安価・お題で短編小説を書こう!3

1この名無しがすごい!2018/04/04(水) 00:55:10.74ID:hc7Tm9Ma
安価お題で短編を書くスレです。

■お題について
現在、毎週日曜日の午後22時に前回のお題を締め切り、新しいお題を安価で決める方式を取っています。現時点での募集お題はスレ主によるレスを確認してください。

■投稿方法
投稿する際は、1行目に【】でタイトルを付けてください。決めていなければ【無題】でも可。
作品は3レス以内で。レスが2つ以上に別れる場合は分かりやすいよう番号を振ってください。

■「小説家になろう」等への投稿について
同一内容を別サイトへと投稿する行為は認めています。
その際、著作者以外が5ch上から無断で転載したものと区別するため、出来る限り【本スレへ投稿する前に】投稿してください。ご協力よろしくお願いします。

■前スレ
安価・お題で短編小説を書こう!
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1508249417/
安価・お題で短編小説を書こう!2
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1511408862/

610この名無しがすごい!2018/06/16(土) 22:53:06.73ID:C0RyTztJ
>>599
講演する前にテーマを考えてないとこうなりそうw
というか俺も過去の殺しをポロリしたのかと思っちゃった

611この名無しがすごい!2018/06/16(土) 22:54:23.58ID:C0RyTztJ
>>602
講演そっちのけで宴会してるw
インパクトはないけど作中の雰囲気がいいな

612この名無しがすごい!2018/06/17(日) 08:18:15.20ID:h1YIBqu3
>>599
お題選択は『新人賞』『講演』『自己紹介』だ、キリキリ舞い・スピーキング・ターイム!
さあ、599氏が描く、『新人賞』の受賞者が、『講演』会でマイクテス〜、スピーチ内容忘れた彼が、気を取り直して『自己紹介』、〜て言いつつやめるんかいw
このグダグダ感! アガっている〜イイ具合にアガっているぞ〜、卑下するためとはいえ、やれ審査員は見る目がない、やれ自分の才能は云々と、空気を読まぬ失言で、聴衆はもう冷え冷えだ〜
焦りまくる登壇者がテンパりながら問いかける〜、感じてるかい、世界に対する違和感をww 「皆さんは自分が誰だかわかっていますか?」←自分、自分、キャラを見失ってるのは完全に自分だよ!
混乱トークが厨二方面に転がって、こいつ殺人鬼なのかオチw ユニークな作品だ、技巧派599氏が文字だけでテンパりを描き切る、新機軸アガリ短編・爆笑ENDォ!

>>602
力作続いて、602氏がネタ被りで『インターネット』『新人賞』『講演』に挑む〜、錦を飾ろう、あの故郷〜!
さあ、主人公の帰郷を祝う人々の横断幕で物語はスタート〜、「お帰りなさい」の文字に戸惑う『新人賞』の小説家〜、『インターネット』の手すさびが、いつしか『講演』漕ぎ着けた〜
しかーし歓待受けるも上の空〜、小説家が気に留めるのは、酒を呷る父・隆正の姿〜、不安渦まく主人公、母が語るは驚愕の事実! あの漢・隆正が、ネット小説に手を染めたァ!?
宴会片隅で酒呷るのは、もはやいぶし銀のアイツじゃねえ! 帰ってきた息子の勇姿に頬緩む、一人の老いた父親だあ!
ラスト、理解しがたきを理解したいと互いに手伸ばす物書き親子、麦酒片手に距離縮め、ねぎらい祝っておつかれEND! 電子化親父・プリティーオチが決まったァ〜!

613この名無しがすごい!2018/06/17(日) 10:36:34.97ID:WmEswtj4
>>611
感想を有難うございます
テーマ的には、家族故の微妙な距離感を描ければ……と思い書いたものです
上手く伝わっていれば良いなぁと思いますが、どうでしょうね?

>>612
いつも感想有難うございます
可愛いお年寄りは自分的に“萌え”だと思ってます
同意者は皆無ですが……
いや老人専と言う訳でなく、何かほっこりすると言う意味でw

614この名無しがすごい!2018/06/17(日) 22:03:43.50ID:WmEswtj4
>>581
使用お題:『オカルト』『チェンジ』『召喚』

【疾風攻機ブロウゲイル】(1/2)


 クラッチを握りシフトを上げる。アクセルを回すと同時に滑らかに加速した。
 夜の高速、疎らな車の間を縫うように風祭 瞬はバイクを走らせる。
 増加する圧力が摂理に逆らったスピードを否定するが、瞬は身を固める様に頭を下げると、さらにアクセルを捻った。
 バイクは良い。自動車にはない、体で風を切り裂く感覚。全てを振り切り、ただ独り先へ進む興奮。

(先へ、もっと、もっとだ!!)

