もしも乃木坂メンバーがパンツ1枚で大の字に拘束されていたら2

1君の名は(pc?) (無能)2018/08/15(水) 19:16:44.02
小説スレでございます
前スレ
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/nogizaka/1527163800/
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

563 【関電 74.3 %】 (玉音放送)2018/10/13(土) 09:23:11.48
又怪しいペットボトルが…

564君の名は(茸)2018/10/13(土) 09:31:06.21
意外にも普通のセンブリ茶罰ゲーム

な訳がないw

565君の名は(庭)2018/10/13(土) 09:52:14.08
また下剤か?

566君の名は(茸)2018/10/13(土) 09:56:57.01
下剤より媚薬のがいいなぁ

567君の名は(東京都)2018/10/13(土) 10:19:07.41
僕は利尿剤推し

568君の名は(地震なし)2018/10/13(土) 10:53:25.15
>>565

この小説で誰か下剤飲まされたメンバーがいるんですか!?

排便させられたの!?

569君の名は(地震なし)2018/10/13(土) 11:57:00.81
排便をさせるのなら容赦なく浣腸をするだろ、俺も利尿剤だと思う
媚薬は純情な娘の場合で乱れた姿をビデオに撮って見せていたぶるパターン

570君の名は(pc?)2018/10/13(土) 14:35:43.88
>>568
前の小説で琴子ちゃんが下剤飲まされてた

571君の名は(地震なし)2018/10/13(土) 15:19:29.20
美月「ほ、本当にこのドリンク飲んだら手足の拘束外してくれますか!?」

俺「本当だよ…飲んだら手足の拘束は外してあげるよ…但し逃げたり反抗したりすれば厳しいお仕置きをするからね!!」

美月「わ、わかりました…絶対約束しますから…お願いします…」

俺「じゃあ飲めるように両手の拘束だけ外してあげるからね…」
俺は美月の両手の拘束を外してペットボトルを渡した

美月「ああッ…ありがとうございます…」
美月はペットボトルを受け取りながらお礼を言う

俺「そのドリンクを全部飲んだら足の拘束も外すから早く飲みなよ…ふふ」

美月「は、はい…」
ゴクリ…
ゴクゴク…
ドリンクは苦くて不味いが飲めないほどではなかたので美月は全て飲み干した

美月「ふぅ…の…飲んだから早く外して下さい」

俺「よく飲んだね…約束通りに外してあげるよ…」
俺は約束通りに美月の足の拘束も外して自由にしてあげた

俺「俺はちょっと隣の部屋に用事があるから行ってくるから待っててね…ふふ」
俺は美月をおいて部屋を出ていった

美月「…………今しかない…」
美月はベッドから降りて俺の出ていったドアと反対側のドアを開けて様子を伺い玄関らしきドアを見つけた

美月「あそこだ…」
美月はユックリドアを開けて玄関らしきドアに向かった

俺「美月!逃げるなぁ!」
俺は隣の部屋のモニターで美月の様子を見ていていたが逃げ出したと同時に大声をあげて、わざとユックリ追いかけるのだった

572君の名は(pc?)2018/10/13(土) 16:30:27.34
美月ちゃん逃走成功なるか

573君の名は(地震なし)2018/10/13(土) 17:37:03.04
何でわざとユックリ追いかけるんだ?
設定が矛盾してないか!?

意味わかる人いる?

