小説家になろうに投稿したけど誰も二話を読んでくれない。

1この名無しがすごい!2018/09/01(土) 21:58:12.16ID:HG9IjCG1
どなたかご意見ください。
ttps://ncode.syosetu .com/n1376ez/

22この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:21:00.55ID:DLMGEBit
「転生者様のおっしゃられた数字とまったく同じです。」
十年前の方を言っているのだろう。少し困った顔をしながらつづけた。

「しかしこれでは転生者様がどちらを指すのか分かりにくいですな。」
「うれしい悩みですね!」
綾香はそういった。

まさか違う世界から来るだけで様付けをされるのか。
結局ミツキ様と呼んでくれるらしいが、どうにもくすぐったい。
やめてもらうように頼んだが、聞いてはくれなかった。

ふとパンの匂いが鼻をくすぐった、自分のおなかが鳴る。ふたりも聞いていたようだ。

「私は師団長に話をするから、ミツキ様を頼んだよ」
師団長…?ギルドのリーダーかなにかか?

「じゃあ食事にしましょう!」
そう言ってくれたが、ふいに頭痛に襲われた。

23この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:21:26.76ID:DLMGEBit
「すいません。急に頭が…」
「食べられそうにないですか?」
ますますひどくなってきた。睡魔も襲ってくる。

「もう少し寝たいです。明日の朝にお願いできますか…」
もう眠りたかった。

「わかりました。それと、敬語は結構ですよ。」
少し微笑んでから、部屋を出て行った。

なぜ転生したのか、なぜ名前が日本的なのか、そんな疑問が浮かんでは消えた。
そもそもなぜ十年前に来ているんだ。台無しではないか。
異世界で現代知識無双は定番だろうに、すでに来ているというのは腑に落ちない。

様々な思いが生まれたが、睡魔には抗えなかった。
意識は地面に吸われるように消えた。

24この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:21:57.13ID:DLMGEBit
第二話 やりすぎだ先駆者
目が覚めた。いや、覚まされた。
「ミツキ様!朝ごはんの時間です!」
相変わらず息を切らしていた。

頭痛は消えていて、難なく立てた。そのまま彼女についていく。

部屋から出ると、ここが大きな屋敷の二階であることが分かった。自分のいた部屋の真反対にも同じような部屋がある。佐久間家というのはかなり裕福らしい。
なにより電気もついている。本当に異世界なのだろうか。

屋敷の真ん中にある階段を下りて、左に曲がる。もう一度左に曲がったここが食堂らしい。その真反対はキッチンだろうか。中に入ると佐久間さんはすでに座っていた。

「おはようございます。ミツキ様。」
わざわざ立って挨拶してくれた。慌てて挨拶をする。
転生者とはそこまでの存在なのだろうか。悪い気はしない。

25この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:22:21.34ID:DLMGEBit
席にすわり、いただきますの声がそろう。この文化は同じようだ。
朝食はパンだった。
パンを薄く切ったものにバターを塗り、チーズやハム、トマトなどを自分で盛り付ける。
コーヒーもなかなかおいしかった。
空腹のせいでいくらでも食べることができそうだ。しかし二人は食事が終わっても席を立たない。僕を待っているのだろうか。

「これからの予定はございますか?」
やはり待っているのだった。早めに切り上げて正解だったようだ。

「いえ、まったくないです。」
これからのことなど考えてもみなかった。

「ではこれから、師団長に合われてはいかがですか?ひとまずは転生者様にあってもらいたいのです。」
「師団長というのが転生者なんですか?」
思ったことがそのまま口から出た。十年たったのにギルドリーダーか。

「ああ失礼、違います。そういえば、この場所についても知らないのでしたね。」
予想は外れた。

26この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:22:43.54ID:DLMGEBit
「師団長はこの国の歴史にも詳しい方です。ひとまず合われてください。この場所や国の成り立ち、これからの戦争についても教えていただけるでしょう。」
10年で何をしでかしたのか、とても気になる。

「わかりました。ぜひとも僕に合わせてください。」
二人はほっとしたようだった。

「それなら、服は着替えたほうがいいんじゃない?」
綾香が父に問いかける。確かに、いま来ている洋服はところどころほつれていたし、何より浮いていた。
異世界らしくていいと思うが、郷に入っては郷に従えとも言うしな。