 ピピピー、ピー、ピピピピッ、ピピピー、ピー、ピピピピッ。

「チッ」

 舌打ちを一つ、瞬はレシーバーONにした。

『瞬、仕事だ』
「……はいよ……」

 端的に告げられ、座標がヘルメット内のモニターに表示される。
 瞬は前輪のブレーキをかけると、後輪を滑らせターンした。

 ******

 淡く光る魔方陣の中から怪物としか呼べないモノが這いずり出てくる。
 繁華街で有る筈の町の一角、そこは、不自然に街の明かりが消え、人通りも皆無だった。
 幾つもの乗り捨てられ、主の居なくなった自動車群の、その取り残された自動車一つの中で、女性が腰を抜かして顔を引き攣らせていた。
 どこかの噂では聞いた覚えがある。良く有るオカルト系都市伝説の類いだと思っていたモノ。

 “ラルヴァ”

 悪霊と言う名を付けられたその怪物は、闇夜の中から這い出し人を襲うと言う。現れる時に魔方陣を伴う為、何処かの邪悪な魔導士が召喚しているとか言う噂であるが、その真相を知る者は極少数の者だけだった。

 半透明の蜥蜴の様な形状の、ゲル状の肉体の中に人らしき肉片や骨の浮かぶ、吐き気をもようす様なラルヴァの姿、女性は短い悲鳴を上げ気を失う。

 のっぺりとした、目も鼻も無いラルヴァの貌。だが、生ある者を認識できるのか、取り残された女性に対し、巨体をくねらせると、途中にある無人の自動車を残骸に変えながら、その元までたどり着く。
 と、ラルヴァは、無貌の頭部をバックリと開いた。


 ババッ! ババッ! ババババババッ!!

 ラルヴァの体表が弾け、幾つもの風穴を開ける。
 だがその傷も、ゲル状の体が直に塞ぎ、致命傷とはならなかった。
 だが、ラルヴァの敵意を引くのには成功したらしい。ゲル状の背から幾本もの触手を伸ばすと、攻撃を仕掛けて来た敵に対して鞭の様に伸ばした。

 パスン! パスン!

 銃音が響き、その度に触手が寸断される。


『!! !!!!!! !!! !!!!!!』

 声なき悲鳴が闇夜に響いた。

 パパ―――――――――ヴン!!

 爆音が轟き、昏闇の中から鉄の塊が高速で飛び出す。

615この名無しがすごい!2018/06/17(日) 22:06:04.20ID:WmEswtj4
【疾風攻機ブロウゲイル】(2/2)


「アームドチェンジ」

 静かな声がキーコマンドを発すると、その鉄の塊……武装バイクは展開し、翔の体を鎧の様に包み込んだ。
 脚部のスフィアが回転し、エアロスラスタがバランスを制御する。
 その身にかかるGに舌打ちをしながらも、翔はガトリングガンをラルヴァの体にばら撒いた。

『!!!! !! !!!!!!』

 度重なる攻撃にラルヴァの怒気が膨らむ。背からの触手が、あたかもミサイルの様に射出され、武装バイクのスタンド形態“ブロウゲイル”に襲い掛かる。
 だが翔は、スフィアとエアロスラスタ―を駆使し、まるでダンスを踊る様にその触手を避けると、追撃のガトリングをさらに叩き込んだ。

『!!!!!! !!!! !!!!』

 ラルヴァがブロウゲイルの方を向く。完全に敵だと認識したのだろう。だが、翔はそれを確認すると全力で後退を選択した。
 すでに、怒りに支配されたラルヴァは、ブロウゲイルの後を追い足を走らせる。翔は、敵が思った通りに動いたのを見て、口の端を吊り上げた。

「追って来いよ、ここは死への一本道だ!」

 現場から十分に離れたと感じた翔は、ブロウゲイルの背面パックからエネルギーバイパスを引き出すと、ガトリングのグリップに接続する。
 ガトリングは砲身中央から二分割に割れ、その間にバチバチと放電が始まった。
 ラルヴァもまったく馬鹿と言う訳では無い。ドスドスと走りながらも触手弾をブロウゲイルに向かい発射し続ける。
 背面走行の上、加速重粒子砲の狙いを付けている翔に、それを避けている余裕はない。
 だが、鎧と成っているブロウゲイルの装甲は伊達では無かった。
 幾つもの触手弾が、掠り、間直で爆発するも、その装甲は凹みこそすれど、内部にまでダメージを通す事は無かった。

『!!! !!!!』
「次元の狭間に還れ!!」

 その一瞬、ヒョボッと言う音と共に、ラルヴァの体は四肢を残し消滅した。

 ******

 21世紀もとおに過ぎ、エネルギー不足は深刻な状況に陥っていた。
 そんなある時、科学者の一人が相違次元から“まだ何物にも成っていない粒子”を取り出す事に成功する。
 何物でもない粒子、シュレディンガー粒子と名付けられたそれは、エネルギー問題を解決する新たな粒子として受け入れられた。
 だが、その粒子こそ幻創世界で語られた“魔力”で有る等と誰も知り得る者は居なかった。
 魔力の満ちる時、幻想だと思っていたかつての怪物達が蘇る時である。
 今はまだ、都市伝説だとしてしか語られないそれらが、完全に復活した時、果たして人類に……

 ******

 朝の高速、疎らな車の間を縫うようにして走るバイクがある。
 風祭 翔、彼が人類存続の為の戦いに身を投じる事に成る等、彼もまだ気づいては居なかった。

616この名無しがすごい!2018/06/17(日) 22:07:11.62ID:WmEswtj4
時間をオーバーしてましたよorz

617二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/17(日) 22:21:22.91ID:YZ/eoUZl
お題『インターネット』『オカルト』『新人賞』『講演』『自己紹介』『チェンジ』『召喚』締切

【参加作品一覧】
>>585【異世界召喚】
>>588【悪魔の召喚】
>>592【忍び寄る黒い悪魔】
>>599【ああ黒歴史よ】
>>602【故郷の錦】
>>614【疾風攻機ブロウゲイル】