574君の名は(pc?)2018/10/13(土) 18:03:40.00
逃げられないように対策取られてるから慌てる必要がないとか

575君の名は(地震なし)2018/10/13(土) 18:05:02.91
>>573
本当だなwww
逃げ出してるのに何で隣の部屋で見てるんだよwww

ユックリ追いかけるのはおかしいだろw
オッサンだからボケてるのかwww

576君の名は(茸)2018/10/13(土) 18:21:47.70
お茶になんか仕込まれていて逃げれなくなるんだろ

577君の名は(pc?)2018/10/13(土) 18:39:41.25
作者さんの犯人は二重扉とかを用意してるから

578君の名は(やわらか銀行)2018/10/13(土) 19:02:33.42
お薬効いてきて走れないわおしっこ出ちゃうわっていいじゃん

579君の名は(pc?)2018/10/13(土) 21:25:37.65
みづき

580君の名は(茸)2018/10/13(土) 21:27:14.96
>>571
なんでゆっくり追いかけんだよ意味わかんね

581君の名は(茸)2018/10/13(土) 21:29:17.60
>>574
それ

582君の名は(埼玉県)2018/10/13(土) 22:37:14.09
普通に考えて、拘束もこの男が解いたわけだし逃げるに逃げられないしかけがあると思うのが自然
だから急いで追いかける必要もないわけ

ここ本当に日本語能力低い奴多すぎるわ

しかし水筒でてきたときはちょっと笑ってしまったわ

作者さん乙です

583君の名は(pc?)2018/10/14(日) 01:00:02.14
この男は用意周到

584君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 01:41:43.09
美月「ああッ…見つかったぁ!!」
ダァ!!
美月は全力で走り玄関のドアノブを回した
ガチャ
鍵は掛かっておらずドアが開いた

美月「開いたぁ!!」
美月は部屋の外へ出た

俺「美月!逃げるなぁ!約束を破るのか!」
俺はわざと追い付かないように後から走る

美月「だ!誰かぁ!助けてぇ!助けてぇぇぇぇ!!」
ドンドン!!
美月は逃げながら廊下の各部屋のドアを叩いて大声で助けを呼んでいくが人がいる気配がない

美月「この建物は何かがおかしい…あッ!あそこに出口が!」
美月は建物の雰囲気がおかしいと思ったが出口らしき場所を見つけ走り出そうとした瞬間だった

俺「ほら…捕まえたぁ…今なら許してやるから部屋に帰るんだ…ふふ」
俺は美月に追いつき肩に手を置いた

美月「嫌だ!私に触るな!!」
ドガッ!!
バシ!!
美月は俺の足のこうを踏みつけ顔に一発パンチを入れて逃げ出した

俺「コラァ!!美月!絶対許さんぞぉぉ!!」
俺は大声を出し追いかけるのだった

585君の名は(pc?)2018/10/14(日) 09:55:25.10
美月ちゃん強い

586君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 11:03:06.28
どうやらペットボトルに入っていたのは幻覚剤系の薬物だった様だな

587君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 12:20:21.78
美月「ああッ…もうすぐ出口だ…」
美月は非常口と書かれたドアに手をかけた
ガチャガチャ
鍵が掛かっていて開かない

美月「そ、そんな…ぁぁッ…」
美月の顔色が変わるのがわかった

俺「美月!もう逃げないのか!」
俺は大声を出しながら美月に近づいた

美月「あ、ああ…こ、来ないで…」
ブルブル…
美月は力無くその場に座り込んだ

俺「ふふ…ここがどういう場所か教えてやるよ…」
ピッ!
ガチャ…
俺は小型リモコンを押し非常口のロックを解除した

俺「ほら来いよ…」
俺は美月を無理矢理立たせ外に出した

美月「な、何ここは…」
建物は山中の雑木林の中にあり真夜中の外は真っ暗な景色が広がっていた

俺「ここは昔途中で計画が頓挫したリゾートマンションを俺が安く買ったものだよ…ふふ」

俺「ここに来るまでの道路は山崩れで通れないから四駆車で数キロの山道を登るしかないんだよ…歩いたら何時間かかるか分からないけどな…ふふ」
俺はその後山中には熊や猪に襲われたり道が崩れて沢に転落する可能性があることを説明した

美月「ぁぁ…そんな…」
ブルブル…
美月には恐怖と絶望感につつまれるのだった

588 【関電 72.0 %】 (玉音放送)2018/10/14(日) 12:43:46.60
乃木坂メンバー監禁用の秘密基地みたいなものなのかな?

