歴史・時代小説ファン集まれ その 10 [無断転載禁止]©2ch.net

1無名草子さん2017/09/23(土) 10:00:34.26
このスレは、歴史・時代小説について語るスレです。
中国モノも含みます。世界史は微妙です。
お勧めを挙げるときは、作家と作品名だけでなく
できるだけ出版社もお願いします。

次スレは、>>980が立ててください。
過去スレ・関連スレは>>2-5あたり


■前スレ■
歴史・時代小説ファン集まれ その 9 [転載禁止]©2ch.net
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/books/1447559206/

386無名草子さん2018/11/02(金) 01:02:39.84
小説として楽しめるか?ってのが先ずは重要だよね
ある時代に対する共通理解を前提とする以上は一定程度の時代考証は必要だと思うけれど

史実を抑えておきたいなら研究書に行った方が良いだろうな

387無名草子さん2018/11/02(金) 03:02:57.66
421 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/01 12:53:24
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00027084-otonans-soci

明治大学の人らしいが
未だに「敷居の高い高級店」は昔から誤用じゃなかった事を知らない情弱が語彙力本を書いている
相変わらず総合レベルの低い国語学業界

だから「これだから文系は」って言われるんだよね
辞書とか大まかな資料を調べただけの人が、付け焼き刃の知識で学者面をしている

422 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/01 15:11:09
これも間違いだな
虫眼鏡でよく精査して「合格」という評価を貰う、という意味だが相手は上役に限らない
色々と条件が厳しい通やオタク、理想が高い人など
審査が厳しい相手には何でも使うのが普通
国語学者は放っておくとすぐ用法に変な制限をつけるな
↓↓↓↓↓↓
(9)お眼鏡にかなう編
A氏:君の企画はとても良かった
B氏:「お眼鏡」にかなって光栄です

「お眼鏡にかなう」とは、目上の人に評価されるという意味。元々は、お眼鏡=拡大鏡で是非を判断したことから派生した言葉です。「お目にかなう」は誤用です。

423 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/01 15:21:16
付け加えると目で見て審査して合格の判断を下す、という意味で「お目にかなう」という表現があるならそれはそれで別に問題ないはず
似た言葉があるとどっちか誤用にしたがる病気はいい加減なんとかした方がいい
どうせ間違いだと判断した理由は「お目にかなうは辞書に載ってない」とかいう小学生レベルの屁理屈なんだろうけど

この明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之って人も「辞書に書いていない言葉は間違い」系のカンチガイ君みたいだな

425 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/01 17:07:30
語彙分析から言えばむしろ「目にかなう」が元の表現で「眼鏡にかなう」が審査の厳しさを強調して後から出来たバリエーションまである

388無名草子さん2018/11/02(金) 03:06:46.41
427 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/01 19:26:37
檄(げき)を飛ばすの語源になった「檄文」の歴史を調べると、使用目的の一つに「友軍の激励」も入ってるんでこれも誤り
簡単に言うと辞書に書いてある「檄を飛ばす」の解説が短くて適当すぎる

あと「喝」には叱る為(相手の悪い心を打ち払う為)に大声を出す意味があるんで張本さんのは喝でいいです

(7)檄(げき)を飛ばす編
A氏:最近の営業は気合いが入ってない!
B氏:「檄を飛ばし」ますか

「檄を飛ばす」は激励するという意味はありません。広く世間に知らしめることを意味します。文脈なら「活」が理想です。なお、某番組で張本さんの「喝!」は誤用です。

428 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/01 19:59:58
潮時は見てわかる通り元々海事用語で「潮の流れが変わる時」の事。
いい方に流れが変わって「チャーンス!」って時も悪い方に流れが変わって「そろそろ逃げるか…」って時も両方潮時なので勘違いしないように。

昔から、そして今でも「潮時だから帰るか」って言っている漁師さんもいるでしょう。
辞書に書いてある事しか知らないなんて、社会人として恥ずかしいですよ?