618二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/17(日) 22:24:14.76ID:YZ/eoUZl
今回の投票数一覧はありません。

619二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/17(日) 22:26:04.28ID:YZ/eoUZl
久々に5つお題に戻してみたい

全部入りを挑戦しても良し
一つに絞っても良し

>>620-624

620この名無しがすごい!2018/06/17(日) 22:26:27.71ID:H5k5+H/H
『参戦』

621この名無しがすごい!2018/06/17(日) 22:44:59.51ID:QB89QP6h
『その場しのぎ』

622この名無しがすごい!2018/06/17(日) 22:54:20.79ID:EIII2vlS
『病気』

623この名無しがすごい!2018/06/17(日) 23:19:28.79ID:BuzEY9Vf

624この名無しがすごい!2018/06/17(日) 23:24:20.38ID:JWq4kH5I
蕎麦打ち

625二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/18(月) 00:37:42.72ID:t+WH0DEE
☆お題→『参戦』『その場しのぎ』『病気』『夢』『蕎麦打ち』

☆文字数→3レス以内に収めれば何字でも可。
最大文字数の目安としては、3レスで5000〜6000字程度。
もちろん文字数が少なくても分割OK

☆締め切り→6/24の22時まで

☆平行して前回お題作品について投票を行います→安価もしくはタイトルで一人一票までレスしてください。
作品一覧は>>617より。

【見逃し防止のため、作品投稿、投票の際はこのレスに安価してください】

626この名無しがすごい!2018/06/18(月) 08:38:16.87ID:+hLsfwfa
>>614
前回お題『オカルト』『チェンジ』『召喚』をチョイスして刻限すぎて見参だ! ブロウゲイル・ガトリング〜
とある『オカルト』系都市伝説の噂によれば、明かりの消えた街角で、魔導士がラルヴァなる怪物を『召喚』していると言う〜
ってことで魔方陣から現れた、半透明のトカゲこと、人間食らって消化中のゲル野郎がお目見えだ! さあ、コイツに風穴あけるのは、「アームド『チェンジ』」を叫ぶ風祭さん〜、エアロスラスターとダンスを踊る〜、
ここが死への一本道だ! 熱いぜ! 銃撃戦で追い足走らせ、お題消化の物語、熱く弾けるガトリングの銃身が、放電帯びて決め技炸裂〜ッ、ってあれ、これ途中END?w
声なき悲鳴を夜に響かせ、風を切り裂くブロウゲイル! 人機一体の殲滅戦は、まだまだ描き足りねえといった感、続編の存在を予感させる寸止めオチで迸る閃光を魅せたァw

627この名無しがすごい!2018/06/18(月) 08:58:44.18ID:I0IRUnPL
>>626
感想、いつも有難うございます
帰宅後、急いで書き始めたのですが、〆切、10分前に慌ててまとめて投稿したのですが、結果、過ぎていると言うorz

628この名無しがすごい!2018/06/18(月) 09:06:28.06ID:kRd6Du2p
言っちゃ悪いけど自分にとって7‐3お題は、やりやすいけど書く気が燃えなくて困ってた。
久しぶりの5‐自由お題だからちょっと本気出すぜ?

629この名無しがすごい!2018/06/18(月) 12:20:30.31ID:InvuyAKR
>>625 全部選択!

使用したお題:『参戦』『その場しのぎ』『病気』『夢』『蕎麦打ち』

【長年の夢】

「父さん、待てって!」
「えぇい、離せ!」

 病院のベッドで大人しくしている事を拒む父を何とか宥めてみるが、大人しく言うことを聞いてくれない。

「長年の夢がようやく叶うって時に病気でもないのに大人しくしてられるか!」
「父さんが定年後に蕎麦屋をやるのが夢だったってのは分かってるけど、そんな状態で行ってどうすんだよ!?」

 いつも蕎麦打ちの特訓をして、家族に振る舞っていたんだ。それくらいは知っている。先週、念願叶って蕎麦屋を開店したばかりだから気持ちもよくわかる。だが今行ったところで、その場しのぎの対処すら出来ないだろう。

「あそこは蕎麦屋の激戦区なんだぞ! そんな所で開店してすぐに閉めた日にはあの立地に参戦した意味がないだろうが!」
「だから、もう少し離れた場所にしろって言っただろ! それならここまで焦る必要も無かった!」
「くそったれ、なんでこんな事になっちまったんだよ……」
「父さん……」

 激戦区の中に作った個人店だ。その場しのぎの対応でどうにか出来る話じゃない。そもそも開店したばかりの父の店には蕎麦を打てるのは父しかいない。後は知り合いの子がアルバイトに来ている程度だ。
 定年を迎えるまでに自宅で蕎麦打ちを鍛え、父の友人の蕎麦職人の指導も受けて大丈夫だろうと太鼓判を押されて、退職金を使って開いた店だ。そりゃ悔しいに決まってるだろう。

