★★★大江健三郎スレ★★★ [無断転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2017/01/17(火) 15:22:21.54ID:a7+N7ozt
晩年様式集文庫化

371P ◆.uKag/vUmY 2018/02/09(金) 23:51:38.41ID:IiLJysoe
>>370
ここでそのネタであんま言い争いたくないな。この話こそつまらないし。僕の負けでいいよ。

372吾輩は名無しである2018/02/10(土) 08:02:04.78ID:jlic5soy
議論の仕方がフェアじゃないのは明らかに話を持ち出した人間が
議論を進めないことでしようね
しかも悪質なのは、自分から議論を仕掛けたのに
2chは議論に向かないのにマジになるの?とか僕の負けでいい
とか自分のほうが高みに立ったような言い草でで人を小馬鹿にして議論をかわす
ただその人突いてもポストモダン批評家がそういっているから
という以上はでてこないでしょうね
だから上記の対応になってしまう
実際のなんかの著作を挙げてこの論がいかに駄目かとか
本来言い出しっぺが言えるはずなんだよ
でもそこは頑なに拒否するのは結局具体的著作にあたってないからでしょ

373吾輩は名無しである2018/02/10(土) 17:36:51.55ID:nRtJgTVW
Pが大人の対応していて笑った
時代も流れるんだな

374吾輩は名無しである2018/02/10(土) 18:16:17.49ID:N4cFaLUC
>>373
ああいうのを認める人もいるのか・・・w

375P ◆.uKag/vUmY 2018/02/10(土) 18:26:27.47ID:NYJEJSin
分かり合えない人も世の中には沢山いるという認識は大切だよ。しかし、このスレの状況はどうなんだろうね。決して面白くはないけど、「反日極左の大江は日本人の敵!」みたいなコピペが延々と続くよりはマシなのかな(笑)

376吾輩は名無しである2018/02/10(土) 23:46:07.04ID:w6MsP4sj
高2で初の純文学として初期短編を読んであまりの面白さに衝撃を受け、万延元年で絶頂しアグイー以降失速した
同じような人はいないだろうか?

377吾輩は名無しである2018/02/11(日) 00:29:59.37ID:nAoteMzS
>>376
はーいw

378吾輩は名無しである2018/02/11(日) 11:10:50.42ID:qHs6P37i
・同時代ゲーム
・懐かしい年への手紙
・取り替え子チェンジリング
長編はこの三つはマスト

80年代以降の短編集は
・僕が本当に若かった頃
を推したい

379吾輩は名無しである2018/02/13(火) 01:26:54.93ID:a7rWD6Mi
>>378
他人に無駄な時間を送ることを勧めるって
大江読者って悪魔なんじゃないだろうか?

380吾輩は名無しである2018/02/13(火) 09:26:05.98ID:SpQHvZrL
>>379
大江を読むのは無駄?

381吾輩は名無しである2018/02/13(火) 09:40:01.49ID:/hi4fiRE
>>379
腐れチンポ
てめえみたいなのウバイド区の
書いていいスレじゃねえぞ
身分をわきまえろ
腐れマンカスでも食ってろ
腐れ積んぽ
精神的な病院にでも措置されよう命令的思考なんだぞ
許されんぞ永遠に

382吾輩は名無しである2018/02/13(火) 18:56:09.11ID:xr7ZZ9aT
水死と宙返りは結構良かった

383吾輩は名無しである2018/02/14(水) 20:41:06.02ID:PG6VStKb
★★★大江健三郎スレ★★★ [無断転載禁止](c)2ch.net
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/book/1484634141/
わいはここでバトルするで

384吾輩は名無しである2018/03/25(日) 11:14:33.92ID:rXCkG8rs
岩波文庫編集部
【5月の刊行予定】

『キルプの軍団』(大江健三郎)
『燃える平原』(フアン・ルルフォ/杉山 晃 訳)
『失われた時を求め(12) 消え去ったアルベルチーヌ』(プルースト/吉川一義)
『二十四の瞳』(壺井 栄)

(※書目,刊行時期は変更される場合があります.)
2018年3月20日

385吾輩は名無しである2018/03/31(土) 09:47:19.84ID:c2GhtYdB
冬乃郁也@春から新連載!
大江健三郎を読んだときの「さらさらと文章を読めてしまうのに、
全く内容が理解できない」というアノ衝撃は忘れられない。
同じ日本語で、しかも特に難解な言葉や表現を使っていないのに、全然意味が分からず3回読み返した。
ラノベ系は、表現が難解(名前とか)なのと時系列が混乱して3回読み返す。
2012年1月22日

386吾輩は名無しである2018/04/02(月) 19:15:15.34ID:fo3GlWlP
大江健三郎とディケンズ
─『キルプの軍団』を中心に─*
井 原 慶 一 郎
http://www.dickens.jp/archive/general/g-ihara.pdf

387吾輩は名無しである2018/04/14(土) 15:58:59.19ID:ocBSK70U
>>385
自分の感覚だと大江は見た目からゴツゴツ実際もゴツゴツ読みにくい
サラサラ難読は90年代からの古井由吉
あれはどういう仕掛けでああなるのか?