(2)潮時編
A氏:事業の成果が出ない。万策尽きたな
B氏:「潮時」かもしれませんね

「潮時」は限界が迫っている時に使いがちです。本来は「一番いい時期」を指す言葉。この文脈で使用するなら「手詰まり」「万事休す」の方がベターです。

429 名無し象は鼻がウナギだ! 2018/11/02 02:38:35
>10月15日に「即効!成果が上がる文章の技術」(明日香出版社)を上梓しました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00027084-otonans-soci
はい産廃確定

389無名草子さん2018/11/03(土) 07:50:38.71
最近は誤用説の方が間違ってるパターンが多いな

390無名草子さん2018/11/05(月) 23:51:36.88

391無名草子さん2018/11/06(火) 14:57:22.69

392無名草子さん2018/11/07(水) 03:31:08.01
八丁堀のおゆうシリーズ読んでる人いるかな?これドラマにしたら面白いかもしれない。
最新作ではドローンが江戸の町を飛んじゃうからね。

393無名草子さん2018/11/07(水) 10:11:23.79
>>392
慣れたせいか、そろそろいいかなって思うようになってきた。
読む方がマンネリになってるわ。

394無名草子さん2018/11/07(水) 14:15:24.66
>>392
最近、現代物のミステリーでその作者を知ったんだけど、面白いの?

395無名草子さん2018/11/07(水) 15:12:25.37
おゆうは江戸にも科学にもさほど詳しい訳じゃない。ちょっと変わった謎解きものって感じかな

396無名草子さん2018/11/08(木) 00:15:37.70
割と好きなシリーズだな

397無名草子さん2018/11/08(木) 07:19:48.66
>>389
誤用扱いされてる言葉の中に「どう見ても普通に意味の通る修辞だろ」とか「『そんな慣用句存在しない』?慣用句じゃない普通の比喩として使ってええんやで」って感じるものが多数混じってるよな

398無名草子さん2018/11/08(木) 20:48:12.28
意味は通じるだろってのは分かるけどモヤモヤ感じるのはどうしようもない 大声で誤用だとか御用だとか言うつもりはないけどそれを読んだ時点で萎える

399無名草子さん2018/11/10(土) 00:33:33.49
今頃になって上田秀人にハマった
この人結局事件のタネはワンパターンだしどこかで見たようなシーンも多いけど、まだ面白く読めてる
ところで、専用スレってあるの?検索しても引っ掛からなかった。もしあるなら誘導頼む

400無名草子さん2018/11/10(土) 06:03:06.48
上田先生はもう歯科医辞めて作家に専念してるのかな?知ってる人いますか?

401無名草子さん2018/11/11(日) 01:35:06.24
上田先生の作風を見てると、先生のところの歯医者さんの歯科助手さんをあんまり想像したくない…

402無名草子さん2018/11/11(日) 08:08:45.08
専業作家なんて凄く少ないよ。文庫だけだと毎年10万部をコンスタントに出してサラリーマン並み。後は連載の原稿料とか書評の原稿料とかハードカバーの印税があれば何とかなるかも

403無名草子さん2018/11/13(火) 08:22:08.72

404無名草子さん2018/11/13(火) 19:21:02.26
>>398
間違ってないのになんで萎えるのか分からない
文章なんて慣用句と定型句の組み合わせだけで書くものじゃないよ

405無名草子さん2018/11/13(火) 23:00:15.90
三浦綾子の「海嶺」を読み始めたんだが、昭和末期の
印刷のせいか字が小さくて読みにくい。
一ページに十八行詰め込まれてる。
これからは買うときにそういう部分もチェックしないと駄目だな。
老眼入ってるもので。

406無名草子さん2018/11/14(水) 01:36:35.04
>>404
足元をすくうは足をすくうの誤用だから気になって読む気なくすとか言ってる奴より
字数や音韻によって足元をすくうとか足先をすくうとか出足をすくうとか置き換えられる奴の方が明らかに国語力高いからな
誤用警察っていつも間違った揚げ足取りして自分のレベルの低さを晒すパターン