「父さん、気持ちは分かるけどさ……」
「うるせぇ……。俺の何が分かる……」

 先週までは喜びに満ちていた父の悔しそうな顔を見ると心が痛む……。だけど……。

「くそったれ! なんでこんな時に事故で両腕を骨折しちまったんだよ!」

 交通事故で両腕を骨折してしまい、入院している父を見て俺まで悲しくなってしまう。だけど、腕の骨折だとどうやったって手打ちの蕎麦は作れないだろう……。

630この名無しがすごい!2018/06/18(月) 12:58:23.22ID:I0IRUnPL
>>629
料理マンガなら、主人公が助っ人を買って出るシュチュエーションなのですが……
現実は無情
動かなければ事態は好転しないけれど、これも天から与えられた充電期間だと思って、頑張って欲しいところですね

631この名無しがすごい!2018/06/18(月) 21:14:59.18ID:LnxGJnVA
というより変化がある方が良い
新しいお題の出し方もちょくちょく開拓したいね

632二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/18(月) 23:24:09.10ID:t+WH0DEE
その辺の意見は随時受け付けてるよ〜
っていうかむしろ意見欲しいな

633この名無しがすごい!2018/06/18(月) 23:55:43.07ID:eMx95kJL
>>632
思いつきで

* 〇〇のお題は必ず含めること

* 相反するお題を組み合わせること
 (あるいは相反する二つを組みで募集するとか)

* 二つ(あるいは三つ)のグループから一つづつ選択すること
 お題募集時は Aグループ >>XX1-XX3 Bグループ >>XX4-XX6 Cグループ >>XX7-XX9

うーん、これだと複雑になりそうだ

634この名無しがすごい!2018/06/19(火) 00:14:42.42ID:45xz1th5
ジャンルお題と、これまでの5つのお題から自由選択とかは?
ファンタジーとか恋愛とかホラーのジャンル指定と、今まで通りの自由選択って感じ。

難易度上がりそうではあるけど。

635この名無しがすごい!2018/06/19(火) 01:44:41.69ID:aYvPeB02
>>625 初挑戦です!

使用したお題:「その場しのぎ」「病気」

{嘘から出た魔王}(1/2)

「なんなんだここは……」

 ただそこら辺を散歩していたはずが、眩い光に目がくらんだと思えば、どこかの城の王宮の中央に僕は立っていた。

「おお!勇者よ、よくぞ召喚に応じられた」

 言葉からして、この貫禄ある初老の男性が僕を謎の力によって呼び出したことはすぐに理解できた。期待の目に当てられて、僕は間髪入 れず言葉を発した。

「そ、そうとも!僕こそが元の世界では容姿端麗、頭脳明晰、公明正大。勇者の中の勇者とは僕のことだ!」
「なんと心強い!この方ならばあの忌まわしき魔王を退治してくれるだろう!」

 またやってしまった、僕は緊張するとその場しのぎのウソをついてしまう、いわゆるそういう病気なのだ。

「この世界に召喚されすぐに悪いが、魔王城にいる魔王を討伐していただきたい。」
「ふむ、そうか。それで仲間は?」
「なにを言うか勇者殿、あなた一人決まっているではないか、地図とお金はもちろん渡そう。」
「そ、それもそうだな。足手まといは必要ないぞ!」

 追い出されるように城から出た。なにもスキルなんて持ってないのに……。

******

 歩いていると、頭を覆える大きさのトカゲのような頭蓋骨が落ちていた。何もないよりはましだと思いそれをかぶった。と同時にとある 村につき、村人に話しかけられた。

「その骨はまさか、この近辺を縄張りにして悪さをしているドラゴニュートのものじゃないかじゃないか!」
「そ、そうとも!王宮からの命をうけて魔王を討伐しに来た勇者である!手始めにドラゴニュートを狩ってやったぞ」
「すごい!さすが勇者様だ!俺も旅について行きます!」
「かまわん、僕についてこい」

 勢いで仲間ができてしまった。もう逃げることすらできなくなってしまった。

******

 ある町では、僕がお尋ね者とぶつかり罵声を浴びせられ縮こまる中、憲兵がその者に気づき捕獲した。あえて弱気になりその場にとどめ た、とその場しのぎを言うと。賛美の言葉を投げかけられ、またついてきたいという仲間が増えた。
 またある町では、路頭に迷っている少女を哀れに思いお金を渡すと、実は神の使いであり、僕はその場しのぎでこれは神の恵みだ、とい うと少女は感銘をうけて仲間に。
 さらにある独裁者が支配する町では、世の中に絶望している少年と会い、世界は広いんだ、意思があればいいのだ、と石を拾い空に投げ ると、独裁者の像にぶつかり倒れ、壊れた。その破壊が革命の狼煙となり独裁者は退治され、少年は希望を取り戻し仲間になった。

******

その場しのぎでしのぎ続けるうちに数百人の大所帯になり、ついに魔王城についた。もはやこの人数だと魔物は襲ってこず、魔王の玉座ま で簡単に来れた。

636この名無しがすごい!2018/06/19(火) 01:46:49.95ID:aYvPeB02
[嘘から出た魔王}(2/2)
「……話は聞いているぞ、貴様が勇者か?」
「そうだ、僕が勇者だ」