388吾輩は名無しである2018/04/14(土) 16:41:15.97ID:BLXo0s7C
>>387
大江の文章が難しいとかは思ったことがないなあ。

ある時期までは、とても普通の緊張感のある文体という印象。
その後は、ダラダラとした焦点の定まらない(定めたくない)ような文体に変わる。

私生活上の変化なのかな、と思ってる。

389吾輩は名無しである2018/04/14(土) 18:40:50.52ID:ocBSK70U
万延元年、同時代ゲーム、新しい人よ、あたりはそれぞれ文体は違うが
読みにくいように思う
最初期と断筆復帰後は素直な文章で読みやすい

390吾輩は名無しである2018/04/14(土) 20:25:53.86ID:UxW6bMAP
>>384
>『キルプの軍団』(大江健三郎)

たしかに佳作ではあるが
「同時代ライブラリー」の文庫落ちというのが実情だろう
岩波文庫(つまり殿堂入り)なら初期代表作である
「芽むしり仔撃ち」を策を講じてでも出すべき

391吾輩は名無しである2018/04/14(土) 21:27:06.22ID:ImG8uAmB
わかる
70年代の電波ビンビンの頃のやつも岩波入りしてほしい

392吾輩は名無しである2018/04/14(土) 23:34:23.14ID:OjiwlmX7
講談社の決断には敬意を表するけど、「政治少年死す」は文春文庫で出すのが日本の良心だと思うけどね。

それができないようでは、日本は戦前並みの低俗国家が続いているということになる。

393吾輩は名無しである2018/04/15(日) 00:29:00.84ID:1YhLXiF0
岩波文庫には自薦短編集ががっつり入ったばっかりだから短篇はむつかしいかもね

個人的には読めれば岩波でも文芸文庫でも新潮でも構わないけど

394吾輩は名無しである2018/04/15(日) 03:24:43.28ID:1lMkF6R4
政治少年死すだけを目当てに大江全集買う予定

395DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/15(日) 07:24:16.92ID:DD0dvWK4
江藤淳の方ができてると思うよ。

396吾輩は名無しである2018/04/15(日) 07:50:02.51ID:ANfeG84P
政治少年死す
はネットで読める
そしていい作品でもない
無駄に少年をディスってる場面だけが問題なだけの気がする
その部分がなくても成り立つと思う

それだったら風流夢譚の
皇太子の首をちょん切っちゃうみたいな
ほうが全体に恣意的ですごいと思う

よくこんなの出版したなと思う
でも確かに死人は出ると思う

397吾輩は名無しである2018/04/15(日) 09:48:59.20ID:GNI4mSf9
岩波で一度でたシリーズが岩波文庫いりするなら次は怪作、治療塔なのか
いかに木を殺すか、をどこかすくいあげて欲しいんだけど

398吾輩は名無しである2018/04/15(日) 12:09:20.17ID:gHX8Vh+z
>>396
無駄に?
少年の心理の追及が?
バカウヨは自分の心情をえぐられているような気がするから、大江を嫌うんだよねw

左右中間どの人間を扱うにしても、心情にメスを入れない文学こそ存在価値がない。

399DJ学術archive gemmar髭白紫の上 洋楽者2018/04/15(日) 17:06:57.33ID:DD0dvWK4
とうだいおのぼりさん。

400吾輩は名無しである2018/04/15(日) 18:50:00.30ID:6JV+ie04
だいたい流れとしては

性的人間→セヴンティーン→政治少年死すであり

これは大江がエッセイなどで述べていた
政治的人間/性的人間という図式を作品化したものだから
バラバラにして読ませるのは良くない
痴漢や右翼テロリストを扱っているのでキワモノ扱いされるのだけど
「敗戦」や「冷戦」で去勢されて私生活(特にセックス)に埋没していく
日本人の姿を上手く描いている

まあ、そういうメッセージを読み取れない人間が多いのだけど
いわゆる右翼の心情を道徳的にではなく
セクシュアリティの側面からとらえたのは鋭いし
これは後年の「M/Tと森のフシギ」にもつながる
たしかに一連の作品はちょっと露悪的だとは思うけど
わりと重要な作品群です

401吾輩は名無しである2018/04/16(月) 07:32:30.90ID:fs8Cyovd
>>398
勝手に心理の追求と決められても
右翼と決められても
大江を嫌ってると決められてもまとめて全部困るし
そういう書き込みに反論する気にもならんわなー WWW

402吾輩は名無しである2018/04/16(月) 09:19:10.63ID:oilPFCmq
>>401
政治少年死すが右翼少年の心理の追求であることは間違いない。
心理というより心情という言葉の方が適切だとは思う。
なぜ右翼であるのか、なぜ自分を客観視することができないのか、そういう主題だ。

君が右翼でもなく、大江が嫌いでもないのに、「いい作品でもない」「その部分がなくても成り立つと思う」なら、小説の読み方に欠陥があるんだろう。

403吾輩は名無しである2018/04/16(月) 23:22:18.41ID:Q5ciH3zE
>>401の肩もつわけじゃないけど
心理小説としか読めないって19世紀で止まってる

404吾輩は名無しである2018/04/16(月) 23:28:42.68ID:Cpu0pZCZ
>>403
心理小説?

