犯人の殺人動機って正直どうでもよくね?

1名無しのオプ2013/11/10(日) 08:04:54.35ID:ybvO76R9
叩かれるのを承知でスレ建て。

動機重視の推理小説って多いけどさ、それって別にどうでもよくね?
殺人動機なんて「太陽がまぶしかったから」とか「人を一度殺してみたかったから」でも充分あり得るんだし、考えても仕方ないし、限がないだろ。
動機は所詮心理面だから犯人を論理的に割り出す根拠として用いるのは弱いし、それよりは誰が犯行が物理的に可能だったのか、といった論理的思考で犯人を割り出すべき。

殺人動機とか、事件に至る背景とか、推理小説で一番どうでも良い部分じゃないの?
それよりは犯人を「この人以外に犯行は不可能」と論理的思考で割り出す過程とか、想像もつかないようなトリックを用いて犯人が如何に摩訶不思議な不可能犯罪を成し遂げたのかとか、
そういう本来の推理小説の要素にページや内容を割いた方が絶対面白い小説になると思うんだが。

動機なんて、いちばん最後にとってつけたようなものを一言二言説明すれば足りるだろ。
「一度人を殺してみたかった」でも良いし、別に何の伏線も無くても犯人バレした後で「被害者は実は父の仇で〜」みたいなぽっと出設定を出しても良いし。

この考え方ってやっぱり異端なのかな?
でも論破出来る?

127名無しのオプ2015/03/28(土) 00:24:23.50ID:E4A3OH1b
>>125
いくらでもあると言うのなら具体例を挙げてくれないか

128名無しのオプ2015/03/28(土) 00:38:21.74ID:H+vG/L36
>>127
俺は125じゃないんだけど、有名どころで言うとクリスティの『鏡は横にひび割れて』がそうじゃない?

129名無しのオプ2015/03/28(土) 07:22:55.42ID:bT6hTJjs
>>124
> 状況証拠だけで物証がない状態で動機がありそうなやつを犯人にしたてるから
誤認逮捕で冤罪事件が後をたたないわけですねw//

基本としては、その犯罪によって最も利益を得る者は誰なのかを考える、というのがあります。
犯人にしたてる、という犯罪があるなら、最も利益を得るのは真犯人、という事になります。
状況証拠というか、間接証拠の積み重ね、なぞと称して犯人を捏ち上げたこの事件なんかもそうですね。
真犯人は、糞官僚・死神行政府であるとしか考えられない。

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1332043544/5
> 御前らにはチオペンタールはいらんだろ//

国松ってのは云うまでもなく、南千住の自宅マンション前で死に損なっている(チッ)、当該事件当時の警察長官。

130longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2015/03/28(土) 20:49:40.03ID:bT6hTJjs
ありゃ、>>126>>129 は私の投稿だ。

131名無しのオプ2015/03/29(日) 00:57:39.40ID:EbytZtA/
>>127
40年代のカーには多いよ
とくに有名なのは「貴婦人として死す」「爬虫類館の殺人」の、解決を読むとじつはあからさまに提示していたとわかる伏線

132日野OL不倫放火殺人事件2015/03/29(日) 13:30:45.91ID:rxN4RWWZ
【閲覧注意】北村有紀恵

復讐のため子供を失う感情を体験させてやる
http://m.youtube.com/watch?v=s0UJvUeItpY

事件概要
http://www.maroon.dti.ne.jp/knight999/hino-ol.htm

133名無しのオプ2016/03/06(日) 10:50:17.63ID:yaLtgB1J
犯人「むしゃくしゃしていたのでやった」「誰でもよかった」

こんな三面記事みたいな話を読んで、ミステリを読んだ、という人がいるんだな・・・

134名無しのオプ2016/03/26(土) 21:48:06.96ID:m8Qjj7Kb
エラリー・クイーンの、おそらく一番人気なあの作品も、
アガサ・クリスティの、おそらく『そして誰も…』に次いで二番目に有名なあの作品も、
東野圭吾の、圧倒的に有名なあの作品も、

全部「そんな人物が(orそんな事の為に)人を殺す動機があるとは思えない」
という点が意外性を構成する大きな要素になってて、
その点を読者に納得させるために何文字も費やしてるうちに小説になってる訳だし。。。