589君の名は(auスマフォ)2018/10/14(日) 13:19:08.29
この男は凄い

590君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 14:21:39.37
もう美月ちゃんはこの男の性的オモチャになるしかないのかな
美月ちゃんでもオマンコ弄られたら嫌でも喘ぎ声だすのかな?

591 【関電 73.0 %】 (玉音放送)2018/10/14(日) 15:50:24.62
美月もこの男に好き放題されるんだよ

592君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 16:19:40.66
美月「ぁぁ…ダメぇ…」
ブルブル…
美月は今の状況に絶望と恐怖を感じていた

俺「ほら…逃げたければ逃げろよ…後ろから追いかけてやるよ…捕まえたら素っ裸にして木の枝に逆さ吊りにしてやるよ…熊や野犬の餌になるかも知れないがな…ふふ」
俺は美月の肩を押し山に逃げるように仕向ける

美月「い、嫌…お願いします…許して…下さい…追い出さないで…ぁぁ…」
美月は現実を知り俺にすがるように懇願しだした

俺「ダメだ!俺を何度も裏切り楯突いたからな!惨めに熊の餌にしてやるよ…ふふ」
俺はわざと突き放した

美月「も、もう絶対逆らいません…許して下さい…お願いします…」
美月はプライドを捨て土下座をする

俺「ふふ…そんなにここにいたいのか!?じゃあ…美月は一生アナタの奴隷になるので美月の体を好きなだけオモチャにして下さいと言えよ!」
俺は美月に奴隷宣言を強要した

美月「ぁぁ…み、美月は…い、一生アナタの…奴隷に…なりますので…み、美月の体を…す、好きなだけ…オモチャに…し、して下さい…ぅぅ…」
美月は完全に精神的に屈伏し俺のオモチャになる宣言をするのだった

593君の名は(pc?)2018/10/14(日) 17:14:50.60
美月ちゃんが奴隷に

594君の名は(pc?)2018/10/14(日) 19:56:59.58
美月ちゃんこれからどんなことをされるのか

595君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 20:00:37.72
廃墟マニアが押し掛けそうな場所だな、アホなユーチューバーなんかに見つからないで欲しい