なんの分類?

405吾輩は名無しである2018/04/17(火) 12:37:24.81ID:pIDTWmuQ
大江は20世紀的な読みで満足できるような作家ではない

406吾輩は名無しである2018/04/21(土) 07:35:43.16ID:Pt6hg4Wk

407吾輩は名無しである2018/04/29(日) 09:49:37.01ID:G6OSz7IP
レイテ戦記(一) (中公文庫 お 2-13)
大岡 昇平 (著)
出版社: 中央公論新社 (2018/4/20)

解説 大江健三郎(岩波書店版全集より再録)

408吾輩は名無しである2018/05/03(木) 18:00:02.57ID:QRyD6owI
古井氏との対談、文学の淵〜、文庫になってたんだね
遅ればせながらもとめてきた

409吾輩は名無しである2018/05/06(日) 10:51:53.51ID:dW3Ez71H
全集発売決定記念で今日の読売新聞に略歴載ってたんが、
「実妹と結婚」ってマジか!?

410吾輩は名無しである2018/05/06(日) 10:55:35.86ID:75X4M2yP
>>409
伊丹十三の妹だろ?

大江の姉の夫の妹だから、血縁もない。

411吾輩は名無しである2018/05/06(日) 11:06:51.31ID:dW3Ez71H
あ、なんだ伊丹って人名か。
地名の方だと思った。
時代の混乱でなんか抜け道でもあったのかと、

412吾輩は名無しである2018/05/06(日) 11:20:24.49ID:75X4M2yP
>>411
あなたは近親相姦マニア?

普通はそんな読み方しないし、伊丹十三のことを知らない人も珍しい。

413吾輩は名無しである2018/05/06(日) 11:33:58.36ID:dW3Ez71H
伊丹十三より伊丹空港の方が身近なもので、

414吾輩は名無しである2018/05/06(日) 16:25:12.41ID:RkmrRD/i
同時代ゲームが頭にあるとそういう誤読するかもね

415吾輩は名無しである2018/05/06(日) 19:59:59.47ID:Ok1RZtnd
ここまでのボケは新鮮w

416吾輩は名無しである2018/05/07(月) 08:43:41.52ID:bgagWTVX
韓国の文統領はバカですか?
南北会談後韓国教育部また北朝鮮を配慮し、歴史教科書に北に関する不利の部分を削除、
北朝鮮は正当な政権と改悪するそうです。
この民族は何の信条を持ってるか?分からない、何れにしても、ご都合の良い時、調子に乗る、ご都合の悪い時、嘘歴史を作る、兎に角お金が欲しい。
なのにパヨクな作家は北や韓国の批判はしないし書きませんよね

417吾輩は名無しである2018/05/07(月) 14:59:11.60ID:QQ5mVB9Y
>>416
それぞれの国にはそれぞれの歴史があり、それぞれの歴史に対する見かたがある。

もちろん、日本にも日本の歴史と見かたがあるが、日本は、国際的には偏狭な歴史の見かただと思われている。

418吾輩は名無しである2018/05/25(金) 22:02:30.09ID:lhQgQiQ9
spartacus
大江健三郎、友人の編集者の話だと、アル中が進んでいて、もうたぶん新作は出ないだろうとのこと。
『全小説』買おうかという気にもなるが、やはり淋しい。
「ファシスト」にも「過激派」にも(オウムにまで?)
あれほど同伴しつづけた大江の「戦後民主主義」って何だったのか、と思う。
2018年5月16日

419吾輩は名無しである2018/05/26(土) 21:30:48.75ID:CZHw7ati
>>418
アル中になったら戦後民主主義が否定されんのかよ
どういう思考回路してんだ

420吾輩は名無しである2018/05/27(日) 01:28:16.36ID:mKZzfsJU
>>419
晩年アル中になってんのが受け入れられないだろ戦後民主主義まで持ち出すのは大げさ

421吾輩は名無しである2018/05/27(日) 02:31:36.31ID:Y8PfbAnw
受け入れられるかは個人の感想だろ
もともと大江は若い頃睡眠薬中毒だったんだから不思議な話ではないし受け入れられないなんてことはないけどな
戦後民主主義云々というのは大げさとかそういう話ではなくただのバカ

新着レスの表示
レスを投稿する