三島由紀夫Part56

1吾輩は名無しである2018/10/28(日) 12:10:27.88ID:0OlOqO/K
戦後最大の作家、三島を語ろう

前スレ
三島由紀夫Part55https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/book/1523012392/

2吾輩は名無しである2018/10/28(日) 12:13:32.89ID:0OlOqO/K
三島初の紀行文集が岩波で文庫化

3吾輩は名無しである2018/10/28(日) 12:15:49.61ID:0OlOqO/K
晩年に書き上げた小説を原作とする舞台が、2本立て続けに上演される。ひとつは畢生の大作である「豊饒の海」。もう1作は、エンタメ度が最も高いと言われる「命売ります」だ。

4吾輩は名無しである2018/10/28(日) 14:26:14.64ID:8p04Xei3
| |そ〜〜・・・
| |∧_,,∧
|_|´・ω・`)
|桃|o乙o
| ̄|―u′
""""""""""
| |
| | ∧_,,∧
|_|(´・ω・`)
|桃|o  ヾ
| ̄|―u′>>1乙 <コトッ
""""""""""""""""
| |
|_|  ピャッ!
|桃|ミ
| ̄|   >>1
""""""""""""""""

5吾輩は名無しである2018/10/28(日) 14:27:25.44ID:8p04Xei3
山崎 "リスペクト" 行太郎主没注意!

6吾輩は名無しである2018/10/28(日) 14:33:48.98ID:8p04Xei3
間違えた、「出没」

三島の純文学小説はどれもいかにも拵え物という感じ
けれども娯楽小説はふつうに面白い
最高傑作は『夏子の冒険』かも知れぬと吾輩は愚考す

7吾輩は名無しである2018/10/28(日) 14:41:48.42ID:G2Tg1SLz
とりあえず、>>1

8吾輩は名無しである2018/10/28(日) 19:59:11.93ID:p2E35tEH
でも一番豪奢で面白いのはエッセイだな。
あるいは,なだいなだが言っていたように「彼は小説よりも批評の方がずっと優れている」。
("彼" とは誰のことか名前は出してないけど明らかに三島のことだ。)

9吾輩は名無しである2018/10/28(日) 22:28:15.37ID:Ol9HMsvh
エッセイがいいに一票。
三島のすごさは言葉による表現力にあると思う。その長所はエッセイでも
つかエッセイのほうが効果発揮できてると思う。
小説、戯曲のほうはなんだか筋が変つか特殊な題材扱ってるというか
あまり普遍性がない希ガス。

10吾輩は名無しである2018/10/28(日) 22:33:11.14ID:HrnogDnb
エッセイだと結構ユーモアもあるしね。

福田恒存は新潮文庫『仮面の告白』で「豊穣なる不毛,そんな気がする」などと書いているが,これは褒めてんのかな。

11吾輩は名無しである2018/10/28(日) 23:15:25.88ID:dPYTFFBY
不道徳教育講座から入ったから何読めばいいかいまいち分からんわ

12吾輩は名無しである2018/10/29(月) 05:40:12.15ID:tXyByHan
読点にカンマ使ってるのが気持ち悪い

13吾輩は名無しである2018/10/29(月) 09:26:38.33ID:nPkHelHN
>>12
日本語を横書きにするときは、カンマ(,)ピリオド(.)が原則。
例外的に読点(、)句点(。)も認められる。
「公用文の書き方」にはそう書いてあったな。

頭の弱い官僚が、漢字廃止論者に怒鳴られてそう決めたんだろう。

14吾輩は名無しである2018/10/29(月) 14:03:14.94ID:25BxfVmC
しかし自分の三島が「仮面の告白」を書いた時、家族はどう思ったんだろうな。

15吾輩は名無しである2018/10/29(月) 16:05:41.74ID:vJgxmDxL
まともな反応するような家族だったらあんなの書く人産みだしてないと思うわ