「服か…間違って届いた軍服が一つあったはずだ、ほら、あの…真っ黒いやつ」
「あーあれね!ミツキ様、こっちです!」
手を引かれてついていく。ついた部屋の扉を開けると、そこは倉庫だった。

「えーっと えーっと…」
懸命に探している。こんな倉庫にあるのだろうか。

27この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:23:09.65ID:DLMGEBit
「ありました! これとこれとこれです! では!」
一度にすべてを渡された、確かに真っ黒だが、ここで着替えろということだろうか

「あ、ありがとう」
戸惑いながらも礼を言う。
悪戦苦闘しながらなんとか着る。たしかに軍服らしい。これなら洋服のほうがいいんじゃないのか?
だがこの世界の常識がわからない以上、黙っているほうがよいだろう。

「出来ました〜…」
不安から声が小さくなる。彼女はすぐそこで待っていた。

「似合ってますよ!それと、敬語はいらないって言いましたよ!」
昨日も言われたことを思い出した。これを機に変えよう。
まあ転生者 様 らしいからな。

「わかった。じゃあ師団長に会いにいこう。」
彼女は笑顔で承諾した。
どうやらこのまま案内してくれるらしい。

28この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:23:33.03ID:DLMGEBit
屋敷の出口に近づくにつれ、だんだんと人の声が大きくなっていた。
やっと異世界とご対面だ、ワクワクする。

扉が開いた。日光がまぶしい。外の光景は、軍服で埋め尽くされていた。
どこを見ても軍服。屋敷のすこし前にテントが張られている、その間を道路としているようだった。
馬車もあればトラックもある。ここには軍人しかいないのか?

ん?まてよ、異世界だよな。ギルドは?ゴブリンは?
異世界なのに発展しすぎだ。どうなっているんだ。

「こっちですよ、ミツキ様!」
手をひかれるまま歩く、どうやらすぐ右の同じような屋敷へ向かうようだ。
入り口には第二軍団司令部と書かれていた。中に入ると佐久間家の屋敷とまったく同じだった、軍人でごった返していることを除けば。

「ここです!」
入って左にまがるとすぐだった。道中で思ったのだが、この服は周りの軍服と色が違うので浮いている。周りのは濃い緑と表現すべきか、それに対し自分のは真っ黒だ。そのせいでじろじろ見られた。

29この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:24:00.53ID:DLMGEBit
「失礼します!」
綾香が入っていく。遅れまいと後に続く。
「し、失礼します!」


「やあやあ!お待ちしていました転生者様!いえ、ミツキ君。第二軍団長の伊ケ崎です。よろしく!」
着ている服は、道中で見た軍服よりも立派だった。
右手が出される。慌てて握手した。

ほんとにここ異世界だよな…?

「綾香ちゃんもこんにちは!」
「こんにちは!」
綾香とは知り合いなのだろうか。

「まさか二人目の転生者が現れるとは!この国は安泰だ!はっはっはっはっは…」
彼は僕らとは真反対に向かって笑い出した。

30この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:24:30.03ID:DLMGEBit
「ちょっと変なところがありますけど、師団長さんは愛国心の強い立派な人なんですよ!」
綾香はそう言って、師団長が後ろを向いているうちに出て行った。

「さてさてミツキ君!佐久間さんからは聞いてますよ、この国の歴史について知りたいんですよね!」
目を輝かせて彼は言った。
転生者が来てからの歴史を知りたいのだと訂正したが、それで構わないと言われた。

「転生者が来る前はね、この世界に国は五つあったんだ…」
彼はそう話し始めた。彼の話はこうだ。

五つの国のうち、二つは魔力を持つもの、魔族による国、もう三つは魔力を持たないもの、人間の国だ。魔族は人を、魔力を持たない劣等的な種族として迫害してきた。
そこへ現れたのが転生者。
転生者の能力を見る力によって、魔力をもたない人間に、もう一つの力があることを発見した。

31この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:24:55.38ID:DLMGEBit
それが気力。
気力は魔力と違ってそのままでは使えないが、砂に注げば火薬に、水と合わせれば原油に、木材に込めると電気を生み出した。
特に電気は革新的で、圧倒的な生活水準の向上に成功した。
そうした功績が評価され、転生者は国の王となった。
その成長に感化され、三つあった人間の国は併合され、二つになる。
その後三年をかけて軍備を拡大した。