肌で感じる程の敵意が魔王からとんできた。こんなのに勝てるわけない。絶望している中、仲間の一人が、魔王に向けて。

「勇者様はうちの村の悪さをしているドラゴニュートを退治したんだぞ!」
「奇遇だな、我が輩もだ。奴らは気性が荒くて困ったものだ」

またある一人が。

「お尋ね者もとっ捕まえたんだぜ」
「奇遇だな、我が輩もだ。若い頃、賞金稼ぎによく狩ったものだ」

また一人が。

「神の使いである私に損得勘定無しに恵みを与えて下さったのよ!」
「奇遇だな、我が輩もだ。七つの大罪を天界に神の代わりに持ち運んだのは骨が折れたぞ」

さらに一人が

「独裁者から救って、なおかつ希望をくれた!」
「奇遇だな、我が輩もだ。地獄を占領している閻魔に説得するのは苦労したぞ」

「〜〜した」「我が輩もだ。」「〜〜した」「我が輩もだ。」

 今まで、僕がしてきたことを全て魔王はこなしていた。スケールが大きく、きっと僕のようなその場しのぎのウソではなくマジだ。この ままだと、戯れ混じりで虐殺される。

「さてはおぬし……」

ああ、もうだめだ。

「我が輩のファンだな!?」
「そ、そうだ!魔族と手を取り合うには、リスペクトが必要だと思い、魔族の魔王である貴様を模倣したのだ!」

間髪入れずに、その場しのぎのウソを言った。もうどうにでもなれ。

「貴様のような人間を待っていた。同じ目線に立ち、手を差し伸べる人間を。」
「ふ、ふふふ魔王よ、貴様の生き様、王たる素晴らしさであった」
「何を言う勇者よ、我が偉業を自分なりに解釈するとは恐れ入ったぞ。」

 互いを尊敬し合いながら握手をすると同時に、人間側、魔族側から歓声が上がった。これから種族問わない平和が訪れるだろう。その場 しのぎで綴られた一つの物語。

637この名無しがすごい!2018/06/19(火) 07:16:49.73ID:2xc1Zx2C
>>629
帰ってきたお題5〜、629氏が早速、お題全選択にチャレンジだ、ロング・ロング・バケーション!
さあ物語は、自営で『蕎麦打ち』するのが長年の『夢』、できたて蕎麦屋の店主こと、親父さんの嘆きの声でスタート〜
定年後、蕎麦の激戦地に『参戦』し、第二の航海に乗り出した親父さんが、このまま大人しくしてられるかと、悔しさを滲ませているー!?
『病気』じゃないけど『その場しのぎ』的対処すらできねえ通院状態、どういう状況…って、両腕・骨折でしたオチ〜ッ?! いったい何があったんだよw
短き中でもお題かける5フルクリア!! 速攻職人629氏が、戦地行きたく、じりじりジレて我慢ならねえ定年男の戦意を描いた、まだ待てまだ待て、ハウスハウスENDでお題5突破ァ〜乙!

>>635
選択お題は『その場しのぎ』『病気』〜、初登場635氏が描く、愛しき嘘と愛すべき勇者!!
さあ主人公は、緊張すると『その場しのぎ』のウソをついてしまう自称『病気』の勇者〜、相手の誤解を否定せず、むしろ勢い&ノリを武器にして、仲間を増やす快進撃だァ
お題は余裕で消化だが、慕う人々横目にしつつ、骸骨カブトの中の勇者は冷や汗たらり〜
そんなこんなをしのぎ続けて数百人w もはやデモ隊の様相を呈する異常なパーティを前にして、魔王城はもぬけのカラァ〜、口だけ勇者が玉座の魔王と敬意を交わし、血を見ることなくゲームクリアww
そう、真の平和とは、相手を認めることから始まるもの! 635氏が描いて魅せた冒険譚は、嘘でマコトをかわし抜き、足りぬ実力でっちあげで追っ付けて、冷や汗報われ笑顔こぼれる、大団円 ENDだァ〜!

638この名無しがすごい!2018/06/19(火) 07:45:52.52ID:2xc1Zx2C
スレの容量制限512Kまで残、約50Kだね
早ければ次の回あたりで埋まるか

639この名無しがすごい!2018/06/19(火) 07:46:31.29ID:1YuESgWw
>>635
成り上がり物語ですね
優しい嘘は方便とも言います
世界が救われる嘘、素敵ですねw

640二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/19(火) 15:26:55.98ID:fjGr+x/P
>>633
上の二つ実践しやすそうでいいね
次の締めで検討してみよう

>>634
ジャンル指定好きなんだけど、確かここまで二回くらいジャンル指定にしたときは「詩」とか激ムズお題になって余り盛り上がらなかったトラウマがあるw
これまでのから5つも確か初代進行さんが年末にやってたね。そろそろ上半期終わるしこの辺でやってみても良いかも。

>>638
ほんとだ
ここまでこのスレ内で何回締めたかなって数えたら次が10回目っぽいね、ってことは一回につき50kb弱くらいずつ消費してるのか……。平均的なら次回か次々回ってとこだね、スレがここまで続いて本当に有り難いことです

641この名無しがすごい!2018/06/19(火) 22:00:42.12ID:csHpLbm3
>>635
なんだか魔王側よりも人間側のほうが勇者にやっつけられてる感じだね
価値観が違う相手を排除したいというのは理解できるけど、
そこで魔王と同じ価値観のある勇者を召喚したのが間違いとも取れる
魔王が勇者一行にびびってやっぱり嘘を付いていたっていうのでなければ、だけど

642この名無しがすごい!2018/06/19(火) 22:59:32.54ID:aYvPeB02
>>673 感想ありがとうございます!隅々まで見てくださり感謝感激雨霰でございます!

>>639 感想ありがとうございます!誰も傷つかないような世界を目指して書きました!