「通じるからどっちでもいい」とか「細かいことを気にするな」と言ってるんじゃなくて
「そこが変に見えるなら、お前の日本語が間違ってるぞ」って言ってるのにな

407無名草子さん2018/11/14(水) 10:10:07.36
>>405
買う時は、必ずチェックするようにしてる
ここ10年くらいで、活字は大きくなったが
小さめのを排除していったら、読める本が少なくなる

ちょっと大きめのを出してほしい。
切実な願い。

408無名草子さん2018/11/14(水) 12:54:15.68
>>406
なんだか読みにくい文章だと思ったら、句読点が一つもないのか。

409無名草子さん2018/11/14(水) 21:02:57.48
>>407ハズキルーペ買うべし

410無名草子さん2018/11/14(水) 22:41:30.49
>>406
自分で考えた修辞や比喩でも、既存の慣用句に似ていると「アレの誤用」みたいな事を言われてしまうんだろうな…
物書きにとっては嫌な話だが、ペンクラブあたりがキレてもいいんじゃないかね?

411無名草子さん2018/11/15(木) 00:18:01.51
>>407
電子書籍は?場所とらないし。海嶺もamazonのkindleにあったよ。

412無名草子さん2018/11/15(木) 01:26:10.60
>>411
405だが通勤の電車で読みたいんだよな。
それと面白かったのは身内にあげたり同僚に貸すので。

413無名草子さん2018/11/15(木) 03:52:20.41
>>410
文化庁の「国語に関する世論調査」で取り上げられた誤用説が度々討ち死にしているのなんか見ていると、文部科学省あたりが真っ先に史料根拠のない誤用説を信じちゃってるのがなあw
国立大学あたりに迷走している先生がいると影響されやすいんだろう。

414無名草子さん2018/11/16(金) 09:56:56.05
>>411
電子書籍が嫌いというか、苦手というか
紙で読むのが好きなんだよ

>>409
類似品を試したが、ちょうど良い距離で焦点が合わなかった

415無名草子さん2018/11/17(土) 11:30:37.57
子供の頃は親に「夜中に本ばかり読んでると目が悪くなるからやめなさい」って良く怒られてた
今となっては電子書籍やスマホのブルーライトばかり目に浴びるより紙の本を読む方が
数倍健康的に感じてしまう隔世感

結論
自分は絶対に紙の書籍に拘りたい

416無名草子さん2018/11/17(土) 15:57:38.53
つっても池波正太郎とか司馬遼太郎とかって全部持ってると部屋のスペース食うじゃん
あーいうのは全部電書で欲しいわ。1冊百円くらいで電書化しねぇかな

つか電書高いよね。中間マージンなんてほとんどかかってないのに紙の本と同じ値段ての
がどーしても納得いかねぇ

417無名草子さん2018/11/18(日) 16:04:18.24
>そこが変に見えるなら、お前の日本語が間違ってる

誤用の話を聞いてると半分位はそれ思うなあ

418無名草子さん2018/11/18(日) 23:39:28.53
「椿の海」矢的竜。
江戸時代初期の下総の国にあった湖の干拓の話だが、出てくる主な
人物の8割ほどが胸糞悪いくずという珍しい作品。
最後は救われるんだが、途中がくずのオンパレードだった。

419無名草子さん2018/11/19(月) 19:22:09.25
井上靖の風林火山と新田次郎の武田信玄で勝頼の母の名前が違うのはどういうことなの?
前者が由布姫で後者が湖衣姫なんだけど……。名前は不詳だからしょうがないのかな?