これに対抗しようと、魔族も軍備を。
転生者に疑問を持った人間は、人の突然変異によって強力な魔力を獲得した魔女を王とした。
しかし、転生者は一年で二国を征服。
そして一年かけて壁で囲い、外側の東西南北に領主を置いた。
五つあった国も二つになり、一つにしようとする戦いが、始まろうとしているのである。

32この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:25:18.81ID:DLMGEBit
「それが来歴10年!ミツキ君が来た年なんだ!」
長かったが面白かった。とくにいきなり後ろを向いて笑い出すところが。

というかせこいな気力、火薬や原油や電気が作れるのなら、魔法よりも強いではないか。
いや、だからこそ魔族を征服できたのか?だったら次の戦争も勝てるんだろう。
納得がいかない。モンスターやギルドを返してくれ。

それにちょっと順番が違うだけで大違いだ。
一方は王と呼ばれ、一方は君付けで呼ばれている。

「そうなんですね。それが来歴十年。」
もうどうでもよくなった。

「そうそう、そして君がいるここは北の第二軍団。おそらく最前線となるだろう!」
魔族と戦争かぁ、どうせその転生者様とやらが無双するんだろう。
「なるほど。」

33この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:25:42.64ID:DLMGEBit
「まあこの国の成り立ちはこんなもんかな。どうだい!素晴らしいだろう!」
また後ろを向いて高笑いしだした。
「なるほどなるほど。素晴らしいですね。」
これからどうなるんだろう。なんのために転生したんだ。

「そこでだミツキ君!君には転生者様に合ってもらいたい!」
佐久間さんも言っていたな。特に断る理由もない。

「わかりました。合わせてください。」
彼は目を輝かせた。

「そう言ってくれると信じていたよ!」
ただ気になる点はあった。直接会えないということは、ここから遠くにいるんだろう。

34この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:26:06.95ID:DLMGEBit
「いつ出発するんですか?」
彼は楽しそうにうなずいた。
「出発は明日かなぁ?あ、でも独立戦車大隊が来るんだよねぇ…明後日でもいいかな?」
悲しそうに言った、仕事が増えるのだろうか。
だが戦車も作ったのか?

一体何のために転生したのかわからない。気力と魔力の数字がよめるだけだ。
十年前のにでも会えば、自分の役割を見つけられるだろうか。

いや、というか文句を言ってやろう。自分の役割を奪ったのだ。国の王になる機会を奪ったのだ。
ギルドも冒険者もステータスオープンもない世界なんてあっていいわけがない。
会って直接文句を言わないと気が済まない。

「なるほどなるほど…わかりました。」
パンの匂いがした。腹減った。
「パンの匂いだね!お昼時だ!まあ明後日また会おう!」
高笑いから解放されたはずだった。

35この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:26:25.60ID:DLMGEBit
「はい!失礼します!」
扉を閉めても高笑いが聞こえてくる。振り向くと綾香がいた。
「な、長かったですね…」
彼女のおなかが鳴った。

36この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:27:58.11ID:DLMGEBit
>>1
さらっと読んだだけだがあまり続きを読みたいと感じない
わくわくしないというかあいまいな表現しかできないが
設定とかも多少変わってはいても興味を感じない
日本みたいな所に転生というか転移しただけという感じ

37この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:31:39.85ID:hBbf9nUD
>>5
横だけど
3点リーダー
会話文の句点
は明確なルールはないけどな

それが先人の取る態度か?
お前みたいなしったかぶりの無知ほどよく吠えるわ

38この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:32:28.86ID:hBbf9nUD
基本的な文章の書き方からしてなってない(ドヤッwwwwwwwwwwwww

39この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:49:04.53ID:DLMGEBit
正直あまり面白くない

40この名無しがすごい!2018/09/13(木) 21:49:51.42ID:DLMGEBit
叩かれている作品も最初は面白いから
過去話を先にやるとか

41この名無しがすごい!2018/09/13(木) 23:45:30.47ID:Z7xko/sS
>>37
sageるという5chの基礎ルールすら知らん奴が何を吼えてるんだ
お前のような奴こそが知ったかぶりの無知と言うんだよ

42この名無しがすごい!2018/09/13(木) 23:56:28.96ID:xnPdRTXE
なろうは消されてて読めなかったけど、>>15>>35があらすじ&本文だと信じて