643この名無しがすごい!2018/06/19(火) 23:00:33.73ID:aYvPeB02
>>641 感想ありがとうございます!コメディに寄りすぎてご指摘の通り、話の整合性が取れなくてなってしまったかなと反省しています。
投稿した後に作品の補足をするのは蛇足感がありますが、勇者一行を下手に刺激すれば暴動が起き、疲弊する可能性があるので魔王が通すように命令しました。
勇者一行との戦闘準備は実はしていたので、魔王はびびってはいませんでした。心情の描写がたりなかったかなと猛省しております。

644この名無しがすごい!2018/06/19(火) 23:41:02.20ID:csHpLbm3
>>643
あやふやな部分を色々想像できるのも文学に限らず創作物の楽しみ方の一つだから、
あまりガチガチに固められるのも困りものだと思うよ
中には全ての描写が欲しいって人がいるかもしれないけど、そのへんはバランスだよなあ

645この名無しがすごい!2018/06/20(水) 20:42:55.46ID:BzcwydLp
>>625 お題全部

選択したお題:『参戦』『その場しのぎ』『病気』『夢』『蕎麦打ち』

【拒絶】

 夏休み中の最後の夏期補習が終わり階段を降りた所で、廊下に佇む一つ上の幼馴染に声を掛けられる。
 すでに耳へと届いていたようで、僕が学校に内緒でこっそり参戦していた全日本高校蕎麦打ち名人大会における個人の部の予選通過を祝ってくれた。
 家がうどん屋ということもあってうどん派の幼馴染だが、蕎麦が嫌いなわけじゃない。それどころか僕の打つ蕎麦を土下座でせがむくらいだ。
 そんな幼馴染を邪険にしながら、自転車を並走させて家路につく。通学で毎日二つの山を越えることで鍛えられた足腰は、蕎麦打ちの時の踏ん張りに役立っている。
 今日もさっそく着替え、蕎麦打ちを始める前に仏壇へと手を合わせて祖母に祈った。祖母は僕の蕎麦打ちの原点だ。
 僕が小学生の頃に初めて打ったボロボロの蕎麦を、病気で自宅療養していた祖母が美味しいと言って食べてくれたのは大切な思い出となっている。
 祖母は僕が中学へ上がる前に他界となったけど、喜んで貰えた事が嬉しくて週末には蕎麦を打つようになり、祖母のお葬式の時も家族に呆れられながら打った蕎麦を霊前にお供えした。
 高校生になると大会があることを知って毎日打つようにしている。
 一年の時は料理部に所属していたけど蕎麦打ち名人大会の参加に関して他の部員達と衝突し、お調子者である顧問のその場しのぎの対応によって部活動としての参加ができなくなった。
 僕がそれを機に料理部から退き、二年になって学校に隠したまま大会に参戦したのはそういう理由からだ。
 睡眠時間を削っている影響か、夏場だと言うのに酷くなる一方の荒れた手を気にしつつ立ち上がり、台所で感覚を確かめながら蕎麦を打つ。明日の本選へと備えるために。

 そして迎えた本選のさなか、僕は気を失う事になった。

  ☆ ☆ ☆

 気がつくと庭先で咲く梅の花を縁側に座って眺めながら、死んだはずの祖母が幼くなった僕を抱えて頭を撫でてくれていた。
 無理のし過ぎを諌められながらも、催促されたのはうどん。幼い僕は素直に肯首して、立ち上がる。家の外から幼馴染の呼びかけが聞こえたからだ。
 僕は名残惜しい思いをしながらも、笑顔の祖母に見送られて家を出た。

 眠りから覚めて目に飛び込んで来たのは家族と幼馴染の姿。みんな安堵の表情をしているのが印象的だ。
 医師が来て僕を診察し看護師が点滴を調整していると、段々と意識がはっきりとしてきてここが病院であることを察する。
 医師のお墨付きで人工呼吸器を外され、医師と看護師が個室から出ていくと、父は僕がこの病室にいるいきさつを話してくれた。
 本選会場で蕎麦を打ち麺を切る段階になって、苦しみだした僕は倒れてしまったという。全身に赤い湿疹が出来て、呼吸困難に陥っていたようだ。
 会場に待機していた医師が急性蕎麦アレルギーを疑い、アドレナリン注射による緊急処置ののち救急車で病院へと運ばれて治療を受け、夕方である今に至るということを聞かされた。
 稀な症例のようではあるけど、肌荒れがあるままアレルギー性の食べ物をいじるだけで、ある日突然アレルギー体質になることがあるらしい。
 僕の場合はそれが蕎麦だったってことみたいだ。
 この先蕎麦打ちが出来ないことに残念な気持ちはあるけれど、不思議と哀しみはない。
 夢の中で祖母がうどんを食べたがっていたことを話すと、家族が笑い声を上げる。
 僕の右手をずっと撫でていた気持ちの悪い幼馴染が、遠回しに蕎麦が打てないならばうどん屋であるうちでうどんを打てばいいと言い出すと、家族が茶々を入れ始めた。
 いや、父だけは鬼の形相で幼馴染を問い詰めている。いい気味だと思っていたら、強面の看護師さんが部屋にすっ飛んできて騒がしいと怒られた。