135名無しのオプ2016/04/12(火) 04:39:13.49ID:hmlEKdut
パズラー的な部分が主眼だとぶっちゃけ何百ページも費やすいて書き上げる必要ないよね。
総合エンターテインメントを目指すならトリック以上に動機も含めたキャラクター性は重要だと思うけど
中々そこまで魅力的なキャラで埋め尽くされた作品なんてない。

漫画やゲーム的に、ベッタベタに悪乗りしたような濃いキャラだらけにした方が今風なのかもしれん

136名無しのオプ2016/04/17(日) 02:55:52.07ID:BQuKXJqj
>>133

犯行に際して「方法が不可解」とか「凶器が不可解」とかの謎があればミステリだろ何言ってんだ

犯行動機の不可解さだけで勝負しているミステリは総じてつまらん

137名無しのオプ2016/04/17(日) 03:21:56.57ID:tjXYOLEx
>>136
つ「戻り川心中」

138名無しのオプ2016/04/17(日) 10:12:26.22ID:KqMhlJpi
動悸

139名無しのオプ2016/04/17(日) 13:12:16.01ID:nHgTCyNH
息切れ

140名無しのオプ2016/04/20(水) 01:43:19.51ID:0uuF4QrS
シリアルキラーとかサイコサスペンス系だと
大体動機は子供の頃の性的トラウマになるよね
もう面倒くさいからこれでいっかみたいなかんじで

141名無しのオプ2016/04/25(月) 01:41:54.62ID:xKYfNgJs
被害者はどうやらゆすりで人から金を巻き上げていたようです
金庫のビデオテープから容疑者はA、B、Cの三人のようです
誰が犯人なんでしょう、推理作家のあなたにはわかりますか?
→犯人は推理作家

の場合動機がなかったらわけがわからないと思う

142名無しのオプ2017/12/26(火) 00:41:29.53ID:p+2AXwMi
戻り川心中も過大評価され過ぎな気はする

後、動機動機って騒ぐやつって、「自分が理解・共感できるか」って視点でしか評価しないからアテにならないんだよ
「孤島パズル」で動機が軽いって言うやつもいるしな

143名無しのオプ2017/12/26(火) 01:27:17.82ID:sdw9O4iY
俺が思うに「動機」っていうのはあくまでストーリーを面白くするための一要素にすぎず
動機は凝っているか、納得いくものでなくてはならないっていう、制約やルールではないはずなんだよな

144名無しのオプ2017/12/26(火) 11:07:30.05ID:O1jOdISM
羊たちの沈黙からかな。
これは犯人の動機がどこにあるかを探すサスペンスなんだけど、探す過程がミステリー
に近いものがあって、ミステリーとサスペンスの境界があいまいになった。
で、沈黙以後、ミステリーに寄ると殺戮にいたる病なんていう叙述が現れ、サスペンスによると横山秀夫の半落ちみたいな作品が出てきた。
もうどっちがどっちかわからなくなり、ミステリーを読んでるつもりでサスペンスを読んでいる読者が本格を読むと、なんだよこの動機ってことになる。
これはもうしょうがないことなんだよ。

145名無しのオプ2017/12/31(日) 02:32:13.45ID:uGSNw3o4
うろ覚えだけど魍魎のはこで動機は自分を納得させるためにあとからつけられるうんぬんは面白かったな

146名無しのオプ2018/01/06(土) 20:25:16.49ID:fZOkWrmr
まじめな話、ホワイダニットの定義も人によって混乱してる気がする
自分は「なぜこんな危険な犯行方法をとったのか」とか「なぜこんな状況下で犯行に及んだのか」とか「なぜ死体に装飾を施したのか」みたいな「目的合理性に反した理由」を考えるのがホワイダニットだと思ってた
「犯人はなぜ犯行に及んだのか」をホワイにすると被害者や犯人の背景情報が必須だし、それらの捜査過程がメインに来ると、もはやサスペンスじゃね、と思っちゃうんだよな

147名無しのオプ2018/01/10(水) 11:42:32.16ID:GONcNB6F
別に密室トリックが好きだという人もいれば、密室トリックなんてばかばかしいという人も
いる
それと同じで動機に重きをおくべきかどうかなんて好みでしかない
自分の好みの作品を読めばいいだけの話

148名無しのオプ2018/01/10(水) 12:23:18.49ID:rX/wvNCM
現実の事件の動機もどーでもいい
よく裁判で犯人の心の闇を解明することが必要
とかいうけど、未だかつて解明されたことあんのか?
気違いがなに考えてんのかなんてどでもいいわ。
税金の無駄だからさっさと死刑判決くだせばいいのに

