村上春樹の本を読んだけど内容がなくてビックリした

1吾輩は名無しである2013/10/30(水) 15:00:24.31
こんなのがノーベル文学賞候補で日本を代表する作家だって?


ラノベやミステリーで苦労して書いている人達のほうが凄いよ。
彼らは人を驚かせたり喜ばせる話を、日夜必死に考えてる。


バブル時代を生きたような青年ののんびりとした人生哲学なんてくだらないよ。

298吾輩は名無しである2017/10/19(木) 07:57:26.25ID:QPbngsZC
村上春樹「1Q84」BooK1より引用


「現実はいつだってひとつしかありません」、書物の大事な一節にアンダーラインを引くように、運転手はゆっくりと繰り返した。

「もちろん」と青豆は言った。そのとおりだ。ひとつの物体は、ひとつの時間に、ひとつの場所にしかいられない。アインシュタインが証明した。
現実とはどこまでも冷徹であり、どこまでも孤独なものだ。


    ↑

アインシュタインがそんなこと証明していない
気取っているけど物理学を全く理解できていない事がわかる
理解してない上に不正確で意味も不明
これが村上春樹の知能だと分かる文章だね

299吾輩は名無しである2017/10/29(日) 04:44:08.12ID:GT6i+EPt
小説なんだからそんなことは問題ではないよね

300吾輩は名無しである2017/10/29(日) 04:45:24.38ID:GT6i+EPt
つか、理解してななら不正確だろうよ
「理解してない上に」といってる君が言葉を使えていない

301吾輩は名無しである2017/11/09(木) 15:08:48.99ID:wrFA+T4q
理解していないのは科学全般を理解していない
不正確なのは証明したと称する理論の内容の説明が不正確

別のことだよね

302吾輩は名無しである2017/11/09(木) 15:33:55.12ID:7YlhHJjz
他の学問間違って利用する人間の書くものだってことがわかる

303学術2017/11/09(木) 21:22:13.98ID:WLlgaMTY
速記速読の時代だもんな。海へのカフカはBUSだったけど。

304吾輩は名無しである2017/12/28(木) 12:54:29.50ID:6xPq9UH6
>>1
もう何万回もそこら中で言われてることだが

村上春樹が理解できないと言う奴は
己のI.Qがかなり低いと公言しているようなもの

I.Qだから、努力しても無駄
理解できないやつは村上春樹を読まなければいい

それだけのことだ

305吾輩は名無しである2018/03/31(土) 13:29:44.43ID:c2GhtYdB
磯田秀人
風呂に浸って菊地成孔の「アフロ・ディズニー」を読んでいて思わず飛び上がりそうになった。
村上春樹は小説で必要なのは意味性ではなく音楽でいう倍音のようなものと書いているが、
映像にも倍音があると書いている人がいた。それはセルゲイ・ミハーイロヴィッチ・エイゼンシュタインです。
2010年1月27日

陰キャのくま
僕の一番好きな菊地成孔による村上春樹の言及は……
→スペインの宇宙食の日記欄外のイタリア料理のコトレッタについて
日本で最も早く紹介したのは村上春樹と山下洋輔のエッセイで、
前者が存在を知らない日本の読者のために丁寧に解説されているのに対して
後者はかっこ書きでトンカツとある、という注釈
2017年6月4日

ねこ美
サブカル志向のワイの本棚村上春樹と三島由紀夫と菊地成孔が同居している
#読書
http://pbs.twimg.com/media/DP2kNbhUEAAogLR.jpg
2017年11月29日

306吾輩は名無しである2018/04/16(月) 01:09:54.37ID:MDYsCEHE
>>228
意味ないから、自分の体験をデフォルメして書いただけなんかな。

307吾輩は名無しである2018/04/16(月) 10:15:14.21ID:m86uSe82
>>101
こんなんじゃないですよ。普通は。

308吾輩は名無しである2018/04/20(金) 10:05:34.38ID:hFQQGKx0
安岡章太郎(1920年4月18日 - 2013年1月26日)
『文士の友情 吉行淳之介の事など』新潮社 2013

「まず村上春樹、さしあたりあの男が昭和初期の龍胆寺雄さ」
「村上が龍胆寺雄なら、島田雅彦は吉行エイスケさ」

309吾輩は名無しである2018/07/21(土) 14:37:51.57ID:y1Hd0q4L
【 &⇒ふ 】 御用学者が漢字由来と捏造中のカナ文字、実は <へブル文字> だと知ってましたか?
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1532140889/l50



『 ふ 』って変な文字だね? 本当に日本語かな?

310吾輩は名無しである2018/07/21(土) 18:48:48.66ID:rwPeyoLy
ん?