16吾輩は名無しである2018/10/29(月) 18:51:14.06ID:F0RluIKE
>>11
『をはりの美学』は如何? 大分落ちるけど。
も少し歯ごたえのあるものなら『小説家の休暇』。
どちらも文庫本で読める。

17吾輩は名無しである2018/10/29(月) 22:31:01.65ID:F0RluIKE
スプーン一杯のしあわせ

18吾輩は名無しである2018/10/30(火) 08:13:27.50ID:2n6Q5/GG
「太陽と鉄」が三島の最高傑作だろう。

19吾輩は名無しである2018/10/30(火) 08:37:12.47ID:NGZH22Xk
大きな陽物とケツだと?

20吾輩は名無しである2018/10/30(火) 08:38:27.08ID:NGZH22Xk
太い陽物とケツかw

21吾輩は名無しである2018/10/30(火) 16:15:23.77ID:xYIuYr42
>>9
三島は事前情報仕入れておくと読んでて
だいたい展開読めてくるのが退屈
こんな感じだろうなってマジでその通りになる

個々の好きな描写とか見通しの良い文章
楽しめばいいのかな

22吾輩は名無しである2018/10/30(火) 16:30:05.29ID:C3K1fbcW
('・c_,・` )

23吾輩は名無しである2018/10/30(火) 16:50:37.74ID:TTnjJvdy
↑これにさわってはいけません。

24吾輩は名無しである2018/10/30(火) 16:55:33.29ID:TTnjJvdy
おれは見ないから知らないが、芝居はどうだい?
『サド侯爵夫人』はフランスではよく上演される人気演目だそうだが。

25吾輩は名無しである2018/10/30(火) 19:34:45.85ID:NGZH22Xk
>『サド侯爵夫人』はフランスではよく上演される人気演目だそうだが。

wikiにもそんなこと書いてたが、そうでもないらしいよ。
今更本場で東洋の作家の演劇を取り上げるなんてちょっと思えない。
「わが友ヒットラー」なんかも西洋人にはすごくキャラが日本的(つまり非西欧的)に見えるらしい

26吾輩は名無しである2018/10/30(火) 20:37:04.93ID:W16c4O2l
ふーん。
「きゃりーぱみゅぱみゅが海外で大人気」みたいなもんか。
せめて BABY METAL くらいは行かないとなあw

『鰯売恋曳網』は結構再演されてるみたいだね。勘九郎版とか。

27吾輩は名無しである2018/10/31(水) 18:09:31.47ID:nVImV+N5
歌舞伎通にはゲテモノ扱いされてるけどねw

28吾輩は名無しである2018/10/31(水) 18:54:53.65ID:TOrky1tL
歌舞伎自体がゲテモノなんだから目くそ鼻くそですよ

29吾輩は名無しである2018/11/01(木) 11:27:06.28ID:U6Pfwc1Z
読む分にはともかく演る分の1番人気三島劇は『鹿鳴館』だろうね。

30吾輩は名無しである2018/11/01(木) 12:51:29.04ID:oOKrt2cJ
三島読むなんて時間の無駄、
限りある時間、他に読むものあるだろう

31吾輩は名無しである2018/11/01(木) 14:13:25.83ID:dBKsR5oM
古典読むわな普通に

32吾輩は名無しである2018/11/01(木) 14:19:17.00ID:whpnS+hK
>>31
なぜ古典が好き?

33吾輩は名無しである2018/11/01(木) 16:17:24.51ID:dBKsR5oM
読み飽きないで感動できるから

34吾輩は名無しである2018/11/01(木) 18:53:02.47ID:huPtEhyf
>>33
人それぞれだが、それは古典に限らないだろ?

あなたの場合は、古典にしかその対象がないの?

35吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:08:21.60ID:dBKsR5oM
人それぞれだよ
だから古典を推薦している

36吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:14:25.18ID:huPtEhyf
>>35
具体的にはなに?
余計なお世話にならないためには、具体的な対象を出さないと。
太宰治は、19世紀ロシア文学を読んでおけば間違いない、と言ったが、漠然としているようで、実はかなり具体的だ。

37吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:26:50.49ID:dBKsR5oM
個人の好みをひとつだけあげると
モダニズムにおけるThe Weste Landだな
これがモダニズムの古典

古典はいっぱいあるから色々挑戦すればいい

38吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:27:19.19ID:dBKsR5oM
Wasteな

39吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:29:31.18ID:huPtEhyf
>>37
それが古典?

古典の範囲も、ずいぶん広くなったものだ。

40吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:37:57.40ID:dBKsR5oM
典範化の下限ギリギリがモダニズムだよ
狭義の古典ならギリシャローマのみだがな
ポイントはそこじゃない

41吾輩は名無しである2018/11/01(木) 19:43:45.02ID:huPtEhyf
>>40
>狭義の古典ならギリシャローマのみ

今度は思い切って狭くしたもんだね。
中国の古典や日本の古典はどうする?

あなたが言いたいのは、古典ではなく、評価の定まっている作品ということみたいだね。

42吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:02:47.20ID:dBKsR5oM
言葉が違って悪いがclassicはギリシャローマだよ

それに古典は評価がかなり定まっているから古典
The Waste Landは20世紀以降の英詩で最重要の詩
これは定まっている

43吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:06:18.79ID:dBKsR5oM
何にせよ古典を読むといいよ、ということだな
ごく簡単だ

44吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:09:05.67ID:huPtEhyf
>>42
辞書的にはいくつかの意味があるが、あっちこっちの意味をつまみ食いしてはいけない。

45吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:09:56.90ID:huPtEhyf
>>43
あなたの使う意味であれば、三島も古典になるよ。

46吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:28:30.30ID:dBKsR5oM
>>45
それは人それぞれの判断だな
例えば源氏物語や芭蕉と比べて
三島の古典度が低いってだけの話で
ポイントはそこじゃない

47吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:30:58.90ID:huPtEhyf
>>46
古典度って、評価される期間のこと?

ポイントはどこ?

48吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:41:28.87ID:dBKsR5oM
>>47
三島が芭蕉よりも古典度低いことを
理解できないの?
それともケチをつけたいだけ?

49吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:47:24.00ID:huPtEhyf
>>48
その古典度とはなに?

基準はないの?

50吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:48:10.88ID:dBKsR5oM
三島読むなら古典読めがよほど効いたのだろうが
ポイントは古典と呼ばれているものを
古典を読むと意識して読もうということだ

51吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:52:52.96ID:huPtEhyf
>>50
普通は、モダニズムを古典とはいわないんだよ。

モダニズムに古典があるというから、三島も古典だと言ってる。

52吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:53:09.83ID:dBKsR5oM
>>49
三島よりも芭蕉が古典度が高いことを
説明させるのは下手な因縁でしかない
つまり不毛なやりとりしたいだけ
そこまで付き合えないな

53吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:57:23.77ID:dBKsR5oM
>>51
ブリタニカにはこうある
「今日では現代詩の先駆をなす古典的作品と認められる。」

ポイントはそこじゃないけどw

54吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:59:28.93ID:dBKsR5oM
芭蕉が三島よりも古典であることを
知らない人はもとより文学を知らないのだから
そこは個々人で学んでもらわないとな

まあ分かってて絡んでいるんだろうね

55吾輩は名無しである2018/11/01(木) 20:59:48.82ID:huPtEhyf
>>52
繰り返すけど、古典度ってなに?

芭蕉を読む方が三島を読むより、どこがいいと思うの?

56吾輩は名無しである2018/11/01(木) 21:00:46.70ID:huPtEhyf
>>53
その意味では、三島の作品もまた、戦後小説としては古典だろ?

57吾輩は名無しである2018/11/01(木) 21:01:36.34ID:huPtEhyf
>>54
古典とはなにか、の定義次第だろ?