149名無しのオプ2018/01/10(水) 15:53:09.61ID:2Hd7pVQ4
動機ってのはぶっちゃけ犯人がわかってからどうこうじゃなくて
犯人を絞り込むために必要なもんだからな

150名無しのオプ2018/01/10(水) 17:31:27.30ID:3p+TkqXq
スリルを味わいたかったから人殺しましたとかじゃ中学生の万引きと同じだな

151名無しのオプ2018/01/11(木) 10:16:59.68ID:L31x3x8P
クリスティのABC殺人事件とか動機そのものがトリックだし
描き方次第だろ

152名無しのオプ2018/01/17(水) 20:47:02.52ID:h/kZn8cw
実際、動機なんて興味ない

最後に犯人がこう呟く
「だって読者がこうゆうの好きだから、読者が増えないと作者が儲からないもん」
毎回これでいい

153名無しのオプ2018/01/17(水) 21:03:17.37ID:rDvCBgHd
>>152
動機が必要かどうかなんて読者の好みによって違うだろ
自分の趣味を押し付けるなよ
いろんな形のミステリーがあってそのなかで自分の好みの作品を選んで読めばいいだけだろう。

俺は読者の意表を突く意外な動機って好きだけどな
本格ミステリとして

154名無しのオプ2018/01/17(水) 22:44:09.16ID:h/kZn8cw
殺人の動機の種類なんて限られてるじゃん

・カネモク
・怨恨
・偽装(本命は他人)
・趣味
・人違い
・過失

他にあるの?

155名無しのオプ2018/01/17(水) 22:54:59.31ID:ne22eC4Q
自殺

156名無しのオプ2018/01/17(水) 22:56:57.37ID:rDvCBgHd
>>154
だから数の問題じゃないだって
当たり前の動機でも巧妙に隠されていてそれがどう探偵が暴いていくかが面白いの
「鏡は横にひび割れて」とか「九尾の猫」とか

157名無しのオプ2018/01/18(木) 00:12:48.68ID:N24RByxr
結局個人の好みでしょ,議論しても仕方ない
ミステリ小説を「長い推理クイズ」だと思う人もいれば「謎解きを含んだ人間ドラマ」と思う人もいる

てか動機いらないって人は所謂「人間がかけてない」ってのも気にならないんだろうな
普通にその感性が羨ましい、読もうと思える作家が増えるだろうから

158名無しのオプ2018/01/18(木) 06:49:58.41ID:/VbRw2Ug
>>157
そうそう、好みなんだから
動機なんてどうでもよいと断言するのはどうかしているよね
俺も動機はそんなに重視しないけど、小説として成立させるために
それらしい動機を物語に組み込むのは別に悪いことではないと思う。
逆に動機否定派に聞きたいのだけど、なんでそこまで動機を描かれるのが嫌なの?

159名無しのオプ2018/01/18(木) 08:59:55.14ID:jGOScbVc
動機要らん派はミステリーをトリックと状況証拠だけで探偵役が推理して犯人を当てるゲームと思ってるんじゃね
警察のような捜査権のない素人探偵の調査力では動機まで明らかにするのは難しいし

160名無しのオプ2018/01/18(木) 10:51:37.52ID:bBPPco40
短編でトリック重視の作品なら動機はおまけとして用意しておけばいい。
でも、長編だとクローズドサークルじゃないなら、まず犯人を数人に絞り込むのに
使う。殺人そのものの動機になり、最終的には説得の道具やら、決めてとして用いる
場合もある。
動機というのもまたギミックなんだよ。無いと困る。
ジャンルとして用いる場合もあるね。サイコスリラー系、特に犯罪心理系のミステリ
なら動機そのものを探るミステリーだから。

161名無しのオプ2018/01/18(木) 11:01:59.81ID:2r0xrwzO
今の時代純粋なパズラーよりもキャラでドラマ走らせる方が受けそうだし
そういう意味で犯人役の最大の見せどころになる動機の価値は
ヘタししたらトリックより上になってるかもね。

162名無しのオプ2018/01/18(木) 13:52:14.57ID:/VbRw2Ug
>>161
ていうか、純粋なパズラーがメインストリームの時代なんてあったのか?
純度の高いパズラーはいつだってマニア向けだったのでは?

163名無しのオプ2018/01/18(木) 21:08:05.00ID:HjDCfPEj
名探偵コナンの最新作が、シリーズ最高の興行成績になったそうだ
これって、純粋なパズラーがメインストリームの時代なんじゃない?

