【伊藤公雄】男性学 part1【田中俊之】

1名無しさん 〜君の性差〜 2018/01/17(水) 19:35:52.01ID:Q1WQhdyT
男性学(英: men's studies)とは、「"男性が男性だからこそ抱える問題"
を研究する学問」(by 田中俊之・大正大学准教授)です。

近年メディアで取り上げられる機会も増えてきたこの分野について
語り合いましょう。

2名無しさん 〜君の性差〜2018/01/17(水) 22:23:29.03ID:Q1WQhdyT
<関連スレッド>

【男性学】田中俊之 part1【武蔵大学】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/gender/1468810044/

【ファレル】マスキュリズム Part 2【久米】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/gender/1495448102/

【上野千鶴子】フェミニズム part1【田嶋陽子】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/gender/1513006911/

3名無しさん 〜君の性差〜2018/01/28(日) 13:29:05.92ID:Blu6fwu9
男性という孤独な存在 ―なぜ独身が増加し、父親は無力化したのか
(橘木俊詔, PHP新書, 2018/1/17)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569837468

(内容紹介)

ほとんどの男性が結婚でき、一家の長として権威を持っていた時代に比べ、
現代日本では男性は結婚してもしなくても孤独である。
生涯独身男性の増加、家庭内での父親の地位低下、草食男子……。こうした
変化を嘆く向きも多いが、著者は「明治から戦前までの約100年の方がむしろ
『異常な時代』であり、本来は『平凡な男』の存在意義は小さいのである」と
一刀両断する。

男性、とくに「平凡な男」はそもそも「余剰な存在」だった――。広範にわたる
各種データや家族史、サル学などから導き出されたこの衝撃の真実を、我々
は受け入れなければならない。

格差論の第一人者が正面から男性という存在に斬りこんだ、刮目(かつもく)の1冊。

第1章 「普通の男」は父、夫になりづらい時代
第2章 日本の結婚・家族の歴史
第3章 現代における「家族のかたち」の変容
第4章 父親という存在の実像
第5章 雄のいらない動物からの示唆
第6章 男という存在の軽さ

(著者略歴)

橘木俊詔(たちばなき としあき)
1943年兵庫県生まれ。小樽商科大学、大阪大学大学院を経て、1973年ジョンズ
・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学経済学部教授、同志社
大学経済学部教授などを経て、現在は京都女子大学客員教授。専攻は経済学。

4名無しさん 〜君の性差〜2018/02/03(土) 00:07:03.64ID:mEbrVwnR
ジェンダーフリーと雇用政策 (参院議員・宇都隆史, 2011-07-06)
https://ameblo.jp/captain-kotora/entry-10945316616.html

>ナチス政権は、女性を家庭に帰そうという政策を採った。それは家庭で
>子どもを産み育ててもらうためでもあったが、如何にして男性失業者を
>減らすかという工夫でもあった。女性が失業しても社会に与える不安は
>少ないが、男性が失業すると、大きな社会不安になったからだ。
>
>(「ヒトラーの経済政策」(武田知弘著, 祥伝社新書)p.63-の要約)

現代の日本社会でこのようなことを公言すると、世の女性たちから一斉に
糾弾されそうであるが、私は一つの真理をついていると思っている。

何故ならば、「無職」という条件は、女性にとっては結婚できない理由に
ならない場合が多いが(家事手伝い等)、男性の場合、結婚の前提には
経済力が必要だからである。(まれに愛があれば何もいらないというパタ
ーンは、ごく少数なので除く。)

社会には無限の雇用先があるわけではない。一定の雇用というパイを巡って、
若者たちは自らの能力を会社にプレゼンし、雇用という椅子を獲得しなければ
ならない。

対等な条件で就活をすれば、努力家で真面目な女性の方が有能な場合が多い
だろう。しかし、それによって職に在りつけない男性の社会に与える不安定要素を、
政治は見落としてはならないことを、この本から考えさせられたのである。

雇用政策を考える際、男女の性別によって社会の役割のどの部分をお互いに
担っていくのかということを、社会全体を捉える目を持って議論する必要がある
のではないだろうかと思う。

(※決して女性を軽んじているわけではないことを付け加えておきます。)

5名無しさん 〜君の性差〜2018/02/25(日) 09:59:08.26ID:thFCtZUZ
雑談)男性差別とバブル世代と絶食男子
http://www.youtube.com/watch?v=GI23egru0Uk