あなた自身もそう認めてるんだし。

58吾輩は名無しである2018/11/01(木) 21:14:07.63ID:dBKsR5oM
>>56
いや君が荒地が古典じゃないっていったからだよ
大丈夫か?
三島のこととは別

俺は三島を古典として読めないし
もっと古典度の高いものを古典として勧めるが
人それぞれだよ
ポイントはそこじゃない

59吾輩は名無しである2018/11/01(木) 21:29:25.07ID:dBKsR5oM
ま、もともとの話に戻ると
念頭にあったのは
日本古典文学大系にあるような作品を
読むといいよってことだな
平たくいうと古文だ

明治編は一旦置いといてw

60吾輩は名無しである2018/11/01(木) 21:37:24.52ID:U6Pfwc1Z
ああ、そうですか(棒)

61吾輩は名無しである2018/11/01(木) 22:55:29.92ID:whpnS+hK
>>58
なにが別?
あなたが三島を古典として読めないのと同じようにモダニズムを古典として読めない人もいるだろう。
ポイントはどこ?

62吾輩は名無しである2018/11/01(木) 22:57:07.78ID:whpnS+hK
>>59
それならわりと一般的な見かただ。
出版社が古典と名付けているのだからw
一般的には、古典とされない例を持ち出したのはあなただから。

63吾輩は名無しである2018/11/01(木) 23:15:17.85ID:WgUEnFLf
ま〜た埒もない本質論やってやがらw

64吾輩は名無しである2018/11/01(木) 23:31:33.32ID:U6Pfwc1Z
正直>>30にマジレスする人がいるとは思わなんだよオラア

65吾輩は名無しである2018/11/02(金) 00:33:49.42ID:atFvODW8
>>63
そりゃスレと無関係に団塊マルクス主義者個人が
めあてだからねえ

66吾輩は名無しである2018/11/02(金) 00:51:02.53ID:Ac2LWHYt
ボクは丸谷才一の言う「日本の美意識の根本は万葉集じゃなくて古今集」あたりが正解かと思います。
王朝和歌もわからないようじゃ日本文学についてああだこうだ言っても仕方あるまい。

67吾輩は名無しである2018/11/02(金) 00:53:16.05ID:Ac2LWHYt
三島自身も『豊穣の海』の次は藤原定家の小説書くつもりだったそうだし。

68吾輩は名無しである2018/11/02(金) 00:58:57.80ID:Ac2LWHYt
> 歌舞伎自体がゲテモノ

まあね。林達夫はもう忘れられたのかも知れないが,歌舞伎否定論は面白かった。
でも「それを言っちゃあおしめえよ」。オペラだって正宗白鳥の所謂 "痴呆芸術" だし。

69吾輩は名無しである2018/11/02(金) 01:09:42.14ID:atFvODW8
定家は貴族社会が崩れるなかでの
超然的なエピソードがいくつかあった気がする
いい対象だろう

70吾輩は名無しである2018/11/02(金) 09:03:35.64ID:zrYvZXXz
>>67
それって三島が「僕はいつか定家卿だけは書きたい」って発言したのにオヒレがついて
「『豊饒の海』の次は『藤原定家』が予定されていた」ってなっただけだと思う。

71吾輩は名無しである2018/11/02(金) 10:18:46.01ID:ZYsr20N1
>>63
三島ファンというのは、ものごとの基本を考えることが苦手な人が多いのかな?