これから主人公を活躍させるつもりなら、突然逆恨みでイキり始めたチンピラもどきに共感できるわけないんだから、もっと大義名分とか持たせた方がいい
テンプレ悪役勇者一行にも演出上の役割ってものがあるので不用意なアンチテンプレはセンスのなさを露呈することになる

とことん小物な反逆者(主人公)がボコボコにされながらも懲りずに立ち向かう風なストーリーにするつもりなら、せめてあらすじには多少の展開を入れておかないと勘違いされたままブラバ不可避

実は先駆者国王が典型的な悪者で〜とか二転三転やるつもりなら物語が本格的に動き出すまで正当な評価は望めない
さすがに言葉では理解してるみたいだけど、このスレでもレスの無さに憤慨するのが早すぎるあたり根っからの拙速おじさん

つまり文章以前の問題として、物語全体で何がしたいのか全く見えてこないのが悪い
ネタバレ大嫌いな性格なのかもしれないけど、タイトルかあらすじか本文でほんのちょっと先の展望に触れておくだけで結構変わるんじゃないかな
好みに合わない人を切り捨てることになるけど、そもそもメインターゲットを捉えられなきゃ話にならないわけだからね

……どうせもう見てないだろうがな!

43この名無しがすごい!2018/09/14(金) 00:01:27.97ID:78FIYn2c
なろう消えてなかったわ、なんか変な勘違いしてた
あとsage忘れてすまん

44この名無しがすごい!2018/09/14(金) 01:28:27.42ID:78FIYn2c
変な勘違いした挙げ句sage忘れた贖罪として11話まで読んだ感想をば

戦車マニアのハイテンションと、「お父さんは服の切れ端しかなくて」のあたりは勢いがあって面白かった
『仕事中の漫画家は描いているキャラクターと同じ表情をしている』とかよく言われるけど、小説も書き手が楽しんでこそだよね

でも六話の唐突な視点変更(しかも地の文の語調がほとんど変わらない)とか、細かいところで読みにくいのが気になった
描写の薄さも問題で、数行流し読みしただけのつもりがスクロール一回分読みとばしたかのような錯覚に陥るほど場面がころころ変わる
魔女との決戦に至っては、脳内アニメのコマ割りが少な過ぎて紙芝居みたいになってしまった
もうちょっとクドく説明してもええんやで

あと、重ねて言うけど、イキり陰キャモードがタイトル・あらすじ・本文の五話まで一貫して続いたら流石に読みたくなくなるわ!
『先駆者のこと扱き下ろしてるけど直ぐにそんな余裕なくなるよw』とかどっかに書いとけやクソァ!(豹変)

45この名無しがすごい!2018/09/14(金) 08:17:49.74ID:4ptBBnP2
>>37
いや三点リーダは偶数でって明確なルールあるだろ。
ネット小説だけのことを言っているのなら知らんが。
あと、あんたのその態度は何に当てはまるんだ?
>>5が先人なら、あんたは神か?

46この名無しがすごい!2018/09/14(金) 09:05:15.94ID:12xOXyEQ
出版したときの見栄えがルールの根拠なんで、ウェブには関係ないと言えなくもない

47この名無しがすごい!2018/09/14(金) 10:46:45.45ID:RuBE3L3q
小説に明確なルールなんて無いだろ
結局、作り手の伝えたい事は読み手に上手く伝わるかどうかだけで
ぶっちゃけ、面白ければ何でもあり

アホの一つ覚えみたいに3点リーダー指摘する奴いるが、気になるなら見なけりゃいい
文頭一字下げも同じ事

これに親の仇の如く、指摘する基地外がうざい

48この名無しがすごい!2018/09/14(金) 11:26:41.58ID:78FIYn2c
逆に考えれば読み書きのプロが認めた読みやすい文章のコツなんだから真似しても損はない
むしろ文字媒体で自己表現したいなら大多数が読み慣れたフォーマットを外れることのデメリットは認識しておくべき

まあ鬼の首でも取ったように騒ぎ立てる連中には心底ウンザリさせられるし、奴らを擁護する気はさらさらないけど

49この名無しがすごい!2018/09/14(金) 12:41:05.61ID:lyOWMPAl
プログラム言語じゃないんだから、構文エラーになっても不都合ないじゃろ