164名無しのオプ2018/01/18(木) 21:38:47.71ID:/VbRw2Ug
>>163
名探偵コナンの映画はアクションが多くてとても純粋なパズラーとは言えないよ
原作にしてもキャラクター人気の部分が大きいからね
もちろん、ミステリーとしての魅力もあることはあるけど
じゃあ、コナンのファンがガチガチの本格ミステリ小説を読んでいるかというと
それはたぶんいてもほんの一部にすぎないだろう

165名無しのオプ2018/01/19(金) 06:46:37.42ID:0F3CwHvp
毎年コナンの映画見に行ってて
単行本全部買ってる友達いるけどその子はミステリーというか活字の本は全然読まないね

166名無しのオプ2018/01/19(金) 08:14:38.08ID:DzGEcf8n
そもそも>>1のいう動機が重視されすぎているミステリーってのは
具体的にどの作品を指しているの?
社会派ミステリーを指しているのなら本格ミステリを読めばいいじゃんとしか言えないのだが

167名無しのオプ2018/01/20(土) 09:28:46.93ID:8CkjQ4t9
動機に重点をおいているなら
「緋色の研究」「四つの署名」「恐怖の谷」、「人間の証明」みたいなもんか?

168名無しのオプ2018/01/20(土) 10:21:35.79ID:rV3gR8px
正直その辺のホームズの長編って
クソつまらないよなw

バスカヴィル家の犬はまだ読めるけど

169名無しのオプ2018/01/20(土) 11:53:44.93ID:iN6GUda/
動機はどうでもいいと言っている人は本格ミステリのホワイダニットも認めないってことなの?

170名無しのオプ2018/01/20(土) 21:35:11.59ID:RzYpkmY9
横溝物は大量殺戮するには動機が弱すぎるのばっかだな
別に殺す必要ないじゃん、みたいな

171名無しのオプ2018/01/21(日) 11:44:16.68ID:yiieDoEg
ホワイダニットの本格なんてある?ホワイダニットを主眼に置いたミステリーって社会派ぐらいしかないと思うが。
本格の動機はやっぱり説得性だろうね。例えば意外な犯人、特に女性が5人以上を次々殺していた犯人だった場合、とってつけたような動機では説得力がない。例えば彼女は単に狂っていたからだーとかで納得する?
彼女の息子は、連中の汚い罠にはめられて自殺に追い込まれたであるとか、根底に歪んだ愛情があるって方が説得力があるでしょ。

172名無しのオプ2018/01/21(日) 12:09:35.72ID:2oZDY1GL
>>171
エンジェル家の殺人

173名無しのオプ2018/01/21(日) 14:02:51.10ID:yiieDoEg
エンジェル家はエレベーターがメイントリックの本格でしょ。

174名無しのオプ2018/01/21(日) 14:10:17.13ID:2oZDY1GL
読んでみることだね
乱歩の「三角館」でもいい

175名無しのオプ2018/01/21(日) 21:54:39.41ID:BMN7a4iz
>>171
ホワイダニットの本格はいっぱいあるよ
エラリー・クイーン「九尾の猫」、アガサクリスティ「鏡は横にひび割れて」、
西村京太郎「終着駅殺人事件」、法月綸太郎「死刑囚パズル」、梓崎優「砂漠を走る船の道」など
論理的に動機を推理していくのは通常の本格とはまた違った味わいがあってよい

176名無しのオプ2018/01/21(日) 23:32:37.02ID:k9vfHgD/
連続殺人鬼カエル男とかも典型的だな
(そもそもABC殺人事件や九尾の猫のオマージュっぽいけど)

177名無しのオプ2018/01/22(月) 07:39:11.46ID:8kSW3LnJ
ホワイダニットの本格には大体ふたつのパターンがあるよね
ひとつは一見キチガイの犯行に見えるけど実は分かりやすい普通の動機が隠されていて
探偵がそれを暴きだして犯人逮捕に結びつけるパターン。
もうひとつは、本当にキチガイの犯行なのだけど「キチガイにはキチガイなりの理論がある」
と探偵が主張し、犯人の意図を推察して犯人像を絞っていくパターン。

警察の捜査は目撃者がなく、現場に直接的な証拠が残されていなければ、動機のあるやつから
調べていくので動機が分からなければ捜査の手を逃れやすいというわけ

新着レスの表示
レスを投稿する