72吾輩は名無しである2018/11/02(金) 19:54:19.41ID:OHHP/ww5
('・c_,・` )ふう・・・

73吾輩は名無しである2018/11/02(金) 22:28:09.99ID:cpSV/G/e
三島由紀夫のある自分

74吾輩は名無しである2018/11/02(金) 22:33:19.81ID:jHtYUWeA
>>69
>定家は貴族社会が崩れるなかでの
>超然的なエピソードがいくつかあった気がする

定家は承久の乱の後の四条天皇擁立をめぐる権力闘争に敗れて失脚したんじゃないの
芸術的才に恵まれてやることが派手だけど
基本的に政治的野心はかなり強かったような気がする
三島がそういう生臭い部分まで書けたらすごいと思うけど無理だと思う
「豊饒の海」の時代背景でも一皮むけばヘドロのような世界なんだけど
文学的にキレイに処理されている

75吾輩は名無しである2018/11/02(金) 22:57:21.87ID:zrYvZXXz
三島は女を書くほうがうまいから藤原テイカでなく藤原ノリカでも書くといい

76学術2018/11/03(土) 09:57:32.01ID:m+M8QaVa
三島がオトコを描くの間違いでは。相対性からウエイクアップ。

77学術2018/11/03(土) 09:59:41.33ID:m+M8QaVa
作品が語るものより三島列島も自然と神や交際三島氏とのね、が大事で会って
娘や家系の子女、の紹介で文献を読んでみることがない人は意味ないじゃん。
テクストが開かれているかどうかについてはひと悶着あると思う。。

78吾輩は名無しである2018/11/03(土) 21:52:22.87ID:APszfwft
あの憂鬱な獣が好きでしょうがないのです。 芸をおぼえないのだって、おぼえられないのではなく、そんなことはばからしいとおもっているので、 あの小ざかしいすねた顔つき、きれいな歯並、冷たい媚び、何ともいえず私は好きです。
「猫『ツウレの王』映画」三島由紀夫全集25(評論1)より

79吾輩は名無しである2018/11/03(土) 21:58:04.64ID:MxaT4hY9
>>78
前後の話が分からないけど、猫の評だとすれば、ものすごくステレオタイプだね。
こういうところが三島の俗っぽさなのかな?

80吾輩は名無しである2018/11/03(土) 22:16:50.03ID:aT6QSzwb
飼い主の足が大好き

https://m.youtube.com/watch?v=RoBKwVeEMiI

81吾輩は名無しである2018/11/04(日) 00:32:22.28ID:utNMKOuS
猫大好き!

82吾輩は名無しである2018/11/04(日) 10:12:45.12ID:fa7YK6Z5
>>71
山崎行太郎につき注意

83吾輩は名無しである2018/11/04(日) 12:55:51.12ID:fa7YK6Z5
> 一皮むけばヘドロのような世界なんだけど文学的にキレイに処理されている

三島自身も「俗なことでも品の悪いことでも平気で書くのが小説家というものだ」と云った意味の事を書いてたいた。
だが彼自身は大江健三郎みたいにオナ狂いの高校生の小説『セヴンティーン』なんて書けるようなたちではなかった。
だから蓮實重彦や小谷野敦が「三島の文学には何の価値も認めない」というのもまあ気持ちは分かる。賛成はしないが。

84吾輩は名無しである2018/11/04(日) 17:45:36.74ID:Pz0BPw8P
『仮面の告白』の書き手はかなりのオナ狂いだと思うが…

85吾輩は名無しである2018/11/04(日) 21:06:26.09ID:1VmVqRUB
そうは言っても "仮面の" 告白だからねえw
当時アメリカでは確かに「同性愛者の小説って,なんて dirty なものを翻訳するのだ!」
と非難の声が上がったそうですが。
メジャーデビュー作だからいくらか衆目を惹くように書いている感じもする。
それでも大江の田舎者の売名/成り上がり根性丸出しな書きっぷりには遠く及ばないと思う。

86吾輩は名無しである2018/11/04(日) 21:30:53.60ID:Pz0BPw8P
いや「仮面の」だろうが、作品の主人公(書き手)自体はオナ狂いですよ
授業中、先生に欲情してやっちゃってるしw
それでもあれはほとんど事実まんまだと思うよ
むしろ大江のほうがぶっとび過剰性が強いゆえに読まれ度が下降してしまってると個人的にはオモ