 翌日の午前中には退院となったが、蕎麦粉まみれな我が家の掃除が終わっていないからと幼馴染の家に押し込まれた。
 その日初めて打ったうどんで祖母の墓参り。喜んでくれると嬉しい。
 墓前にお供えしたうどんを狙って、僕の後ろから肩越しに伸ばす幼馴染の手を無言ではたく。
 祖母に笑われている気がした。

〈おしまい〉

646この名無しがすごい!2018/06/21(木) 01:05:09.17ID:VrBiEZJ3
>>645
その場しのぎだけがとってつけたかのような使い方で惜しいと思った。まさにその場しのぎなお題消化(つまり全消化できてる⁉︎

647この名無しがすごい!2018/06/21(木) 07:37:02.27ID:spINfRYy
>>645
祖母を想い蕎麦を打つ孫
きっと夢枕に立ったお祖母さんは、そんな孫を気遣ったのでしょうね
何時でも貴方を見ていますよ……と

648この名無しがすごい!2018/06/21(木) 07:39:11.31ID:l9/x9HSu
>>645
汲めども尽きぬ、短編スレ民のチャレンジング・スピリッツ〜、お題全挑戦、選びぬけ取捨選択のヌードル!
さあ、蕎麦職人の卵こと、主人公が語り始める〜、学校秘密で『蕎麦打ち』大会に『参戦』するが、所属の料理部は顧問の『その場しのぎ』で機能停止し、
それでも己のウデを試そうと〜、主人公が大会出場、強行するも、急性蕎麦アレルギーで失神だ〜ッ!? (※なお蕎麦アレルギーは実際に意識障害などを引き起こす場合があります)
ここで『夢』に現れるのは、彼の蕎麦打ち起源、かつては『病気』で療養していた亡き祖母だ〜、彼女が指し示すのは蕎麦、ではなく、うどん!?
ラスト、お題5をたいらげた物語は優しき祖母の導きで、蕎麦からうどんに路線変更〜、墓を参る主人公が、うどん屋女子と未来を紡ぐ、ほっこりヌードルENDでフィニッシュ!

649この名無しがすごい!2018/06/21(木) 11:56:26.30ID:NQouLcqa
固定お題
安価の順にお題を消費しなければならない

あれ?

650この名無しがすごい!2018/06/21(木) 18:51:29.84ID:rpxIVA/A
感想ありがとうございます!

>>646
書き上げた当初は「緊急処置」と「幼馴染の家に押し込まれた」部分にも「その場しのぎ」を付けていたのですが冗長だと思って消してしまいました
同様に「アレルギー」に関しても「病気」を付けるのは強調しすぎだと思い消しています
個人的には「参戦」←→「参加」が苦しいかなと思ってました
「蕎麦打ち名人大会」を「蕎麦打ち武闘大会」にしようかと悩むくらいには

でも、「その場しのぎなお題消化」という解釈もいいですね
すぐには思いつかないけど機会があれば狙って使いたいです


>>647
夢で祖母の一言がないと多分荒れていた事でしょう
幼い頃に言われた事って後にも響くので、夢の中の『僕』が幼いのはそれを意図しています


>>648
実は『僕』と『幼馴染』の性別はそれぞれ決めてなく、どちらとでも取れればいいなと思っています
書き方に無理があるかな?(作者は僕っ娘好き)
でも男同士は勘弁願いますw

当初タイトルは〈アレルギー〉でしたが『幼馴染』も絡ませたくて今の形にしました
上っ面の拒絶だけで、本当は仲がいいんですけどね(多分)

651この名無しがすごい!2018/06/21(木) 23:17:46.37ID:rpxIVA/A
>>625 はっちゃけました

選択したお題:『参戦』『その場しのぎ』『病気』『夢』『蕎麦打ち』

【SOBA】

 民間人として軍に同行することを許され、その場その場で蕎麦を振る舞う日本人の従軍蕎麦打ち職人がいることをご存知だろうか。
 今回はそんな職人の一人である傍野将也(そばのまさなり)さんに迫る。
 傍野さんは定年退職後に一人旅で訪れた異国の地で、テロリストによる襲撃に巻き込まれた。人で混雑する街道のなか、後ろから銃撃されたのだ。
 その時たまたま背負っていた延し板はことごとく弾丸を弾き、本人の命どころか彼の前にいた少なくない命を救うこととなった。
 彼は数え切れない銃弾の衝撃によって意識を失ったが、夢の中においてその地で崇められている異教の神から天啓を授かったという。

『汝、戦禍に見舞われた腹ぺこ達に蕎麦を打て』

 傍野さんがテロとの戦いに参戦したのはそれからだと話す。

 その時銃弾を防いだのはこれですと、表面に弾痕一つない綺麗な延し板を見せてもらった。

――これはヒノキですか?これで銃弾が防げるというのはとても信じられません。何か特別なことでもあるのでしょうか?
「この延し板は私が生まれた時に与えられました。代々伝わる我が家のヒノキからできたものです。全然普通ですよ、何も特別なことなどありません」

――先祖累々の守護が付いているというわけですね。
「私の知り合いにはA-10の掃射があって巻き添えを食らったという者がいますが、五体満足で日本に帰国してますよ。似た体験をしたと言う者も他にたくさんいます。それを守護というのであれば守護なのかもしれません」