311吾輩は名無しである2018/07/22(日) 15:01:55.04ID:QMIJGzJU
>>190
秀逸

312吾輩は名無しである2018/09/23(日) 17:56:49.22ID:z/5chTc5
とりあえず熱量のない作品量産してんなとしか思わん
バルザックあたりと比べると本当にきつい
チャンドラーもすかしたキャラだらけだけど、あれは時代背景を描けてたからまだ読めた
村上春樹の小説、特に最近のは、筆力で引っ張ってるだけで中身は本当にスカスカだと思うわ

313吾輩は名無しである2018/09/24(月) 12:48:52.08ID:6o2j6u7g
デビュー作の冒頭だけ読んどけば良い気がする。

314吾輩は名無しである2018/10/18(木) 21:03:19.05ID:gp3cNWEJ
アンダーグラウンドは良かった。個人的な心情をできるだけ省いた小説家のノンフィクションで春樹臭がなく頭の中で映像化しやすい。自身は死刑反対らしいけどオウムの死刑執行だけは納得…とかなんとか仰ってたね。はぁ?だよね。

315吾輩は名無しである2018/10/19(金) 00:55:25.08ID:1AjcTUji
どうだろね
懸命に生きる平民たちみたいな視点で平板に感じた

316吾輩は名無しである2018/10/19(金) 18:19:14.97ID:FImRRWvv
>>315
多かれ少なかれ、誰でも表現者は何かを公に表現したり発表したりするときは、承認欲求のほかに大衆にあれこれ啓蒙しなくちゃみたいな自惚れがあっても不思議じゃない。

317吾輩は名無しである2018/10/30(火) 18:34:00.62ID:NE/jHDOR
普通の人々が生きてたことを記録に残した
かったみたいなこと書いてたけど、やっぱ
ノンフィクションだからつまらん。被害者
の人には申し訳ないが

318吾輩は名無しである2018/10/31(水) 21:15:45.29ID:xntK/AGs
米の翻訳者ら30人超に取材したノンフィクション『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』(みすず書房)で舞台裏に迫っている。(海老沢類)

■「同時代性」強調

「翻訳を出す際、村上さんは、ほかの多くの作家のように政府や財団の支援を受けていない。どう世界に売り出したのか? それを知りたくて当時の翻訳家たちに会っていくと、彼らの物語がすごく面白かったんです」と辛島さんは言う。

本書の主役は、村上作品の英訳を最初に手がけたアルフレッド・バーンバウムさんや、出版元の講談社インターナショナル(当時)編集者だったエルマー・ルークさんといった裏方たち。
1997年に英訳された長編『ねじまき鳥クロニクル』で英語圏での評価を確立するまでの十数年に焦点を絞り、個性的な出版人の群像を村上さん本人へのインタビューも交えて描く。

村上さんが長編『羊をめぐる冒険』の英訳版で米国デビューを飾ったのは1989年。日本では『ノルウェイの森』が大ベストセラーとなっていたが、米国ではまだ無名の新人。
そこで訳者のバーンバウムさんらは原作に大胆に手を入れていく。
〈1970/11/25〉といった章タイトルをはじめ、1970年代に結びつく記述を削除し、作品の「同時代性」を強調する戦略をとったのだ。
■ビッグ3の「後継」
数ページ単位で文章を刈り込んで物語のテンポを上げたり、村上作品の特徴でもある奇抜な比喩表現をばっさり削ったり…。
大がかりな再編集は、英語圏2作目となった『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の英訳版などでも行われた

319吾輩は名無しである2018/11/05(月) 22:46:40.12ID:F/cSDmUv
村上春樹で面白いのは[ノルウェイの森]と[国境の南太陽の西]だけ。
後は、内容無い。読んでもすぐに忘れるくらいつまらない。

320吾輩は名無しである2018/11/13(火) 06:28:20.99ID:xRYUU8HH
つまらないつまらないって言われてるけど
実際売れてるのはなぜなのか?

321吾輩は名無しである2018/11/14(水) 20:36:26.10ID:UAHnMAKe
内容がないとか的外れな批判をする人間はただ読解力がなくて、物語性の中から情報を汲み取る力がないだけ。そういう意味で村上春樹はパッシブに読書を楽しもうとする人間には向かない。ただそれだけのことですよ。

322吾輩は名無しである2018/11/14(水) 20:44:29.07ID:UAHnMAKe
>>228悪意バリバリで草
君、要約のセンスあるわ

323吾輩は名無しである2018/11/14(水) 21:06:15.10ID:IlZdV0Ik
「あなた、わたしのことなんか全然あいしてないのよお」

  とか

「もお、いいのお」

と言われて去られても
しばらくすると「ちょっといい?」と電話で連絡がきて
セフレとしてズルズルと付き合っていくうちに
別の女と良い仲になる

こういうことは世間ではよくある話で
そういう女に限ってメンヘラ傾向であることが多く
この種の女によくあたる男も多い

324吾輩は名無しである2018/11/14(水) 22:22:23.00ID:YgPfeDez
>>323君は一体どこからそのよくある話を持ち出してきたのかな? 自分の妄想を現実と混同しちゃダメだよ

