン」の主人公・ペコそのままやん。
しかも序盤の対戦相手が「ピンポン」でペコのライバルの一人だった佐久間ばりに主人公の体力を削るねちっこい作戦を仕掛けたり
(さすがにロブ攻めではなかったけど)
挙句の果てに名前が「風間」だったり……ここまで「借り物」頼みって新人作家がやるべき事なんだろうか?

まだこれなら翔星の悪友的ポジションであ る「温泉卓球の達人(ただしまともな卓球のルールは知らない)」を
徹底的に掘り下げたり、ライバルに仕立て上げた方がオリジナリティが出たと思うのだが、
この悪友キャラ、前半を除くとあまりストーリーに絡んでこなくなってしまうのであ る……これもオリジナリティが弱いと感じた一因。

630この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:26:43.71ID:HSDSbrQy
物語は入学してすぐに対決した中等部では無敵の存在だった白鴎院瑠璃に実力を見込まれた翔星が
新入生歓迎イベントでの上級生とのエキシビションマッチのパートナーを目指して一年生のトーナメントに出場し、
見事パートナーの座を射止めて、エキシビションマッチで瑠璃の姉であり学園最強のプレーヤーであ る紅亜に挑むまでが描かれている。
そのメインのストーリーと絡めて小学校時代に無敵モードだった翔星が自分がまったく叶わなかった女の子を探しに
卓越学園に入学したという事情が明かされたり、瑠璃がどうしても紅亜に挑まなければならない理由が明かされたりする。

後半は紅亜に対して「何が何でも勝たなくては」と自分を追い込み続ける瑠璃の解放がテーマになるのだけ ど、
このままいけば「強さを目指すが故に自分を追い込み続ける悲劇性とそこからの解放」としてテーマが成立する筈が
何故か最後の最後で取って付けた様な恋愛要素が入って来たので「へ?」となった。
楽しい筈の卓球を苦行の様にとらえて強さばかりを求める悲劇性がなんでいきなり恋愛劇に急転換するのか と
……結局、作者は何をテーマにしたかったんだ?

631この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:27:07.59ID:ji/wz0Jk
スポーツに内在する悲劇性から恋愛ものへの唐突な方向転換なんてオリジナルだろう?と
そんなアピールなのかもしれないが、こういうのは奇を衒っているだけで、オリジナリティとは言わない。
作品を構成する要素に「借り物」が多過ぎ、最後の最後でテーマがブレる。
こういう新人作家をガガガ文庫が何故世に送り出そうとしたのか、首を傾げざるをえない一冊。

632この名無しがすごい!2018/07/01(日) 14:27:31.99ID:7fJubzhX
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1EIJLBMZIUCCW/
5つ星のうち1.0卓球という珍しい題材を選んだのは良いが「借り物」に頼り過ぎ。新人作家というのは独自性で勝負してナンボでは?終盤の超展開も納得いかない

633この名無しがすごい!2018/07/01(日) 18:27:05.54ID:8i1KCyH4
これだけ出尽くして、まだ独自性を求めるのか

634この名無しがすごい!2018/07/01(日) 19:19:32.24ID:+Rxnngul
そもそも独自性ありゃ受賞するわけじゃないしなあ
たとえガガガですら

635この名無しがすごい!2018/07/01(日) 22:02:34.85ID:lUn7Waa/
今度初めてガガガに送るんだけどひねくれた主人公のガキがリア充グループに対してお前らは間違ってるだの偽物だの上から目線で説教してれば受賞できるんですよね?

636この名無しがすごい!2018/07/01(日) 22:13:07.35ID:blnMVXDz
>>635
そう思ってるならそれでいいんじゃない?
疑問を覚えるなら歴代受賞作を読んでみよう。

637この名無しがすごい!2018/07/05(木) 11:28:47.78ID:iRXk89nD
保守

638この名無しがすごい!2018/07/08(日) 21:45:00.06ID:Gu4J63ev
ほしゅ

639この名無しがすごい!2018/07/11(水) 11:20:48.30ID:0qS8l5wj
過っ疎過疎だなw
電撃落ちたのをこっちに回す人はいないのか

640この名無しがすごい!2018/07/11(水) 12:10:09.55ID:0ALeliL6
電撃落ちた組だけど今回のは使い回さずに以前なろうで日刊1位取った作品を修正して出す予定だよ
ファンタジアは見送ることになりそうだなぁ

641この名無しがすごい!2018/07/11(水) 12:54:31.81ID:XunSqO4D
ここって二十代主人公のライト文芸的なのでも受け入れられそう?
刊行作品が学生服多くてちょっと迷う

642この名無しがすごい!2018/07/12(木) 00:54:06.90ID:fjH31ubA
去年、三十代主人公の小説送ったら
二次落ちしたもののそこ褒められたな

643この名無しがすごい!2018/07/12(木) 12:08:28.45ID:fGfvW7l4
ありがとう
応募要項には他のレーベルみたいに10代向けとは書いてないから
話の内容次第では主人公の年齢が高くてもいけるのかな

644この名無しがすごい!2018/07/17(火) 08:56:45.65ID:UnfocaF3
封筒に応募先を書く際、

小学館第四コミック局
ライトノベル大賞係

こうやって二行に分ければいいんでしょうか?

645この名無しがすごい!2018/07/17(火) 15:33:29.70ID:jKyDrM3H
分けなくても分けても届くから心配いらん
てかデータで送ったほうが便利だぞ

646この名無しがすごい!2018/07/17(火) 15:51:53.48ID:UnfocaF3
>>645
教えていただきありがとうございます。
しかし、
小学館第四コミック局
「ライトノベル大賞」係御中

こういう書き方はまずいでしょうか? だれか教えてください

647この名無しがすごい!2018/07/17(火) 16:09:05.42ID:jKyDrM3H
まずくないよ
てか気にしすぎ
ようは届けばいいんだってw

648この名無しがすごい!2018/07/17(火) 16:15:04.10ID:jKyDrM3H
あとどうしても郵送で送りたいなら、レターパック使うといいよ
追跡できるし
サイズは350でおk

新着レスの表示
レスを投稿する