 そんな延し板で打たれる蕎麦は、奇跡のSOBAとして噂が広まっていた。

 テロリストによる被害を避けようと医師が逃げ出した地域では、取り残された病人やけが人が少なくない。
 病気によって起き上がれなくなるほど衰弱していた老齢の男性に、傍野さんは手打ちの蕎麦をその場で振る舞う。すると、その老人は一晩で回復した。
「ありがとう!これで曾孫の顔まで見られるよ!」

 戦闘で片足を失った兵士が宿営地へと担ぎ込まれるが、人の手も薬もまるで足りないという事態に出くわす時もあった。
 そんな人のためにも傍野さんは無言で蕎麦を打つと、大きな鍋で茹で上げ、医官へと渡す。
「SOBANOが作ったSOBAだぞ!その場しのぎであっても、無理やり食べておけ!体をSOBAで満たすんだ!!」
 兵士は薄れ行く意識の中、お椀に蕎麦をつけてすする。その場で用意された300グラム(大盛り二人前相当)を平らげ、満足そうに目を閉じた。
 失った部位が元に戻ることはなかったが傷が塞がり、流しすぎただろう血の代わりにSOBAが全身へと駆け巡ると、瞬く間に血の気を取り戻す。
 結局この兵士はその後の治療を必要とせず、リハビリを行うだけとなった。

 この地域におけるテロリズムがすっかり影を潜めたころ、傍野さんは次なるテロリスト集団のはびこる地へと赴く。
 大勢の人に見送られる中、延し板を上段に構えて勢い良く投げた。すぐさまその上へと飛び乗って去っていく傍野さんの姿が目に焼き付いて離れない。

〈おしまい〉

※注意※
従軍蕎麦打ち職人というのは思いつきです。本気にされると困ります。
ギャグなので、蕎麦粉の品質とか水質とかは考えないで下さい。
延し板の上に飛び乗って去る描写は、ドラゴンボールの桃白白ネタです。

652この名無しがすごい!2018/06/22(金) 07:34:03.82ID:uPA8ToY9
>>651
神に愛されし正義と平和の蕎麦職人ですねw
いつの日にか、そうやって助かった人々が蕎麦を食べつつ、和平への道を語る事を祈ります

653この名無しがすごい!2018/06/22(金) 07:52:09.70ID:vvBCpakL
>>650
>作者は僕っ娘好き

なるほど
作者氏の属性は年上賑やか系女子でなく、そっちだったんだ
失礼、了解w

654この名無しがすごい!2018/06/22(金) 07:58:42.07ID:vvBCpakL
>>651
蕎麦にからまった挑戦者の突撃が続くぜ、お題5を連続・全選択、つかもうぜ、SOBA・ボウル!
さて皆さんは、従軍『蕎麦打ち』職人をご存知だろうか〜、『夢』の神託に導かれ、数え切れない銃弾を、背中の延し板で受け流し、テロとの戦いに『参戦』している一人の男をw
さあ、戦闘で荒廃した土地に、奇跡のSOBA職人が降り立った〜! 『その場しのぎ』? いやいや食べてみな〜、傷病兵が食すれば傷がふさがり、『病気』で衰弱した老人が食すれば一晩で回復する伝説の蕎麦だ〜、うん、仙豆っぽい何かw
テロにはソバをもって遇せよ! 見事連続でお題を使い切った651氏が、ロマンティックあげるよ〜ロマンティックあげるよ〜、って感じで、延し板乗って空をかっ飛ぶ、傍野(そばの)さんの背中を描き、
ソバが凄いのか傍野さんのド○ゴンボール的なアレが凄いのか最後で分からなくなったぜオチで、ソバ・ボウル(椀)ENDをバシッと決めたァ〜

655この名無しがすごい!2018/06/22(金) 18:55:44.60ID:QFbqYNmN
感想ありがとうございます!

>>652
傍野さんは蕎麦を食べてもらえれるのが生きがいの一つです
食べて喜ぶ人がいる限りどこにでも行くことでしょう

>>654
投げた蕎麦生地が爆発したり伸し棒で殴りつけたりする行為は自重しつつ、頭の中で伸し板が銃弾を防ぐというイメージが出来たらあとは勢いでした
作者としても何がすごいのかはよくわかりませんw
ギャグは難しい……

656この名無しがすごい!2018/06/22(金) 18:57:11.68ID:QFbqYNmN
>>653
無理に作者に合わせてもらいたいわけではないので、読み手ごとに印象が変ったというのであれば願ったり叶ったりです
さらにいうと女の子同士という方が……いえ、何でもないです

657偽進行さん2018/06/23(土) 23:56:31.98ID:9mn4SnLZ
お題『インターネット』『オカルト』『新人賞』『講演』『自己紹介』『チェンジ』『召喚』締切

【参加作品一覧】
>>585【異世界召喚】
>>588【悪魔の召喚】
>>592【忍び寄る黒い悪魔】
>>599【ああ黒歴史よ】
>>602【故郷の錦】
>>614【疾風攻機ブロウゲイル】

658この名無しがすごい!2018/06/24(日) 01:11:26.95ID:5BVyyE7w
>>657
そう言えば、これの投票〆切も残り1日ですね

659二代目進行 ◆rZF28D1ulBTo 2018/06/24(日) 02:48:31.26ID:8+C6N212
ええ……土日間違えたかと思って本気で焦ったじゃん…………

締め切りは明日です……。

660この名無しがすごい!2018/06/24(日) 08:37:53.03ID:Muj81lv2
なんだこれw

新着レスの表示
レスを投稿する