596君の名は(地震なし)2018/10/14(日) 23:07:03.90
俺「ホラァ!!入るんだ!」
グィッ!
俺は美月の首を掴み部屋の中へ投げ飛ばした

美月「きゃあ!!」
バタン!!
美月は尻餅をつきながら転がった

美月「お、お願い…酷いことしないで下さい…ぅぅ…グスッ…」
美月は涙目で訴える

俺「酷いことされたくなかったら俺の命令をきくんだ!先ずはセットしたカメラの前に立つんだ…」

美月「な、何をするんですか…」
美月はビクビクしながら聞いてきた

俺「美月のストリップショーを撮影するからカメラの前で服を1枚ずつ脱ぐんだよ…ふふ」
俺は美月に屈辱のストリップを命令した

美月「ぁぁ…嫌…は、裸になるのは…お願い…許して下さい…」
美月は胸で手を組み懇願した

俺「ダメだ!俺に逆らったら真夜中の森の中に捨てるからな!早くしろ!」
俺は美月に強く命令する

美月「ぁぁッ…ダメぇ…」
プルプル…
美月は諦めたように下を向き震える指でシャツのボタンを外し始めるのだった

597君の名は(pc?)2018/10/14(日) 23:32:03.71
美月ちゃんこれはつらい

598君の名は(pc?)2018/10/15(月) 02:12:04.17
美月ちゃんのストリップショー

599君の名は(埼玉県)2018/10/15(月) 02:19:29.60
完全に男のペースだな

美月がうまいこと釣って乗り切る道はなかったのか

600君の名は(pc?)2018/10/15(月) 09:00:33.92
美月

601君の名は(地震なし)2018/10/15(月) 12:44:11.84
美月「ああ…いゃあ…」
プチ…プチ…
美月はブラウスのボタンを外し終わった

俺「ほらぁ!!正面向いてブラウスを脱げよ!」

美月「カ、カメラは…撮さないで…ぁぁ…」
美月は脱いだブラウスを足元に置き両手で胸元を隠した

俺「次はキャミソールだよ…ふふ」
俺はカメラを調整しながら指示を出した

美月「ぅぅ…許して…」
美月は目に涙をためながら薄いピンクのキャミソールを後ろを向きながら脱いで頭から抜き取った

俺「ふふ…パンツとお揃いの可愛いブラだね…次は下だね…スカートを脱ぐんだよ」

美月「お、お願いします…カメラは許して下さい…ぅぅ…」

俺「ダメだ!俺に逆らうと…分かるよな!早くスカートを脱いでパンツ丸出しにするんだよ!」

美月「ぁぁッ…嫌…」
プチ…
ジー…
美月はスカートのウエストのホックを外しファスナーを下げた
しかし手でスカートを掴み下に落ちるのを防いでいた

俺「コラァ!!おさえるなスカートから手を退けろよ!!早くしろ!」

美月「ぁぁッ…お願い…見ないでぇ…」
ストンッ…
美月はスカートから手を離した
スカートは下に落ち美月の下半身に食い込んだピンクのショーツがカメラの前に晒されるのだった

602君の名は(pc?)2018/10/15(月) 13:49:07.19
美月ちゃんのパンツ

603君の名は(地震なし)2018/10/15(月) 13:49:12.54
美月がとうとう下着姿に!
ピンクのパンツとブラ…ハアハア

604君の名は(pc?)2018/10/15(月) 18:00:12.35
美月様

605君の名は(大阪府)2018/10/15(月) 20:29:13.08
みっみづき〜

606君の名は(地震なし)2018/10/15(月) 22:23:06.25
俺「ふふ…とうとうブラとパンツだけになったな…どうだカメラの前で…恥ずかしいか!?ふふ…」
スリスリ…
俺はお尻にピッチリ食い込んだショーツの上からお尻を撫でた

美月「いゃあ…さ、触らないで…ぁぁ…」
美月はお尻を小刻みに振って俺の手から逃れようとした

俺「逃げるなぁ!触り心地を確かめさせろよ!」
ムニュ…ムニュ…
俺は美月を恫喝しながら尻の肉を握りしめ柔らかさを確めた

美月「や、やめてぇ…お願い…ああん…」
ビクビク…
美月は抵抗できずに体を震わせながら堪えている

俺「なかなか柔らかいな…パンツの中はどうかな…ふふ…」
俺はショーツの上から手を差し入れ直接お尻の割れ目に指を入れた

美月「ダメぇ…お願い…嫌…」
美月は尻に力を入れて指の侵入を防いだ

俺「抵抗するな!」
バシ!!
俺はショーツの上からお尻を叩いた

美月「お願いします…許して…」

俺「うるさい!ほらぁ!!足を開いて前屈みになるんだよ…動くなよ!」
俺は美月が尻に力を入れられない体制にした

美月「いゃあ!!許して…ぁぁ…」

俺「これで抵抗無く美月の肛門の触り心地を確かめれるな…ふふ…」
俺は再度ショーツの上から手を差し入れお尻の割れ目にそって指を這わすのだった

607君の名は(地震なし)2018/10/15(月) 22:52:24.24
ああっ、美月ちゃんの校門が指ズボされてしまう・・

608君の名は(玉音放送)2018/10/15(月) 23:01:11.84
美月もブーって音出して屁をこくのかな

609君の名は(東京都)2018/10/15(月) 23:05:05.95
>>608
無粋だねえ もっと上品に行こうじゃないか

610君の名は(pc?)2018/10/16(火) 02:11:37.21
美月のパンツの中に手を突っ込みたいです

611君の名は(茸)2018/10/16(火) 02:15:31.53
与田ちゃんと真夏の時もここだったんかな

612君の名は(pc?)2018/10/16(火) 09:11:08.83
美月

613君の名は(地震なし)2018/10/16(火) 09:35:04.30
パンツ見られたくらいで騒ぐなよ、どうせ写真集を出せば下着は見せるんだから

新着レスの表示
レスを投稿する