325吾輩は名無しである2018/11/19(月) 08:18:44.01ID:tNYK8F5M
村上さんの書くものに内容がない、だから彼は売れているんだよ。
そこを気付かなければ ( ´艸`)

326吾輩は名無しである2018/11/19(月) 11:01:01.18ID:Cnh1d1cR
>>325
どんな物語にも内容はあるんだよ。そこを読み取れなければ、読書に向いてないか作品が合わないというだけの話なのよ

327吾輩は名無しである2018/11/19(月) 15:38:22.04ID:QBeGAy1S
>>325
君には赤川次郎あたりが向いていると思うで。

328学術2018/11/19(月) 20:14:26.47ID:RTN5uslp
論旨を抜き取る感じで。

329学術2018/11/19(月) 20:14:46.84ID:RTN5uslp
ダブ ル 

330学術2018/11/19(月) 20:15:06.12ID:RTN5uslp
ト リフレ

331吾輩は名無しである2018/11/20(火) 06:00:39.69ID:UFQ81Sy7
カズオイシグロはどうなの?

332吾輩は名無しである2018/11/20(火) 12:44:23.30ID:oZor4Gm8
>>331
いい意味でストーリー小説って感じ。同時代作家として村上春樹と比肩されるような感じあると思うけど、小説のタイプは全然違うかな。強いて言えば、村上春樹よりもずっとチャンドラー色が強いと思う。

333吾輩は名無しである2018/11/20(火) 12:45:15.43ID:oZor4Gm8
そもそも村上春樹って言うほど、チャンドラーっぽくはないと思うんだけどな。

334吾輩は名無しである2018/11/22(木) 00:28:26.44ID:qZxDVnGF
アメリカの影響って表面的なものだと思う
好きなんだろうがね
春樹を感じたくてチャンドラーだのフィッツジェラルド読んでもしょうがないと思う

335吾輩は名無しである2018/11/26(月) 19:39:36.50ID:GPDbnsXG
チャンドラー訳しているけどね、

336吾輩は名無しである2018/11/26(月) 20:46:47.89ID:OwbZG8x9
イシグロもチャンドラーは遠いな

337吾輩は名無しである2018/11/28(水) 09:26:04.22ID:KgwKQlhq
チャンドラー大好き人間、てことよ

338吾輩は名無しである2018/11/28(水) 12:03:38.62ID:6wxl8reF
感覚的なことを楽しむ作家だし。川上ミエコも。

339吾輩は名無しである2018/11/28(水) 12:28:58.35ID:fQVbOWa1?2BP(1000)

>>338
村上春樹はその内容をどれだけ取り込めるか、で面白さが分かれる作家だと思う。そういう意味で他のエンタメ作家とは一線を画すんじゃないかしらね

340吾輩は名無しである2018/11/28(水) 19:06:29.35ID:kzNCiBLM
イシグロ読んだらひとつ古い作家に感じちゃったな

341吾輩は名無しである2018/12/07(金) 16:27:14.03ID:d87Wr6tu
感じるんだよ。読むのではなくてね。

342吾輩は名無しである2018/12/08(土) 00:01:07.39ID:QECSkYlr
ボンボン育ちだけあって都市文化の洗練には精通している。
普通の高学歴インテリとはちょっと違うのが春樹。

343吾輩は名無しである2018/12/08(土) 00:50:37.63ID:wWgbp6bo
春樹は自分の手柄にしようとするから駄目だな

344学術2018/12/08(土) 10:39:50.25ID:2mBP6U1E
特別な書体で書いてあるから、共感して読むものでもないだろう。
内容がなく感じるのは文字の働きがそれなりにいいからだよ。

345吾輩は名無しである2018/12/08(土) 17:46:22.75ID:De2SY6ag
いくらなんでも書体は変わらないと思うよ
春樹専用の書体で印刷はしないからね

346吾輩は名無しである2018/12/08(土) 19:49:53.41ID:PPnaV5dR
電子化されたからノルウェイの森のさわりだけ今さら読んだけど
「(セリフ)」と言った(言いながら、つぶやいた他)調の文が多くて脳みそ溶けそうになった

347吾輩は名無しである2018/12/09(日) 10:46:48.57ID:mLf2jfBg
内容がどうの、と言ってる時点でナンセンスだ。

348吾輩は名無しである2018/12/10(月) 15:26:17.41ID:UJ7KMCQ2?2BP(1000)

>>347
賛否いずれにせよ、評してる時点でナンセンスだろ

新着レスの表示
レスを投稿する