87吾輩は名無しである2018/11/04(日) 22:09:59.84ID:utNMKOuS
今度読んでみますね

88吾輩は名無しである2018/11/05(月) 11:00:32.52ID:PEfSxl3+
> 授業中先生に欲情してやっちゃってるしw

そんな場面あったかなあ?
「一日に3度はやらないと〇〇がおさまらない」とはどこかに書いてあった気もするけど。
まあ25年くらい前一度読んだきりだから、読み返せば違う印象受けるかもね。

89吾輩は名無しである2018/11/05(月) 11:09:36.72ID:PEfSxl3+
その後しかし、三島はあんまり露骨にエロティックなことは書かなくなっていった気がする。
ゲイの世界は『禁色』みたいなどこかファンタスティックな感じのするものじゃあるまい。

90吾輩は名無しである2018/11/05(月) 11:13:12.87ID:PEfSxl3+
噂によると三島はアメリカに滞在していた時、現地の白人青年と事に及んだことがあったそうで。
でも三島があんまりおおげさによがるので相手の男はどうにもしらけた気分になったとか。

そういう生々しい話を書いちゃった方がむしろ高く評価されただろうに、という気はする。

91吾輩は名無しである2018/11/05(月) 11:38:23.42ID:R8jIAg0Z
>>88>>89
あるよ。第二章の終わりに近い部分
「私はとうとう授業時間中に悪習を犯した」ってある。

『禁色』は正直ゲイの人たちをバカにしてる感じ。
悠一以外はみんな浅ましい小物。

92吾輩は名無しである2018/11/05(月) 13:29:26.82ID:RxoAs3hC
生前の三島の立ち位置は、ハルキみたいなのかな、内外でそこそこ人気があり、賞の候補になる、たしかにハルキが自衛隊に乱入するとビックリするわな

93吾輩は名無しである2018/11/05(月) 14:21:12.65ID:YBj3B6s+
今はネットがあるから出版としては
実感なくなったけど
昭和はエログロを出版社が供給してたから
感覚が違うな
それ忘れるとピンとこなくなる

ネット直前の鬼畜系ですら
今は書店が供給する情報じゃなくなった

94吾輩は名無しである2018/11/05(月) 15:24:46.77ID:xPiK8kS0
> ハルキが自衛隊に乱入するとビックリする

そんな事を考える人がいる方がびっくりだわ。
村上春樹には政治思想など何もありゃしないよ。

95吾輩は名無しである2018/11/05(月) 15:28:19.52ID:xPiK8kS0
例えば30年程前「今後日本には巨大な政治的転換期が来るだろう」といった意味の事を書いていた。
むろんこんな具体性が何もない話しても何を言った事にもならない。その後の例の「壁と卵」発言も。
つまらぬ事をもって回った言い方で言うのは小説だけにしてもらいたいもんだ。

まあ三島の方がまし…とも言えないのがツラいけど。

96吾輩は名無しである2018/11/05(月) 17:15:29.67ID:R8jIAg0Z
>>92
ツラのみならず裸までメディアに露出するってところで大きく春樹とは違うよw

97吾輩は名無しである2018/11/06(火) 07:27:43.72ID:M5EOEvF5
陽明学が悪かったな、中庸の精神をまなんでをれば、ああいう事故は避けられた、まあ若かたのだな

98吾輩は名無しである2018/11/06(火) 18:30:46.45ID:f+is4scw
>>16
ありがとうございます 買ってまいります

99吾輩は名無しである2018/11/06(火) 19:34:36.77ID:SASwiFVH
('・c_,・` )

100吾輩は名無しである2018/11/06(火) 20:38:03.96ID:Q3IxpzoC
>>98
『をはりの美学』は文春文庫『行動学入門』に収録されていますので為念。
『行動学入門』自体は物凄くつまらなくてとても読めたもんじゃないのでそれは承知の上で。

新着レスの表示
レスを投稿する