420無名草子さん2018/11/19(月) 23:12:40.07
>>419
資料に記録されてないから仕方ない

421無名草子さん2018/11/20(火) 00:45:31.05
だね
最も無難なとこでいえば諏訪御寮人というのが正解なんだろうけど

422無名草子さん2018/11/21(水) 13:28:43.46
蒲生氏郷妻の、信長次女も名前伝わってないんだよね。
一部では冬姫って事になってるみたいだけど。

423無名草子さん2018/11/21(水) 16:15:43.78
>>411
部屋に散財している文庫本を処分するために、箱入れを週末にしたけど、
そろそろ電子書籍にするかと思うわ。
でも、アマゾンに囲い込まれるのは癪だな。

424無名草子さん2018/11/21(水) 16:44:49.60
散財じゃねえ、散在だ。

425無名草子さん2018/11/21(水) 17:55:13.66
あながち間違いでもない

426無名草子さん2018/11/22(木) 11:00:03.10
>>422
そもそも姓と名の両方が記録に残っている女性は少ないからね

427無名草子さん2018/11/26(月) 19:36:02.14
新田次郎の「武田信玄」を読んで武田信玄って好色で随分いいかげんな男だと
凄いショックを受けたんだけど。労咳で女遊びばっかりしてたのって事実なの?

428無名草子さん2018/11/30(金) 16:34:43.15
男遊びもしてたよ!

429無名草子さん2018/11/30(金) 23:12:46.74
最近、岩井三四二が面白い。
岐阜の人らしく主に美濃にちなんだ物語を書いてるんだが、
江戸時代以前の武士、つまり農業や商売やりながら戦では戦場に
掛けつける土豪をよく描いてる。
土豪一族が「うちから八人出さないと。誰と誰連れてく?」
なんて相談してたり、土豪のほうはみんなで戦うつもりなのに、
連れてかれる農民のほうは
「戦うのは領主様一族で、私らはあくまで添え物」
と意識がぜんぜん違うのがリアルで面白い。

430無名草子さん2018/12/01(土) 03:37:10.01
何冊か読んだな
連歌師の話が好きだった

431無名草子さん2018/12/01(土) 10:03:08.53
>>417
誤用とか言葉遣いとかマナーとか「間違ってる人が多いですが正しくはこうです」みたいな記事が競う様に世に出てくるけど、
流石にみんなおかしいと思い始めたのか
ここ1〜2年「またマナー講座業界が変な事言い出したけど大丈夫?」みたいなリアクションがかなり増えて来たね。

432無名草子さん2018/12/04(火) 14:21:36.08
ウェルク問題でパクリ以前にそもそも本当かどうか分からない記事が多くて、
web上の「豆知識」や「お役立ち情報」への信用が暴落したのも影響していると思う。

現状、壊滅した大手キュレーションメディアから放出された人材が個人や少集団で
また正確性に疑問のある情報サイトを立ち上げているケースがあるようだが…

433無名草子さん2018/12/04(火) 14:41:27.60
田牧大和の「甘いもんでもおひとつ」読んだが
突っ込み所が多い作品だった。
大手菓子屋の跡取り兄弟が叔父さんに追い出されて
再起を図るお話なんだが、転がり込んだ先がかつて
父に仕えていた職人の店で、職人が兄弟に店を明け渡す。
(そんなのありか?)
しかも最初から父の友人だった大店主がバックについてて
叔父さんの嫌がらせも不発気味。
菓子も上菓子を作ってて、駄菓子を作ると弟が嫌な顔に。
こういう「再起を図る」物語ならどん底の屋台売りレベルから
始めるのが王道な気がするんだが、どうにもスカッとしなかった。

ラストの叔父さんとの邂逅も、なんだかなぁって内容だった。

434無名草子さん2018/12/06(木) 09:49:40.59
人情物は飽和状態?

時代小説が量産されてるし、
ご都合主義的な作品増えた気がする

435無名草子さん2018/12/07(金) 22:06:05.91

436無名草子さん2018/12/09(日) 13:25:35.81
正直、おけら長屋はもうマンネリではあるわな
万松がやらかして鉄斎が解決っていうマッチポンプが定番すぎてなぁ
もうひとひねり欲しいところではある

新着レスの表示
レスを投稿する