6名無しさん 〜君の性差〜2018/03/20(火) 01:09:38.40ID:ZePDN8lh
ヨスの思ったことメモ@yossense_bot

日本社会でも女性差別に対する違和感はまだマシになってきている
(まだまだやけど)。

そろそろ第二段階である男性差別に対する違和感に関してももっと
発信していかないと。

男性は育児に向いていないとか、働く男性こそ一人前と言った「妄想」
はひどいレベルで残っています。

6:02 - 2018年3月19日
https://twitter.com/yossense_bot/status/975719208402079745

7名無しさん 〜君の性差〜2018/03/20(火) 16:02:33.73ID:ZePDN8lh
#ツイッターでメンズマーチ

男性が男性であるが故に感じている生きづらさ(差別、抑圧、etc.)
を上記ハッシュタグを添えてツイートしてほしいとのこと。
これまでのツイートを下記URLで見ることが出来ます。

https://twitter.com/hashtag/ツイッターでメンズマーチ 


女性版はこちら。

#ツイッターでウィメンズマーチ
https://twitter.com/hashtag/ツイッターでウィメンズマーチ

8名無しさん 〜君の性差〜2018/04/09(月) 09:47:22.91ID:OO0pldJF
[字幕付き動画]
What are Men's Issues? (男性が抱えている問題とは何か?)
https://vimeo.com/143555728

国際男性人権デーに向けて男性差別の代表的なものを説明しています。

9名無しさん 〜君の性差〜2018/04/10(火) 02:24:49.10ID:Ck1M5DuE
「キモくて金のないおっさん」を救うために、本当の正義の話をしよう
(佐々木俊尚, 文春オンライン, 2018-04-09)
http://bunshun.jp/articles/-/6945

10名無しさん 〜君の性差〜2018/05/12(土) 01:15:00.07ID:83ZaKeNH
The Boy Crisis: Why Our Boys Are Struggling and What We Can Do About It 
(W. Farrell & J. Gray, 2018/03/13)
https://www.amazon.com/Boy-Crisis-Boys-Struggling-About/dp/1942952716

What is the boy crisis?

It’s a crisis of education. Worldwide, boys are 50 percent less likely than girls to meet
basic proficiency in reading, math, and science.

It’s a crisis of mental health. ADHD is on the rise. And as boys become young men,
their suicide rates go from equal to girls to six times that of young women.

It’s a crisis of fathering. Boys are growing up with less-involved fathers and are more
likely to drop out of school, drink, do drugs, become delinquent, and end up in prison.

It’s a crisis of purpose. Boys’ old sense of purpose―being a warrior, a leader, or a sole
breadwinner―are fading. Many bright boys are experiencing a “purpose void,” feeling
alienated, withdrawn, and addicted to immediate gratification.

So, what is The Boy Crisis? A comprehensive blueprint for what parents, teachers, and
policymakers can do to help our sons become happier, healthier men, and fathers and
leaders worthy of our respect.

11名無しさん 〜君の性差〜2018/05/12(土) 12:32:11.04ID:JkUnM3ds
リリーフランキー:「草食系男子」なんてマスコミが作り出した架空の生き物だよね。

あれは、女性が男性から言い寄られなかった時の為の言い訳なんだよ。
女が「この人、私には手を出さないわ。草食系なんだわ」てね。
その女に魅力がなかっただけの話で、振られた理由にしているんだよ。
本当は自分に魅力がなくて男性が傾かなかったのに言い訳として言葉作って利用しているだけ。

最近の女性誌とか見てると、草食系とかアラフォーとか
自分たちの努力の欠如を言葉をつくって相手のせいにしようとするよね。
女性は現実から逃げるところがある。
40代をアラフォーと言ったり、“40代のおばさん”でいいじゃないか。
そのことに自信を持てばいい。

12名無しさん 〜君の性差〜2018/05/16(水) 21:36:52.01ID:6ynR9fBx
男子・男性はどうしたらいいか

(中略)

今、大事なことは、男子・男性が、女子・女性の一定の社会的進出のなかで、
男女共同参画社会は「女性中心的な社会」(山本弘之)だとか、「女災社会」
(兵頭新児)だとか嘆くことではないでしょう。ましてや、自虐的に「オレたち
こそが被害者だ!」などと叫んで、女性の社会的進出を揶揄したり、女性を
敵視したりすることではないでしょう。