50この名無しがすごい!2018/09/14(金) 15:21:55.15ID:RuBE3L3q
>>48
せやな、ルールは無いけど気にする人は一定数居るって分かっていれば良いと思う

個人的には1人称と3人称が混ざった文は吐き気がするし
1人称作品で頻繁に「俺は」「俺は」を繰り返されると即ブラバ

51この名無しがすごい!2018/09/14(金) 16:51:55.83ID:ctm0C5tm
>>47
ドアホ、基地外はお前だ
その変をいい加減にする作品ほど読みにくくて作者の伝えたいことなんか伝わらないんだよ
面白さは最低限読める文であることが前提
だからこの作品は1話切りされてんだよ
マトモなアドバイスも出来ないくせに他人の批判しかしないとか何様だ

52この名無しがすごい!2018/09/14(金) 18:02:36.13ID:QjsegaMz
>>51
山田悠介「せやな」

53この名無しがすごい!2018/09/14(金) 18:03:16.37ID:ikHo4By6
そんなんだから何年経ってもワナビーなんだよw

54この名無しがすごい!2018/09/16(日) 08:29:49.79ID:vsfWnRmB
だがその部屋は見慣れたものではなかったし、自分が寝ていたベッドも知っているものではなかった。

普通、知らない部屋で自分の知ってるベッドに寝てる状況ってなんだよ、って思わないのかね
冒頭の第1節はすごく重要なのに、いきなり悪い意味で妙な表現から入ってるから、そこで「ああ、この小説ダメだわ」ってイメージがついちゃうんだよ
そっからもあんまり盛り上がらないし、キャラは薄いし、そりゃ読み続けてもらえないよ
これは仕方ない

55この名無しがすごい!2018/09/19(水) 23:17:23.04ID:qMPMSvGE
読まなくていい

56この名無しがすごい!2018/09/20(木) 00:35:21.17ID:FKRNERmp
2話目でヒロインのオナニーだ

BANなんか気にするな
書きたいものを書くんだ

57この名無しがすごい!2018/09/23(日) 19:59:48.76ID:Q+kNWNyg
とにかく思うがままに書こう

58この名無しがすごい!2018/09/26(水) 17:33:39.62ID:TMOX+pVx
結構な変り者ですけど

59この名無しがすごい!2018/09/26(水) 22:59:45.70ID:TMOX+pVx
読まなくていいよ

60この名無しがすごい!2018/09/26(水) 23:00:01.92ID:TMOX+pVx
さようなら

61この名無しがすごい!2018/10/01(月) 18:13:17.81ID:kT81w7RK
めちゃくちゃレスついててびっくりしてます
正直言って読み速でこんなにレスが付いたことを知りました

また頑張って書いてみようと思います

62この名無しがすごい!2018/10/02(火) 20:46:48.65ID:9iOJGACH

63この名無しがすごい!2018/10/11(木) 13:39:10.22ID:Y4YQEMQD
>>61
頑張って下さい
何だかんだ言っても書き続けるのがいいと思います

64この名無しがすごい!2018/10/11(木) 16:46:18.57ID:REGUTHX1
いちいちageるな

65sage2018/10/21(日) 11:43:18.78ID:3j8WiMTJ
変化するかな

66この名無しがすごい!2018/10/21(日) 11:51:39.08ID:Etlab/hm
あげぽよ〜

67age2018/10/21(日) 19:47:10.38ID:3j8WiMTJ
age

68この名無しがすごい!2018/10/29(月) 23:34:02.50ID:9UwjD1Az
夢の世界で過ごしたい

69この名無しがすごい!2018/11/04(日) 00:28:03.18ID:ZhfrDuqb
改稿版かなり良くなってるな
ここは見てないかも知れないけど応援してるぞ!

70この名無しがすごい!2018/11/04(日) 18:49:09.73ID:MhphwWIi
良くなっているなら書籍化するかもね

71この名無しがすごい!2018/11/04(日) 21:45:11.11ID:ZhfrDuqb
さすがにそこまでじゃねえよブクマ15だし
俺の評価も元の文と比べてのものだしな

72この名無しがすごい!2018/12/04(火) 09:46:32.92ID:v7vXvmvP
300に1つが書籍化
意外に確率が高い
就職活動で300〜400社受けて内定が出るように

新着レスの表示
レスを投稿する