むしろ、女性との対話のなかで、ジェンダー不平等のもとでお互いがこうむ
っている被害や加害を率直に語り合うことをとおして、お互いの状況を理解
し共有し合うことが必要でしょう。そして新しいジェンダー規範を模索しな
がら、お互いがもっと楽に安心して生きることができるジェンダー平等な
ホームや社会を構想していくことが求められているのではないでしょうか。

(池谷壽夫・了徳寺大学教授、「男性問題から見る現代日本社会」p.6-8より)


男性問題から見る現代日本社会(池谷壽夫ほか編、はるか書房、2016/10/01)
https://www.amazon.co.jp/dp/4434224107/


池谷壽夫(いけや ひさお)

1948年静岡県生まれ。横浜市立大学文理学部哲学科卒業。名古屋大学大学院
文学研究科哲学専攻博士課程満期退学。博士(社会福祉学)。高知大学教授、
日本福祉大学教授を経て、2013年より了徳寺大学教授。哲学・教育哲学の
視点から、ジェンダー・セクシュアリティと教育の問題、とくに男子問題
に取り組んでいる。著書に「ドイツにおける男子援活動の研究」、「大人
になる前のジェンダー論」「こんなに違う! 世界の性教育」など。

13名無しさん 〜君の性差〜2018/05/18(金) 05:23:02.87ID:YZ6YiLCZ
小学校で「くん付け」呼び名禁止も 批判されぬための防衛策 (週刊ポスト 2018年5月25日号)
https://news.goo.ne.jp/article/postseven/life/postseven-673615.html

いまどきの小学校では、同級生や友人の名前を呼び捨てにしたりあだ名で呼ぶことをせず、
名字に「さん」を付けて呼ぶ小学生が増えている。埼玉県の小学校に勤務する現役教師は
こう語る。

「私も自分のクラスでは生徒同士に『さん付け』をさせています。そのメリットとして、
明らかにケンカが減った、という教師としての実感があるからです。相手を怒鳴る前に
自分の頭の中に“さん”が浮かぶと、ちょっと冷静になるんでしょうね。あだ名で呼ぶ
ことは、いまの小学校では考えられません。それくらいイメージが悪いのです。理由は、
あだ名で呼ぶことでいじめと捉えられる可能性があるからです」

実際に小学校では「あだ名の禁止」や「さん付け」などの丁寧な呼び方をすることを規則に
定めることで、いじめを防止しようとする動きがある。

いじめなどのトラブル防止という目的以外にも、「さん付け」を推奨する指導が行なわれて
いるという。それがエスカレートして、男子に対する「くん付け」を禁止する学校もある。
文科省OBで京都造形芸術大学教授の寺脇研氏は言う。

「『くん』を禁止して『さん』に統一することに関しては、性差別を生まないようにという
配慮です。かつて学校で、出席番号を男女一緒にする『男女混合名簿』が導入された際には、
男子児童から先に名前を呼ぶといったことで男性を優先することがないように、という意図が
ありましたが、『くん付け』も男子への特別扱いとみなされ、禁止の流れになっているのです」

14名無しさん 〜君の性差〜2018/05/18(金) 05:24:53.04ID:YZ6YiLCZ
(>>13のつづき)
  
前出の小学校教師はいう。

「正直、ヤンチャな男子生徒に『さん』は変だな、と思いますが、万が一親から『女性
だけに付けるのは性差別だ』といったクレームが来たら、と考えると男女とも『さん』に
統一したほうがいいとなる。批判されないようにするにはこれしかない、ということなのです」

文部科学省の見解はこうだ。

「あだ名を禁止したり“さん付け”をさせることが定められているわけではありません。全国に
1700以上ある自治体の約85%が『いじめ防止対策推進法』に基づいた方針を制定済みですが、
実際の運用については各自治体および学校に任せています」(初等中等教育局)

いじめ対策やジェンダー教育は重要だろうし、呼び名の変化は時代の流れなのかもしれない。
だが、「ジャイアン」と「のび太」が「剛田さん」「野比さん」と呼び合うようになったら、
あまりに味気ないのでは。

15名無しさん 〜君の性差〜2018/05/18(金) 05:47:49.73ID:YZ6YiLCZ
>>13-14

[この記事で5chニュース速報+板に立ったスレ]

【いまどきの】小学校は「くん付け」「あだ名」「呼び捨て」では呼ばず
「さん付け」 性差別を生まないように★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526550096/l50

新着レスの表示
レスを投稿する